バレンシア、レッドスターからU-21セルビア代表MFラチッチを獲得2018.06.14 04:14 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バレンシアは13日、レッドスター・ベオグラードからU-21セルビア代表MFウロシュ・ラチッチ(20)を完全移籍で獲得した。契約期間は2022年6月30日までの4年間となる。

▽2016年3月にベオグラードからレッドスターに加入したラチッチは、190cmを超える長身と卓越した戦術眼を武器とする守備的MF。加入初年度の昨季は出場機会に恵まれなかったが、今季はレギュラーに定着。今季は公式戦34試合で3ゴールを記録した。

▽また、各年代のセルビア代表に選出されてきたラチッチは、2017年12月に飛び級でU-21セルビア代表に選出されると、ここまで2試合に出場している。

コメント

関連ニュース

thumb

左SB補強求むモウリーニョ、ガヤにシフトか

▽マンチェスター・ユナイテッドの左サイドバック補強動向に変化があるようだ。イギリス『ミラー』が伝えた。 ▽2017-18シーズンのユナイテッドは、32歳のイングランド代表MFアシュリー・ヤングを左サイドバックとして重宝。だが、アシュリー・ヤングの年齢面を懸念しており、さらにイングランド代表DFルーク・ショーの将来も揺らいでいることから新戦力の確保が予想されている。 ▽既報によれば、ユナイテッドは以前からユベントスに所属するブラジル代表DFアレックス・サンドロに関心。だが、5000万ポンド(約72億9000万円)の要求額に難色を示したジョゼ・モウリーニョ監督は、新たにバレンシアのスペイン人DFホセ・ルイス・ガヤ(23)を注視しているという。 ▽バレンシア下部組織出身のガヤは、2012年にトップチームデビュー。攻撃センスが魅力の左サイドバックであり、今シーズンはリーガエスパニョーラ34試合に出場した。先月にバレンシアと2023年まで契約を延長したばかりのガヤだが、ユナイテッドは移籍を成立させられるのだろうか。 2018.06.24 12:55 Sun
twitterfacebook
thumb

元リバプールのホセ・エンリケ、脳腫瘍摘出手術を受ける

▽かつてリバプールでプレーしたスペイン人DFのホセ・エンリケ氏(32)が大病と戦っていることがわかった。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽ホセ・エンリケ氏は1カ月前、偏頭痛を患って病院へ。そこで、脳腫瘍が見つかり、このたび手術を受けたという。 ▽ホセ・エンリケ氏は23日、インスタグラム(joseenriquee3)を更新。脳腫瘍の摘出手術が終わったことを告げ、回復に向かっていることを報告した。 「人生の中でも最もタフな数週間だった。僕が脳腫瘍の摘出手術を受けたというニュースを見つけた。今は快方に向かっていて、感謝の気持ちでいっぱいさ。命とはとても尊いものだ」 ▽レバンテBやバレンシア、セルタ、ビジャレアル、ニューカッスルを渡り歩いたホセ・エンリケ氏は、2011〜2016年までリバプールで活躍。その後、サラゴサに加わったが、2017年9月にヒザの故障を理由に現役を退いた。 2018.06.23 19:55 Sat
twitterfacebook
thumb

ユーベ、カンセロ獲得が決定的! 48億円で合意か

▽バレンシアに所属するポルトガル代表DFジョアン・カンセロ(24)のユベントス移籍が決定的な様相だ。 ▽『イタリア・スカイ・スポーツ』など複数メディアによれば、バレンシアは当初、カンセロの完全移籍額として4000万ユーロ(約51億円)を要求。だが、ユベントスはこのたび、移籍金3800万ユーロ(約48億5000万円)で合意に達したという。カンセロは昨夏、インテルにローン移籍。主に右サイドバックとして、セリエAの26試合に出場して1得点4アシストを記録した。 ▽5月まで有効な3500万ユーロ(約44億7000万円)の買取オプションを保有していたインテルだが、ファイナンシャルフェアプレー(FFP)の足かせがあり、行使を断念。バレンシアも財政的な問題で選手の売却を迫られているとみられる。 2018.06.22 10:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ナニがバレンシア退団を検討? 中国の複数クラブやメキシコのクルス・アスルが獲得に動く

▽中国スーパーリーグのクラブとメキシコのクルス・アスルが、ラツィオに所属するポルトガル代表FWナニ(31)の獲得に動いているようだ。イタリア『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽マンチェスター・ユナイテッドで活躍した後、昨夏にフェネルバフチェからバレンシアに加入したナニは、リーガエスパニョーラで25試合に出場して5ゴール8アシストをマーク。主力として活躍していた。 ▽2017年の夏にセネガル代表FWケイタ・バルデの後釜としてラツィオへ買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入したナニは、ラツィオではリーグ戦18試合(先発:2試合)に出場し3ゴール4アシストをマーク。ただ、ナニの移籍金は800万ユーロ(約10億2000万円)で、クラウディオ・ロティート会長はその額に見合う働きはできていないと判断したようだ。 ▽また、バレンシアとの契約を1年残しているナニも今夏の移籍を検討し始めており、『フットボール・イタリア』によると、中国の複数クラブやメキシコのクルス・アスルがすでに獲得に動いているようだ。 2018.06.02 03:10 Sat
twitterfacebook
thumb

ミランがザザ獲得へ! レンタル復帰を望まないバッカとのトレードを画策か

▽ミランは、同クラブのコロンビア代表FWカルロス・バッカと、バレンシア所属のイタリア代表FWシモーネ・ザザのトレード案を画策しているようだ。イタリア『Calciomercato.com』が報じている。 ▽2015年7月にセビージャからミランに加入したバッカだが、当時チームを指揮していたヴィンチェンツォ・モンテッラ氏と起用法を巡っての軋轢が伝えられ、昨夏はビジャレアルへレンタル移籍。 ▽ビジャレアルでは、リーガエスパニョーラで35試合に出場して15ゴール6アシスト。ヨーロッパリーグで6試合に出場して2ゴール1アシストを記録し、主力としてプレー。来季もビジャレアルでのプレーを望んだバッカだったが、ビジャレアルは移籍金の1550万ユーロ(約19億8000万円)を準備できず、今夏でのミラン復帰が決定していた。 ▽『Calciomercato.com』によると、セリエA復帰を望まないバッカに対してミランは、以前から獲得に動いていたFWザザとのトレード案を画策。また、バレンシア側もバッカの獲得に興味を示しており、ザザとのトレードに前向きな姿勢を見せているという。 ▽2015年に加入したユベントスで出場機会を得られなかったザザは、ウェストハムへのレンタル移籍を経て、2017年1月にバレンシアに加入。同年4月に完全移籍したザザは、今季リーガエスパニョーラ33試合に出場し13ゴール2アシストを記録している。 2018.05.27 02:30 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース