フランクフルト、2部降格のHSVからN・ミュラーを獲得!2018.06.14 14:50 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランクフルトは12日、ブンデスリーガ2部に降格するハンブルガーSV(HSV)から元ドイツ代表FWニコライ・ミュラー(30)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2020年までの2年となるが、更なる契約延長オプションが付随している。

▽降格したHSVを離れて来季もブンデスリーガに残留することになったミュラーはフランクフルト公式サイトで今回の移籍に関して以下のようにコメントしている。

「ハンブルクで過ごした時間の中にはたくさんの特別な瞬間でもあったよ。常に思った通りにいったわけではなかったけど、移籍を後悔したことはないよ」

「今日は素晴らしい日だ。僕はずっとフランクフルトのファンだったからね。ここ数年間でチームは成長を見せているし、個人的にこれからも成功を続けていく助けになっていきたいと思う」

▽一方、2列目の複数ポジションをこなせる快足アタッカーの獲得に成功したフレディ・ボビッチマネージャーは、「ニコライはブンデスリーガで経験豊富なベテラン。我々に完璧にマッチするプレーヤーだ。スピードがあり、攻撃的ポジションであれば複数でプレーが可能だし、性格的にも素晴らしい。負傷に関しては完全に回復し切っていると思っている」と、満足感を示している。

▽フランクフルトのユースチームを経てグロイター・フュルトでプロデビューを飾ったミュラーは、マインツを経て2014年にHSVに加入。同クラブでは左右のウイングを主戦場に加入から3シーズンに渡って活躍した。

▽だが、今季はアウグスブルクとの開幕戦で開幕ゴールを記録するも、ゴールセレブレーションの際に着地を誤り、ヒザ前十字じん帯断裂の重傷を負った。奇しくもフランクフルトとの第33節で復帰を果たすも、HSVの2部降格の一因だったとの批判も浴びている。

コメント

関連ニュース

thumb

アルカセルのブンデスデビュー弾など3ゴールを奪ったドルトムントがフランクフルトを撃破! 香川と長谷部は共に出場せず…《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第3節のドルトムントvsフランクフルトが14日に行われ、3-1でドルトムントが勝利した。ドルトムントの日本代表MF香川真司はベンチ外。フランクフルトの元日本代表MF長谷部誠はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽開幕から無敗のドルトムントが、前節AT弾で敗戦を喫したフランクフルトをホームに迎えた一戦。前節のハノーファー戦をゴールレスで終えたドルトムントは、その試合からヴィツェルに代えて今季初スタメンとなるヤコブ・ラーセンを起用。また、今夏にバルセロナから加入したアルカセルが初のベンチ入り、香川はベンチ外となった。 ▽一方のフランクフルトは、前節のブレーメン戦からスタメンを3人変更。ニコライ・ミュラーやサルセド、ヴィレムスに代えてファビアン、ファレット、エンディカを起用。長谷部が今季リーグ戦初のベンチ入りとなった。 ▽立ち上がりからボールを保持するドルトムントは、9分にピシュチェクの右クロスからニアに走り込んだM・フィリップがゴールに迫るも、シュートは枠を捉えられず。攻め切れない展開が続くドルトムントは26分、相手の鋭いカウンターからファビアンにボックス付近まで攻め込まれる。 ▽その後も主導権を握り切れないホームチームだったが、36分にセットプレーから先手を取る。ヴォルフの左CKをゴール前に走り込んだディアロがヘディングシュート。一度は相手GKに阻まれたが、再びディアロがゴールに押し込んだ。 ▽迎えた後半も立ち上がりから一進一退の展開となる。すると、フランクフルトのヒュッター監督はジェルソン・フェルナンデスとファビアンを下げてデ・グズマンとヨビッチを投入。対するドルトムントは、67分にM・フィリップを下げてアルカセルをピッチに送り出した。 ▽すると、この交代で功を奏したのはフランクフルト。68分、デ・グズマンのロングスルーパスが相手DFに引っかかると、このロストボールをボックス右付近で拾ったダ・コスタのクロスをアラーが上体を倒しながらのボレーシュートで流し込み、同点に追いついた。 ▽同点弾を許したドルトムントは、69分にデラネイを下げてヴィツェルを投入。すると、72分にヴィツェルのサイドチェンジを受けたサンチョがボックス右から仕掛けると、鋭い切り返しで相手DFをかわしクロス。これをファーサイドで受けたヴォルフがワントラップからシュートをゴールに突き刺した。 ▽勝ち越しに成功したドルトムントは、88分にもボックス右から仕掛けたサンチョの落としをアルカセルのダイレクトシュート。相手DFにディフレクトしたシュートはゴール左に突き刺さった。 ▽結局、試合はそのまま3-1で終了。アルカセルのブンデスデビュー弾など3ゴールで完勝のドルトムントが、開幕からの無敗記録を継続している。 2018.09.15 05:40 Sat
twitterfacebook
thumb

長谷部誠、今季リーグ戦出場なしで「もちろん満足していない」…欠場は戦術的な理由とも

フランクフルトに所属する元日本代表MF長谷部誠は、ここまでの現状に満足していないようだ。ドイツ誌『キッカー』が報じた。<br><br>長谷部は今シーズンのリーグ戦で出場はなし。開幕前のドイツ・スーパーカップ、DFBポカール1回戦では最後方で先発したものの、ともに敗れている。ただし、出場機会が訪れていないのは結果が影響したものではない。<br><br>長谷部はブンデスリーガ第1節のフライブルク戦を風邪で欠場。さらに、第2節のブレーメン戦からアディ・ヒュッター監督は4-2-3-1の布陣に変更し、最後尾にはよりクラシカルなCBを置いた。長谷部はMFとみなされた上で、戦術的な理由によりベンチを外れることとなっている。<br><br>長谷部はこの現状に「満足していないですが、監督とはたくさん話をしていますし、問題はありません」としつつ、「フランクフルトでの4年間では常にスタメンだったので」とポジション奪取に意欲を燃やしている。<br><br>引退を発表したことで、日本代表からの招集がなかったことに関しては「12年間で移動がないこの時期というのは初めてでした」と新鮮な思いを口にしている。次節、フランクフルトはドルトムントと対戦するが、ヒュッター監督はどのような決断を下すことになるのだろうか。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.09.11 06:26 Tue
twitterfacebook
thumb

長谷部誠をメンバー外としたフランクフルト監督に疑問符…地元メディア「不思議」

今夏フランクフルト指揮官に就任したアディ・ヒュッター監督は、元日本代表MF長谷部誠を評価していないのだろうか。地元メディア『ヘッセンシャウ』が前節で同選手をメンバーから外す判断に首を傾げている。<br><br>新シーズンの長谷部はバイエルン・ミュンヘンとのスーパーカップ決勝(0-5)、DFBポカール1回戦のウルム戦(1-2)にフル出場を果たすと、ブンデスリーガ開幕節のフライブルク戦(2-0)は体調不良のため欠場。1日に行われた第2節ブレーメン戦(1-2)ではスタメン復帰が予想されるも、招集メンバーにすら含まれなかった。<br><br>『ヘッセンシャウ』の記者はこの判断の理解に苦しんでいる模様。長谷部について「ここ数年間、非常に重要なプレーヤーで、ニコ・コバチ(前監督)の下では常にリベロやボランチを行き来していた。フィットネス状態が良ければ、常にプレーしていた」と指摘した上で、次のように続けた。<br><br>「だが、ヒュッター監督の下では状況が違うようだ。病気でフライブルク戦を欠場したハセベは、ブレーメン戦でパフォーマンスを理由にメンバーに入らなかった。DFにてマルコ・ルス、エヴァン・エヌディッカ、MFにてルーカス・トッロ、ジェルソン・フェルナンデス、ジョナサン・デ・グズマンらが優先されている。サッカーをプレーするにあたって34歳の彼はまだフランクフルトのベストに入るだけに、不思議にさえ思える決断である」<br><br>フランクフルトは今夏、GKルーカス・フラデツキ(&rarr;レヴァークーゼン)やFWマリウス・ヴォルフ(&rarr;ボルシア・ドルトムント)、MFオマール・マスカレル(&rarr;シャルケ)やケヴィン=プリンス・ボアテング(&rarr;サッスオーロ)といった主力選手を複数失っている。そんな中、長年同クラブで中心選手の1人を務めてきた長谷部の起用を見送る判断に周りは違和感を覚えているようだ。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.09.07 18:04 Fri
twitterfacebook
thumb

大活躍の大迫勇也を現地メディアが絶賛!チーム最高点に「開始直後から危険であり…」

ブレーメン移籍後ブンデスリーガ初ゴール挙げたFW大迫勇也は、現地でも絶賛されているようだ。地元メディア『WESER KURIER』が伝えた。<br><br>1日に行われたブンデスリーガ第2節で、フランクフルトと対戦したブレーメン。20分に大迫の先制点でリードを奪い、その後相手が前半のうちに退場者を出して数的優位を手にする。しかしその後追いつかれ、ドロー決着に思われたが、後半アディショナルタイムにミロット・ラシカが劇的な直接FKを決め、今季初勝利を手にした。<br><br>ブレーメン加入後公式戦3試合連続の先発出場となった大迫は、20分に見事な動き出しでパスを呼び込み、先制点を奪う。その後もチャンスメイクに大きく貢献し、60分には再びネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定でノーゴールに。フル出場を果たし、終始存在感を示し続けていた。<br><br>そんな日本代表FWを、『WESER KURIER』を高く評価。「ユウヤ・オオサコがその日最高点を記録」とし、チームトップタイの「2」と評した。<br><br>「開始直後から危険であり、デュエルでは活気にあふれていた。完璧に冷徹な先制点を決め、ハーフタイム後にもネットを揺らした」<br><br>なお、同率1位はDFミロス・ベリコビッチとなっている。<br><br>1986年に大先輩である奥寺康彦氏が得点して以来、ブレーメンでリーグ戦ゴールを挙げた日本人選手となった大迫。背番号8は、早くもチームの中心選手となったようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.02 19:01 Sun
twitterfacebook
thumb

大迫が移籍後リーグ初弾のブレーメン、10人のフランクフルトに後半ATのFK弾で競り勝つ《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第2節フランクフルトvsブレーメンが1日に行われ、1-2でブレーメンが勝利した。フランクフルトのMF長谷部誠はベンチ入りせず、ブレーメンのFW大迫勇也はフル出場して今季のリーグ戦初ゴールを決めている。 ▽開幕節でフライブルクに白星発進としたフランクフルトは、体調不良により開幕節を欠場した長谷部が引き続き欠場となった。 ▽一方、開幕節のハノーファー戦では3トップの右ウイングでスタートした大迫は、引き続き先発となり、[4-3-3]の左ウイングでスタートした。 ▽徐々にフランクフルトが押し込む流れとなる中、14分にアラーのボレーシュートでゴールに迫られたブレーメンだったが、16分に大迫が左サイドから右足で上げたクロスにクルーゼがヘディングで合わせる決定機を演出。しかし、シュートはGKの守備範囲に飛んでしまう。 ▽それでも21分、大迫がM・エッゲシュタインのフィードに反応してディフェンスライン裏に抜け出し、ボックス右からGKの股間を抜くシュートを決めた。一度はオフサイドを取られるも、VARの末にオンサイドと判定され、ゴールが認められた。 ▽大迫の移籍後リーグ初ゴールで先制したブレーメンは、30分にも右クロスに飛び込んだ大迫が決定機を迎えるなど、流れを掴む。 ▽そんな中32分、フランクフルトはヴィレムスが小競り合いからゲブレ・セラシェを殴打して一発退場となる。 ▽数的優位となったブレーメンが1点をリードしたまま迎えた後半、開始3分にフランクフルトがPKを獲得する。アウグスティンションのヘディングでのバックパスが短くなったところを、ガシノビッチがカットしてボックス内に侵入。GKパブレンカに倒されてPKとなった。 ▽ガシノビッチとの接触によりパブレンカが負傷し、プロデビュー戦となる18歳のブログマンを投入したブレーメンに対し、キッカーのアラーが冷静に決めてフランクフルトが試合を振り出しに戻した。 ▽追いつかれたブレーメンはハルニクに代えてピサーロを投入。すると61分、左クロスに大迫が合わせてネットを揺らすも、わずかにオフサイドを取られて勝ち越しとはならない。 ▽攻め立てるブレーメンは73分にクルーゼのミドルシュートでGKを強襲すれば、77分にはゲブレ・セラシェのボレーシュートが枠を捉えたが、アブラアムにゴールライン上でクリアされてしまう。 ▽さらに追加タイム1分にはラシカがディフェンスライン裏に抜け出すも、GKトラップに止められて1-1でタイムアップかに思われた。しかし追加タイム6分、ボックス手前やや左で得たFKをラシカがゴール左上に決めてブレーメンが勝ち越し。今季のリーグ戦初勝利を挙げている。 2018.09.02 00:42 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース