バレンシア、レッドスターからU-21セルビア代表MFラチッチを獲得2018.06.14 04:14 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バレンシアは13日、レッドスター・ベオグラードからU-21セルビア代表MFウロシュ・ラチッチ(20)を完全移籍で獲得した。契約期間は2022年6月30日までの4年間となる。

▽2016年3月にベオグラードからレッドスターに加入したラチッチは、190cmを超える長身と卓越した戦術眼を武器とする守備的MF。加入初年度の昨季は出場機会に恵まれなかったが、今季はレギュラーに定着。今季は公式戦34試合で3ゴールを記録した。

▽また、各年代のセルビア代表に選出されてきたラチッチは、2017年12月に飛び級でU-21セルビア代表に選出されると、ここまで2試合に出場している。

コメント

関連ニュース

thumb

バレンシア会長、ロドリゴのマドリー移籍許容? 「解除条項が設定されている」

▽バレンシアのトップが、スペイン代表FWロドリゴ・モレノ(27)を取り巻くレアル・マドリー移籍の噂について語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が、ラジオ『Tribuna Deportivo』での発言を報じている。 ▽セルタのユース出身のロドリゴは、レアル・マドリー・カスティージャに移籍した後、ベンフィカ、ボルトンを経て2015年7月にバレンシアに完全移籍。昨シーズンには44試合19ゴール7アシストを記録するなど、エースとしての役割を果たしている。 ▽バレンシアの中でも特に重要な選手と考えられているが、今夏マドリー移籍の噂が浮上。FWクリスティアーノ・ロナウドをユベントスに放出したマドリーは、スコアラーの獲得を目指しており、ロドリゴに白羽の矢が立った形だ。 ▽これまで、バレンシアのマルセリーノ・ガルシア・トラル監督が、「契約解除条項が支払われれば仕方ないが、あまり心配はしていない」と語るなど、どっちつかずの不透明な状況が続いている。今回『スカイ・スポーツ』が報じたところでは、バレンシアのアニル・マーシー会長は『Tribuna Deportivo』で以下のようにコメントしている。 「(フレン・)ロペテギがロドリゴを熟知しているということは、誰もが分かっている。だが、マドリーで何が起こるか私たちには分からない」 「私が知っているのは3つのことだけだ。ロドリゴが高い価値を持った非常に重要な選手であること、本人がここで私たちとのプレーを望んでいること、そして彼に1億2000万ユーロ(約152億円)の解除条項が設定されていることだ」 ▽今シーズンからマドリーで指揮をするフレン・ロペテギ新監督は、ロシア・ワールドカップ(W杯)直前までスペイン代表監督を務めていた。W杯本大会にはロドリゴを招集しており、高く評価していることが知られている。 ▽会長までもが“契約解除条項が支払われれば移籍を許容する”という趣旨にとれる言葉を発したが、8月末までの移籍市場閉幕までに動きはあるのだろうか。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガエスパニョーラを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.20 22:00 Mon
twitterfacebook
thumb

マルセリーノ、レアル・マドリーが獲得狙うロドリゴについて「バレンシアに残ると思う」

バレンシアのマルセリーノ・ガルシア・トラル監督が、レアル・マドリーが獲得を狙っているとされるFWロドリゴについて言及した。スペイン『アス』が伝えている。<br><br>20日のリーガ・エスパニョーラ開幕節、本拠地メスタージャでのアトレティコ・マドリー戦を前に会見に出席したマルセリーノ・ガルシア・トラル監督。同指揮官はレアル・マドリーの獲得候補とされるロドリゴが、バレンシアに残留するとの考えを示している。<br><br>「ロペテギがロドリゴの獲得を求めているのかどうか? その質問はロペテギにすべきだろう。しかし、思うにロドリゴはここに残る。彼からは確信や新シーズンへの期待が感じられる。それに、もしレアル・マドリーが彼を望んでいるとしても、契約解除金(1億2000万ユーロ)というものがある。まあ、今後を見てみようじゃないか」<br><br>その一方で、アトレティコ・マドリーについては次のような見解を述べている。<br><br>「UEFAスーパーカップの優勝で、彼らの士気は上がっているはずだ。レアル・マドリーに逆転で勝利する&hellip;&hellip;。彼らはそこから自信を得ていることだろうね。だが、だからといって私たちが対応を変えることはない。彼らに勝つことが難しいことは分かっているし、勝つためにできる限りのことをしたい。私たちには、そうできるキャパシティーがあるはずだ」<br><br>また今季リーガでは、失点数を減らすことを目標に掲げている。<br><br>「昨季、私たちが38失点を許したのに対して、リーガの上位2チームは最も失点数が少なかった。失点をもっと防がなければならない」<br><br>昨季にチャンピオンズリーグ出場権を獲得するなど復活を果たしたバレンシアにとって、今季は勝負のシーズンになりそうだ。<br><br>「昨季の私たちは敬意を持たれるような存在ではなかったが、シーズンが進むに連れてそうなっていた。しかし今季、私たちはもうサプライズを与えるチームではないんだよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.08.19 23:48 Sun
twitterfacebook
thumb

トリノが移籍市場最終日に大型補強! ザザ&ソリアーノ、ジジが加入

▽トリノは17日、イタリア代表FWシモーネ・ザザ(27)、同MFロベルト・ソリアーノ(27)、コートジボワール代表DFコフィ・ジジ(25)の3選手の獲得を発表した。 ▽2013年に加入したサッスオーロで台頭したザザは2015年にユベントスに加入。その後、ウェストハム、バレンシアと渡り歩き、昨夏に完全移籍したバレンシアでは昨シーズンのリーガエスパニョーラで33試合に出場し13ゴールを記録。今夏の移籍市場ではマルセイユや古巣サンプドリアなどへの加入が報じられた中、トリノへの加入が決定した。 ▽なお、イタリア『トゥットスポルト』は今回の契約に関して200万ユーロ(約2億5000万円)の有償レンタルとなり、シーズン終了後に1200万ユーロ(約15億1000万円)での買い取り義務が発生する総額1400万ユーロのオペレーションと伝えている。 ▽また、ソリアーノはビジャレアルから総額1500万ユーロ(約19億円)の買い取りオプション付きのレンタルでの加入となった。バイエルンの下部組織出身のソリアーノは2010年にプロデビューを飾ったサンプドリアの司令塔として、2016年にビジャレアルに完全移籍するまで活躍。昨季はビジャレアルで公式戦30試合に出場していた。 ▽同じくナントから買い取りオプション付きのレンタルで加入したジジは、フランスとコートジボワールの二重国籍を持つセンターバックだ。ナント生え抜きの同選手は昨シーズンのリーグ・アンで29試合に出場していた。 ▽なお、移籍市場最終日に大きな動きを見せたトリノは元イタリア代表MFミルコ・ヴァルディフィオーリとイタリア人FWケビン・ボニファツィをSPALへ、ガーナ代表MFアフリイェ・アックアーをエンポリに放出している。 2018.08.18 02:36 Sat
twitterfacebook
thumb

マルセイユ、イタリア代表ザザ獲得が決定的に

▽マルセイユはバレンシアのイタリア代表FWシモーネ・ザザ(27)の獲得に関して合意を取り付けたようだ。フランス『RMC Sport』をもとに『フットボールイタリア』が伝えている。 ▽伝えられるところによると、マルセイユは今夏にニースのイタリア代表FWマリオ・バロテッリ(27)の獲得が目前に迫っていたが、合意には至らず同代表のザザに白羽の矢が立ったようだ。同選手に対しマルセイユは買取りオプション付きのレンタル移籍でオファーを出しており、48時間以内に決定する模様だ。 ▽一方で、バレンシアは今夏にチェルシーからベルギー代表FWミッチー・バチュアイ(24)、アトレティコ・マドリーから元フランス代表FWケヴィン・ガメイロ(31)を獲得。そのため、ザザの退団が有力視されている。 ▽ザザは、ユベントスからウェストハム、バレンシアへとレンタル移籍を経て、2017-18シーズンはバレンシアに完全移籍。リーガエスパニョーラで33試合に出場し13ゴールを記録。復活を果たしていた。 2018.08.15 17:05 Wed
twitterfacebook
thumb

バレンシアがチェリシェフのレンタル加入を発表!2016年以来2度目の加入に

▽バレンシアは14日、ビジャレアルのロシア代表MFデニス・チェリシェフ(27)をレンタルで獲得したことを発表した。期間は1年間。 ▽レアル・マドリーの下部組織出身のチェリシェフは2016年夏にビジャレアルに移籍。加入1年目はケガでリーグ戦出場は11試合にとどまったものの、2年目となった昨季はリーグ戦24試合に出場し2ゴール2アシストを記録。その活躍からロシア代表として出場したロシア・ワールドカップ(W杯)では、初戦の2ゴールを含む5試合4ゴールでロシアの攻撃を牽引。大会前の下馬評を覆し、スペイン代表を破るなどベスト8進出に貢献した。 ▽チェリシェフは一度、2016年2月から半年間バレンシアにレンタル移籍した経歴を持つ。加入からリーグ戦6試合で3ゴールを記録する活躍を見せたが、その後はケガに苦しみ、結局リーグ戦出場は7試合のみだった。2度目のバレンシア移籍となる今回、W杯のような輝きを見せることはできるのだろうか。 2018.08.14 23:08 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース