キエーボ、今夏でラツィオ退団の元セルビア代表FWジョルジェビッチを獲得2018.06.14 03:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽キエーボは13日、ラツィオから元セルビア代表FWフィリプ・ジョルジェビッチ(30)を完全移籍で獲得した。契約期間は2021年6月30日までの3年間で、1年間の延長オプションが付随している。

▽母国セルビアの古豪レッドスター・ベオグラードで2005年にプロデビューしたジョルジェビッチは、2008年の夏に当時リーグ・ドゥ(フランス2部相当)に所属していたナントへ移籍。ナントでは、在籍7シーズンで公式戦193試合に出場し67ゴール18アシストを記録。

▽この活躍が認められ、2014年の夏にラツィオに完全移籍。しかし、ラツィオでは出場機会に恵まれず、在籍3年間で公式戦77試合の出場で16ゴールにとどまり、今シーズンはトップチームでの出場がなかった。

▽なお、ジョルジェビッチは今季限りでラツィオとの契約が切れるため、フリーでの加入となる。

コメント

関連ニュース

thumb

キエーボ、残り3戦全勝で残留に導いたダンナ暫定監督を正指揮官に任命

▽キエーボは29日、暫定指揮官を務めていたロレンツォ・ダンナ監督(46)の正指揮官就任を発表した。契約期間は2018-19シーズン終了までとなるが、更なる契約延長オプションが付随している。 ▽先月29日、成績不振を理由にロランド・マラン前監督(54)を解任したキエーボは、プリマヴェーラの指揮官を務めていたダンナ監督を暫定指揮官に指名。すると、同監督は残り3試合を全勝する圧巻の手腕を発揮し、残留争いに巻き込まれていたチームを最終的に13位でフィニッシュさせていた。 2018.05.30 03:25 Wed
twitterfacebook
thumb

キエーボがポーランド代表FWステピンスキの買取オプションを行使

▽キエーボは28日、ナントからレンタルしていたポーランド代表FWマリウス・ステピンスキ(23)の買取オプションを行使したことを発表した。移籍金は250万ユーロ(約3億2000万円)で、契約期間は2021年6月までとなっている。 ▽2017年8月にナントからキエーボにレンタルで加入したストライカーのステピンスキは、セリエAで22試合に出場して5ゴールを記録。とりわけシーズン終盤に4ゴールを挙げ、キエーボの残留に貢献していた。また、ポーランド代表としてはこれまで4試合に出場しているが、ロシア・ワールドカップのメンバーには選出されていない。 2018.05.29 02:15 Tue
twitterfacebook
thumb

降格危機のキエーボがマラン監督を解任!

▽キエーボは29日、ロランド・マラン監督(54)を解任したことを発表した。また、今季終了までプリマヴェーラを率いるロレンツォ・ダンナ監督(46)が暫定指揮官を務めることを伝えている。 ▽現役時代にキエーボで活躍したマラン監督はヴィチェンツァやカターニャの監督を経て2014年にキエーボの新指揮官に就任。就任以降は常に安定した成績でチームを残留に導いてきたが、今季は昨年12月以降から急激に調子を落とすと、後半戦の16試合では2勝10敗4分けと大不振に。 ▽28日に行われた第35節のローマ戦では後半序盤に10人となった相手に1-4の大敗を喫し、今節の結果次第ではSPALに代わって降格圏の18位に転落する可能性が出てきている。 2018.04.29 20:16 Sun
twitterfacebook
thumb

シックの2戦連発弾&ゼコのドッピエッタなど4発のローマが10人で3連勝! 3位を死守しリバプール戦へ《セリエA》

▽ローマは28日、セリエA第35節でキエーボをホームに迎え、4-1で快勝した。 ▽前節SPAL戦を3発快勝したローマ((勝ち点67)は、3位を死守。しかし、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグのリバプール戦では2-5と大敗した。決勝進出が厳しくなったローマはリバプール戦のスタメンから4選手を変更。シックやペッレグリーニ、ブルーノ・ペレスといった控え選手がスタメンとなった。 ▽前節インテルに善戦した16位キエーボ(勝ち点31)に対し、[4-3-3]で臨んだローマは3トップに右からシック、ゼコ、エル・シャーラウィと並べた。そのローマが9分にあっさり先制する。左サイドをナンゴランが突破してクロスを送ると、シックが左足ボレーで流し込んだ。 ▽さらに11分、FKからファシオのヘディングシュートが右ポストを直撃したローマがゴールに迫り続けると、15分にはエル・シャーラウィがヒールシュートでネットを揺らしたが、オフサイドに阻まれる。 ▽攻勢を続けるローマはその後もシックのボレーシュートがGKを強襲すれば、28分にはエル・シャーラウィのコントロールシュートが右ポストを直撃した。 ▽ハーフタイムにかけても一方的な展開としたローマは40分、左サイドからのコラロフのクロスをゼコが左足でうまく合わせてリードを2点に広げ、前半を終えた。 ▽しかし後半開始10分、ファン・ジェズスがボックス内で入れ替わられたイングレーゼを倒して一発退場となってしまう。それでも、イングレーゼのPKをGKアリソンが見事に読み切ってセーブし、2点のリードを保った。 ▽10人となったローマはシックに代えてマノラスを投入。すると65分、ハーフライン付近でボールを持ったエル・シャーラウィがドリブルでボックス左まで進入。DFをかわしてゴール右へシュートを流し込み、3-0とした。 ▽勝負を決定付けたローマは2分後、ゼコの左足ミドルも決まって4-0とすると、終盤にイングレーゼに逸し報いられるも4-1で快勝。リーグ戦3連勝とし、3位を死守してリバプール戦に弾みを付けている。 2018.04.29 02:56 Sun
twitterfacebook
thumb

キエーボに辛勝のインテル、ローマ勢を1ポイント差で追走《セリエA》

▽インテルは22日、セリエA第34節でキエーボとのアウェイ戦に臨み、2-1で辛勝した。 ▽前節カリアリに4発快勝し、4試合ぶりに勝利を飾った5位インテル(勝ち点63)は、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位ラツィオを1ポイント差で追走。次節ユベントスとのイタリア・ダービーを控える中、負傷したガリアルディーニが欠場となり、ボルハ・バレロを代役に起用した。 ▽残留争いに巻き込まれている16位キエーボ(勝ち点31)に対し、やや押し込まれる入りとなったインテルは12分にN・リゴーニに右ポスト直撃のボレーシュートを浴びてしまう。 ▽ひやりとしたインテルは1分後、ブロゾビッチの浮き球パスでディフェンスライン裏を取ったペリシッチがループシュートでゴールを狙うも、枠の上に外れた。主導権を握りきれないインテルは16分にジャッケリーニのミドルシュートでゴールを脅かされた中、22分にカラモーのミドルシュートでけん制。 ▽前半半ば以降はインテルがポゼッションを高める展開となったが、キエーボの守備を崩しきれずにいると、39分にはカッチャトーレの枠内シュートでGKハンダノビッチを強襲される。さらに45分、プッチャレッリにも枠内シュートを打たれたが、ここもGKハンダノビッチがセーブし、前半を何とかゴールレスで終えた。 ▽守護神ハンダノビッチの奮闘で前半を耐えたインテルは、後半開始5分に先制する。ブロゾビッチのミドルシュートがGKソレンティーノを強襲すると、ルーズボールを拾ったボックス右のダンブロージオが折り返し、イカルディが押し込んだ。初見ではダンブロージオのポジションがオフサイドと判定されたが、VARの末にゴールが認められた。 ▽イカルディの今季26ゴール目で先制した後、攻勢を強めたインテルは61分、カラモーの右クロスをラフィーニャがダイレクトで落とし、ボックス中央のペリシッチがシュートを流し込んで追加点を奪いきった。 ▽2点をリードしたインテルはカラモーを下げてサントンを投入。5バックとし、守備を固めにかかった。78分にはラフィーニャがGKを強襲するシュートを浴びせてけん制し、逃げ切り体勢を整えていく。 ▽しかし終盤の90分、ステピンスキにゴールを許すと、5分の追加タイムではキエーボの攻勢に晒されてしまう。それでも耐えたインテルが逃げ切り勝利。3位ローマ、4位ラツィオとの1ポイント差を維持している。 2018.04.23 00:15 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース