バレンシア、レッドスターからU-21セルビア代表MFラチッチを獲得2018.06.14 04:14 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バレンシアは13日、レッドスター・ベオグラードからU-21セルビア代表MFウロシュ・ラチッチ(20)を完全移籍で獲得した。契約期間は2022年6月30日までの4年間となる。

▽2016年3月にベオグラードからレッドスターに加入したラチッチは、190cmを超える長身と卓越した戦術眼を武器とする守備的MF。加入初年度の昨季は出場機会に恵まれなかったが、今季はレギュラーに定着。今季は公式戦34試合で3ゴールを記録した。

▽また、各年代のセルビア代表に選出されてきたラチッチは、2017年12月に飛び級でU-21セルビア代表に選出されると、ここまで2試合に出場している。

コメント

関連ニュース

thumb

パレホ退場のバレンシア、ビジャレアルにゴールレスドローで未勝利継続《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第5節、ビジャレアルvsバレンシアが23日に行われ、0-0で引き分けた。 ▽1勝1分け2敗スタートのビジャレアルと、3分け1敗スタートのバレンシアによる共にバレンシア州に本拠地を構える両チームの一戦。 ▽ミッドウィークにELを戦ったビジャレアルとCLを戦ったバレンシアの試合は、共にフラットな[4-4-2]でスタートした。 ▽ロドリゴ・モレノとゴンサロ・ゲデスをベンチスタートとしたバレンシアに対し、ボランチに本職センターバックのフネス・モリを据えたビジャレアルが時間の経過とともにポゼッションを高めていく展開となった。 ▽しかし、膠着状態が続き、なかなかゴール前にボールを運べない状況が続く。前半終了間際の44分、ようやくビジャレアルは右CKからA・ゴンサレスがヘディングシュートを放つも枠の上に外れ、両チーム枠内シュート0の前半はゴールレスで終了した。 ▽後半からサンティ・ミナに代えてバチュアイを投入したバレンシアだったが、ギアが上がらなかったことで56分にゴンサロ・ゲデスを右サイドに投入。しかし59分にアクシデント。フネス・モリをスライディングタックルで削ったパレホが一発退場となった。 ▽10人となったバレンシアはガメイロを諦めてコクランを投入。70分にはゴンサロ・ゲデスがミドルシュートでこの試合初の枠内シュートを記録したが、GKアセンホの好守に阻まれた。 ▽ひやりとしたビジャレアルはジャウメに代えてカソルラを投入し勝負に出る。しかし83分、バレンシアはチェリシェフが右サイドからのカットインシュートでGKアセンホを強襲。10人となった中、ゴールに迫るシーンを作ったが、試合はゴールレスで終了。未勝利が継続している。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガエスパニョーラを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.24 01:14 Mon
twitterfacebook
thumb

元プレミア名主審、CR7退場劇に「私なら両者にイエロー」

▽かつてプレミアリーグの有力レフェリーとして名を馳せたマーク・クラッテンバーグ氏がユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを襲ったレッドカード判定に見解を示した。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽C・ロナウドは19日、敵地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ開幕節のバレンシア戦に先発。だが、29分にバレンシアのコロンビア代表DFジェイソン・ムリージョと小競り合いとなり、ドイツ人主審のフェリクス・ブリッヒ氏から一発退場を命じられた。 ▽微妙なジャッジに多方面から賛否の声が集まる中、過去に数々のビッグマッチで笛を吹いてきたクラッテンバーグ氏は、その問題の場面について次のように考察した。 「C・ロナウドがユベントスでのCLデビュー戦で退場を余儀なくされたことは、すごく残念だ。(退場の場面で)左ウィングがボールを持ったとき、彼はボックス内に入ろうと走り出したが、ジェイソン・ムリージョにブロックされた。ロナウドはわずかに押し、結果的にバレンシアのDFは倒れた。だが、絶対に暴力的な行為があったわけじゃない」 「フェリクス・ブリッヒ主審は、その場面を後ろから見る格好だったため、追加副審に尋ねた際、ロナウドのヒジ打ちという返答を得たのだろう。だが、実際、そのようなプレーはなかった。確かに、ロナウドはムリージョにフラストレーションを溜め込み、彼の頭に手を出したがね。私には些細な接触に見えたが、彼には暴力行為に見えたのだろう」 「では、私があの試合を裁いていた主審だったのなら、バレンシアにFKのチャンスを与え、両者にイエローカードを提示した。ロナウドは、おそらく1試合の出場停止処分が科されることになるだろう。それ以上の処分となれば、非常に厳しいものだ」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.21 09:00 Fri
twitterfacebook
thumb

過激なバレンシアサポーターが姑息な手段…ユベントス選手らの睡眠を妨害

▽19日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループH第1節、バレンシアvsユベントスの前夜に、ユベントスの選手が一部のバレンシアサポーターから睡眠妨害を受けていたことが分かった。スペイン『アス』が伝えている。 ▽『アス』が地元紙『LAS PROVINCIAS』の報道をもとに伝えるところによると、試合当日の19日の未明、フードを被った20人ほどのバレンシアサポーターらが、ユベントス選手が宿泊していたウェスティンホテルの前で「Juve merda(クソったれユーベ)」と書かれたバナーを掲げていた模様。さらにあろうことか、その場で花火を打ち上げ、選手たちの睡眠を妨害していたようだ。 ▽この事態に、直ちに警察が出動。ホテルの周りに防御線を張り、クリスティアーノ・ロナウドをはじめとするビアンコネロの選手らは安眠に就けたという。なお、試合はユベントスが敵地メスタージャで2-0で勝利。一部の過激なバレンシアサポーターの姑息な手段も虚しく、一昨季のファイナリストが快勝を収めた。 ▽警察は今後、ホテルの監視カメラの映像を確認し犯人グループの特定に注力していくようだ。 2018.09.20 13:54 Thu
twitterfacebook
thumb

「ただただ普通の衝突だ」ボヌッチ、C・ロナウド退場の判定に疑問

▽ユベントスに所属するイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチが、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの退場について言及した。イギリス『Four Four Two』がイタリア『スカイ・スポーツ』を引用して伝えている。 ▽ユベントスは19日、チャンピオンズリーグ(CL)グループH第1節でバレンシアと対戦。立ち上がりから相手を押し込んでいたユベントスだったが、29分にC・ロナウドが相手ボックス内でムリージョと交錯した後、倒れたムリージョの頭頂部を触ると小競り合いに発展してしまう。 ▽すると副審と相談した主審は、C・ロナウドにレッドカードを提示。この判定にユベントス側は抗議するも覆らず、同選手は退場処分となった。それでも試合は2-0で勝利している。 ▽試合後、ボヌッチは今回の一件について「ただただ普通の衝突だった」とC・ロナウドに退場処分を下した判定に疑問を呈した。 「当然ロナウドは怒っていたよ。レフェリーが見たものは正しいものではない。それでも僕らは壁を乗り越えた」 「僕らは大きな勝利をホームに持ち帰ることができ、この状況の中で素晴らしいチームだということを証明した」 「(C・ロナウドの退場について)僕が見た限りではただただ普通の衝突だった。それにムリージョが最初ロナウドに手を出していたんだ。それがこのような結果になってしまったんだ」 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.20 09:30 Thu
twitterfacebook
thumb

C・ロナウド、CL154試合目で初の退場処分…涙でピッチを後に

▽ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、チャンピオンズリーグ(CL)で初の退場処分を受けた。 ▽悲願のCL制覇を目指すユベントスは19日、グループH第1節でバレンシアのホームに乗り込んだ。C・ロナウドは先発に名を連ねて移籍後初のCL出場を果たしたが29分、相手ボックス内に走り込んだC・ロナウドがムリージョと交錯し、ムリージョはピッチに転倒。その後、C・ロナウドが倒れたムリージョの頭頂部を触ると、小競り合いに発展してしまう。すると主審は副審と相談した後に、C・ロナウドにレットカードを提示した。 ▽この判定にユベントス側は抗議するも覆らず。納得いかないC・ロナウドは涙を浮かべながらピッチを後にした。 ▽無念の退場処分となったC・ロナウド。『Opta』によると、同選手はCL154試合目にして初の退場だったという。チームはその後、ピャニッチの2ゴールで2-0と勝利したものの、C・ロナウドにとっては悔しい新天地でのCLデビューとなった。 ▽ユベントスは第2節10月2日にホームでヤングボーイズと対戦する。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.20 08:55 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース