【超WS的! ロシアW杯出場国ガイド】vol.20/セルビア代表:“セルビア代表”として3度目のW杯、目指すは初のGS突破2018.06.14 09:15 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽6月14日、フットボール界における4年に1度の祭典、ワールドカップがロシアの地で遂に開幕する。約1カ月の激闘がより深く、より楽しむべく、超ワールドサッカー編集部が出場国32カ国ガイドを作成。20カ国目は、セルビア代表を紹介する。

◆セルビア代表
監督:ムルデン・クルスタイッチ
主将:アレクサンダル・コラロフ
予選成績:6勝/3分け/1敗
W杯出場数:2大会ぶり12回目
W杯最高位:4位
FIFAランク:34位

◆予選突破直後の監督交代…クルスタイッチの監督初挑戦が始まる
(C)CWS Brains,LTD.
▽欧州予選では比較的楽なグループで首位突破を決めたセルビア。しかし予選突破後にスラヴォルユブ・ムスリン監督との契約を解除し、後任にムルデン・クルスタイッチ監督を据えた。日本代表とも状況は似ているが、同監督はそれまで代表のコーチを務めていたため、選手起用のノウハウは熟知している。だが懸念されるのは、これが監督初挑戦という点だ。

▽クルスタイッチ監督は、それまでの3バックから4バックにシステムを変更。ここまで指揮を執った6試合では[4-3-3]や[4-2-3-1]を採用している。ちなみにその6試合の成績は3勝1分け2敗。W杯前最後の試合となったボリビア代表戦では5-1で快勝している。

▽本大会もその試合で採用された[4-2-3-1]のフォーメーションが基本になると予想。GKは守護神ウラジミール・ストイコビッチでほぼ確定。守備ラインは、主力のDFマティヤ・ナスタシッチが負傷のため招集できず、センターバックにはDFニコラ・ミレンコビッチや、DFデュシュコ・トシッチが濃厚だ。また、DFブラニスラフ・イバノビッチはセンターでも右サイドでも使えるため、いいオプションになる。左サイドバックはキャプテンのDFアレクサンダル・コラロフが入る。

▽中盤の底はMFネマニャ・マティッチとMFルカ・ミリボイェビッチのプレミアリーグで鎬を削る両選手。2列目の右には同じくプレミアリーグで活躍しているMFドゥシャン・タディッチ、左にはMFフィリプ・コスティッチがファーストチョイスか。トップ下の位置にはMFアデム・リャイッチのほか、2017-18シーズンに所属先のラツィオで大ブレイクし、今年代表初招集となったMFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチが抜擢される可能性もある。

▽そして、ワントップには予選9試合で6ゴールのFWアレクサンダル・ミトロビッチが務める。先のボリビア戦ではハットトリックを決めている。

◆超WS的注目プレーヤー

FWアレクサンダル・ミトロビッチ
Getty Images
▽23歳とまだ若く粗削りで性格も荒っぽいところも見受けられるが、ストライカーとしてのポテンシャルは高い。2017-18シーズンはニューカッスルからチャンピオンシップ(イングランド2部相当)のフルアムにレンタル移籍し、加入後17試合で12ゴールをマーク。プレーオフを勝ち上がり、見事プレミアリーグ昇格に貢献した。

▽ミトロビッチの武器と言えば何といってもその高さ。189cmの長身を武器に空中戦では強さを見せる。強靭なフィジカルも魅力のひとつで、ゴール感覚も素晴らしい。前述のようにボリビア戦で歯ハットトリックを決めており、クラブでの勢いそのままに、W杯でゴールを量産するシーンを見せてほしい。

◆登録メンバー
GK
23.マルコ・ドミトロビッチ(エイバル/スペイン)
12.プレドラグ・ライコビッチ(マッカビ・テルアビブ/イスラエル)
1.ウラジミール・ストイコビッチ(パルチザン)
DF
11.アレクサンダル・コラロフ(ローマ/イタリア)
6.ブラニスラフ・イバノビッチ(ゼニト/ロシア)
15.ニコラ・ミレンコビッチ(フィオレンティーナ/イタリア)
14.ミラン・ロディッチ(レッドスター)
2.アントニオ・ルカビナ(ビジャレアル/スペイン)
5.ウロシュ・スパイッチ(アンデルレヒト/ベルギー)
3.デュシュコ・トシッチ(広州富力/中国)
13.ミロス・ヴェリコビッチ(ブレーメン/ドイツ)
MF
16.マルコ・グルイッチ(リバプール/イングランド)
17.フィリプ・コスティッチ(ハンブルガーSV/ドイツ)
22.アデム・リャイッチ(トリノ/イタリア)
21.ネマニャ・マティッチ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
20.セルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(ラツィオ/イタリア)
4.ルカ・ミリボイェビッチ(クリスタル・パレス/イングランド)
18.ネマニャ・ラドニッチ(レッドスター)
10.ドゥシャン・タディッチ(サウサンプトン/イングランド)
7.アンドリヤ・ジブコビッチ(ベンフィカ/ポルトガル)
FW
19.ルカ・ヨビッチ(フランクフルト/ドイツ)
9.アレクサンダル・ミトロビッチ(ニューカッスル/イングランド)
8.アレクサンダル・プリヨビッチ(PAOK/ギリシャ)

◆グループステージ日程
▽6/17
《21:00》
vsコスタリカ代表
@サマーラ・アレーナ

▽6/22
《27:00》
vsスイス代表
@カリーニングラード・スタジアム

▽6/27
《27:00》
vsブラジル代表
@スパルタク・スタジアム

★いそっぺFCロシアW杯篇~セルビア代表~

コメント

関連ニュース

thumb

チアゴ・シウバがネイマールに苦言「侮辱された」

▽パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表DFチアゴ・シウバが、クラブでも同僚の同国代表FWネイマールに苦言を呈した。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽ブラジル代表は22日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループE第2節でコスタリカ代表と対戦し、2-0で勝利。初戦のスイス代表戦を引き分けていたブラジルは必勝が求められていたが、後半のアディショナルタイムにMFコウチーニョが均衡を破るまではゴールレスが続いており、“サッカー大国”の焦りが色濃く見られた試合となった。 ▽辛くも勝利を手にした試合後、チアゴ・シウバはネイマールと試合中にいざこざがあったことを明かした。フェアプレー精神を重視するチアゴ・シウバがコスタリカの選手にボールを渡した際に、問題のやり取りがあったようだ。 「彼は僕にとって弟のようなものだし、彼を見ようと心掛けているよ。でも今日は悲しく感じている。僕がコスタリカにボールを戻した時に侮辱してきたんだ」 「僕は彼の態度に悲しくなって、その後に会話したよ」 ▽結果的には、チームの2得点目を決めて試合を決定づけたネイマール。一挙手一投足が注目され、批判を浴びることも多いスタープレーヤーだが、結果で黙らせたいところだ。 2018.06.24 17:50 Sun
twitterfacebook
thumb

ベルギー代表FWルカクがマラドーナ以来の記録更新! レジェンドたちと肩を並べる

▽ベルギー代表のエースであるFWロメル・ルカクが、ワールドカップでの記録を32年ぶりに更新した。『ESPN』が伝えた。 ▽23日に行われたグループG第2節のチュニジア代表戦に先発したルカクは、前半のうちに2ゴールを記録。5-2の快勝に大きく貢献していた。 ▽ルカクは、初戦のパナマ代表戦でも2ゴールを記録しており、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと並び、4ゴールで得点ランキングトップに立っている。 ▽2試合連続で2ゴールを記録したルカクだが、このゴールが32年ぶりの記録更新となった。最後に2試合連続複数得点を記録したのは、アルゼンチン代表の英雄であるディエゴ・マラドーナ氏。32年前の1986年に行われたメキシコ・ワールドカップで記録している。なお、その年のアルゼンチン代表は決勝で西ドイツを破り2度目のW杯優勝を達成していた。 ▽なお、2試合連続で2得点を記録しているのは、ブラジル代表のレジェンドであるガリンシャ氏やペレ氏、1986年のメキシコ大会で得点王になったイングランド代表のギャリー・リネカー氏、アルゼンチン代表のマリオ・ケンペス氏や西ドイツ代表のゲルト・ミュラー氏、ポルトガル代表のエウゼビオ氏らそうそうたるメンバーだ。ルカクも、このレジェンドたちと肩を並べることとなった。 2018.06.24 17:50 Sun
twitterfacebook
thumb

5発快勝のベルギー指揮官「まだまだ成長している」

▽ベルギー代表のロベルト・マルティネス監督が、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループG第2節のチュニジア代表戦を振り返った。『FIFA.com』がコメントを伝えた。 ▽初戦のパナマ代表戦で勝利したベルギーは、序盤から攻勢に出ると、6分にエデン・アザールのPKが決まり、幸先良く先制する。さらに、16分にロメル・ルカクにもゴールが生まれてリードを2点とするも、直後の18分に1点を返されてしまう。それでも、前半終了間際にルカクが2点目を決めると、後半早々にアザールが追加点。さらにはミッチー・バチュアイもゴールを決め、5-1とリード。終了間際に失点するも、5-2で勝利した。 ▽試合を振り返ったマルティネス監督は、2試合連続2ゴールのルカクを賞賛。さらに、積極的なプレーに出たチュニジア代表にも賛辞を送りつつ、チームの成長に期待したいと語った。 「ロメル(・ルカク)は多くのゴールを決めようとトライする。しかし、そこに全てを捧げている訳ではない。私は鋭く、正しいポジションをとり、ゴール前では自信に満ちていた。皆さんが考えるぐらい、分析的でもある」 「多くのことを改善する必定がある。我々のスタイルに合ったゲームであり、チュニジアに栄誉を与えなくてはいけない。彼らは最初から勝ちに来ていたし、高い位置からプレッシャーをかけてきた」 「我々はチャンスを上手く活かすことができた。まだまだ成長している。ただ、2点リードのとき、もう少し試合をコントロールする必要があったね」 2018.06.24 17:45 Sun
twitterfacebook
thumb

劇的勝利も辛口評価?英『BBC』が白熱のドイツvsスウェーデンを採点

ロシア・ワールドカップは23日にグループFの試合が行われ、ドイツはスウェーデンに2-1と勝利した。この試合を、イギリス『BBC』が採点している。<br><br>初戦黒星スタートとなった前回大会王者ドイツは、負ければ敗退が決定するという状況でスウェーデン戦に臨んだ。前半に失点して苦しい状態が続いたが、後半開始早々にFWマルコ・ロイスが同点弾。退場者を出し、このまま試合終了かと思われたが、後半アディショナルタイムにクロースがFKからネットを揺らし、劇的な逆転勝利を収めた。<br><br>この試合を受け、『BBC』は各選手を採点。マン・オブ・ザ・マッチには、先制点を挙げたスウェーデンFWオラ・トイヴォネンを選出した。採点は「7.86」となっている。また、次点は同国GKロビン・オルセンの「7.41」。敗れたスウェーデンだが、6人が7点を超える高評価となった。<br><br>一方ドイツは、最高点が逆転弾のクロース。しかし、採点は「6.56」にとどまった。次点はロイスの「5.94」となっており、6点台は1人だけに。退場したジェローム・ボアテングには「3.31」と、厳しい評価を下している。<br><br>『BBC』は、ドイツが勝利したものの、良い戦いを見せたのはスウェーデンと評価しているようだ。<br><br>提供:goal.com 2018.06.24 17:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ベルギーの前線3枚が負傷…イングランド戦出場微妙か

▽ベルギー代表に暗雲だ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽ベルギー代表は、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループGを開幕2連勝。28日に行われる最終節は同グループ最大のライバルであるイングランド代表と激突する。 ▽だが、ベルギー代表の主砲FWロメル・ルカクが23日に行われた第2戦のチュニジア代表戦で負傷。「前半に下がることもできたけど、プレーし続けたかった。明日の検査を持つ」と試合後に語ったルカクは、左足のじん靭を痛めた恐れがあるという。 ▽また、ベルギー代表を率いるロベルト・マルティネス監督はチュニジア戦後会見でMFエデン・アザールのふくらはぎ負傷と、FWドリエス・メルテンスの足首痛も明かした模様。3選手は、それぞれ2日以内に検査結果が出るとみられている。 2018.06.24 17:05 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース