サンプドリアがボローニャDFフェラーリをレンタルで獲得! 今季はヴェローナでリーグ25試合に出場2018.06.14 01:35 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽サンプドリアは13日、ボローニャからイタリア人DFアレックス・フェラーリ(23)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2019年6月30日までとなる。

▽ボローニャのプリマヴェーラで育ったセンターバックのフェラーリは、2013年12月にボローニャでプロデビュー。2015-16シーズンはセリエAで21試合に出場したが、2016-17シーズンは出場機会に恵まれず、2017年冬にヴェローナへレンタル移籍すると、セリエBで13試合に出場し、セリエA昇格に貢献。

▽今シーズンはボローニャ復帰が濃厚と思われたフェラーリだが、2017年7月にヴェローナへレンタル延長が決定。今季はセリエAで25試合に出場し、セリエA残留に貢献していた。

コメント

関連ニュース

thumb

VAR躍動!サンプvsインテルで三度ゴールが取り消しに

▽22日に行われたセリエA第5節サンプドリアvsインテルで、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が大活躍したようだ。イギリス『BBC』が伝えている。 ▽前半サンプドリアの攻勢に苦しめられたインテルは43分、FKの流れからこぼれ球から、MFラジャ・ナインゴランがペナルティアーク右からゴール左隅を捉えるシュートを突き刺したが、VARによりFKの際に味方がオフサイドの判定を受けノーゴールに。さらにゴールレスのまま迎えた82分にも、ゴールライン右からの折り返しをMFクワドゥオ・アサモアが押し込んだが、折り返しの際にボールがラインから出ていたとして、ゴールは認められなかった。 ▽VARはサンプドリアにも影響。89分にFWグレゴワール・デフレルがネットを揺らすもオフサイドの判定に。 ▽結局、後半アディショナルタイムにMFマルセロ・ブロゾビッチが正真正銘のゴールを決めたインテルが1-0で辛勝。VARに苦しめられ助けられたインテルが今季2勝目を手にしている。 ▽VARは正しい判断が下せるようになる半面、試合の流れを壊しかねないとして賛否両論だ。そのため、プレミアリーグなどはVAR導入に待ったをかけており、将来的に採用される見込みとなっているものの、慎重な姿勢を示している。 2018.09.23 15:00 Sun
twitterfacebook
thumb

VARに苦しんだインテル、3度目の正直で難所ルイジ・フェラリスを後半ATに攻略《セリエA》

▽インテルは22日、セリエA第5節でサンプドリアとのアウェイ戦に臨み、1-0で勝利した。 ▽前節パルマ戦を痛恨の黒星で早くも今季2敗目を喫したインテルは、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のトッテナム戦ではイカルディのファインゴール含む終盤の2発で逆転勝利し、悪い流れを断ち切った。この勢いを持続したい中、トッテナム戦のスタメンから2選手を変更。ペリシッチとデ・フライに代えてカンドレーバと負傷明けのダンブロージオを起用した。 ▽今季ナポリが0-3で沈んでいる難所ルイジ・フェラリスでの一戦。[4-2-3-1]を採用したインテルは中盤の2列目に右からポリターノ、ナインゴラン、カンドレーバと並べた。開始直後、クアリアレッラのバイシクルシュートでゴールを脅かされたインテルは、サンプドリアの圧力を受ける入りを強いられると、11分にもリネティのミドルシュートでゴールに迫られた。 ▽その後も攻撃を牽引するクアリアレッラがオンターゲットのシュートを記録していく中、劣勢のインテルは17分にナインゴランがミドルシュートでチーム初の枠内シュートを記録。 ▽前半半ば以降もサンプドリアの攻勢が続いた中、インテルは34分にヴェシーノのヘディングシュートでゴールに迫ると、43分に先制しかけた。FKの流れからルーズボールをペナルティアーク右のナインゴランがボレー。これがゴール左隅を捉えた。しかし、VARの末にオフサイドを取られ、ノーゴールとなってしまった。 ▽ゴールレスで迎えた後半、開始5分にインテルがゴールに迫る。右サイドにポジションを変えたカンドレーバがボックス右から左足で放ったシュートが左ポストを直撃した。 ▽インテルが圧力をかける中、56分にはカンドレーバの右クロスにニアのイカルディがヘッド。しかし、枠の右に外れた。劣勢のサンプドリアがプラートとリネティに代えてヤンクトとバレットを投入してきたのに対し、インテルはポリターノに代えてペリシッチを投入した。 ▽すると69分にはカンドレーバの強烈なボレーシュートがGKアウデーロを強襲。さらにケイタを投入すると、72分にはペリシッチの左クロスをイカルディがヘッド。しかし、わずかに枠の左に外れてしまった。 ▽攻勢を強めるインテルは、クアリアレッラのコントロールシュートで牽制されると、終盤にかけては攻めあぐねる状況が続いた。そこで最後のカードを切り、ナインゴランに代えてボルハ・バレロを投入。83分にはCKの流れからシュクニアルがシュートに持ち込んだが、枠を捉えきれなかった。 ▽それでも82分、ボックス右ゴールライン際から折り返したクロスをアサモアが強烈なシュートでネットを揺らす。ついに先制かに思われたが、VARの末に再びノーゴールとなってしまった。89分にはスルーパスに抜け出したデフレルにネットを揺らされたがオフサイドに救われたインテルは、追加タイム4分に劇的弾を挙げる。FKの流れからルーズボールをボックス右で拾ったブロゾビッチが胸トラップからボレーシュートを叩き込んだ。 ▽これが決勝点となってインテルが劇的勝利。VARに苦しみながらもリーグ戦今季2勝目を挙げている。 2018.09.23 05:32 Sun
twitterfacebook
thumb

イタリア屈指の敏腕SDサバティーニ氏に危篤報道…サンプドリアは日常的な治療と声明発表

▽サンプドリアは10日、テクニカル・ディレクター(TD)を務めるワルテル・サバティーニ氏(63)に関する一部メディアの危篤報道に対して正式な反応を見せた。 ▽以前からヘビースモーカーとして知られるサバティーニ氏は10日に呼吸器系の問題でローマ市内の病院に緊急搬送されたと、イタリア『Leggo』が伝えた。また、同メディアは危篤状態の同氏が集中治療室で治療を受けていることも併せて伝えていた。 ▽この報道を受けて、サンプドリアはサバティーニ氏の状態に関して以下のような声明を発表している。 「テクニカル・ディレクターを務めるワルテル・サバティーニの状態に関する報道に対して、彼の家族とサンプドリアはそれが日常的な治療であり、状態がコントロールされていることを強調して伝えたい。また、こういったケースにおいて彼や家族のプライバシーに最大限の尊重がなされることを求めています」 ▽パレルモ時代にアルゼンチン代表MFハビエル・パストーレ(現ローマ)、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(現パリ・サンジェルマン)を発掘するなど、セリエA屈指の敏腕SDとして知られるサバティーニ氏は、2011年にジェームズ・パロッタ会長の誘いを受けて、ローマのSDに就任した。 ▽就任以降はブラジル代表DFマルキーニョス(現パリ・サンジェルマン)、アルゼンチン代表MFエリック・ラメラ(現トッテナム)、モロッコ代表DFメーディ・ベナティア(現ユベントス)、オランダ代表MFケビン・ストロートマン(現マルセイユ)、元ベルギー代表MFラジャ・ナインゴラン(現インテル)など、多くの好タレントを獲得し、チームの強化に大きく貢献していた。その後、インテルを含む蘇寧グループで補強部門を統括するTDを務めた後、今年6月からサンプドリアで働いている。 2018.09.10 23:22 Mon
twitterfacebook
thumb

デフレルがドッピエッタ! クアリアレッラが芸術弾のサンプにナポリが完敗で今季初黒星《セリエA》

▽ナポリは2日、セリエA第3節でサンプドリアとのアウェイ戦に臨み、0-3で完敗した。 ▽前節ミラン戦を2点を先行されながらもジエリンスキのドッピエッタなどで3-2と逆転勝利し、2連勝スタートとしたナポリはミラン戦のスタメンからハムシクとカジェホンに代えてヴェルディとA・ディアワラを起用した。 ▽3トップに右からヴェルディ、ミリク、インシーニェと並べる[4-3-3]で臨んだナポリは、サンプドリアに圧力をかけられる入りを強いられると、11分にファインゴールを許す。 ▽カウンターに転じたサンプドリアが素早くパスをつないで、サポナーラのラストパスを受けたボックス手前右のデフレルが右足でゴール右上に豪快なシュートを突き刺した。 ▽勢い付くサンプドリアがボールを持って仕掛ける展開が続き、なかなか流れを引き寄せられないナポリは、32分に追加点を奪われる。 ▽右クロスをボックス中央で受けたクアリアレッラが丁寧に落とすと、最後はボックス左のデフレルが今度は利き足の左足で蹴り込んだ。 ▽デフレルのドッピエッタを許したナポリは、ハーフタイムにかけてもチャンスを生み出せず、反撃の糸口を見いだせないまま前半を終えた。 ▽後半からインシーニェとヴェルディに代えてメルテンスとウナスを投入したナポリは、フラットな[4-4-2]に布陣変更した。2トップにミリクとメルテンス、右サイドにウナス、左サイドにジエリンスキを配した。 ▽そのナポリが圧力をかける展開で後半は推移すると、56分にはアランのボール奪取からボックス左のメルテンスが枠内シュートをマーク。 ▽だが、徐々にトーンダウンしていき、シュートシーンを生み出せない状況が続く。71分には最後のカードを切り、A・ディアワラに代えてログを投入。 ▽しかし75分、ダメ押しの3点目を奪われる。右サイドのベレシュインスキのアーリークロスをクアリアレッラが見事なダイレクトヒールシュートでゴール左に流し込んだ。 ▽意気消沈のナポリは反撃に出られないまま0-3で完敗。今季初黒星を喫している。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_s" terget="_blank">セリエAを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.03 05:38 Mon
twitterfacebook
thumb

サンプドリアがナポリDFトネッリ&ヴィオラMFサポナーラ獲得! ジャンパオロがエンポリ時代に指導

▽サンプドリアは17日、ナポリからイタリア人DFロレンツォ・トネッリ(28)、フィオレンティーナからイタリア人MFリッカルド・サポナーラ(26)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽なお、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、いずれの選手にもシーズン終了後の買い取りオプションが含まれているようだ。 ▽巧みな駆け引きを持ち味とするセンターバックのトネッリはエンポリ下部組織出身で、2016年までエンポリの主力として活躍。その後、恩師マウリツィオ・サッリ監督の誘いを受けてナポリに加入も、在籍2年間で公式戦の出場はわずかに9試合のみだった。 ▽一方、ラヴェンナでキャリアをスタートしたものの、トネッリと同様にエンポリでブレイクを果たした創造性に優れる攻撃的MFのサポナーラは2017年1月にフィオレンティーナに加入。昨シーズンはリーグ戦18試合に出場し4アシストを記録していた。 ▽なお、現在サンプドリアを率いているマルコ・ジャンパオロ監督はエンポリ時代に両選手を指導しており、即戦力としての活躍が期待される。 2018.08.18 05:45 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース