バレンシア、レッドスターからU-21セルビア代表MFラチッチを獲得2018.06.14 04:14 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バレンシアは13日、レッドスター・ベオグラードからU-21セルビア代表MFウロシュ・ラチッチ(20)を完全移籍で獲得した。契約期間は2022年6月30日までの4年間となる。

▽2016年3月にベオグラードからレッドスターに加入したラチッチは、190cmを超える長身と卓越した戦術眼を武器とする守備的MF。加入初年度の昨季は出場機会に恵まれなかったが、今季はレギュラーに定着。今季は公式戦34試合で3ゴールを記録した。

▽また、各年代のセルビア代表に選出されてきたラチッチは、2017年12月に飛び級でU-21セルビア代表に選出されると、ここまで2試合に出場している。

コメント

関連ニュース

thumb

ナニがバレンシア退団を検討? 中国の複数クラブやメキシコのクルス・アスルが獲得に動く

▽中国スーパーリーグのクラブとメキシコのクルス・アスルが、ラツィオに所属するポルトガル代表FWナニ(31)の獲得に動いているようだ。イタリア『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽マンチェスター・ユナイテッドで活躍した後、昨夏にフェネルバフチェからバレンシアに加入したナニは、リーガエスパニョーラで25試合に出場して5ゴール8アシストをマーク。主力として活躍していた。 ▽2017年の夏にセネガル代表FWケイタ・バルデの後釜としてラツィオへ買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入したナニは、ラツィオではリーグ戦18試合(先発:2試合)に出場し3ゴール4アシストをマーク。ただ、ナニの移籍金は800万ユーロ(約10億2000万円)で、クラウディオ・ロティート会長はその額に見合う働きはできていないと判断したようだ。 ▽また、バレンシアとの契約を1年残しているナニも今夏の移籍を検討し始めており、『フットボール・イタリア』によると、中国の複数クラブやメキシコのクルス・アスルがすでに獲得に動いているようだ。 2018.06.02 03:10 Sat
twitterfacebook
thumb

ミランがザザ獲得へ! レンタル復帰を望まないバッカとのトレードを画策か

▽ミランは、同クラブのコロンビア代表FWカルロス・バッカと、バレンシア所属のイタリア代表FWシモーネ・ザザのトレード案を画策しているようだ。イタリア『Calciomercato.com』が報じている。 ▽2015年7月にセビージャからミランに加入したバッカだが、当時チームを指揮していたヴィンチェンツォ・モンテッラ氏と起用法を巡っての軋轢が伝えられ、昨夏はビジャレアルへレンタル移籍。 ▽ビジャレアルでは、リーガエスパニョーラで35試合に出場して15ゴール6アシスト。ヨーロッパリーグで6試合に出場して2ゴール1アシストを記録し、主力としてプレー。来季もビジャレアルでのプレーを望んだバッカだったが、ビジャレアルは移籍金の1550万ユーロ(約19億8000万円)を準備できず、今夏でのミラン復帰が決定していた。 ▽『Calciomercato.com』によると、セリエA復帰を望まないバッカに対してミランは、以前から獲得に動いていたFWザザとのトレード案を画策。また、バレンシア側もバッカの獲得に興味を示しており、ザザとのトレードに前向きな姿勢を見せているという。 ▽2015年に加入したユベントスで出場機会を得られなかったザザは、ウェストハムへのレンタル移籍を経て、2017年1月にバレンシアに加入。同年4月に完全移籍したザザは、今季リーガエスパニョーラ33試合に出場し13ゴール2アシストを記録している。 2018.05.27 02:30 Sun
twitterfacebook
thumb

バレンシアのFWゲデス買取費用は64億円?

▽バレンシアがレンタル加入中のポルトガル代表FWゴンサロ・ゲデス(21)をパリ・サンジェルマン(PSG)から買い取るためには、5000万ユーロ(約64億円)を工面する必要がありそうだ。フランス『レキップ』の情報を基にスペイン『アス』が伝えた。 ▽ゲデスは、昨年の冬に移籍金3000万ユーロ(現在のレートで約38億円)でベンフィカからPSGに移籍。出場機会確保のため昨年9月にバレンシアにレンタル加入すると、序盤から目覚ましいパフォーマンスを披露して今シーズンは公式戦38試合6ゴール11アシストの数字を残し、クラブのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に貢献した。 ▽当然ながら、バレンシアはチームに完全にフィットしたゲデスの獲得を早くから画策。PSG側もファイナンシャル・フェアプレー(FFP)違反の回避を目指しており、幾人かの選手の売却を迫られている状況のため、利害関係は一致している。 ▽しかし、PSGはワールドカップでの活躍次第でゲデスに8000万ユーロ(約103億円)の市場価値が生じると目論んでいるようで、この金額はバレンシアの想定よりも相当に高いものだ。 ▽とはいえ、PSG側も良好な関係を崩したいとは考えていないようで、バレンシア側の提示しようとしている4000万ユーロ(約51億円)から交渉の席に座る構えである模様。バレンシア側も最終的には5000万ユーロ(約64億円)での決着を見込んでいるであろうことを、『アス』は伝えている。 2018.05.25 13:00 Fri
twitterfacebook
thumb

バレンシア、インテルからコンドグビアを完全移籍で獲得! 32億円の買取OPを行使

▽バレンシアは24日、インテルからレンタル移籍で加入していたフランス代表MFジェフリー・コンドグビア(25)の買い取りオプションを行使し完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年となり、契約解除金は8000万ユーロ(約102億8000万円)に設定された。 ▽なお、スペイン『アス』の伝えるところによれば、買い取りの費用は2500万ユーロ(約32億1000万円)となった模様だ。 ▽2015年にモナコから3000万ユーロ(約38億5000万円)でインテルに加入したコンドグビアは、公式戦84試合に出場し3ゴールを記録した。だが、戦術的なセリエAのスタイルに順応できず、時折見せる集中力を欠いた軽いプレーが批判の的となり、昨夏にバレンシアへ買い取りオプション付きのレンタルで放出されていた。 ▽しかし、今季のバレンシアではマルセリーノ・ガルシア・トラル監督の下、キャプテンのMFダニエル・パレホと共に[4-4-2]のセントラルMFのレギュラーを務めると、リーグ戦31試合に出場し4ゴール4アシストを記録。持ち味の強靭なフィジカルとダイナミズムを攻守両面で遺憾なく発揮し、チームのチャンピオンズリーグ出場権獲得に大きく貢献した。 2018.05.24 21:10 Thu
twitterfacebook
thumb

バレンシアがDFガヤと2023年まで契約延長! 契約解除金を1億ユーロに

▽バレンシアは22日、DFホセ・ルイス・ガヤ(22)の契約を2023年まで延長したことを発表した。契約解除金として1億ユーロ(約129億円)が設定されたことも併せて伝えている。 ▽バレンシア下部組織出身のガヤは、2014年4月にトップチームデビュー。左サイドバックを主戦場とし、今シーズンは公式戦38試合に出場し、5アシストを記録していた。 2018.05.23 13:30 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース