アトレティコ、宿敵レアル・マドリーが興味を示していたウルグアイ代表DFホセ・ヒメネスと2023年まで契約延長!2018.06.14 04:40 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アトレティコ・マドリーは13日、ウルグアイ代表DFホセ・ヒメネス(23)との契約を2023年まで延長したことを発表した。

▽今夏の移籍市場でレアル・マドリーやユベントスらが獲得に興味を示していたホセ・ヒメネスは、クラブ公式サイトで今回の契約延長への満足感を示した。

「アトレティコと新たな契約を結べてとても幸せだよ。クラブが僕のことを信用してくれていることを感じているし、感謝しているよ」

「アトレティコに加入してから僕は成長を実感しているし、クラブとしても多くのタイトルも獲得した。僕たちはヨーロッパで地位を確立しているし、素晴らしいスタジアムも立てた。そして、今後もアトレティコの大きなプロジェクトに参加できることは僕にとって名誉なことだよ」

▽母国のダヌービオFCで17歳の若さにしてプロデビューを果たしたヒメネスは、2013年夏にアトレティコ・マドリーに移籍した。しかし、公式戦17試合のみの出場に終わった昨シーズンには、インテルやマンチェスター・ユナイテッド、リバプールへの移籍の噂が噴出。それでも今シーズンは公式戦38試合に出場し、チームの堅守に大きく貢献した。

コメント

関連ニュース

thumb

シメオネのブレない哲学「私はポゼッションよりも失点を減らすことを好む」

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督は、フットボールにおいてポゼッションが重要ではないことを再度強調した。<br><br>今季の出だしでつまづいたアトレティコ。その要因の一つとして挙げられるのは、公式戦6試合で7失点という失点の多さだ。<br><br>シメオネ監督はこの状況を受けて、アトレティコのアイデンティティーを今一度明確にした。22日のリーガ・エスパニョーラ第5節、アウェーでのヘタフェ戦の前に会見に出席した同指揮官は、チームにとって重要であるのはボールをポゼッションすることではなく、失点を防ぐことと話している。<br><br>「その高名なポゼッションというものが上がってしまう試合があるが、その分だけゴールを奪われている。しかし私はポゼッションを下げて、失点を減らすことを好む」<br><br>「道はまだ長い。これからだって良いことも悪いこともあるだろう。しかし最近の試合では成長の兆しがある。このまま進んでいければいいと思う」<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.23 00:55 Sun
twitterfacebook
thumb

スペインサッカー監督委員会、昨季最優秀監督に柴崎岳所属のヘタフェ指揮官を選出

スペインサッカー連盟(RFEF)監督委員会は、2017-18シーズンのリーガ・エスパニョーラ1部最優秀監督として、柴崎岳が所属するヘタフェのホセ・ボルダラス監督を選出した。<br><br>ボルダラス監督は昨季、リーガ・エスパニョーラ1部昇格組のヘタフェを、ヨーロッパリーグ出場圏7位と勝ち点3差の8位に導いた。その成果とチームのパフォーマンスが評価され、RFEF監督委員会から最優秀監督に選ばれている。<br><br>ボルダラス監督は受賞に際して、次のようにと喜びを述べた。<br><br>「誇らしいことだ。この賞は同業者たちに認められたということを意味し、それが何よりも素晴らしい」<br><br>なおヘタフェは22日にリーガ・エスパニョーラ第5節、本拠地コリセウム・アルフォンソ・ペレスでのアトレティコ・マドリー戦に臨む。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.23 00:30 Sun
twitterfacebook
thumb

今年も荒れる…? “マドリッド・ダービー”が反暴力委員会指定の高リスク試合に

▽スペインの反暴力委員会のミーティングが開かれ、マドリッド・ダービーが“高リスク試合”に指定されたようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽レアル・マドリーは29日、リーガエスパニョーラ第7節で本拠地サンティアゴ・ベルナベウにアトレティコ・マドリーを迎え、マドリッド・ダービーを戦う。『マルカ』によると、規模の大きいライバルクラブ同士のダービーということで、主にサポーター同士の衝突を反暴力委員会が警戒しているようだ。 ▽以前には、9月9日に開催されたインドア・フットボールのスーペル・コパの会場に、火器を伴って来場しようとした1人のファンが、3000ユーロ(約40万円)の罰金と12ヶ月の出入り禁止処分を受けることとなっていた。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガエスパニョーラを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.22 14:55 Sat
twitterfacebook
thumb

【リーガエスパニョーラ第5節プレビュー】連戦の中でマドリード&バレンシアの自治州ダービー!

▽先週末に行われた第4節では鬼門アノエタを攻略したバルセロナが開幕4連勝。一方、同じくバスクの地に乗り込んだレアル・マドリーはサン・マメスでドローに終わり、開幕からの連勝がストップ。また、不調が続くアトレティコ・マドリーとバレンシアはいずれもドローゲームを演じている。 ▽チャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ開幕に加え、来週はリーガがミッドウィーク開催で行われる連戦の中で行われる今節。注目カードはヘタフェvsアトレティコと、ビジャレアルvsバレンシアのマドリードとバレンシアの自治州ダービーだ。 ▽ミッドウィークに行われたCL初戦のモナコ戦を2-1で制し、ヨーロッパの舞台では好スタートを切ったアトレティコだが、国内リーグでは1勝1敗2分けの苦しい船出に。直近のエイバル戦では後半ラストプレーの場面で若手FWボルハ・ガルセスのデビュー弾で辛くも勝ち点1を拾う結果となった。前述のモナコ戦でもピリッとしない戦いぶりが目立っており、今回のダービーでも厳しい戦いとなりそうだ。 ▽一方、開幕戦のレアル・マドリー戦こそ敗戦に終わったが、前節セビージャを2-0で破るなど直近3戦負けなしと好調を維持するヘタフェ。現在、3試合連続クリーンシート中の今季も自慢の堅守は健在だ。なお、前節途中出場を果たしたMF柴崎岳だが、W杯で見せたような攻守両面での躍動感は陰を潜めており、今回のダービーでは何とか見せ場を作りたい。 ▽ビジャレアルとバレンシアによるバレンシア自治州ダービーは互いに浮上のキッカケを探る一戦になりそうだ。前節、今季初勝利を挙げたビジャレアルだが深刻な得点力不足の影響によって1勝2敗1分けの下位に低迷。また、直近のELではジェラード新監督率いるレンジャーズ相手に2度のリードを守り切れず、ホームでドローという結果に終わっている。 ▽対するバレンシアはここまで1敗3分けの未勝利とビジャレアル以上に厳しい序盤戦となっている。昨季同様に[4-4-2]のシステムを軸とした堅守速攻はある程度機能しているものの、最後の精度や勝負強さという部分で物足りない。直近のCLでは物議を醸したFWクリスティアーノ・ロナウドの退場で前半に数的優位を得るも、2つのPKを献上した挙句、MFパレホがPKを失敗するなどホームで0-2の敗戦を喫している。FWロドリゴやFWゲデスとタレントは一級品だけに個の力で苦境を脱したいところだ。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽昨季王者のバルセロナは昨季に続いて鬼門アノエタの攻略に成功し唯一の開幕4連勝チームに。また、ミッドウィークのCL初戦でもPSV相手にエースFWメッシのハットトリックの活躍などできっちり勝ちきって開幕5連勝を達成している。連勝街道を突き進むチームはジローナとのカタルーニャ自治州ダービーに挑む。昨季の2度の対戦では3-0、6-1と圧勝しているカタルーニャの盟主だが、今季のジローナは開幕2勝1敗1分けと好調を継続する侮れない相手だ。絶好調のメッシやMFデンベレを軸に全力で叩き潰したい。 ▽また、リーガ開幕連勝ストップも4連覇を目指すCLでは昨季ベスト4のローマを相手に3-0の圧倒的な内容で勝利しバウンスバックを果たしたレアル・マドリー。リーガでの白星奪還を目指す今節は開幕から好調を維持する4位エスパニョールと対戦する。昨季は宿敵バルセロナを始めカタルーニャ勢に苦戦したレアル・マドリーだが、今季はジローナ相手に4-1の勝利を収めて苦手意識を払しょく。今節ではエスパニョールを破り、今後のクラシコに向けて弾みを付けたい。個人としてはローマ戦で復帰後初ゴールを記録したFWマリアーノのリーガ復帰弾にも期待したい。 ▽その他では共に木曜日にELを戦ったアンダルシア勢に注目。リーグ戦では不調も得意のELではスタンダール・リエージュ相手に5-1で圧勝したセビージャは、今回のレバンテ戦でリーガでの連敗ストップが求められる。一方、10人のオリンピアコス相手のアウェイゲームで勝ち点1獲得にとどまったベティスは前節レアル・マドリー相手に引き分けた難敵アスレティック・ビルバオを相手に公式戦3試合ぶりの白星を目指す。なお、オリンピアコス戦で試合終盤に途中出場したMF乾貴士は先発復帰が濃厚だ。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 《リーガエスパニョーラ第5節》 ▽9/21(金) 《28:00》 ウエスカ vs レアル・ソシエダ ▽9/22(土) 《20:00》 ラージョ vs アラベス 《23:15》 セルタ vs バジャドリー エイバル vs レガネス 《25:30》 ヘタフェ vs アトレティコ・マドリー 《27:45》 レアル・マドリー vs エスパニョール ▽9/23(日) 《19:00》 レバンテ vs セビージャ 《23:15》 ビジャレアル vs バレンシア 《25:30》 ベティス vs ビルバオ 《27:45》 バルセロナ vs ジローナ<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.21 23:00 Fri
twitterfacebook
thumb

アトレティコがモナコに順当勝利で白星発進《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)グループA第1節、モナコvsアトレティコ・マドリーが18日に行われ、1-2でアトレティコが逆転勝利した。 ▽ドルトムント、クラブ・ブルージュが同居するグループの本命と見られるアトレティコは、昨季は悔しいグループステージ敗退に終わったものの、ヨーロッパリーグ優勝を果たした。そのアトレティコは今夏、レマルやロドリゴ・エルナンデス、ジェウソン・マルティンスにカリニッチらを獲得したものの、リーガエスパニョーラでは1勝2分け1敗スタートとまさかの躓きを見せた。CLで流れを変えたい中、1-1で辛くも引き分けた直近のエイバル戦のスタメンから2選手を変更。古巣対戦となるレマルはベンチスタートとなった。 ▽一方、レマルの他、ファビーニョ、ケイタにモウティーニョを失ったモナコはリーグ・アンでは1勝2分け2敗と苦戦。そのモナコは古巣対戦となるファルカオが先発となった他、シャドリやヘンリクスといった新戦力がスタメンとなった。 ▽立ち上がりからボールを保持したアトレティコは6分、浮き球パスに抜け出したジエゴ・コスタがボックス右から決定的なシュートを浴びせるも、わずかに枠の左に外れてしまう。 ▽すると18分、クロスボールの処理にかかったサウールからファルカオがボールを奪ってボックス右からクロスを送ると、ルーズとなったボールをグランサーが押し込み、モナコが先制した。 ▽失点後、攻撃が停滞していたアトレティコだったが、31分に同点とする。グリーズマンのダイレクトパスに抜け出したジエゴ・コスタがボックス中央に侵入してGKとの一対一を制した。 ▽さらに追加タイム1分、コケの右CKからホセ・ヒメネスが強烈なヘディングシュートを叩き込んで前半のうちに逆転に成功した。 ▽2点をリードした後半もアトレティコがボールを保持して試合をコントロールする中、モナコは58分にシャドリを諦めてムブラを投入。 ▽それでも流れは変わらず、アトレティコが主導権を握ると、70分にコレアに代えてレマルを投入した。 ▽終盤にかけてもアトレティコが試合をコントロールしてモナコに何もさせず2-1で逃げ切り。順当な勝利で白星発進としている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.19 06:03 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース