セリエBペルージャがネスタ監督との契約を更新! 先月電撃就任も昇格PO敗退で昇格逃す2018.06.14 15:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエBのペルージャは13日、アレッサンドロ・ネスタ監督(42)との契約を1年間更新したことを発表した。同監督は来シーズンも同クラブを率いることになった。

▽元イタリア代表DFのネスタ監督は、ラツィオでキャリアをスタートさせると、ミランでもプレー。その後は、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のモントリオール・インパクト、インド・スーパーリーグのチェンナイインでプレーし、2015年1月に引退。引退後は、NASL(北米サッカーリーグ)のマイアミFCで指揮を執っていた。

▽先月14日にロベルト・ブレダ前監督の後任としてセリエB8位ペルージャの新指揮官に就任したネスタ監督だが、セリエA昇格プレーオフ準々決勝でミランとイタリア代表の元同僚フィリッポ・インザーギ監督(現ボローニャ)の率いる5位ヴェネツィアに0-3で敗戦し、チームをセリエA昇格に導くことはできなかった。

▽かつては日本代表としても活躍した中田英寿が所属したことでも知られているペルージャ。2005年に破産すると、2010年にはクラブ破綻となり、セリエDへと降格。そこからASDペルージャとして再建。2011年にはACペルージャ・カルチョに改称し、順調に昇格を繰り返した。しかし、直近2シーズンではセリエA昇格プレーオフの壁に阻まれ、悲願のセリエA復帰はならず。来季はネスタ監督の実質1年目でセリエA復帰を目指すことになる。

コメント

関連ニュース

thumb

セリエAデビューから20年…中田英寿がセリエA5クラブを訪問する特別番組が『AbemaTV』で放送!

▽かつて日本代表としても活躍し、セリエAのペルージャやローマ、パルマなどでプレーした中田英寿氏の特別番組「中田英寿20年目の旅 セリエA在籍5クラブを訪ねて」が、13日(木)21時から、AbemaTV のAbemaGOLDチャンネルで放送される。 ▽ベルマーレ平塚(現湘南ベルマーレ)でプロキャリアをスタートさせた中田氏は、ちょうど20年前の1998年9月13日、ペルージャでセリエAデビュー。開幕戦の相手は強豪のユベントスだったが、中田は2ゴールの活躍を見せ、一気にファンのハートを掴んだ。 ▽今回の企画は中田が発案。「今年は僕がペルージャでセリエAでデビューしてちょうど20年なので、みんなで20周年のお祝いをしようと思ったのがきっかけで、当時のスタッフに声を掛けました。」とコメント。イタリアで在籍したペルージャ、ローマ、パルマ、ボローニャ、フィオレンティーナの5クラブを訪問し、当時プレーしていたスタジアムや利用していたレストラン、ホテルなどに行く番組となっている。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://abema.tv/channels/special-plus-2/slots/8uxEDUNMBYQ65V" target="_blank">視聴はコチラから</a><hr></div> 2018.09.13 19:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ペルージャが再びカリアリから北朝鮮代表FWハン・クァンソンをレンタルで獲得

▽セリエBのペルージャは、カリアリから北朝鮮代表FWハン・クァンソン(19)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。今シーズン一杯のレンタルとなる。 ▽ハン・クァンソンは、2017年3月にカリアリに加入。8月にペルージャへとレンタル移籍すると、今年1月にカリアリに復帰。しかし、再びペルージャへとレンタルで加入することとなった。 ▽ペルージャでは、前回在籍時に公式戦19試合に出場。セリエBでは17試合に出場し7ゴール3アシストの活躍を見せていた。カリアリに復帰してからは、昨シーズンのセリエAで7試合に出場していた。 2018.08.16 17:48 Thu
twitterfacebook
thumb

ネスタ氏がペルージャ監督就任…POでセリエA昇格を目指す

▽セリエBのペルージャは14日、かつてイタリア代表でも活躍したアレッサンドロ・ネスタ氏(42)がトップチームを率いることを発表した。2018年6月30日までとなる。 ▽かつては日本代表としても活躍した中田英寿が所属したことでも知られているペルージャ。2005年に破産すると、2010年にはクラブ破綻となり、セリエDへと降格。そこからASDペルージャとして再建。2011年にはACペルージャ・カルチョに改称し、順調に昇格を繰り返した。 ▽2016-17シーズンにはセリエBで4位となるも、プレーオフで敗れセリエA復帰はならず。今シーズンは、最終節を残してセリエBで8位に。しかし、最終節を残して12日にロベルト・ブレダ監督を解任していた。 ▽なお、ペルージャは3位〜8位で争う昇格プレーオフへの進出をほぼ確実としており、2シーズン連続でセリエA昇格に挑む。 ▽そんな大事なチームを任されたネスタ氏は、ラツィオでキャリアをスタートさせると、ミランでもプレー。その後は、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のモントリオール・インパクト、インド・スーパーリーグのチェンナイインでプレーし、2015年1月に引退。引退後は、NASL(北米サッカーリーグ)のマイアミFCで指揮を執っていた。 ▽なお、15日に就任会見が行われるとのことだ。 2018.05.15 02:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ネスタ、ペルージャ新監督に就任でイタリア帰還か 昨季まではマイアミFCを指揮

▽元イタリア代表DFアレッサンドロ・ネスタ氏が、セリエBに所属するペルージャの監督に就任する可能性があるようだ。『フットボールイタリア』がイタリア『スカイ・スポーツ』を引用して伝えている。 ▽ペルージャは現在リーグ戦で8位に位置しており、得失点差の関係で3位から8位チームによって争われる昇格プレーオフへの進出をほぼ確実にしている。しかし、12日に第41節ノヴァーラ戦を1-1で引き分けると、最終節を残して12日にロベルト・ブレダ監督を解任。クラブの発表によると15日に新監督を発表する予定とのことだ。 ▽ラツィオやミランなどで活躍したネスタは引退後、2015年8月に北米サッカーリーグ(NASL)所属のマイアミFCで監督キャリアをスタートさせていた。しかし、今シーズンの昇格プレーオフ準決勝で敗れ、2017年11月に同クラブの監督を退任していた。 2018.05.13 13:45 Sun
twitterfacebook
thumb

「アストーリ」を呼び間違えてクビ。ペルージャ会長が怒りの決断

▽イタリア2部セリエBのペルージャで、スタジアムのアナウンス担当者が解雇された。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽イタリアでは今月4日、フィオレンティーナに所属していた同国代表DFダビデ・アストーリが亡くなった。 ▽悲しみに包まれるイタリアサッカー界では、各試合のキックオフ前に黙祷が捧げられている。6日に行われたペルージャvsブレシアの試合も同様だったが、スタジアムアナウンサーは「アストーリ(Astori)」ではなく「アストロフィ(Astolfi)」と2度発音してしまった。 ▽普段であれば大きな問題にならないようなミスだが、今回は違った。ペルージャのマッシミリアーノ・サントパードレ会長はこのアナウンスに怒りを爆発させ、4年間にわたってスタジアムアナウンスを担当していたフランチェスコ・ビルコロッティ氏をクビにしたという。 ▽『ウンブリア24』によると、“元"アナウンサーは「非常に残念だ」とミスを悔いているとのことだ。 2018.03.21 23:15 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース