ボローニャがフィリッポ・インザーギ監督の招へいを発表! 来季はシモーネとの兄弟監督初対決実現!!2018.06.14 01:55 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ボローニャは13日、新指揮官にフィリッポ・インザーギ監督(44)を招へいしたことを発表した。契約期間は2020年6月30日までとなっている。

▽ボローニャでは、2015年10月からチームを率い3シーズン連続でセリエA残留に導いたロベルト・ドナドーニ監督との契約を更新せず、新監督を探していた。

▽現役時代にミランやユベントスで活躍した元イタリア代表FWのインザーギ監督は、ミランのプリマヴェーラで指導者キャリアをスタート。その後、ミランのトップチームの指揮官に昇格も、成績不振を理由に2015年6月に解任された。それでも、2016年に就任した当時セリエCのヴェネツィアではセリエB昇格に導くなど、優れた手腕を発揮。

▽引き続き今シーズンもヴェネツィアを率いたインザーギ監督は、チームをセリエBの5位に導き昇格プレーオフへ進出。しかし、準決勝でパレルモに敗れ、セリエA昇格には届かなかった。なお、ヴェネツィアは11日にインザーギ監督の退任を発表していた。

コメント

関連ニュース

thumb

ナインゴランのデビュー弾など後半に3発のインテルが今季初勝利《セリエA》

▽インテルは1日、セリエA第3節でボローニャとのアウェイ戦に臨み、3-0で勝利した。 ▽前節トリノ戦では2点をリードしながらも後半に追いつかれて開幕2試合未勝利スタートとなったインテルは、トリノ戦のスタメンから3選手を変更。ヴルサリコ、ヴェシーノ、直前に筋肉を痛めたイカルディに代えてケイタ、ガリアルディーニ、移籍後初出場となるナインゴランを起用した。 ▽今季からインザーギ監督を迎えたボローニャに対し、ナインゴランをトップ下に据える[4-2-3-1]で臨んだインテルが圧力をかける入りとなる。 ▽しかし9分にピンチ。CKの流れからヘランデルのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKハンダノビッチが好守で凌いだ。 ▽その後も敵陣でボールを保持したインテルだったが、ボローニャの守備ブロックを崩すことができない。追加タイム1分にようやくナインゴランの強烈なボレーシュートでゴールに迫ったインテルだったが、低調なまま前半を終えた。 ▽後半もインテルがボールを持つ展開となるも、単調なパスワークに終始し、ボローニャの守備網を攻略することができない。 ▽それでも66分、インテルが待望の先制点を挙げる。ポリターノのパスを受けたボックス中央のナインゴランがトラップからゴール左へシュートを蹴り込んだ。 ▽ナインゴランのデビュー弾で先制したインテルは、74分にサンタンデールのヘディングシュートでゴールを脅かされるも、わずかに枠を外れて助かると、78分にナインゴランを下げてヴェシーノを投入し逃げ切りを図った。 ▽すると82分、左サイドのペリシッチのグラウンダークロスに途中出場のカンドレーバが詰めてインテルが加点。勝負を決定付けると85分にはヴェシーノのパスを受けたボックス左のペリシッチがDFを交わしてシュートを蹴り込み、3-0としてタイムアップ。今季初勝利を飾っている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_s" terget="_blank">セリエAを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.02 02:54 Sun
twitterfacebook
thumb

パラシオ離脱のボローニャ、元イタリア代表FWロッシをフリーで獲得か

▽ボローニャは負傷離脱した元アルゼンチン代表FWロドリゴ・パラシオの代わりとして、現在フリートランスファーの元イタリア代表FWジュゼッペ・ロッシ(31)の獲得に動くようだ。イタリア『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽パラシオは、24日のトレーニング中に負傷。左大腿部の筋断裂と診断され、少なくとも3週間の離脱が余儀なくされた。しかし、セリエAの移籍期間は既に終了しており、簡単には補強できない状況だ。 ▽『フットボール・イタリア』によれば、ストライカーの獲得が急務となったボローニャは現在フリーとなっているストライカーをリストアップ。その中には元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノ(36)や元イタリア代表FWマルコ・ボリエッロ(36)が含まれていたが、最有力候補は昨季限りでジェノアを退団したロッシのようだ。 ▽ビジャレアルやフィオレンティーナで活躍したストライカーのロッシは、度重なる大ケガを乗り越え、昨年12月にジェノアにフリーで加入。昨季はセリエAで9試合に出場し1ゴールを記録したが、シーズン終了後にジェノアを退団していた。 2018.08.27 03:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ボローニャ、ウディネーゼ主将DFダニーロを買取義務付きレンタルで獲得

▽ボローニャは16日、ウディネーゼからブラジル人DFダニーロ・ランジェッラ(34)を買い取り義務付きのレンタル移籍で獲得した。なお、ボローニャによれば、ある条件が満たされた場合、買い取る義務が発生する契約だという。 ▽母国のパウリスタで2003年にプロデビューしたダニーロは、アトレチコ・パラナエンセやパルメイラスでのプレーを経て、2011年の夏にウディネーゼへ移籍。ウディネーゼでは、加入初年度からセンターバックのレギュラーとしてプレー。 ▽2016-17シーズンからはキャプテンを務めるなど、これまで在籍7シーズンで公式戦282試合に出場し11ゴール3アシストをマーク。昨シーズンもセリエAで32試合に出場していた。 2018.08.17 00:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ディナモ・ザグレブ、ボローニャのクロアチア人FWペトコビッチを獲得

▽ディナモ・ザグレブは4日、ボローニャからクロアチア人FWブルーノ・ペトコビッチ(23)を完全移籍で獲得した。契約期間は2023年までの5年間となる。 ▽クロアチア出身ながらも2012-2013シーズンにカターニャでプロデビューを飾ったペトコビッチは、レッジーナやヴァレーゼ、トラパニなどイタリア下部リーグでプレーした後、2017年1月にボローニャに完全移籍で加入した。 ▽ボローニャでは、在籍1年間で公式戦21試合に出場。昨シーズンもボローニャでリーグ戦10試合に出場したものの、今冬にはレンタルでヴェローナに移籍。ヴェローナでは、リーグ戦16試合に出場していた。 2018.08.04 23:20 Sat
twitterfacebook
thumb

オリンピアコス、トロシディスの復帰&チュニジア代表DFの加入発表

▽オリンピアコスは28日、ボローニャからギリシャ代表DFヴァシリス・トロシディス(33)が加入したことを発表した。 ▽2007年から2013年までオリンピアコスに在籍したトロシディス(写真左)は在籍期間にリーグ5連覇に貢献したレジェンドの1人。その後、2013年にローマに旅立った同選手は2016年からボローニャでプレーしていた。ギリシャ代表としてはここまで96試合に出場し10ゴールを記録している。 ▽また、オリンピアコスは同日、チュニジアのスファクシアンからチュニジア代表DFヤシン・メリアー(25)の加入を発表した。 ▽188cmの長身センターバックのメリアー(写真右)はチュニジア代表として通算20キャップを記録し、ロシア・ワールドカップではグループリーグ全試合に出場していた。 2018.07.29 14:03 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース