サッスオーロ、前ベネヴェントのデ・ゼルビ氏を新監督に招へい!2018.06.14 14:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽サッスオーロは13日、ロベルト・デ・ゼルビ氏(38)の新監督就任を発表した。契約期間は2020年6月30日までの2年となる。

▽今季途中就任のジュゼッペ・イアキーニ前監督(53)の下で今季を11位でフィニッシュしたサッスオーロだが、シーズン終了後に行われた面談の場でイアキーニ前監督と双方合意の下で契約を解消していた。

▽そして、クラブはイアキーニ監督の後任として、セリエBに降格したベネヴェント指揮官のデ・ゼルビ氏を招へいした。

▽2014年から2016年まで率いたフォッジャで卓越した手腕を発揮したデ・ゼルビ氏は、パレルモでの指揮を経て昨年10月にベネヴェントの指揮官に途中就任。クラブは降格という結果に終わったものの、攻撃的なポゼッションスタイルは以前から高い評価を得ている。

コメント

関連ニュース

thumb

サッスオーロ、バルセロナからブラジル人DFマルロンを完全移籍で獲得

▽サッスオーロは16日、バルセロナからブラジル人DFマルロン・サントス(22)を完全移籍で獲得した。 ▽バルセロナの発表によれば、マルロンの移籍金は600万ユーロ(約7億6000万円)で、買い戻しオプションが付随している。また、同選手が今後他クラブに移籍する際、幾つかの条件を満たした場合、移籍金の50パーセントをバルセロナが受け取ることになる。 ▽なお、マルロンがサッスオーロで50試合以上出場し、サッスオーロが移籍金を満額支払った場合は、将来の売却に関する条項は無効となる。 ▽フルミネンセから2016年夏にレンタルでバルセロナに加入したマルロンは昨季、公式戦3試合に出場。昨年6月に完全移籍となり、バルセロナと3年契約を結んでいた。その後、昨夏には出場機会を求めてニースに2年間のレンタル移籍で加入し、今季は公式戦27試合に出場していた。 2018.08.17 05:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ミラン下部組織出身の20歳MF、サッスオーロ移籍決定でベルルスコーニ元会長に感謝

ミランは13日、U-21イタリア代表MFマヌエル・ロカテッリのサッスオーロ移籍を公式ウェブサイトで発表した。元ミランMFは、インスタグラム上でシルヴィオ・ベルルスコーニ元会長らに感謝の気持ちを綴った。<br><br>20歳のロカテッリはアタランタの下部組織を経て2009年、11歳の時にミランの下部組織に加入。2015-16シーズンにはセリエAデビューを飾り、翌シーズンはMFリッカルド・モントリーボのケガの影響もあり、ヴィンチェンツォ・モンテッラ率いる若手主体のミランで活躍した。だが昨シーズンは出場機会を大幅に減らしており、今夏のサッスオーロ移籍を決断した。レンタルでの加入となるが、買い取り義務が付帯されており、シーズン終了後には完全移籍が完了する。『ガゼッタ・デロ・スポルト』によれば、移籍金は総額1200万ユーロ(約15億円)と報じられている。<br><br>ロカテッリはSNS上で9年間を過ごしたミランに感謝の意を伝えている。特に31年間にわたりミランのオーナーを務めた元名物会長のベルルスコーニ氏や元CEOのアドリアーノ・ガリアーニ氏には特別な思いを抱いているようだ。<br><br>「ありがとう。僕のそばにいてくれた人全員に感謝したい。ヴィズマーラやミラネッロの用具係の皆、僕がまだ免許を持っていない頃、送り迎えしてくれた運転手さん、僕を支えてくれたミラネッロのスタッフ。僕と一緒に喜び、叫んでくれたサポーターの皆もありがとう。僕が成長できるよう最善を尽くしてくれた監督たちもありがとう。チームメートにもありがとう。特にベルルスコーニ会長とガリアーニ先生には特別、感謝している」<br><br><br><br><br>提供:goal.com 2018.08.14 20:55 Tue
twitterfacebook
thumb

バロテッリ獲得にサッスオーロも関心…新加入の元同僚ボアテングもラブコール

ニースに所属するイタリア代表FWマリオ・バロテッリの獲得にサッスオーロが関心を示している。イタリア紙『トゥット・スポルト』が報じた。<br><br>所属先のニースとは、あと1年間の契約を残しているが、バロテッリは今夏の移籍を目指し、新天地を模索している。これまでパルマがスーペル・マリオの獲得を検討していたが、ニースが要求する移籍金は1000万ユーロ(約13億円)と高額で、セリエAに昇格したばかりの古豪は二の足を踏んでしまった。<br><br>移籍期間の終了期限が17日に迫る中、サッスオーロもバロテッリの獲得へ乗り出した。現在、取引の実現へ向けて検討を重ねている。12日に誕生日を迎えたバロテッリには、ミランの元チームメートで今夏、フリーでサッスオーロに加入したMFケヴィン・プリンス・ボアテングからもラブコールが届いた。所属クラブの意向を把握しているどうかは定かではないが、ボアテングはツイッター上にバロテッリとの写真を掲載。「ハッピーバースデー。君とはいつも楽しかったよ。おめでとうブラザー」と呼びかけた。<br><br>一方で、代理人のミーノ・ライオラ氏がバロテッリの移籍を提案したとされるナポリのOBからも加入を熱望する声が上がった。元日本代表の三都主アレサンドロ氏の従兄弟として知られるクーネオ(セリエC)のDFファビアーノ・サンタクローチェはインスタグラム上で、「マリオ、おめでとう。青のユニフォームはきっと君によく似合うはずだ。ナポリへ来て」と綴り、ナポリ移籍を勧めた。<br><br>このほかバロテッリには、日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユやフィリッポ・インザーギ率いるボローニャも獲得に興味を示していたが、今後の動向は注目されるところだ。<br><br><br><br><br>提供:goal.com 2018.08.14 20:42 Tue
twitterfacebook
thumb

ミランMFロカテッリ、買い取り義務付きレンタルでサッスオーロへ移籍

▽サッスオーロは13日、ミランのU-21イタリア代表MFマヌエル・ロカテッリ(20)を買い取り義務付きのレンタルで獲得したことを発表した。 ▽『フットボール・イタリア』によればレンタル料は200万ユーロ(約2億5000万円)で、シーズン終了後に1000万ユーロ(約12億6000万円)+ボーナス200万ユーロの移籍金がかかるとのことだ。 ▽ミランの下部組織出身であるセントラルMFのロカテッリは、2016年4月にトップチームデビュー。同10月にはユベントス戦で戦列なミドルシュートを叩き込んでいた。そのロカテッリはこれまでミランで公式戦63試合に出場して2ゴール1アシストを記録。昨季はセリエAで21試合に出場していたが、アルゼンチン代表MFルーカス・ビリアの加入もあって先発は5試合に留まっていた。 2018.08.13 23:53 Mon
twitterfacebook
thumb

セリエB降格のヴェローナ、サッスオーロからイタリア人FWラグサをレンタルで獲得

▽ヴェローナは3日、サッスオーロからイタリア人FWアントニオ・ラグサ(28)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽2008年にトレヴィーゾでプロデビューしたラグサは、その後、ジェノアやペスカーラ、チェゼーナでのプレーを経て、2016年の夏にサッスオーロに移籍。 ▽サッスオーロでは在籍2シーズンで公式戦64試合に出場し5ゴール7アシストをマーク。昨シーズンは、セリエAで30試合に出場していた。 ▽昨シーズンのヴェローナは、シーズン序盤から降格圏に沈むと、最終成績に7勝27敗4分けの19位で2シーズンぶりのセリエB(イタリア2部)降格が決定していた。 2018.08.04 02:02 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース