キエーボ、今夏でラツィオ退団の元セルビア代表FWジョルジェビッチを獲得2018.06.14 03:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽キエーボは13日、ラツィオから元セルビア代表FWフィリプ・ジョルジェビッチ(30)を完全移籍で獲得した。契約期間は2021年6月30日までの3年間で、1年間の延長オプションが付随している。

▽母国セルビアの古豪レッドスター・ベオグラードで2005年にプロデビューしたジョルジェビッチは、2008年の夏に当時リーグ・ドゥ(フランス2部相当)に所属していたナントへ移籍。ナントでは、在籍7シーズンで公式戦193試合に出場し67ゴール18アシストを記録。

▽この活躍が認められ、2014年の夏にラツィオに完全移籍。しかし、ラツィオでは出場機会に恵まれず、在籍3年間で公式戦77試合の出場で16ゴールにとどまり、今シーズンはトップチームでの出場がなかった。

▽なお、ジョルジェビッチは今季限りでラツィオとの契約が切れるため、フリーでの加入となる。
コメント
関連ニュース
thumb

カリアリ、キエーボのスロベニア代表MFビルサを完全移籍で獲得

カリアリは9日、キエーボのスロベニア代表MFヴァルテル・ビルサ(32)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までとなっている。 2014年夏にミランからキエーボに加入したレフティーの攻撃的MFであるビルサは、同クラブで絶対的な主力として活躍。在籍4シーズン半で公式戦163試合に出場して18ゴール26アシストを記録し、キエーボのセリエA残留に貢献してきた。今季もここまでセリエAで17試合に出場して2ゴール2アシストを記録して主力としてプレーしていたが、チームは最下位に沈んでいた。 移籍先のカリアリを率いるのは2014年10月から2018年4月までキエーボで指導を受けていたロランド・マラン監督で、ビルサにとっては恩師との再会となった。 2019.01.10 02:39 Thu
twitterfacebook
thumb

ナポリ戦控えるインテル、AT被弾で最下位キエーボに痛恨ドロー《セリエA》

▽インテルは22日、セリエA第17節でキエーボとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。 ▽前節ウディネーゼ戦をイカルディのPK弾で辛勝してリーグ戦3試合ぶりの勝利を手にした3位インテル(勝ち点32)は、中3日でナポリ戦を控える中、イカルディやナインゴラン、ペリシッチら主力を起用した。 ▽最下位キエーボ(勝ち点4)に対し、ハイプレスを受ける立ち上がりとなったインテルは、なかなか主導権を握ることができずに時間が経過してしまう。 ▽それでも28分に突如決定機。左サイドを上がったダンブロージオのクロスにイカルディがボレー。だが、GKの守備範囲に飛んでしまった。 ▽その後はインテルがボールを持つ時間を増やすと、39分に先制した。イカルディが前線中央でタメを作ってボックス左のダンブロージオが折り返すと、最後はペリシッチが押し込んだ。 ▽迎えた後半、56分にインテルに追加点のチャンス。ペリシッチとのパス交換でボックス右に侵入したイカルディがGKと一対一に。しかし、シュートはGKソレンティーノの好守に阻まれてしまった。 ▽直後、ペリッシエルに決定的なシュートを許したインテルは、守護神ハンダノビッチが好守で阻止すると、ナポリ戦を見据えてナインゴランとポリターノを下げて、ヴェシーノとL・マルティネスを投入していく。 ▽そのインテルが終盤にかけては危なげなく時間を消化していたが、追加タイム1分に落とし穴。ロングボールでペリッシエルにディフェンスライン裏を取られると、GKハンダノビッチとの一対一を制された。 ▽そして、このまま1-1で終了。インテルは最下位キエーボ相手に痛恨のドローに終わり、ナポリ戦を迎えることとなった。 2018.12.23 03:59 Sun
twitterfacebook
thumb

ラツィオ、インモービレ弾で追いつくも最下位キエーボに痛恨ドロー《セリエA》

▽ラツィオは2日、セリエA第14節でキエーボとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。 ▽前節ミラン戦をコレアの劇的弾で引き分けに持ち込んだ4位ラツィオ(勝ち点23)が、最下位キエーボ(勝ち点1)のホームに乗り込んだ一戦。 ▽3日前に行われたヨーロッパリーグのアポロン戦を主力を温存して0-2と敗れたラツィオは、インモービレやミリンコビッチ=サビッチ、ルリッチといった主力がスタメンとなった。 ▽前節ナポリ戦をドローに持ち込んだ最下位キエーボ(勝ち点1)に対し、徐々にポゼッションを高めていったラツィオは17分、最初のシュートを放つ。ゴール正面の位置からバデリがミドルシュートを浴びせた。 ▽しかし24分、一瞬の隙を突かれて失点する。ビルサのスルーパスでペリッシエルにボックス中央に侵入され、シュートを流し込まれた。 ▽失点したラツィオは34分、右クロスをコレアが頭で合わせるも枠を捉えきれない。さらに36分、ミリンコビッチ=サビッチのパスを受けたパローロがボックス左に侵入してシュートに持ち込んだがわずかに枠の上に外れ、前半を1点ビハインドのまま終えた。 ▽後半からDFのラドゥに代えてFWのカイセドを投入したラツィオは、攻めあぐねていた中、54分に決定機。コレアが仕掛けてボックス左に侵入しラストパス。インモービレがダイレクトで放ったシュートが枠の左を捉えたが、GKソレンティーノのファインセーブに阻まれた。 ▽ここから攻勢を強めたラツィオは66分に試合を振り出しに戻す。バイタルエリアでの細かなパス交換からコレアのパスを受けたインモービレがボックス中央からゴール左に蹴り込んだ。 ▽さらに76分、ボックス左に侵入したインモービレが左足を振り抜くと、シュートは右ポストを直撃。その後もバデリのミドルシュートなど逆転ゴールに迫ったラツィオだったが、1-1でタイムアップ。痛恨のドローに終わっている。 2018.12.03 04:04 Mon
twitterfacebook
thumb

最下位とスコアレスドローのナポリ、指揮官も失望「もっと早く心配すべきだった」

ナポリの指揮官カルロ・アンチェロッティは、25日のキエーボ戦終了後イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、悔しさをにじませた。<br><br>リーグ戦で2位につけるナポリは25日、セリエA第13節で最下位のキエーボと対戦。ターンオーバーを採用してホームでの一戦に臨んだが、ゴールをこじ開けることができず。スコアレスドローに終わった。これにより首位ユベントスとの差は8ポイントに広がったほか3位インテルとの差は1ポイントに迫った。アンチェロッティは失望を隠せない。<br><br>「心配するべきか? いや、それを言うならもっと早く心配するべきだっただろう。水曜日の試合(28日のチャンピオンズリーグのツルヴェナ・ズヴェズダ戦)ではコンパクトに守る相手と再び対戦することになるので、良いテストになった」<br><br>「前半はすべてにおいて適切なインテンシティが足りなかったと言える。ビルドアップにしても、ボール奪取にしても、フィニッシュにしてもそうだ。今日の試合から頭を切り替えて水曜日に向けて準備していく。ターンオーバーをしすぎたか? 誰かに十字架を背負わせるつもりはない。もしそうしなければならないとしても、公の場でするつもりはない。問題は個人ではなく、試合への臨み方にあると思う」<br><br>続いて指揮官は、王者ユべントスとのスクデット争いについても言及。格下相手に勝利を逃したことで、ポイント差がさらに2ポイント広がったが、「ユーべとの差が8ポイントに? 順位については、前半戦終了後に評価するつもりだ」と述べた。<br><br><br>提供:goal.com 2018.11.27 08:50 Tue
twitterfacebook
thumb

ナポリ、最下位キエーボにまさかのゴールレスドローで首位ユーベと8ポイント差に《セリエA》

▽ナポリは25日、セリエA第13節でキエーボをホームに迎え、0-0で引き分けた。 ▽代表ウィーク前の前節は大雨に見舞われたジェノア戦を2-1と逆転勝利してユベントスを追走した2位ナポリ(勝ち点28)は、3日後にチャンピオンズリーグのレッドスター戦を控える中、ハムシクやアラン、マリオ・ルイにGKオスピナら主力がベンチスタートとなった。 ▽ここまで未勝利でヴェントゥーラ監督との契約を解除してディ・カルロ新監督を迎えた最下位キエーボ(勝ち点3)に対し、フラットな[4-4-2]を継続したナポリは、2トップにメルテンスとインシーニェ、右サイドにカジェホン、左にウナスを配した。 ▽キエーボがアグレッシブな入りを見せたことでオープンな展開で立ち上がった一戦。そんな中、カジェホンやメルテンスがゴールに迫るシュートを浴びせて徐々に攻勢を強めていたナポリだったが、16分にピンチ。サイド攻撃で揺さぶられ、ボックス左のオビに際どいボレーシュートを打たれた。 ▽その後も押し込んだナポリだったが、シュートに持ち込むには至らない。そんな中前半終盤の44分にこの試合最初の決定機。カウンターに転じ、最後はボックス右のカジェホンがシュート。しかし、GKの正面に飛んでしまった。 ▽迎えた後半もナポリが徐々に攻勢を強める展開とすると、メルテンスやインシーニェ、カジェホンらが相手GKを脅かすシュートを浴びせていく。しかし、キエーボゴールをこじ開けられず、59分に2枚代えを敢行。ウナスとA・ディアワラに代えてミリクとアランを投入した。 ▽引き続き敵陣でのプレーを続けたナポリは、76分にようやく決定機。インシーニェが得意の左45度の位置から放ったコントロールシュートが右ポストを直撃した。 ▽結局、88分のクリバリのバイシクルシュートも枠を捉えきれず、ナポリは最下位キエーボにまさかのドロー。首位ユベントスとのポイント差が8に広がった。 2018.11.26 00:59 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース