ロペテギ電撃解任! W杯初戦2日前のスペインに激震2018.06.13 20:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽スペインサッカー協会(RFEF)は13日、スペイン代表のフレン・ロペテギ監督(51)の解任を発表。ロシア・ワールドカップ初戦2日前の電撃解任となった。

▽12日に発表された、同監督のレアル・マドリー監督就任が、RFEFの逆鱗に触れた模様。スペイン『マルカ』が、ルイス・マヌエル・ルビアレス会長の解任会見でのコメントを伝えている。

「我々はロペテギを除外することを強いられている」

「選手たちと話をした。私は彼ら新しいコーチングスタッフとともに全てを出し切れるだろうことを保証する。私たちは非常に厳しい状況に居るんだ」

「冷酷な働きをするフレンに裏切られたとは感じていない。しかし、物事(マドリー監督就任)があのように進んだため、私たちは押しのけられた」

「彼(ロペテギ監督)はプロフェッショナルだが、これは正しくない。(解任以外の)他の方法に目を背けることはできない」

「公式発表の5分前に知ったんだ」

「この問題がより重要であり、行動を起こすべきだったために、私はモスクワから来た」

「私はあれ(マドリー監督就任)を報道で見たんだ。それは既に起こってしまっていた。私の責任からしても何をすべきか分かっているし、批判が巻き起こるだろうことも把握している」

「フレンは、変わったことをやるのが好きだったんだろう」

「私がレアル・マドリーを裁く必要はない。彼にこの問題を持ってきた人物には責任がある。あんな方法で物事を決定することはできないんだ」

▽強い言葉を以ってマドリーのロペテギ監督招へいを批判、同監督がワールドカップで指揮を執ることがないと明かしたルビアレス会長。後任が未定であり、探している最中であることも伝えられているが、いずれにしても最悪の状況で15日、第1節のポルトガル代表戦を迎えることとなりそうだ。

▽ラージョで監督業をスタートさせたロペテギ監督は、レアル・マドリー・カスティージャで監督を務めた。その後は世代別のスペイン代表を指揮。ポルトの指揮官を経て、2016年7月からスペイン代表監督に就任すると、W杯欧州最終予選を9勝1分け36得点3失点と圧倒的な成績で通過していた。

コメント

関連ニュース

thumb

韓国戦でゴールのチチャリートが3つの記録を更新

▽メキシコ代表の“チチャリート”ことFWハビエル・エルナンデスが、3つの記録を塗り替えた。 ▽メキシコ代表の一員としてロシア・ワールドカップに臨んでいるチチャリート。23日に行われたグループF第2節の韓国代表戦では、チームの2点目のゴールを奪った。なお、試合は2-1でメキシコが勝利している。 ▽このゴールにより、チチャリートはメキシコ代表として50得点目を記録。自身が持つメキシコ代表の最多得点記録を更新した。 ▽さらに、このゴールがワールドカップでの通算4ゴール目となり、メキシコ代表歴代2位のゴール数を記録しているルイス・エルナンデス氏と並び、咲いたとなった。 ▽また、このゴールが自身にとって3大会目のワールドカップでのゴールとなり、DFラファエル・マルケスやレジェンドであるクアウテモク・ブランコ氏と並ぶこととなった。 2018.06.24 17:55 Sun
twitterfacebook
thumb

チアゴ・シウバがネイマールに苦言「侮辱された」

▽パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表DFチアゴ・シウバが、クラブでも同僚の同国代表FWネイマールに苦言を呈した。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽ブラジル代表は22日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループE第2節でコスタリカ代表と対戦し、2-0で勝利。初戦のスイス代表戦を引き分けていたブラジルは必勝が求められていたが、後半のアディショナルタイムにMFコウチーニョが均衡を破るまではゴールレスが続いており、“サッカー大国”の焦りが色濃く見られた試合となった。 ▽辛くも勝利を手にした試合後、チアゴ・シウバはネイマールと試合中にいざこざがあったことを明かした。フェアプレー精神を重視するチアゴ・シウバがコスタリカの選手にボールを渡した際に、問題のやり取りがあったようだ。 「彼は僕にとって弟のようなものだし、彼を見ようと心掛けているよ。でも今日は悲しく感じている。僕がコスタリカにボールを戻した時に侮辱してきたんだ」 「僕は彼の態度に悲しくなって、その後に会話したよ」 ▽結果的には、チームの2得点目を決めて試合を決定づけたネイマール。一挙手一投足が注目され、批判を浴びることも多いスタープレーヤーだが、結果で黙らせたいところだ。 2018.06.24 17:50 Sun
twitterfacebook
thumb

ベルギー代表FWルカクがマラドーナ以来の記録更新! レジェンドたちと肩を並べる

▽ベルギー代表のエースであるFWロメル・ルカクが、ワールドカップでの記録を32年ぶりに更新した。『ESPN』が伝えた。 ▽23日に行われたグループG第2節のチュニジア代表戦に先発したルカクは、前半のうちに2ゴールを記録。5-2の快勝に大きく貢献していた。 ▽ルカクは、初戦のパナマ代表戦でも2ゴールを記録しており、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと並び、4ゴールで得点ランキングトップに立っている。 ▽2試合連続で2ゴールを記録したルカクだが、このゴールが32年ぶりの記録更新となった。最後に2試合連続複数得点を記録したのは、アルゼンチン代表の英雄であるディエゴ・マラドーナ氏。32年前の1986年に行われたメキシコ・ワールドカップで記録している。なお、その年のアルゼンチン代表は決勝で西ドイツを破り2度目のW杯優勝を達成していた。 ▽なお、2試合連続で2得点を記録しているのは、ブラジル代表のレジェンドであるガリンシャ氏やペレ氏、1986年のメキシコ大会で得点王になったイングランド代表のギャリー・リネカー氏、アルゼンチン代表のマリオ・ケンペス氏や西ドイツ代表のゲルト・ミュラー氏、ポルトガル代表のエウゼビオ氏らそうそうたるメンバーだ。ルカクも、このレジェンドたちと肩を並べることとなった。 2018.06.24 17:50 Sun
twitterfacebook
thumb

5発快勝のベルギー指揮官「まだまだ成長している」

▽ベルギー代表のロベルト・マルティネス監督が、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループG第2節のチュニジア代表戦を振り返った。『FIFA.com』がコメントを伝えた。 ▽初戦のパナマ代表戦で勝利したベルギーは、序盤から攻勢に出ると、6分にエデン・アザールのPKが決まり、幸先良く先制する。さらに、16分にロメル・ルカクにもゴールが生まれてリードを2点とするも、直後の18分に1点を返されてしまう。それでも、前半終了間際にルカクが2点目を決めると、後半早々にアザールが追加点。さらにはミッチー・バチュアイもゴールを決め、5-1とリード。終了間際に失点するも、5-2で勝利した。 ▽試合を振り返ったマルティネス監督は、2試合連続2ゴールのルカクを賞賛。さらに、積極的なプレーに出たチュニジア代表にも賛辞を送りつつ、チームの成長に期待したいと語った。 「ロメル(・ルカク)は多くのゴールを決めようとトライする。しかし、そこに全てを捧げている訳ではない。私は鋭く、正しいポジションをとり、ゴール前では自信に満ちていた。皆さんが考えるぐらい、分析的でもある」 「多くのことを改善する必要がある。我々のスタイルに合ったゲームであり、チュニジアに栄誉を与えなくてはいけない。彼らは最初から勝ちに来ていたし、高い位置からプレッシャーをかけてきた」 「我々はチャンスを上手く活かすことができた。まだまだ成長している。ただ、2点リードのとき、もう少し試合をコントロールする必要があったね」 2018.06.24 17:45 Sun
twitterfacebook
thumb

劇的勝利も辛口評価?英『BBC』が白熱のドイツvsスウェーデンを採点

ロシア・ワールドカップは23日にグループFの試合が行われ、ドイツはスウェーデンに2-1と勝利した。この試合を、イギリス『BBC』が採点している。<br><br>初戦黒星スタートとなった前回大会王者ドイツは、負ければ敗退が決定するという状況でスウェーデン戦に臨んだ。前半に失点して苦しい状態が続いたが、後半開始早々にFWマルコ・ロイスが同点弾。退場者を出し、このまま試合終了かと思われたが、後半アディショナルタイムにクロースがFKからネットを揺らし、劇的な逆転勝利を収めた。<br><br>この試合を受け、『BBC』は各選手を採点。マン・オブ・ザ・マッチには、先制点を挙げたスウェーデンFWオラ・トイヴォネンを選出した。採点は「7.86」となっている。また、次点は同国GKロビン・オルセンの「7.41」。敗れたスウェーデンだが、6人が7点を超える高評価となった。<br><br>一方ドイツは、最高点が逆転弾のクロース。しかし、採点は「6.56」にとどまった。次点はロイスの「5.94」となっており、6点台は1人だけに。退場したジェローム・ボアテングには「3.31」と、厳しい評価を下している。<br><br>『BBC』は、ドイツが勝利したものの、良い戦いを見せたのはスウェーデンと評価しているようだ。<br><br>提供:goal.com 2018.06.24 17:45 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース