サッスオーロ、前ベネヴェントのデ・ゼルビ氏を新監督に招へい!2018.06.14 14:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽サッスオーロは13日、ロベルト・デ・ゼルビ氏(38)の新監督就任を発表した。契約期間は2020年6月30日までの2年となる。

▽今季途中就任のジュゼッペ・イアキーニ前監督(53)の下で今季を11位でフィニッシュしたサッスオーロだが、シーズン終了後に行われた面談の場でイアキーニ前監督と双方合意の下で契約を解消していた。

▽そして、クラブはイアキーニ監督の後任として、セリエBに降格したベネヴェント指揮官のデ・ゼルビ氏を招へいした。

▽2014年から2016年まで率いたフォッジャで卓越した手腕を発揮したデ・ゼルビ氏は、パレルモでの指揮を経て昨年10月にベネヴェントの指揮官に途中就任。クラブは降格という結果に終わったものの、攻撃的なポゼッションスタイルは以前から高い評価を得ている。

コメント

関連ニュース

thumb

愚行退場のドグラス・コスタに4試合の出場停止処分

▽セリエAを運営するレガ・セリエAは18日、サッスオーロ戦で相手選手に唾を吐きかけて退場処分となったユベントスに所属するブラジル代表MFドグラス・コスタに対して、4試合の出場停止処分を科したことを発表した。 ▽ユベントスは、16日に行われたセリエA第4節のサッスオーロ戦を3-1で勝利し、開幕4連勝を飾った。 ▽この試合に61分から出場したドグラス・コスタだが、試合終盤に相手MFフェデリコ・ディ・フランチェスコに体当たりを食らわせてファウル。起き上がる相手にヒジ打ちするような形で払いのけ、さらに主審の目の前で頭突きを見舞おうとした。 ▽このプレーでイエローカードを受けながらもプレーを続行したドグラス・コスタだったが、再びディ・フランチェスコと口論となると至近距離から顔面に唾を吐きかけた。当初、主審はこの場面を見逃していたものの、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による確認が行われると、ドグラス・コスタにレッドカードを掲示した。 ▽レガ・セリエAは、ドグラス・コスタの一連の行動が「重大な非スポーツマン行為」と判断し、通常の退場処分に科される1試合の出場停止に加え、追加で3試合の出場停止を科すことを決定した。 ▽ドグラス・コスタは今回の4試合の出場停止処分によって、次節のフロジノーネ戦、第6節のボローニャ戦、第7節のナポリ戦、第8節のウディネーゼ戦を欠場することになる。 2018.09.19 02:25 Wed
twitterfacebook
thumb

アッレグリ、ドグラス・コスタの愚行に激怒「絶対に犯してはならないこと」

▽ユベントスは16日に行われたセリエA第4節のサッスオーロ戦を2-1で勝利し開幕4連勝を飾った。だが、同試合でブラジル代表MFドグラス・コスタが犯した愚行に関して指揮官のマッシミリアーノ・アッレグリ監督が激怒している。『スカイ・スポルト・イタリア』が伝えている。 ▽スクデット争いのライバルが軒並み勝ち点を取りこぼす中、開幕3連勝で首位を走るユベントスはこのサッスオーロ戦でも0-0で折り返した後半立ち上がりにFWクリスティアーノ・ロナウドの移籍後初ゴール、後半半ばにもカウンターからC・ロナウドが追加点を奪い、試合最終盤に1点を返されたものの2-1の勝利で開幕4連勝を飾った。 ▽だが、ホームでの勝利に大きく水を差したのがドグラス・コスタの愚行だった。61分に途中出場したドグラス・コスタは後半アディショナルタイム2分に相手FWフェデリコ・ディ・フランチェスコへの体当たりと、その流れでかましたエルボーによってイエローカードを受けると、このプレーを巡るディ・フランチェスコとの小競り合いで頭突きと唾を顔面に吐きかけるラフプレーのフルコースによってビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の検証もあって一発退場となった。 ▽同試合後、ドグラス・コスタは自身のSNSを通じて公式謝罪を行ったものの、少なくとも3試合以上の長期出場停止は免れない模様だ。 ▽このドグラス・コスタの愚行に関して指揮官も強い憤りを見せている。 「恐らく、彼はその前に受けたファウルによって我を忘れていたと思う。だが、それは言い訳にならない。それは絶対に犯してはならないことだからだ。相手の挑発にのることは避けなければならない」 ▽なお、アッレグリ監督は今回の一件を受けてクラブがドグラス・コスタに対して罰金を科すことを認めている。 2018.09.17 14:08 Mon
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドの移籍後初弾含む2発でユベントスが開幕4連勝《セリエA》

▽ユベントスは16日、セリエA第4節でサッスオーロをホームに迎え、2-1で勝利した。 ▽前節パルマ戦を2-1と競り勝って開幕3連勝としたユベントスは、代表戦を戦ったピャニッチやキエッリーニらがベンチスタートとなった中、ジャンが移籍後初先発を飾り、ディバラが開幕戦以来のスタメンとなった。 ▽2勝1分けと好スタートを切ったサッスオーロに対し、翌水曜にチャンピオンズリーグのバレンシア戦を控えるユベントスは、[4-3-3]を採用。3トップは右からディバラ、マンジュキッチ、C・ロナウドと並べ、中盤アンカーにジャン、インサイドにケディラとマテュイディを配した。 ▽そのユベントスが圧力をかけていくと、11分にC・ロナウドがヘディングシュートを浴びせ、19分にはジャンがミドルシュートでゴールに迫っていった。 ▽22分にCKからフェッラーリにヘディングシュートを許したユベントスが、引き続き押し込んでいったが、サッスオーロ守備陣を脅かすような攻撃は見せられない。そんな中37分、カンセロのクロスがリロラのクリアミスを誘ってゴールに向かうも、GKコンシーリの見事な反応の前にゴールを割れない。 ▽39分にはダンカンにネットを揺らされるも、その前にファウルがあったとして救われたユベントスは、前半をゴールレスで終えた。 ▽後半も押し込んだユベントスは50分に先制する。右CKの流れからフェッラーリのヘディングでのクリアミスが左ポストに直撃すると、ルーズボールをC・ロナウドが押し込んだ。 ▽C・ロナウドに移籍後初ゴールが生まれたユベントスは、61分にマンジュキッチに代えてドグラス・コスタを投入。前がかるサッスオーロ相手にカウンターを狙うと、65分に追加点を奪った。決めたのはまたもC・ロナウド。ロングカウンターに転じ、ドグラス・コスタ、ジャンとつないで、ボックス左に走り込んだC・ロナウドが左足でゴール右へグラウンダーのシュートを流し込んだ。 ▽その後もドグラス・コスタやC・ロナウドがゴールに迫ったユベントスは、77分にC・ロナウドが決定的なボレーシュートを浴びせれば、82分にはカンセロのミドルシュートのルーズボールをC・ロナウドがプッシュ。しかし、シュートは枠を捉えられなかった。 ▽追加タイムにババカルのゴールを許したユベントスは、ドグラス・コスタのつば吐き行為によって退場者を出すも、C・ロナウドが挙げた2ゴールで勝利し、開幕4連勝スタートとしている。 2018.09.17 00:01 Mon
twitterfacebook
thumb

低調インテル、格下相手にまさかの黒星スタート《セリエA》

▽インテルは19日、セリエA第1節でサッスオーロとのアウェイ戦に臨み、0-1で敗戦した。 ▽昨季セリエAで4位となり、7季ぶりにチャンピオンズリーグ出場権を手に入れたインテルは、スパレッティ体制2季目となる中、新戦力ではラウタロ・マルティネス、デ・フライ、アサモア、ポリターノの4選手をスタメンで起用した。 ▽新戦力のK・ボアテングやディ・フランチェスコをスタメン起用してきたサッスオーロに対し、フラットな[4-4-2]で臨んだインテルは4分にピンチ。ブラビアに抜け出されGKと一対一となるが、ハンダノビッチが好守で凌いだ。 ▽サッスオーロの出足の鋭さに押し込まれる入りとなったインテルは、21分にようやくイカルディがゴールを脅かすシーンを生み出すも、25分にPKを献上する。カウンターを受けてディ・フランチェスコのドリブル突破を許すと、ミランダがボックス内で倒してしまった。このPKをベラルディに決められ、インテルは先制を許してしまう。 ▽失点したインテルはイカルディのミドルシュートでGKを強襲したものの、攻め手のない状況が続く。43分にはボックス左でアサモアが仕掛けて倒されたが、ノーファウルの判定が下され、1点ビハインドのまま前半を終えた。 ▽迎えた後半からダウベルトに代えてペリシッチを左サイドに投入したインテルは、アサモアを左サイドバックに下げた。そのインテルがポゼッションする展開となると、60分にポリターノのミドルシュートで同点ゴールに近づいた。 ▽65分にK・ボアテングのボレーシュートで脅かされたインテルは直後、左サイドからのペリシッチのクロスにイカルディがボレーで合わせたシュートは枠の上に外してしまう。 ▽ゴールが遠いインテルはL・マルティネスに代えてケイタを投入。しかし、終盤にかけても一向にギアが上がらず低調なまま時間が経過していく。90分にようやく決定機を生み出したが、FKからデ・フライの放ったヘディングシュートはGKコンシーリのファインセーブに阻まれ、0-1で敗戦。格下相手にまさかの黒星スタートとなっている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_s" terget="_blank">セリエA観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.20 05:29 Mon
twitterfacebook
thumb

サッスオーロ、バルセロナからブラジル人DFマルロンを完全移籍で獲得

▽サッスオーロは16日、バルセロナからブラジル人DFマルロン・サントス(22)を完全移籍で獲得した。 ▽バルセロナの発表によれば、マルロンの移籍金は600万ユーロ(約7億6000万円)で、買い戻しオプションが付随している。また、同選手が今後他クラブに移籍する際、幾つかの条件を満たした場合、移籍金の50パーセントをバルセロナが受け取ることになる。 ▽なお、マルロンがサッスオーロで50試合以上出場し、サッスオーロが移籍金を満額支払った場合は、将来の売却に関する条項は無効となる。 ▽フルミネンセから2016年夏にレンタルでバルセロナに加入したマルロンは昨季、公式戦3試合に出場。昨年6月に完全移籍となり、バルセロナと3年契約を結んでいた。その後、昨夏には出場機会を求めてニースに2年間のレンタル移籍で加入し、今季は公式戦27試合に出場していた。 2018.08.17 05:00 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース