キエーボ、今夏でラツィオ退団の元セルビア代表FWジョルジェビッチを獲得2018.06.14 03:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽キエーボは13日、ラツィオから元セルビア代表FWフィリプ・ジョルジェビッチ(30)を完全移籍で獲得した。契約期間は2021年6月30日までの3年間で、1年間の延長オプションが付随している。

▽母国セルビアの古豪レッドスター・ベオグラードで2005年にプロデビューしたジョルジェビッチは、2008年の夏に当時リーグ・ドゥ(フランス2部相当)に所属していたナントへ移籍。ナントでは、在籍7シーズンで公式戦193試合に出場し67ゴール18アシストを記録。

▽この活躍が認められ、2014年の夏にラツィオに完全移籍。しかし、ラツィオでは出場機会に恵まれず、在籍3年間で公式戦77試合の出場で16ゴールにとどまり、今シーズンはトップチームでの出場がなかった。

▽なお、ジョルジェビッチは今季限りでラツィオとの契約が切れるため、フリーでの加入となる。

コメント

関連ニュース

thumb

ローマが最下位キエーボに2点差追いつかれ痛恨ドロー…開幕4戦で7失点と守備崩壊止まらず…《セリエA》

▽セリエA第4節のローマvsキエーボが16日にスタディオ・オリンピコで行われ、2-2のドローに終わった。 ▽前節、後半ラストプレーの失点でミランに競り負けて今季初黒星を喫したローマ。1勝1敗1分けとゼーマン体制以来のスロースタートとなったチームは、代表ウィーク明けの初戦で開幕3戦未勝利に加え不正会計で勝ち点3をはく奪されたキエーボと対戦した。来週ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)初戦のレアル・マドリー戦を控える中、ディ・フランチェスコ監督は軽傷を抱えるデ・ロッシやパストーレ、ファシオに代えてクリスタンテやペッレグリーニ、ファン・ジェズスらを起用した。 ▽故フランコ・センシ元ローマ会長の妻で14日に75歳で亡くなったマリア・センシさんへの黙とうが捧げられるなど、追悼ムードのオリンピコでスタートした一戦。立ち上がりからゼコのポストプレーとジェンギズ・ユンデル、エル・シャーラウィの両翼の仕掛けを起点に相手を押し込むローマは早い時間帯に先制点を奪う。 ▽開始10分、右サイドで高い位置を取ったフロレンツィからの絶妙なピンポイントクロスに反応したエル・シャーラウィがファーサイドに走り込んで左足のダイレクトボレーでゴールネットを揺らした。 ▽幸先良く先制に成功したローマだが、その後はキエーボの反撃を受ける形に。積極的に背後を狙う相手に対して後ろ向きの守備を強いられるが、最終ラインを中心にうまく攻撃を遅らせながら可能性の低いミドルシュートで相手の攻撃を終わらせる。 ▽すると30分、ボックス手前右からジェンギズが入れた浮き球のクロスをゴール前のゼコが巧みな胸トラップで収めると、一度はシュート体勢に入った中で冷静に相手DFの動きとクリスタンテの動き出しを見極めて短いラストパス。これをクリスタンテが冷静に流し込み、ローマでの移籍後初ゴールとした。その後も主導権を握り続けたホームチームは前半終了間際に再びフロレンツィとエル・シャーラウィのホットラインが開通も、ここは相手GKソレンティーノが見事な反応でヘディングシュートを枠外に弾き出した。 ▽ローマの2点リードで折り返した試合は後半もローマがペースを握る。だが、52分にはボックス手前のビルサが見事な左足のミドルシュートをゴール左上隅の完璧なコースに突き刺し、アウェイのキエーボが1点を返す。 ▽何とか相手を突き放したいローマは58分にエル・シャーラウィの中央突破からボックス手前でフリーのペッレグリーニ、63分にはクリスタンテのスルーパスに完璧に抜け出したジェンギズに3点目のチャンスもシュートミスや相手GKの好守に阻まれる。 ▽その後、試合を落ち着けたいローマはCLマドリー戦も睨んでフロレンツィ、ペッレグリーニを下げてカルスドルプとデ・ロッシを同時投入。さらに疲れの見えたジェンギズに代えてクライファートを投入し、逃げ切り態勢に入る。 ▽だが、開幕から守備に問題を抱えるチームは83分に左サイドから簡単にクロスを許すと、相手に当たってコースが変わったボールをコラロフがクリアし切れず、ボールがゴール方向に向かう。ここはGKオルソンが何とかかき出すもこぼれ球を拾ったステピンスキに反転シュートで決められ、痛恨の同点ゴールを献上してしまう。 ▽最下位相手のホームゲームで取りこぼしは許されないローマはここから一気呵成の攻めに打って出る。だが、コラロフやクライファートらの鋭いクロスやセットプレーも相手の守備に跳ね返され続ける。逆に、集中力が落ちた後半ラストプレーの場面では相手に決定的な枠内シュートを許すが、ここはGKオルセンの見事なワンハンドセーブで凌ぎ辛くも敗戦を避けるのが精一杯だった。開幕4試合ですでに7失点と守備の崩壊止まらずに2点のリードを守り切れなかったローマは、最下位相手に痛恨のドローとなった。 2018.09.16 21:36 Sun
twitterfacebook
thumb

FIGCが不正会計容疑のキエーボを正式処分! 勝ち点3ポイント剥奪に20万ユーロの罰金

▽イタリアサッカー連盟(FIGC)は13日、不正会計疑惑のキエーボ・ヴェローナに対して、勝ち点3ポイントの剥奪と罰金20万ユーロ(約2600万円)の処分を科したことを発表した。 ▽イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』が伝えるところによれば、キエーボは今年7月に破産宣告を受けたチェゼーナとの間で、選手移籍に関して2500万ユーロ(約32億4000万円)の架空の売却益を得たと虚偽の申請を行い、この不正会計によってセリエA残留に関して財政面の問題をクリアしていた。 ▽そして、このケースに関して再度調査が行われた結果、ジュゼッペ・ペコラーロ判事はキエーボのルカ・カンペデッリ会長に対して、36ケ月間の職務停止と共に15ポイントの勝ち点剥奪の求刑を求めていた。 ▽だが、FIGCは今回、前述の求刑から大幅な減刑となる勝ち点3ポイントの剥奪と罰金20万ユーロ(約2600万円)の処分にとどめた。また、カンペデッリ会長に対しては3カ月の職務停止、それ以外のクラブ幹部に対しては1カ月と15日間の職務停止を科した。 ▽なお、今季のセリエA第3節終了時点で勝ち点1のキエーボは、今回の処分によって勝ち点-2での再スタートを切ることになった。 2018.09.13 22:00 Thu
twitterfacebook
thumb

FIGCが不正会計疑われるキエーボの勝ち点15ポイント剥奪を要求

▽イタリアサッカー連盟(FIGC)の検察官は12日、不正会計疑惑のあるキエーボ・ヴェローナに対して勝ち点15ポイント剥奪を要求した。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽『コッリエレ・デッロ・スポルト』が伝えるところによれば、キエーボは今年7月に破産宣告を受けたチェゼーナとの間で、選手移籍に関して2500万ユーロ(約32億4000万円)の架空の売却益を得たと虚偽の申請を行い、この不正会計によってセリエA残留に関して財政面の問題をクリアしていた。 ▽そして、このケースに関して再度調査が行われた結果、ジュゼッペ・ペコラーロ判事はキエーボのルカ・カンペデッリ会長に対して、36ケ月間の職務停止と共に15ポイントの勝ち点剥奪の求刑を求めた。 ▽仮に、今回の求刑が認められた場合、キエーボは今シーズンのセリエAでの勝ち点を15ポイント剥奪されることになる。なお、キエーボは今季のセリエA第3節終了時点で勝ち点1となっている。 2018.09.13 13:57 Thu
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドと激突し負傷交代したキエーボGKが“対応”に感謝

▽キエーボのイタリア人GKステファーノ・ソレンティーノが、ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドへ感謝の意を示した。自身のツイッター(@Sorrentino)でメッセージを送った。 ▽ソレンティーノが所属するキエーボは、2018-19シーズンのセリエA開幕戦でユベントスと対戦。ソレンティーノは再三好セーブを見せていると迎えた86分、クロスに反応した際にボックス内でC・ロナウドと接触。この接触の影響で交代していたが、その後にチームは失点し試合は2-3で敗れていた。 ▽C・ロナウドも故意の接触ではなかったものの、ソレンティーノのパートナーであるサラ・ルッゲリさんは「このチャンピオンを称賛することなんてできない」と怒りを露わにしていたが、ソレンティーノ自身はC・ロナウドの対応に感謝を述べている。 「クリスティアーノ・ロナウドから親密で、早期回復を願うメッセージを受け取った。ありがとう!」 ▽チームの勝ち点獲得まであと一歩のところまで貢献していたソレンティーノ。不運な形での交代となり、その後にチームは敗れていたが、ソレンティーノの反応もまた素晴らしいものだった。 2018.08.20 11:07 Mon
twitterfacebook
thumb

ロナウドがデビューのユベントス、一時逆転許すもベルナルデスキのAT弾で薄氷の白星スタート《セリエA》

▽ユベントスは18日、セリエA開幕戦でキエーボとのアウェイ戦に臨み、3-2で勝利した。 ▽セリエA7連覇中のユベントスは、新戦力にロナウドを迎え、スタメンで抜擢となった。その他、ミランから復帰したボヌッチ、新戦力のカンセロが先発となった。 ▽ロナウドがディバラと2トップを形成し、ドグラス・コスタとクアドラードを両サイドに配す[4-4-2]で臨んだユベントスがボールを持つ立ち上がりとなると、開始3分にあっさり先制する。右サイドからのピャニッチのFKをファーサイドのキエッリーニが頭で落としたボールを、ボックス中央のケディラが左足で蹴り込んだ。 ▽その後もユベントスが攻勢に出ると、9分には左サイドを抜け出したドグラス・コスタの折り返しにカンセロが飛び込む決定機を演出。しかし、シュートは枠を捉えきれない。さらに18分、クアドラードの横パスをボックス中央のロナウドがダイレクトでシュート。だが、わずかに枠の左に外れた。 ▽引き続きポゼッションを高めるユベントスは、30分にはクアドラードのフィードに抜け出したロナウドがボックス左からボレーシュートを浴びせれば、33分にはドグラス・コスタもボレーシュートで追加点に迫った。 ▽しかし38分、分厚い攻めを見せたキエーボに同点とされる。左サイドからのジャッケリーニのクロスをステピンスキにヘディングで合わせられたシュートでネットを揺らされた。 ▽失点後、ハーフタイムにかけてチャンスを生み出せなかったユベントスは1-1で前半を終えた。 ▽迎えた後半、キエーボの攻勢を許したユベントスは54分にPKを献上する。ドリブルで仕掛けたジャッケリーニをボックス左でカンセロが倒してしまった。このPKをジャッケリーニに決められ、逆転を許してしまった。 ▽逆転されたのを受けてクアドラードに代えてベルナルデスキを投入したユベントスが前がかると、61分にはFKの流れからロナウドがヘディングシュートでオンターゲットを記録。さらにドグラス・コスタに代えてマンジュキッチを投入したユベントスは、66分にロナウドがミドルシュートを浴びせるもGKソレンティーノのファインセーブに阻まれた。 ▽焦りが募るユベントスは、マンジュキッチのヘディングシュートやディバラのドリブルシュートでゴールに迫ると、75分に同点に持ち込む。ベルナルデスキの右CKをニアのボヌッチがヘッドで合わせると、相手DFに当たってゴールに吸い込まれた。 ▽その後、ロナウドの直接FKがGKを強襲したユベントスは、85分にジャンのダイビングヘッドでゴールに近づくと、直後にはマンジュキッチのヘディングシュートがゴールラインテクノロジーによってゴールラインを割っていたと判定されるも、その前にロナウドのGKソレンティーノに対するファウルをVARによって取られてノーゴールとなる。 ▽ゴールを取り消されて苦しくなったユベントスだったが追加タイム3分、左サイドで仕掛けたアレックス・サンドロのグラウンダークロスをベルナルデスキが詰めて勝ち越しに成功。これが決勝点となってユベントスが劇的勝利。格下相手に苦戦したものの、薄氷の白星スタートとしている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_s" terget="_blank">セリエA観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.19 03:06 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース