昇格組カーディフがアイルランド代表DFを獲得!2018.06.14 14:35 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽来シーズンからプレミアリーグに昇格するカーディフ・シティは13日、プレストン・ノース・エンドからアイルランド代表DFグレッグ・カニンガム(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの3年となる。

▽マンチェスター・シティでプロキャリアをスタートしたカニンガムは、2012年にチャンピオンシップ(イングランド2部)のブリストル・シティに完全移籍した。その後、2015年にプレストンに加入し、以降は3シーズンに渡って左サイドバックのレギュラーとして活躍。今季はシーズン途中にヒザを手術し長期離脱を強いられたものの、20試合出場で1ゴール2アシストの数字を残していた。

▽また、2010年にデビューを飾ったアイルランド代表では2013年以降、招集から遠ざかっていたものの、直近の代表ウィークには久々の招集を受けていた。

コメント

関連ニュース

thumb

アーセナル、若きアッズーリMFバレッラに熱視線か

▽アーセナルがカリアリのイタリア代表MFニコーロ・バレッラ(21)の獲得に動くようだ。イギリス『talkSPORT』が伝えた。 ▽カリアリ下部組織のバレッラは2015年にプロデビュー。2016年冬には当時セリエBのコモにレンタルされたが、武者修行の地でリーグ戦21試合に出場し、チームのセリエA昇格を手助けした。半年でカリアリに復帰すると、今シーズンもここまでリーグ戦8試合で1ゴールを記録している。また、先日行われたウクライナ代表との親善試合でイタリア代表デビューを飾った。 ▽欧州中で高い評価を受けるバレッラに対しては、以前にリバプールが興味を示しており今夏には契約に近付いたと言われていたが、クラブが拒否したことを選手当人が明らかにしている。今なおリバプールの関心は薄れていないそうだが、今回の記事によると強力なライバルが出現したようだ。 ▽伝えられるところでは、アーセナルがバレッラを注視。既にスカウトも派遣している模様で、3000万ポンド(約44億円)を用意していると噂されるリバプールと争奪戦の様相を呈している。また、ミランとインテルからの興味も聞こえており、今後の動向に目が離せない。 ▽なお、バレッラ本人は冬の移籍を望んでおらず。クラブを出る場合でも来夏の移籍になるようだ。 2018.10.17 18:11 Wed
twitterfacebook
thumb

ダイアーのゴールでトッテナムが10人のカーディフに辛勝《プレミアリーグ》

▽トッテナムは6日、プレミアリーグ第8節でカーディフとウェンブリー・スタジアムで対戦し、1-0で勝利した。 ▽リーグ戦ここまで5勝2敗のトッテナム。カップ戦を含め国内では3連勝も、直近の試合となったチャンピオンズリーグのバルセロナ戦では、主力の負傷離脱の影響もあり2-4で敗戦。大会2連敗を喫した。そして今節も、デレ・アリ、エリクセン、ヴェルトンゲン、デンベレらが引き続き欠場。先発にはアルデルヴァイレルトやE・ダイアー、ケイン、ソン・フンミン、ルーカス・モウラらが名を連ねた。 ▽序盤から19位のカーディフを攻め立てるトッテナムは6分、ムサ・シソコがチャンスメイク。ボックス右からケインを狙ったクロスを送るが、手前でクリアされてしまう。その直後、立て続けに3本のCKを得たトッテナムはその3本目のCKで試合を動かす。ショートコーナーからのセンタリングに合わせたのはD・サンチェス。これは相手に当たってしまうものの、こぼれ球をE・ダイアーが押し込んで先制点を奪った。 ▽失点後のカーディフは10分にアーターのシュートで初めて攻撃の形を作る。23分には、ゴールキックからジョシュ・マーフィーが一気にGKと一対一になり、ループシュートでゴールを狙ったが、寸前のところでクリアされてしまった。 ▽その後のペースはトッテナムが握る。相手の攻撃をいなしつつ、効果的な攻撃でカーディフゴールへと襲い掛かる。39分と42分にルーカス・モウラにチャンスが訪れるも、一本はポスト、もう一本は枠の外に外れてゴールならず。前半終了間際には、左サイドから仕掛けたソン・フンミンがケイン、ムサ・シソコとのパス交換でゴール前に侵攻しシュート。しかし枠を捉えきれなかった。 ▽1点リードのトッテナムは後半開始早々にビッグチャンスを迎える。46分、左サイドのローズのクロスにケインがヘディングシュート。GKに弾かれたボールをさらにルーカス・モウラが押し込みにかかったがシュートはゴールライン上でクリアされてしまった。 ▽56分にもケインが惜しいシュートを放つなど優勢に進めるトッテナムは58分、カウンターから右サイド突破を試みたルーカス・モウラが、カード覚悟でスライディングで止めにきたロールズに倒されてしまう。ロールズには、得点につながる決定的なシーンだったとして、一発レッドカードの判定。 ▽その後、互いに交代枠を使いながら試合の流れを掴みに行くものの、決定的なチャンスは生まれずこのまま試合終了。ダイアーの前半のゴールが決勝点となりトッテナムが辛勝。リーグ戦3連勝とした。 2018.10.07 01:03 Sun
twitterfacebook
thumb

シティがCL敗戦払拭するゴールショー! 300試合達成のアグエロ弾にマフレズが待望の初弾!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第6節、カーディフvsマンチェスター・シティが22日にカーディフ・シティ・スタジアムで行われ、アウェイのシティが5-0で快勝した。 ▽昨季王者シティはリーグ戦で4勝1分けと好スタートを切ったものの、今季チャンピオンズリーグ(CL)の初陣となったリヨン戦ではホームで1-2の敗戦を喫し、まさかの今季公式戦初黒星となった。バウンスバックが求められる中2日での一戦では今季初白星を目指す昇格組カーディフのホームに乗り込んだ。 ▽CLではベンチ入り禁止だったグアルディオラ監督はこの試合に向けて先発3人を変更。ストーンズ、シルバ、ガブリエウ・ジェズスに代わってオタメンディ、ザネ、アグエロが起用した。なお、今週に2021年までの新契約にサインしたばかりのアグエロはこれがシティでの通算300試合目となった。 ▽強い雨が降りしきる中でスタートしたウェールズでの一戦は戦前の予想通り、圧倒的にボールを保持するシティが押し込む展開に。ザネとスターリングの両翼を起点にアグエロらを狙った低く鋭いクロス、中央でのコンビプレーで打開を図るアウェイチームだが、中央を固める相手の守備をこじ開けるまでには至らず。 ▽それでも、慌てずに攻勢を続けるシティは32分、ハーフスペースでボールを受けて前を向いたギュンドアンから絶妙な縦パスを受けたボックス右のベルナルド・シウバが丁寧に中へ折り返すと、これをアグエロが右足ダイレクトでゴール右隅に蹴り込み、自身の300試合出場を祝うシティでの205点目を記録した。 ▽エースの先制点で勢いづくシティは畳みかける攻めを見せる。35分には右CKの場面で右サイドのザネが左足で入れた低いクロスをボックス右のベルナルド・シウバが巧みなバックヘッドでゴール左隅の絶妙なコースに流し込む。さらに前半終了間際の44分には高い位置でのボール奪取からスターリングとのパス交換でうまくシュートコースを作ったギュンドアンがゴール右上隅に見事なミドルシュートを突き刺し、前半を3-0のスコアで終えた。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽迎えた後半、カーディフDFペリティエルが着地の際に肩を痛めて負傷交代を強いられるアクシデントに見舞われたが、後半も試合展開に大きな変化はなし。ザネがポスト直撃のシュートで4点目に迫るなど余裕の試合運びを見せる。 ▽その後、61分に殊勲のアグエロを下げてマフレズを投入したシティはそのマフレズが早速仕事を果たす。67分、左サイドのスペースに飛び出したギュンドアンからの丁寧なグラウンダーの折り返しをワンタッチで合わせ、待望の移籍後初ゴールを奪う。 ▽この4点目で完全に試合を決定付けたシティはギュンドアン、フェルナンジーニョを下げてフォーデン、ストーンズを続けて投入。ストーンズを中盤起用するなど、今後に向けたテストを試みていく。それでも、流れを渡さないアウェイチームは89分、マフレズが得意の左足のシュートでトドメの5点目を奪い、敵地で5-0の圧勝。CLリヨン戦での敗戦を見事に払拭したシティが開幕からの無敗を継続している。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.23 00:58 Sun
twitterfacebook
thumb

アザールがハットなど4発のチェルシーが開幕5連勝《プレミアリーグ》

▽チェルシーは15日、プレミアリーグ第5節でカーディフをホームに迎え、4-1で逆転勝利した。 ▽前節ボーンマス戦を2-0と勝利して開幕4連勝としたチェルシーは、ゴールを決めたジルーが今季初スタメンを飾り、ペドロが先発に戻った。 ▽試合は立ち上がりからチェルシーがボールを持つ展開となったが、12分にCKからバンバのヘディングシュートでゴールに迫られると、15分に先制を許した。FKの流れからモリソンにヘッドで落とされると、ゴール前に走り込んだバンバに右足で押し込まれた。 ▽失点直後の17分、ジルーの絶妙ヒールパスでボックス左に抜け出したコバチッチがGKと一対一となるも、ここはエザリッチの好守に阻まれた。さらに24分、ペドロのコントロールシュートはわずかに外れたが、一方的に押し込み続けると、37分に試合を振り出しに戻した。ジルーとのパス交換でボックス内に侵入したアザールがゴール左にシュートを蹴り込んだ。 ▽勢い付くチェルシーは45分、ペドロの左クロスをジルーがうまく落として、ボックス左のアザールが蹴り込み、逆転して前半を終えた。 ▽後半早々、足を痛めたコバチッチがプレー続行不可能となってバークリーが投入されたチェルシーが後半も一方的に押し込むと、終盤の80分に勝負を決定付けた。ウィリアンがスピードを生かしてボックス右に侵入したところでバンバに倒されPKを獲得した。そしてこのPKをアザールが決め、チェルシーが3-1とした。 ▽さらに83分、左クロスを受けたウィリアンがボックス手前中央から正確無比なコントロールシュートを決めてチェルシーが終わってみれば4-1で快勝。開幕5連勝としている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.16 06:07 Sun
twitterfacebook
thumb

低調アーセナル、オーバ&ラカゼット今季初弾で昇格組カーディフに薄氷勝利で連勝《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第4節、カーディフvsアーセナルが2日にカーディフ・シティ・スタジアムで行われ、アウェイのアーセナルが3-2で勝利した。 ▽開幕連敗スタートも前節ウェストハムとのダービーを3-1で制し待望のエメリ新体制初白星を手にしたアーセナル。連勝を目指す今節では開幕から未勝利が続く昇格組カーディフとのアウェイチェームに臨んだ。ウェストハム戦からはムヒタリアン、イウォビに代えてエジルとラカゼットを復帰させた。 ▽立ち上がりからハイプレスを仕掛けるホームチームに対して、アーセナルは課題のビルドアップでいきなりピンチ。7分、後方でのパス回しに参加したGKチェフが目の前のアーターの足元へ信じがたいプレゼントパス。だが、ここはアーターが絶好の決定機でシュートを枠に飛ばせない。 ▽肝を冷やしたアーセナルだが、今度は相手のミスから先制点を奪う。12分、相手DFモリソンのクリアミスの流れから左サイドでCKを獲得。ここでキッカーのジャカからのクロスボールをマークをうまく外したムスタフィが頭で合わせ、幸先良くリードを手にした。 ▽ここから一気にアーセナルペースで試合が進むかに思われたが、互いにイージーなミスが目立ち行ったり来たりの試合展開が続く。カーディフがフィニッシュの場面を増やしていくも、33分にはボックス手前でラムジーからパスを受けたラカゼットが左ポスト直撃の際どいシュートで2点目に迫る。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div>▽だが、この決定機を逸したアーセナルは前半終了間際のアディショナルタイム2分、左サイドのベネットの入れたクロスをボックス右のカマラサに巧みな反転シュートをネットに突き刺され、1-1に追いつかれて前半を終えた。 ▽迎えた後半も立ち上がりにGKチェフのミスパスからホイレットにシュートチャンスを許すなど、後半もビルドアップを中心にミスが目立つ低調な入りに。それでも、攻撃面では54分にムスタフィとモンレアルがセットプレーの流れでチャンスに絡む。すると62分、中盤のエジルからの縦パスを中央のラカゼットが巧みなヒールパスでオーバメヤンに繋ぐ。そして、ペナルティアーク付近でガボン代表FWが放った見事なコントロールシュートがゴール右隅を射抜き、エースの今季初ゴールで勝ち越しに成功した。 ▽ここから試合の主導権を掴みたいアーセナルだったが、またしても守備が耐え切れない。70分、カーディフがボックス手前中央で得たFKの場面でボックス右のモリソンが頭で折り返したボールをゴール前のウォードが頭で合わせ、左ポストの内側を叩いたボールがネットを揺らした。 ▽2-2の振り出しに戻った試合は前半同様に行ったり来たりのオープンな展開に。この流れの中で互いに3点目に迫っていく。すると81分、途中出場のトレイラがボックス右で絶妙な動き出しでDFを外したラカゼットに縦パスを通す。ここでラカゼットは角度のないところからニア天井に強烈な右足シュートを突き刺し、オーバメヤンに続いてこちらも今季初ゴールを記録。アーセナルが個の力で三度リードを手にした。 ▽今度こそ逃げ切りたいエメリ監督はエジルとオーバメヤンを下げてウェルベック、ムヒタリアンを続けて投入する。だが、ホームで勝ち点を奪いたいカーディフも終盤に攻勢を仕掛けると、91分にはパワープレーの形からボックス内でボールを繋ぎ、ソホレの浮き球クロスをモリソンが無人のゴールへ向けて頭で押し込もうとするが、このヘディングシュートは惜しくもクロスバーの上に外れた。 ▽相手の決定力の低さに助けられる低調な内容ながらもオーバメヤンとラカゼットの今季初ゴールで勝ち切ったアーセナルが、今季初の連勝を飾った。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.02 23:40 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース