昇格組カーディフがアイルランド代表DFを獲得!2018.06.14 14:35 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽来シーズンからプレミアリーグに昇格するカーディフ・シティは13日、プレストン・ノース・エンドからアイルランド代表DFグレッグ・カニンガム(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの3年となる。

▽マンチェスター・シティでプロキャリアをスタートしたカニンガムは、2012年にチャンピオンシップ(イングランド2部)のブリストル・シティに完全移籍した。その後、2015年にプレストンに加入し、以降は3シーズンに渡って左サイドバックのレギュラーとして活躍。今季はシーズン途中にヒザを手術し長期離脱を強いられたものの、20試合出場で1ゴール2アシストの数字を残していた。

▽また、2010年にデビューを飾ったアイルランド代表では2013年以降、招集から遠ざかっていたものの、直近の代表ウィークには久々の招集を受けていた。

コメント

関連ニュース

thumb

昇格組カーディフが“マーフィー・ツインズ”の片割れジョシュを獲得

▽来シーズンからプレミアリーグに昇格するカーディフ・シティは12日、ノリッジ・シティからイングランド人FWジョシュ・マーフィー(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年となる。 ▽ニューカッスルで活躍するFWジェイコブ・マーフィーとの“マーフィー・ツインズ”として知られるジョシュ・マーフィーは、2013年のトップチームデビュー以降、ノリッジ一筋のキャリアを続けてきた。 ▽アジリティとテクニックに優れるレフティのウインガーは、今季のチャンピオンシップ(イングランド2部)で41試合に出場し7ゴール3アシストを記録。また、EFLカップ4回戦ではアーセナル相手に先制ゴールを挙げる活躍を見せていた。 ▽なお、来シーズンに個人としてプレミア復帰を果たすジョシュは、ニューカッスル戦でジェイコブとの双子対決が期待されるところだ。 2018.06.13 04:30 Wed
twitterfacebook
thumb

カーディフの昇格が決定! 2013-14シーズン以来のプレミア挑戦《チャンピオンシップ》

▽チャンピオンシップ(イングランド2部)の最終節が6日に行われ、カーディフはホームでレディングと対戦。試合はゴールレスドローに終わったが、2位を守り、来シーズンのプレミアリーグ昇格を決めた。 ▽自動昇格圏内の2位で最終節を迎えたカーディフ。3位のフルアムとは勝ち点差1で最終節に臨んだ。 ▽一方のレディングも3部降格となる22位のバーンズリー、23位のバートン・アルビオンとは勝ち点差2。負ければ他会場の結果次第で、3部への降格が決定する試合となった。 ▽試合は、互いに慎重な入りを見せたため、こう着した状態が続く。しかし、共に勝利がほしいこともあり、攻勢の手を緩めず。昇格が懸かるカーディフが主導権を握る展開が続くが、ゴールが遠い。 ▽さらに、カーディフは相手ボックス内で2度も倒されるシーンがあったが、笛はならず。クロスが相手DFの手に当たったかに見えたシーンも、笛はならなかった。 ▽ゴールレスで迎えた後半もカーディフペース。ビッグチャンスを迎えるも、2部に残留したいレディングは体を張って守り切る。 ▽結局、互いに死力を尽くした試合はそのままゴールレスで終了。2位のフルアムが20位のバーミンガムに3-1で敗戦。これにより、カーディフのプレミアリーグ昇格が決定した。なお、カーディフは2013-14シーズン以来のプレミアリーグ挑戦となる。 ▽一方で、レディングも勝ち点1を積み上げ44とすると、バーンズリー、バートン・アルビオンともに敗戦。2部残留を決めた。 ▽なお、3位にフルアム、4位にアストン・ビラ、5位にミドルズブラ、6位にダービーが入り、昇格枠の残り1つを懸けてプレーオフを実施。準決勝は、フルアムvsダービー、アストン・ビラvsミドルズブラとなった。 2018.05.07 11:55 Mon
twitterfacebook
thumb

元ユナイテッドのMFリチャードソンが積極補強のカーディフと短期契約

▽チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属するカーディフは12日、元イングランド代表MFキーラン・リチャードソン(31)の獲得を発表した。契約期間は短期契約と発表されており、1月までプレーするようだ。 ▽リチャードソンはウェストハムの下部組織出身で、2002年にマンチェスター・ユナイテッドへと移籍。その後は、WBAやサンダーランド、フルアム、アストン・ビラでプレーし、昨シーズン限りでアストン・ビラを退団。フリーの状態が続いていた。 ▽カーディフは、ニール・ウォーノック新監督の下、アーセナルなどでプレーした元モロッコ代表FWマルアン・シャマフ(32)、パリ・サンジェルマンやレスター・シティなどでプレーしたコートジボワール代表DFスレイマン・バンバ(31)、ブラックバーンやQPRでプレーしたカナダ代表FWジュニオール・ホイレット(26)を獲得しており、リチャードソンが4人目の新戦力となる。 2016.10.13 12:05 Thu
twitterfacebook
thumb

元アーセナルのFWシャマフがカーディフに短期契約で加入

▽チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属するカーディフは11日、元モロッコ代表FWマルアン・シャマフ(32)がフリートランスファーで加入したことを発表した。契約期間は短期契約のみと発表されている。 ▽ボルドーで頭角を現したシャマフは、2010年に鳴り物入りでアーセナルに加入。だが、在籍3シーズンで思うような活躍を披露できず、2013年からはクリスタル・パレスでプレーしていた。その後、昨シーズン限りでクリスタル・パレスとの契約が終了していた同選手は、フリーの状況が続いていたもののカーディフ加入が決定した。 ▽また、カーディフは同日、パリ・サンジェルマンやレスター・シティ、パレルモなどでプレーしたコートジボワール代表DFスレイマン・バンバ(31)の加入を発表。契約期間は2018年6月30日までの2年契約となる。 2016.10.12 00:00 Wed
twitterfacebook
thumb

元リバプールのランバート、WBAからカーディフに完全移籍

▽カーディフは31日、WBAから元イングランド代表FWリッキー・ランバート(34)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2年となる。 ▽ブラックプールでキャリアをスタートさせたマージサイド出身のランバートは、サウサンプトンでの活躍を受け、2014年夏に地元クラブのリバプールに移籍。2015年夏からWBAに活躍の場を移していた。 ▽代表キャリアにおいては、2013年に当時31歳の年齢でイングランド代表デビュー。これまで11試合のキャップ数を記録している。 2016.09.01 14:10 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース