サッスオーロ、前ベネヴェントのデ・ゼルビ氏を新監督に招へい!2018.06.14 14:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽サッスオーロは13日、ロベルト・デ・ゼルビ氏(38)の新監督就任を発表した。契約期間は2020年6月30日までの2年となる。

▽今季途中就任のジュゼッペ・イアキーニ前監督(53)の下で今季を11位でフィニッシュしたサッスオーロだが、シーズン終了後に行われた面談の場でイアキーニ前監督と双方合意の下で契約を解消していた。

▽そして、クラブはイアキーニ監督の後任として、セリエBに降格したベネヴェント指揮官のデ・ゼルビ氏を招へいした。

▽2014年から2016年まで率いたフォッジャで卓越した手腕を発揮したデ・ゼルビ氏は、パレルモでの指揮を経て昨年10月にベネヴェントの指揮官に途中就任。クラブは降格という結果に終わったものの、攻撃的なポゼッションスタイルは以前から高い評価を得ている。

コメント

関連ニュース

thumb

サッスオーロ、途中就任で残留に導いたイアキーニ監督との契約を解消

▽サッスオーロは5日、ジュゼッペ・イアキーニ監督(53)との契約を双方合意の下で解消したことを発表した。 ▽これまでサンプドリアやシエナ、パレルモ、ウディネーゼなどの指揮官を歴任してきたイアキーニ監督は、昨年11月にクリスティアン・ブッキ前監督の後任として当時降格圏と1ポイント差の16位に低迷していたサッスオーロの新指揮官に1年半の契約で就任した。そして、崩壊しかけていたチームを見事に立て直して最終的に11位でフィニッシュさせた。 ▽だが、シーズン終了後にクラブとの面談を行ったイアキーニ監督はその話し合いの中で契約解消という結論に達したようだ。 ▽なお、イタリア『スカイ・スポルト』の伝えるところによれば、サッスオーロはイアキーニ監督の後任として、セリエBに降格したベネヴェント指揮官のロベルト・デ・ゼルビ氏(38)の招へいに動いているようだ。 2018.06.05 19:55 Tue
twitterfacebook
thumb

ナポリやミランには興味なし!? 伊代表ウインガーはインテル行きを希望か

▽サッスオーロのFWマッテオ・ポリターノは、インテルへの移籍を望んでいるようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。 ▽24歳のポリターノは、2017/18シーズンの活躍が高く評価されている選手で、イタリア代表にも呼ばれている。この活躍にミランやナポリも興味を示しているが、選手の希望はインテルのようだ。 ▽インテルは今夏の移籍市場で右サイドハーフの獲得を狙っている。その候補にポリターノは挙がっており、相思相愛のようだ。同選手はまずインテルへの移籍を優先に考えており、その他の選択肢は保留にするかもしれない。 ▽ポリターノはローマの下部組織で育ったあと、ペルージャへのレンタルを経て、ペスカーラに加入。2015年からサッスオーロでプレーしていた。 2018.05.28 03:50 Mon
twitterfacebook
thumb

リヒトシュタイナーと破談のドルトムント、サッスオーロDFリロラ獲得に参戦か

▽ドルトムントがサッスオーロ所属するU-21スペイン代表DFポル・リロラ(20)の獲得に関心を示しているようだ。 ▽ルシアン・ファブレ新監督を迎えたドルトムントは、今夏にユベントスを退団するスイス代表DFシュテファン・リヒトシュタイナーの獲得を目指していたが、個人間での話し合いがまとまらず交渉は破談。そこで目をつけたのが、サッスオーロで成長著しいリロラだった。 ▽2014年にエスパニョールユースからユベントスのプリマヴェーラへレンタル移籍で加入したリロラは、翌年に完全移籍を果たす。その後、2016年にサッスオーロのトップチームへレンタル移籍で加入すると、徐々に出場機会を伸ばし、2018年1月にサッスオーロへ完全移籍。今季は公式戦26試合に出場していた。 ▽また、U-17から選出されているスペイン代表では現在、飛び級でU-21代表に選出されている。 ▽なお、イタリア『フットボール・イタリア』によると、リオラの移籍金は800万ユーロ(約)~1000万ユーロ(約)と伝えられている。 2018.05.26 01:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ローマ、ディ・フランチェスコ初凱旋試合で勝利! 今季を3位で終える《セリエA》

▽セリエA最終節、サッスオーロvsローマが20日にマペイ・スタジアムで行われ、アウェイのローマが1-0で勝利した。 ▽すでに4位以内を確定させている3位ローマが11位サッスオーロのホームに乗り込んだ今季最終戦。マペイ・スタジアム初凱旋のディ・フランチェスコ監督は前節のユベントス戦から先発6人を変更。出場停止のナインゴランに代えてストロートマン、負傷のアリソンに代わって今季リーグ戦初出場のGKスコルプスキ、マノラスとペロッティ、シック、ゴナロンが起用された。 ▽引き分け以上で3位確定となるローマは立ち上がりから相手を押し込んでいく。12分にはゴール右で細かいフェイントを見せたシックが右足のシュートを放つが、これは左ポストを叩く。さらに23分にはボックス手前でペロッティのパスを受けたゼコが枠を捉えたシュートを放つが、これはGKペーゴロの好守に遭う。 ▽立ち上がりの決定機を決め切れないローマはここから続けてピンチを招く。29分には最終ライン裏へ完璧なタイミングで抜け出したポリターノに絶好機を許すが、ここはGKスコルプスキの圧巻のセーブと相手のシュートミスに救われる。 ▽すると、このピンチを凌いだローマは前半終了間際の45分、セットプレーの流れからボックス右でルーズボールを拾ったマノラスがゴールライン際でダンカンを振り切って鋭いクロスを供給。これがGKペーゴロのオウンゴールを誘い、前半を1点リードで終えた。 ▽後半もややピリッとしないローマはサッスオーロの攻勢に晒されると、立ち上がりにはベラルディに決定機を許すが、ここはGKスコルプスキの果敢な飛び出しで凌ぐ。 ▽何とか流れを変えたいローマは70分を過ぎてエル・シャーラウィ、カプラドッシ、ジェルソンと交代枠を切っていく。だが、前半に比べてチャンスを作れない。それでも、途中出場のババカルの決定機をDFコラロフの絶妙なカバーで凌ぐなど、粘り強い守備でゴールを許さない。試合最終盤にはカウンターからゼコに2点目のチャンスが訪れるも、ここは相手GKのビッグセーブに阻まれる。結局、試合はこのまま1-0でタイムアップを迎え、苦しみながらもきっちり勝ち切ったローマが今季を3位で終えることに成功した。 2018.05.21 06:01 Mon
twitterfacebook
thumb

コンシーリ躍動のサッスオーロに痛恨敗戦のインテル、CL出場権獲得が絶望的に… ローマのCL出場が決定《セリエA》

▽インテルは12日、セリエA第37節でサッスオーロをホームに迎え、1-2で敗戦した。 ▽前節ウディネーゼに4発快勝して4位ラツィオに2ポイント差とした5位インテル(勝ち点69)は、最終節にラツィオとのチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いを控える中、ウディネーゼ戦のスタメンからボルハ・バレロに代えてヴェシーノのみを変更した。 ▽残留を決めている12位サッスオーロ(勝ち点40)に対し、立ち上がりからインテルが圧力をかけていくもシュートにつなげることはできない。 ▽すると25分、ボックス手前右で与えたFKをポリターノに壁の下を抜くシュートで決められ、先制を許してしまう。 ▽ワンチャンスを決められたインテルは31分にブロゾビッチがミドルシュートでGKコンシーリを強襲。その後もラフィーニャやカンドレーバがミドルシュートを浴びせていったが、GKコンシーリの牙城を崩すには至らない。42分にはイカルディがブロゾビッチのスルーパスを受けてネットを揺らしたがオフサイドを取られてしまう。 ▽さらに44分、ペリシッチの左クロスをイカルディがゴール至近距離で合わせたシュートもGKコンシーリのファインセーブに阻まれ、前半を1点ビハインドのまま終えた。 ▽後半も前がかるインテルは立ち上がり、ベラルディに2度ゴールを脅かされてしまう。ゴールチャンスを作りながらも決めきれないインテルは60分にカンドレーバに代えてカラモーを投入。 ▽70分にはブロゾビッチのロングフィードでペリシッチが抜け出し、ボックス内のイカルディがシュートに持ち込んだが、ここもGKコンシーリのファインセーブに阻まれた。すると72分、ベラルディの個人技でインテルが窮地に立たされる。ボックス手前左でボールを持ったベラルディがシュートフェイントでシュクリニアルを外し、右足を一閃。強烈なシュートがゴール左上に突き刺さった。 ▽3点が必要となったインテルはラノッキアに代えてボルハ・バレロを投入。すると80分、ペリシッチのパスを受けたラフィーニャがボックス左から左足で放ったシュートが右ポスト内側に当たってゴールに吸い込まれ、1点を返した。 ▽しかし、終盤の猛攻も実らず1-2で痛恨の敗戦。この結果、3位ローマがCL出場権を獲得し、明日行われる試合でラツィオがクロトーネに勝利するとインテルのCL出場権獲得が最終節を前に消滅することとなった。 2018.05.13 05:51 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース