キエーボ、今夏でラツィオ退団の元セルビア代表FWジョルジェビッチを獲得2018.06.14 03:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽キエーボは13日、ラツィオから元セルビア代表FWフィリプ・ジョルジェビッチ(30)を完全移籍で獲得した。契約期間は2021年6月30日までの3年間で、1年間の延長オプションが付随している。

▽母国セルビアの古豪レッドスター・ベオグラードで2005年にプロデビューしたジョルジェビッチは、2008年の夏に当時リーグ・ドゥ(フランス2部相当)に所属していたナントへ移籍。ナントでは、在籍7シーズンで公式戦193試合に出場し67ゴール18アシストを記録。

▽この活躍が認められ、2014年の夏にラツィオに完全移籍。しかし、ラツィオでは出場機会に恵まれず、在籍3年間で公式戦77試合の出場で16ゴールにとどまり、今シーズンはトップチームでの出場がなかった。

▽なお、ジョルジェビッチは今季限りでラツィオとの契約が切れるため、フリーでの加入となる。
コメント
関連ニュース
thumb

ピョンテク決勝弾のミランが最下位キエーボに競り勝ち5連勝!《セリエA》

ミランは9日、セリエA第27節でキエーボのホームに乗り込み、2-1で競り勝った。 前節は10人のサッスオーロにオウンゴール弾で辛勝し、4連勝としてインテルをかわし3位に浮上したミラン(勝ち点48)は、次節にインテルとのミラノ・ダービーを控える中、バカヨコやチャルハノール、リカルド・ロドリゲスといった主力をベンチスタートとし、ビリアやカスティジェホ、ラクサールらをスタメンで起用した。 最下位キエーボ(勝ち点10)に対し、いつも通りの[4-3-3]を採用したミランは3トップに右からスソ、ピョンテク、カスティジェホと並べた。 そのミランが立ち上がりから押し込んでいくと、15分にボックス右に侵入したケシエが際どいシュートを浴びせた。続く19分、FKからロマニョーリのヘディングシュートでGKを強襲したミランが31分に先制した。 ペナルティアーク中央付近でパケタが得たFKをビリアが狙うと、完璧なシュートがゴール左上に決まった。 その後、主審への抗議でガットゥーゾ監督が退席処分となったミランは41分に同点とされる。レリスの右クロスからヘテマイのヘディングシュートが決まってしまった。 1-1で迎えた後半、54分にパケタに代えてチャルハノールを投入したミランは56分に勝ち越す。スソのクロスが流れ、ピョンテクのゴール至近距離からのシュートはGKソレンティーノに阻まれるも、ルーズボールを拾った流れからカスティジェホのヘッドでの落としに反応したピョンテクがボレーで蹴り込んだ。 リードしたミランはボールを回して時間を消化。75分にはロングカウンターから3点目のチャンスが訪れたが、ボックス内からのケシエのシュートは枠を捉えきれなかった。 それでも、終盤にかけては危なげない試合運びで逃げ切り。ダービーを前に5連勝とし3位を死守している。 2019.03.10 06:25 Sun
twitterfacebook
thumb

ジェコが1G1Aの活躍見せたローマが最下位キエーボに快勝! 公式戦4戦ぶり白星でCLポルト戦に弾み!《セリエA》

セリエA第23節、キエーボvsローマが8日にマルカントニオ・ベンテゴーティで行われ、アウェイのローマが3-0で快勝した。 7位のローマが最下位キエーボの本拠地に乗り込んだ一戦。前々節はアタランタに3点差を追いつかれるドロー、コッパ・イタリアではフィオレンティーナに1-7の大敗を喫したローマは、直近のミラン戦を1-1のドローで終え、公式戦3戦未勝利となった。 来週ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)のポルト戦を控える中、調子を取り戻したいチームはミラン戦から先発5人を変更。負傷のGKオルセン、マノラスに代えてGKミランテ、マルカノ、中盤はサスペンション明けのエンゾンジ、クリスタンテがデ・ロッシとペッレグリーニに代わって復帰。さらにフロレンツィに代わってエル・シャーラウィが起用された。 やや慎重な入りを見せたローマだったが、開始7分にペナルティアーク付近に持ち込んだザニオーロが精度の高い左足のシュートで相手GKソレンティーノを脅かす。 すると9分、ハーフウェイライン付近で競り勝ったエンゾンジのヘディングパスに対してオフサイドラインのジェコをオトリに2列目から飛び出したエル・シャーラウィが見事にラインブレイク。ボックス右に持ち出しゴール左隅へ冷静に流し込んだ。 幸先良く先制に成功したローマは畳みかける。18分にはボックス右でカルスドルプから足下にパスを受けたジェコが大きな切り返しでDFの股を開かせると、その間を左足のシュートで射抜く技ありのフィニッシュで追加点とした。 この追加点で完全にローマペースかに思われたが、直近のローマの不安定な戦いぶりを受けて、士気が下がらないホームチームがここから反撃に転じていく。33分にはオフサイド気味ながらゴール前のジョルジェビッチが決定的なヘディングシュートを放つなど、相手ゴールに迫る場面を幾度も作り出した。 それでも、無失点で前半を終えることに成功したローマは後半立ち上がりの51分に貴重な3点目を奪う。左サイドでパワフルな仕掛けを見せたエル・シャーラウィがボックス手前のジェコの足下に縦パス。ジェコが丁寧に落としたボールに反応したのは猛然とインナーラップを仕掛けたコラロフ。そのままボックス内に持ち込んだセルビア代表DFがゴール右隅に流し込んだ。 油断はできないもののこの3点目で勝利に大きく近づいたローマは59分、ハムストリングの違和感を訴えたシックに代えてフロレンツィを投入。だが、今度こそ試合をコントロールしていく。相手の攻勢を受け止めながらカウンターを仕掛けると、ジェコやエル・シャーラウィに続けてチャンスが訪れる。しかし、相手GKソレンティーノの好守もあり4点目とはならず。 その後、デ・ロッシ、クライファートを続けて投入して試合を締めに懸かるローマはジェコとエル・シャーラウィの決定的なシュートがいずれも枠に嫌われる不運もあり、ダメ押しの4点目を奪うまでには至らず。それでも、セリエAで4試合ぶりとなるクリーンシートを達成する危なげない試合運びで公式戦4試合ぶりの勝利を手にした。暫定ながら4位に浮上したローマはCLポルト戦に向けて弾みをつけることに成功した。 2019.02.09 06:31 Sat
twitterfacebook
thumb

英、西、蘭、独の次は伊! ルーカス・ピアソンがキエーボにレンタル

キエーボは1月31日、チェルシーに所属するブラジル人FWルーカス・ピアソン(25)の買取オプションが付随したレンタル加入を発表した。 ルーカス・ピアソンは2011年にサンパウロのトップチーム昇格後、2012年1月にチェルシー入り。だが、その後は出場機会を求めたレンタル移籍が続き、マラガやフィテッセ、フランクフルト、レディング、フルアムを経て、昨夏にチェルシー復帰を果たした。 だが、今シーズンは長らくの武者修行の成果を発揮する場がなく、トップチームで出番なし。1月24日に行われたEFLカップ準決勝2ndレグのトッテナム戦でベンチ入りするにとどまった。 2019.02.01 11:10 Fri
twitterfacebook
thumb

キエーボがセネガル代表MFディウセを獲得! 2年ぶりのセリエA復帰に

キエーボ・ヴェローナは29日、サンテチェンヌからセネガル代表MFアサネ・ディウセ(21)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得したことを発表した。レンタル期間は今シーズン終了までとなる。 エンポリの下部組織出身のディウセは、2015年にトップチームデビュー。高い身体能力と豊富なスタミナを武器とする守備的MFは、2016-17シーズンのセリエA33試合に出場した。 そして、ここでの活躍が認められて2017年夏にサンテチェンヌに完全移籍で加入。今季は公式戦10試合に出場していた。 2019.01.30 03:44 Wed
twitterfacebook
thumb

キエーボ、ブライトンから元イタリア代表DFスケロットをレンタル移籍で獲得

キエーボは28日、ブライトン&ホーヴ・アルビオンから元イタリア代表DFエセキエル・スケロット(29)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 アルゼンチンリーグに属するバンフィールドの下部組織出身であるスケロットは、2008年夏にチェゼーナに移籍。翌年4月に欧州のリーグでのデビューを飾った。以来、イタリア国内での移籍を繰り返したスケロットは、アタランタ、カターニャ、インテル、サッスオーロ、パルマ、キエーボと、実に6クラブを渡り歩きセリエAで151試合、セリエB(イタリア2部)で40試合に出場。欧州トップリーグでの豊富な経験を持っている。 2015年8月には無所属となったが、同年11月にスポルディング・リスボンに入団すると、約1シーズン半で公式戦43試合に出場し、10アシストを記録。2017年9月に加入したブライトンでは、約1シーズン半で公式戦23試合に出場していた。 2019.01.29 00:50 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース