先発10人変更で初勝利の西野朗監督「これからの準備が楽しみになってきた」《国際親善試合》2018.06.13 21:55 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表は12日、国際親善試合でパラグアイ代表と対戦した。

▽8日に行われたスイス代表戦(0-2で敗戦)から先発メンバー10人を入れ替えて臨んだ一戦は、MF乾貴士の2ゴールの活躍もあって4-2で勝利。西野ジャパン初白星を飾り、なんとか勝利でロシア・ワールドカップを迎えることとなった。

▽試合後、西野朗監督は会見に出席。試合を振り返り、2ゴールを決めたMF乾貴士やこの一戦のキャプテンに任命したMF山口蛍らについて語った。

「今日一番フォーカスしていたところは、この1、2戦の攻撃面でアタッキングサードに入って攻略出来ていないところをどうやってフィニッシュまでつなげていくかというところです。前半から積極的にボックスを攻略するボールの入りや人の侵入を加えて戦っていたとは思いますけど、10メートルまだ足りていませんでした。また、クロスのクオリティが足りず、中央とも合っていませんでした。攻略はしていましたけど、1、2戦同様にフィニッシュへ持っていくことができませんでした」

「ハーフタイムに香川にもう10メートル岡崎に近づいて、香川がいた位置にボランチが入っていくような距離感で相手のボックスを攻略していく動きをつけていこうと。それは乾と武藤にも伝えました。ハーフタイムを経て香川も絡む数が増え、乾も仕掛けていきました。その中で、得点に結びつくという良い修正ができたと思います」

──2ゴールを挙げたMF乾貴士の評価とこの初勝利の意味合いについて
「1、2戦目も負けた気はしないような試合でした。得点こそ生まれませんでしたけど、少しずつ狙いを修正しながら戦えていましたし、今日も得点のアプローチを強調し、修正しながら得点することができました。非常にポジティブに(W杯に)入ることができると思います」

「乾についてはハーフタイムに『お前スパイクの中に何か入っているんじゃないか? 親指らへんを調べてみろ』と。あまりにもイージーなシュートミスを連発していて、スパイクを変えたら抑えの効いたシュートができていました。試合の入りやポジションはかなりアグレッシブにプレーしていたと思いますし、外した回数も多いので、2得点は妥当かなと思います。彼の特徴はゴールに向かってどんどん仕掛けていくことです。外で待って受けるのではなく、動きの中でフィニッシュに絡んでいくこと。後半にはそれが実践できていたと思います」

──3試合連続で先制点を奪われている点について
「今日の試合前のミーティングでもPKが2つ、FKが1つ、自分たちのFKからの逆襲で1つと止まったボールから失点している。こんなに屈辱的なことはありません。そういう1つのリスタートで状況がガラッと変わってしまう。流れの中では全体を意識しながら失点を防げているだけにもったいない。今日も4得点していますけど、2失点にフォーカスしなくてはいけません」

「それも完全に崩されているわけでもなく、こぼれ球へのリアクションが遅かったり、不用意にFKを与えるとか、寄せが甘い部分があるなど、局面の厳しいバトルで状況が変わり、決定機を与えてしまっています。リスタートに対してもそうですし、リスク管理をしっかりとやっていかないと、これからさらに精度の高いリアクションをしなくてはいけませんし、修正していかなくてはいけません」

「スイス戦と今回でレギュラーメンバー、バックアップメンバーと分けている訳ではありません。今日の試合で可能性を求めたかったですし、スイス戦以上のパフォーマンスを見せてくれるだろうという雰囲気はありました。今日出たメンバーはギラギラしていました。そういう意味で、可能性を感じる選手が期待に応えてくれてました。これからの準備が楽しみになってきたと思っています」

──コロンビアのスタッフが視察に来ていたが、試すことと隠すことのバランスについてどう考えているか
「テストと考えてきたこれまでの3試合です。今日もシステムとキャスティングを変えていますし、リスタートについては全く出していない部分を隠していきたいです。コロンビアにとっては見えづらい日本になっているのではないかと思っています。全く出していないものも当然あるので、全てはコロンビア戦に向けてオープンにできる部分と、出したくない部分があります。こういう厳しい試合の中で、隠している部分もトライしたい気持ちもありますけど、リスタートを含めてこれからチーム内でしっかりとやっていきたいです」

──今日のキャプテンをMF山口蛍に任せた理由と、代表では初めてセンターバックでコンビを組んだ鹿島アントラーズのDF昌司源とDF植田直通の評価について
「山口のキャプテンについては、私がミーティングで指名をしました。その時、選手の中でも乾と岡崎、本田らが『ん?』というような顔をしていましたけど。まだ経験もないですし、十分ではないかもしれません。それでも彼は間違いなくそういうポジション、チームの役割を果たさなくてはいけない選手です。そういうことになれば、役割を果たすことができるリーダー性は十分に備えています。異義があったらどうしようかなと思いましたけど、まあなかったので」

「センターバックに関しては、クラブでやっているだけあってコーチングをしなくても、良い距離間、チャレンジ&カバーの意識が高くできていたと思います。このレベルで通用するのか、しないのかというところで、ある程度の自信を持てたのかなと思っています」

コメント

関連ニュース

thumb

ブラジル代表チッチ監督、スイス戦に続く苦戦も「これがワールドカップ」

▽ブラジル代表を率いるチッチ監督が、コスタリカ戦を振り返った。FIFA公式サイトが伝えている。 ▽ブラジルは22日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループE第2節でコスタリカ代表と対戦。初戦のスイス戦を引き分けたブラジルはなんとしても勝利が欲しい一戦だったが、相手のタイトな守備やGKナバスの好守に阻まれ、なかなかゴールを奪うことができない。それでも後半アディショナルタイムにコウチーニョのゴールで待望の先制点を奪うと、試合終了間際にも1点を追加して2-0で勝利。今大会初白星を手にした。 ▽試合後、チッチ監督はこれまでの2試合で苦戦していることに対して「これがW杯だから」とコメントし、勝利を飾れたことに満足感を示した。 「我々がこれまでの2試合で苦しんだのは、単にこれがワールドカップだからだ。このような大会で許されるミスはとても少ない」 「今日我々は勝利のためにプレーして正しい結果を得ることができた。我々はセルビアに対しても同じように戦う。勝利のために良いパフォーマンスを求めていく」 2018.06.23 02:50 Sat
twitterfacebook
thumb

ナインゴランがいないと退屈? 「大いに満足」とベルギー監督

▽23日に行われるロシア・ワールドカップでチュニジア代表と対戦するベルギー代表のロベルト・マルティネス監督が、MFラジャ・ナインゴランを口撃した。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが、前日会見の模様を伝えている。 ▽この会見では、記者から「ラジャがいなくなってからここはすごく退屈だ」という声が出たという。 ▽これに対してマルティネス監督は「退屈になることができて大いに満足している。我々はサッカーのチームであり、ピッチのことだけ考えれば良い。我々はワールドカップを戦っているんだ」と答えた。 ▽パフォーマンスだけを考えればベルギー代表でも主力を張れるレベルにあると目されるナインゴランだが、過去に規律面の問題があり、マルティネス監督との関係は良くない。ワールドカップのメンバーから外れたあと、ナインゴランは代表引退を発表している。 2018.06.23 02:15 Sat
twitterfacebook
thumb

レーティング:ナイジェリア 2-0 アイスランド《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループD第2節、ナイジェリア代表vsアイスランド代表が22日にヴォルゴグラード・アリーナで行われ、2-0でナイジェリアが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ナイジェリア採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180623_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 23 ウソホ 6.0 シュートへの反応、クロスボールへの対応が良かった DF 6 バログン 6.0 好インターセプトが目立ち、攻撃時のセットプレーでも脅威に 5 トルースト=エコング 6.0 3バックの中央で守備をまとめる 22 オメルオ 5.5 アバウトなフィードが多かったが、ムサの2点目を演出 MF 11 モーゼス 6.0 右サイドから仕掛けて先制点アシスト 10 ミケル 6.0 ボールを受けてゲームを組み立てた 4 エンディディ 6.0 アンカーの位置で守備を締める 8 エテボ 6.0 攻守によく顔を出した (→イウォビ -) 2 イドウ 5.0 左サイドで目立った働きはなし (→エブエイ 5.0) 後半から出場。チームに勢いを与えたがPK献上 FW 14 イヘアナチョ 5.5 下がってボールを受けゲームメーク (→イガロ -) 7 ムサ 6.5 難度の高いトラップからボレーを決め、スピードを生かして2点目を挙げた 監督 ロール 6.0 後半に流れを変えた。組織的な守備でアイスランドをシャットアウト ▽アイスランド採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180623_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ハルドルソン 5.5 2失点もロングシュートを1本好守で凌いだ DF 2 サエバルソン 5.5 精度の高いクロスで好機を幾つか演出 14 アルナソン 5.0 ムサにスピードでぶち抜かれた 6 R・シグルドソン 5.0 頭部の負傷の影響もあって後半半ばに交代。失点に関与 (→インガソン 5.0) アルナソンとコンビがイマイチだった 18 マグヌソン 5.0 守備に追われた MF 19 ギスラソン 5.5 運動量を駆使して奮闘 17 グンナルソン 5.0 ロングスローは通用しなかった (→スクラソン -) 10 シグルドソン 5.0 序盤にゴールに近づいたが、その後は流れの中で好機生めず。そしてPK失敗 8 B・ビャルナソン 5.5 前半は攻守によく動いてボールに絡んでいた FW 11 フィンボガソン 5.5 PK獲得。前線でまずまずターゲットに 22 ボドバルソン 5.0 前半はフィンボガソンと共に前線でターゲットとなったが、後半は消えた (→シグルダルソン 5.0) 特に目立ったプレーはなし 監督 ハルグリムソン 5.5 前半は持ち味が出ていたが、後半は打開策がなかった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ムサ(ナイジェリア) ▽文句なしで2ゴールのムサを選出。個人技でチームを勝利に導いた。 ナイジェリア 2-0 アイスランド 【ナイジェリア】 ムサ(後4) ムサ(後30) 2018.06.23 02:01 Sat
twitterfacebook
thumb

ムサの2発でナイジェリアが初勝利! 2位浮上でアルゼンチンと対戦へ《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループD第2節、ナイジェリア代表vsアイスランド代表が22日にヴォルゴグラード・アリーナで行われ、2-0でナイジェリアが勝利した。 ▽前日の試合でアルゼンチンがクロアチアに敗れたグループD。2連勝でグループステージ突破を決めたクロアチアに次ぐもう一つの枠を巡る両国の一戦。初戦のクロアチア代表戦を0-2と敗れたナイジェリアは、連敗すれば敗退となる中、クロアチア戦のスタメンから3選手を変更。イウォビ、イガロ、シェフに代えてイヘアナチョ、ムサ、オメルオを起用し、3バックに変更した。 ▽一方、アルゼンチンに1-1と引き分けて番狂わせを演じたアイスランドは、アルゼンチン戦のスタメンから2選手を変更。ハルフレドソンとJ・グズムンドソンに代えてボドバルソンとギスラソンを起用した。 ▽フラットな[4-4-2]の3ラインを形成し、カウンターを狙うアイスランドが序盤はチャンスを生み出す。まずは3分、シグルドソンが直接FKでGKを強襲すれば、6分にもシグルドソンがコントロールシュートでオンターゲットを記録した。 ▽その後はナイジェリアがトップの位置から降りてくるイヘアナチョや中盤のミケルを中心にボールを動かし、ポゼッションを高めていく展開に。しかし、アイスランドの守備を攻略するには至らずこう着状態が続く。 ▽そんな中、前半終了間際の45分、右サイドからのシグルドソンのFKをゴール前のフィンボガソンがボレーで合わせるも、シュートはわずかに枠の左に外れ、前半はゴールレスで終了した。 ▽後半開始早々、エテボが枠内シュートを浴びせたナイジェリアが開始4分に先制する。ロングカウンターに転じ、右サイドを上がったモーゼスのクロスを絶妙なトラップで処理したムサが豪快にボレーシュートを叩き込んだ。 ▽今大会初ゴールで勢い付くナイジェリアは続く57分、エンディディのロングシュートがGKを強襲すると、重心を上げてきたアイスランドをうまくいなしていく。 ▽そして、アイスランドが前線のボドバルソンに代えてシグルダルソンを投入してきたのに対し、ナイジェリアは72分に右CKからバログンがヘディングシュートを浴びせれば、74分にもムサのコントロールされたミドルシュートがバーを直撃した。 ▽それでも1分後、ムサが個人技で追加点を奪い切る。ロングボールを受けた左サイドのムサがスピードに乗ったドリブルでDFを交わすと、飛び出してきたGKも交わしてゴールに蹴り込んだ。 ▽しかし80分、アイスランドはボックス右でフィンボガソンがエブエイに倒されると、VARの末にPKを獲得。ところが、キッカーのシグルドソンが蹴ったシュートは枠の上に外れ、1点差に詰め寄ることはできない。 ▽そのままナイジェリアが6分の追加タイムまで集中した守りで凌ぎ2-0と勝利。今大会初勝利を挙げて2位に浮上し、最終節ではグループステージ突破を懸けてアルゼンチンと対戦する。一方、敗れたアイスランドは突破の決まっているクロアチアと対戦する。 2018.06.23 02:00 Sat
twitterfacebook
thumb

若き“スーパーイーグルス”ナイジェリア代表のドキュメンタリームービーが公開

▽斬新なデザインのユニフォームが世界中で話題となっているナイジェリア代表。ナイキは22日、そのナイジェリア代表のフットボール文化を追ったドキュメンタリームービーをを公開した。 ▽ナイジェリアのフットボールに対する自由かつ楽観的で自信にあふれる姿勢を、2006年に”The African Game”を出版したフィルムメーカーのアンドリュー・ドスンムが撮影した。 ▽500以上の民族からなる多様な国であるナイジェリア、どこを旅行しても、フットボールが共通言語・結合組織のように国を一つに繋げ、国民の心、想いや情熱を熱くすることが伝わるムービーとなっている。 ▽ムービーには、日本代表の岡崎慎司のチームメイトであるウィルフレッド・エンディディ(レスター・シティ)をはじめ、オディオン・イガロ(長春亜泰)、オジェニ・オナジ(トラブゾンシュポル)、ウィリアム・エコング(ブルサシュポル)といった現役代表選手も登場する。 ▽熱気にあふれ混沌としたラゴスから灌木の茂るアベオクタのサバンナに至るまで、フットボールはストリート、クラブ、マーケットやピッチなど、あらゆる場所の日々の生活のリズムを生み出し、セグン・オデバミ(1980年ナイジェリアで行われたアフリカネイションズカップのスター選手の一人)や、現役代表のインタビューも盛り込まれ、スーパーイーグルズ(ナイジェリア代表の愛称)が“ナイジャ”を世界的存在にする使命を実現するみちのりが表現されている。 <div id="cws_ad">◆This is Naija: A Nigerian Football Story</div> <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/ixMZZicONDs" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen></iframe></div> 2018.06.23 01:35 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース