レンジャーズ、ブライトンからDFゴールドソンを完全移籍で獲得2018.06.14 02:26 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レンジャーズは13日、ブライトン&ホーヴ・アルビオンからDFコナー・ゴールドソン(25) を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年となる。

▽シュルーズベリー・タウンの下部組織出身のゴールドソンは、2010年に当時フットボールリーグ2(イングランド4部相当)に所属したトップチームに昇格。在籍6シーズンで公式戦120試合に出場し8ゴールをマーク。

▽2015年の夏にチャンピオンシップ(イングランド2部相当)に所属していたブライトンに移籍すると、加入初年度はリーグ戦24試合に出場。しかし、2016-17シーズンの途中に行った定期検診で大動脈の異常が見つかり、心臓の手術を実施。

▽2017年の夏にはチャンピオンシップのイプスウィッチへのレンタル移籍が決まりかけたが土壇場で移籍話が破談。今季も開幕からベンチ外の状況が続いたが、コツコツと練習を重ねると昨年8月に行われたEFLカップのバーネット戦で戦列復帰。

▽また、同年12月に行われたプレミアリーグ第19節のワトフォード戦でプレミアデビューを飾ると、今季は公式戦11試合に出場し1ゴールを記録していた。

▽なお、スティーブン・ジェラード氏を新監督に迎えたレンジャーズは、今夏の移籍市場で積極補強を見せており、ゴールドソンは今夏6人目の補強選手となった。

コメント

関連ニュース

thumb

ジェラード率いるレンジャーズ、リバプールからDFジョン・フラナガンを獲得

▽レンジャーズは21日、リバプールの元イングランド代表DFジョン・フラナガン(25)を2年契約で獲得したことを発表した。 ▽リバプールのアカデミー出身のフラナガン。本職が右サイドバックでありながら左でもプレー可能で、2011年のデビュー以降公式戦51試合に出場した。近年ではバーンリーやボルトンにレンタル移籍。今冬加入したボルトンではリーグ戦9試合に出場。そして、今月8日にリバプールからの退団が発表されていた。 ▽5月にスティーブン・ジェラード新監督が就任したレンジャーズは、すでに積極補強を進めており、これが7人目の新加入選手となった。これまでにバーンリーのカナダ代表MFスコット・アルフィールドやブライトン&ホーヴ・アルビオンのスコットランド代表DFコナー・ゴールドソン、同クラブからはさらに今年1月からレンタル加入していたスコットランド代表FWジェイミー・マーフィーを買い取りオプションを行使して獲得。また、ハル・シティからは元スコットランド代表GKアラン・マクレガーを獲得。7年ぶりのレンジャーズ復帰を果たしている。 2018.06.21 22:25 Thu
twitterfacebook
thumb

ジェラード率いるレンジャーズ、古巣リバプールからMFエジャリアをレンタルで獲得

▽リバプールは7日、U-21イングランド代表MFオヴィエ・エジャリア(20)と長期契約を結んだことを発表した。同時にエジャリアがレンジャーズに1年間のレンタルで移籍することも併せて発表している。 ▽2016年にリバプールでトップチームデビューを飾った攻撃的MFのエジャリアは、2017年に行われたU-20ワールドカップでは3試合に出場してU-20イングランド代表の優勝に貢献した。今シーズンはサンダーランドにレンタルで加入し、公式戦22試合3ゴール2アシストを記録していた。 ▽レンジャーズを率いるのはリバプールのレジェンドであるスティーブン・ジェラード監督だが、エジャリアはレンジャーズへのレンタル移籍について公式サイトで次のように語っている。 「努力を続けて自分がどうなるか見てみたい。目標は本当に大きなクラブであるリバプールでレギュラーを勝ち取ることだよ。新たな契約を結べたのは本当に素晴らしい。これまで4年間リバプールに居て、今後も居られる。これまではうまくやってきたから、今後も続けたいね」 2018.06.08 00:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ジェラード率いるレンジャーズ、古巣リバプールから攻撃的MF獲得か

▽レンジャーズがリバプールに所属するU-21イングランド代表MFオヴィエ・エジャリア(20)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『サン』が伝えている。 ▽伝えられるところによると、レンジャーズを率いるスティーブン・ジェラード監督が、古巣であるリバプールからイングランド人FWライアン・ケント(21)やウェールズ代表FWハリー・ウィルソン(19)のような若手選手の獲得を画策。そのうちの一人がエジェリアであり、今週中にも交渉に着手するようだ。 ▽現在ジェラード監督は、若手発掘に向けてトゥーロン国際大会2018を視察中とのこと。U-21イングランド代表だけでなく、U-21日本代表vsU-21ポルトガル代表、U-21カナダ代表vsU-21トルコ代表も視察していたことが伝えられている。 ▽2016年にリバプールでトップチームデビューを飾ったエジェリア。2017年に行われたU-20ワールドカップでは3試合に出場してU-20イングランド代表の優勝に貢献した。今シーズンはサンダーランドにレンタルで加入し、公式戦22試合3ゴール2アシストを記録している。 2018.06.04 10:15 Mon
twitterfacebook
thumb

レンジャーズ、ブライトンからレンタル中のスコットランド代表FWマーフィーを買い取りOP行使で獲得

▽レンジャーズは18日、レンタル移籍で加入中のスコットランド代表FWジェイミー・マーフィー(28) の買い取りオプションを行使し、完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの3年間となる。 ▽マザーウェルの下部組織出身のマーフィーは、2006年にトップチームに昇格を果たすと、シェフィールド・ユナイテッドでのプレーを経て、2015年にブライトンに加入。ブライトンでは、主力としてこれまで公式戦83試合に出場し、10ゴールをマークするなど、同クラブのプレミアリーグ初昇格に貢献していた。 ▽しかし、プレミア昇格後は、FWグレン・マーレイと新加入のFWホセ・イスキエルドにポジションを奪われ、公式戦わずか5試合の出場に留まっており、今年1月に出場機会を求め、レンジャーズへレンタルで加入。 ▽レンジャーズでは、本職の左ウイングに加え、2列目の全ポジションをこなし、公式戦26試合に出場し、6ゴール11アシストを記録していた。 2018.05.19 06:23 Sat
twitterfacebook
thumb

レンジャーズの黄金期を彩ったベテランGKマクレガーが7年ぶりに復帰

▽レンジャーズは16日、ハル・シティの元スコットランド代表GKアラン・マクレガー(36)を獲得したことを発表した。契約期間は2020年6月までとなっている。 ▽1998年にレンジャーズのユースに加入したマクレガーは、 2002年2月にトップチームデビュー。2006-07シーズンから正GKの座に就き、2008-09シーズンからリーグ3連覇に貢献していた。その後、レンジャーズの破産に伴い、ベシクタシュへ移籍。2013年7月にハル・シティへ移籍していた。 ▽クラブの黄金期を知るベテランの獲得について新シーズンよりレンジャーズの指揮官に就任したスティーブン・ジェラード監督は次のように語っている。 「彼は経験豊富なGKだ。彼を起用できるオプションを持てることを喜んでいる。彼はこのクラブで多くのタイトルを手にした。ヨーロッパで最高クラスのGKだよ。私はキャリアの中で何度か彼と対戦したが、苦しめられたものだよ」 ▽また、マクレガーは古巣への復帰について以下のように語った。 「12歳でこのクラブで練習を始め、今戻ってくることになったんだ。それは信じられないことだよ。タイトルを取るには誰が出ていようが、試合に勝つことだ。それを続けることがタイトルにつながるんだよ」 2018.05.17 04:18 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース