「主役は乾」伊紙がパラグアイ戦を紹介…「本田はベンチ」とも2018.06.13 19:40 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が、現地時間12日に行われた国際親善試合について紹介した。パラグアイ代表に4-2で勝利した日本代表についても記している。

▽同紙は「西野監督率いる日本(ハリルホジッチはフレンドリーマッチの結果が芳しくなく解任された)は、4得点を挙げて難なく勝利」と述べ、「主役になったのはエイバルのアタッカー、乾貴士だった」と紹介。「彼の2ゴールで逆転に成功。オウンゴールのあと、香川にもゴールが生まれた。本田圭佑はベンチだった」と伝えている。

▽ただ、記事の主役になったのはポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキだった。日本戦のあとでリトアニア代表と対戦して2ゴールを決めたポーランドのエースについて同紙は「スーパー・レバンドフスキ」と絶賛。加えて、セリエAで活躍するポーランド代表選手の出場状況を伝えている。

コメント

関連ニュース

thumb

【ロシアW杯企画/●●の●●に注目!】6月24日/日本に“半端ない”結果をもたらした大迫勇也に注目!

▽6月14日、フットボール界における4年に1度の祭典、ワールドカップがロシアの地で開幕した。約1カ月の激闘をより深く、より楽しむべく、超ワールドサッカー編集部が試合当日に登場するであろう人物やチーム等々にフォーカス。“●●の●●に注目!”とし、紹介する。 <div style="background-color:#B40404;text-align:center;color:#DAA520;" class="yui-wk-div"><b>大迫勇也(28)</b></div>【所属】日本代表/ブレーメン(ドイツ) 【ポジション】FW 【身長/体重】182cm/73kg 【代表出場歴】30試合/8得点 <div style="background-color:#B40404;text-align:center;color:#DAA520;" class="yui-wk-div"><b>半端ない万能型FW</b></div>▽相手の前半5分の退場による数的アドバンテージがあったものの、“半端ない”抜け出しからPK奪取に貢献し、“半端ない”ヘディングから決勝点を決め、圧倒的劣勢が予想されたコロンビア戦でヒーローになった大迫に、セネガル代表戦でも大きな期待を寄せたい。 ▽フィジカルや足元の上手さを生かした前線でのポストプレーだけでなく、幾度も動き直しをして裏に抜ける動きを身に着けた万能型FWは、高い身体能力に組織力を兼ね備えるセネガルを相手にしてこそ不可欠な存在だ。身体のぶつかり合いを避けるにしても、フィジカリーなやり合いはある程度必要となってくる。コロンビア戦をベースとして考えるならば、そういった役割を担うのはFW原口元気、そして大迫だ。大迫がトップパフォーマンスを披露し、セネガルの守備陣を混乱させることができれば、再び日本に“半端ない”結果をもたらしてくれるだろう。 <div style="background-color:#B40404;text-align:center;color:#DAA520;" class="yui-wk-div"><b>登場予定試合</b></div><center>ロシアW杯グループH第2節 ▽6/24(日) 《24:00》 日本代表 vs セネガル代表 @エカテリンブルク・アリーナ</center> 2018.06.24 17:00 Sun
twitterfacebook
thumb

【日本代表プレビュー】組織力で上回り2連勝を目指す

▽24日、日本代表はロシア・ワールドカップ(W杯)グループH第2戦でセネガル代表と対戦する。 ▽初戦勝ち点3を取った両者の一戦。勝てばグループステージ突破が決定する可能性もある。互いに第3戦で優位に立つためにも、勝ち点3を目指して戦うことになる。 <span style="font-weight:700;">◆過去対戦は勝利なし</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180624_23_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽第2戦の相手はセネガル。初戦でポーランド代表を2-1で下し、勝ち点3で並ぶ相手だ。ダークホース最右翼と予想したセネガルは、やはり強敵。アフリカ特有のフィジカルの強さ、スピード、懐の深さはもちろんのこと、アリウ・シッセ監督の下で整理された守備は、ポーランドをも苦しめた。 ▽ナポリで活躍するDFカリドゥ・クリバリ、来季はシャルケでのプレーが決まっているDFサリフ・サネのセンターバックコンビは強固であり、中盤のMFイドリサ・グイエ(エバートン)やMFアルフレッド・エンディアイエ(ウォルバーハンプトン)ら守備的な選手の動きは整理されている。 ▽過去の対戦は3試合あり、1分け2敗。ワールドカップでアフリカ勢との対戦成績は悪くない日本だが、ひと味もふた味も違うセネガルには、最大の警戒が必要となる。 <span style="font-weight:700;">◆2連勝でグループ突破をたぐり寄せるか</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180624_23_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽初戦のコロンビア戦、立ち上がりのPK獲得、相手選手の退場というエクスキューズもあったが、同点に追いつかれた後も攻撃の姿勢を続け、CKから大迫勇也のヘディングで勝ち越し。2-1で逃げ切ることに成功した。 ▽初戦で敗れた大会は全てグループステージ敗退、逆に初戦で負けなかった大会はベスト16に進んでいる日本。この上ない結果を初戦で掴むことに成功した。 ▽試合巧者というわけでもなく、10人のコロンビア相手に苦しむ時間帯も長かったが、結果として勝利したことは短期決戦では最高の結果だ。チームとしての戦い方をより整理することができれば、セネガル相手にも善戦できるだろう。コロンビアに勝利したことを自信に繋げ、チームとしての戦い方をピッチ上で体現することが何よりも重要となる。 <span style="font-weight:700;">◆初戦と同じメンバーで</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180624_23_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽西野朗監督はセネガル戦の前日会見でメンバーについて「基本的にスタートメンバーはコロンビア戦(と同じ)と現時点では考えています」とコメント。スタメン11人は同じとなりそうだ。 ▽セネガルがどの様に出てくるかは分からないが、ポーランド戦を見る限り単調な攻撃は通用しない。大迫のポストプレーや高さを使うにも、セネガルが上手く対応する可能性は高く、ロベルト・レヴァンドフスキですら手をこまねいた守備を崩す策は準備する必要があるだろう。 ▽ポイントは、サイド攻撃。ポーランドもサイドを崩せてはいたが、中央でレヴァンドフスキが潰されていた。日本が高さ勝負ではなく、サイドを使ったスピード勝負に出れば、チャンスはあるだろう。 ▽一方で、セネガルの攻撃陣をどう抑えるかも重要となる。この一戦は負けないことが重要。引き分けを狙いに行くことはしないほうが良いが、集中した守備がベースにあれば、勝ち点の計算は立つ。しかし、FWサディオ・マネ(リバプール)、FWエムバイェ・ニアン(トリノ)とスピードに長けた選手が善戦に揃っている。チームとしてどう守るのか。攻守に渡る組織的なプレーに注目したい。 <span style="font-weight:700;">★予想フォーメーション[4-2-3-1]</span> ◆日本代表<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180624_23_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:川島永嗣 DF:酒井宏樹、吉田麻也、昌子源、長友佑都 MF:柴崎岳、長谷部誠 MF:原口元気、香川真司、乾貴士 FW:大迫勇也<hr>▽西野監督の言葉を信じれば初戦と同じメンバーがスタートのピッチに立つことになるだろう。懸念材料は2つ。守護神とボランチの人選だ。 ▽コロンビア戦は相手が数的不利となったこともあり、決定的なピンチは少なかった。しかし、攻撃面に目を移すと、GKからの組み立ては皆無。ボールを持てる時間があることを考えると、GK川島永嗣には不安がある。特に、スピードのある相手の前線のプレスがかかった場合に、蹴り出すシーンが増えるだろう。セカンドボールへの対応を含めて、ポイントとなるだろう。 ▽その点では、中盤のMF長谷部誠も気になるところだ。しっかりと中央を固めるという意識を持つには、MF山口蛍の起用を薦めたい。長谷部の特徴であるコーチングという点でも、コロンビア戦での出来には物足りなさを感じる。ボールを奪う力がある山口を置くことで、チームとしての守備が整理される可能性は高く、個で上回るセネガル相手には迷いをなくしたいところだ。 ▽それでも、「我々のチーム力に自信は持って臨みたい」と西野監督が語った通り、チーム力で上回りたい日本。コロンビア戦の経験を、セネガル戦でもしっかりと披露してもらいたい。 ◆セネガル代表[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180624_23_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:K・エンディアイエ DF:サバリ、S・サネ、クリバリ、ムサ・ワゲ MF:サール、グイエ、A・エンディアイエ、マネ FW:M・ディウフ、ニアン<hr> <span style="font-weight:700;">◆連勝でグループ突破へ</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180624_23_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽勝ち点3同士で並ぶ両者が目指すものは勝利だろう。セネガルはコロンビア、日本はポーランドとの試合を残す。同日に行われる試合の結果にもよるが、この対決で勝利した国にはグループステージ突破の可能性がある。 ▽セネガルは、前回出場した2002年の日韓ワールドカップで初出場ながらベスト8に進出。今大会は再現を狙うことは間違いないだろう。当時、ベスト8を経験したシッセ監督が、選手たちに強く語っているはず。日本にも勝利し、早々にグループステージ突破を決めたいはずだ。 ▽対する日本も、3度目のグループステージ突破を掴みたいところ。下馬評の低さを結果で跳ね返してもらいたい。コロンビア戦の勝利により、日本国内はもちろん、世界各国にも衝撃を与えたSAMURAI BLUE。この勢いを継続させるためにも、しっかりとした試合にしてもらいたい。 ▽グループステージ突破に向けた運命の一戦。セネガル戦は、24日(日)の24時にエカテリンブルクでキックオフを迎える。 2018.06.24 16:30 Sun
twitterfacebook
thumb

セネガル主将マネ、日本代表に敬意も「対策されても心配ない」…元同僚吉田麻也とのエピソードも明かす

ロシア・ワールドカップは24日、グループHでは日本代表とセネガル代表が激突する。前日会見に臨んだセネガルFWサディオ・マネは、日本代表の印象について語った。<br><br>日本代表は、初戦でコロンビア相手に2-1と勝利を挙げた。連勝を飾れば、2大会ぶりの決勝トーナメント進出をほぼ確定させることができるため、勝ち星が欲しいところだろう。<br><br>しかし、立ちはだかるのはセネガル。初戦のポーランド戦では組織的な守備で相手エースFWロベルト・レヴァンドフスキを押さえ込み、効果的なカウンターでゴールを奪ってこちらも2-1と勝利。日本は厳しい戦いが予想される。<br><br>前日会見に臨んだ主将のマネは、この試合を楽しみにしているようだ。<br><br>「正直に、これは美しい試合になるだろうね。日本はプレーする方法を知っているし、アグレッシブだ。僕らも強いチームであり、ボールをどう扱うべきかわかっている。もっとも重要なことは、連携して全員で走ること。国のためにすべてを尽くしたい」<br><br>「僕のことをみんなが話すのは、個人的には誇らしいことだ。だが、それは避けるべきだね。グループ全体が重要なんだ。チーム全員が自分自身のことに集中する必要がある。素晴らしいスタッフがいるんだ。監督はすべての仕事をしている。戦略を立て、本当に良い働きをしているね。もしサディオ・マネ対策をしてきても、心配することはないよ」<br><br>日本代表については「リスペクトしているし、この舞台に値する」とコメント。1人の選手を警戒すべきではないとし、サウサンプトン時代にチームメイトであった吉田麻也について以下のようにコメントしている。<br><br>「もちろん、彼のことはよく知ってるよ。サウサンプトンでは一緒だったからね。最高の関係があるんだ。今回あったときに僕と戦いたいかどうか尋ねてみたが、『No,no』と言っていたね。彼はなんでもできるし、僕を打ち負かす事はできると思う。でも、それは僕も一緒だ」<br><br>日本、そしてセネガルにとっても大一番となるグループ第2戦。日本は、主将で10番を背負うこの男に警戒が必要だろう。<br><br><br>提供:goal.com 2018.06.24 06:00 Sun
twitterfacebook
thumb

セネガル監督、コロンビア撃破の日本を警戒「彼らは世界最高の一チーム破った。熾烈な戦いになる」

24日にロシア・ワールドカップのグループH第2節、日本対セネガルが行われる。この試合の前日会見に出席したセネガルのアリウ・シセ監督は、日本が相手チームを「困らせる」プレーができるチームとの見解を示した。<br><br>シセ監督はこの会見で、「戦術の日本、フィジカルのセネガル」の対戦という形容を嫌い、日本の特徴について次のように述べている。<br><br>「フィジカル的な質がセネガル、戦術的な質が日本と形容できるわけではない。彼らは相手を困らせる術を知る、相当に強いチームだ。私たちはアスリートとして、とても強くなければならない。が、同様に平均以上のテクニックだって有している。そのことも明らかにできたらと思う」<br><br>また、セネガルがプレーの規律面で問題を抱えていることを否定した。<br><br>「アフリカ人選手は規律正しいよ。日本や欧州の選手たちの方が規律正しいと考えることは間違いだ。規律面で問題はないよ」<br><br>「日本の選手たちは、その多くが日本でプレーしており、私たちの選手は世界中でプレーしている。そういった点で言えば、コレクティブな面で難しいところはあるのかもしれないね。私たちは自分たちのプロフェッショナリズムに自信を持たなくてはならない」<br><br>シセ監督は、グループH第1節でコロンビアを破った日本との試合が、「とても熾烈な戦い」になるとの考えも口にしている。<br><br>「大切であるのは、両チームともに初戦に勝利しているということだ。日本は世界最高のチームの一つであるコロンビアを破った。私たちはとても熾烈な戦いを強いられるだろう」<br><br>「この一戦に勝利するチームは、グループ突破を決定づけることができる。それこそが、明日の試合での挑戦となる」<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.24 00:48 Sun
twitterfacebook
thumb

セネガル主将マネ、日本代表に敬意も「対策されても心配ない」…元同僚吉田麻也とのエピソードも明かす

ロシア・ワールドカップは24日、グループHでは日本代表とセネガル代表が激突する。前日会見に臨んだセネガルFWサディオ・マネは、日本代表の印象について語った。<br><br>日本代表は、初戦でコロンビア相手に2-1と勝利を挙げた。連勝を飾れば、2大会ぶりの決勝トーナメント進出をほぼ確定させることができるため、勝ち星が欲しいところだろう。<br><br>しかし、立ちはだかるのはセネガル。初戦のポーランド戦では組織的な守備で相手エースFWロベルト・レヴァンドフスキを押さえ込み、効果的なカウンターでゴールを奪ってこちらも2-1と勝利。日本は厳しい戦いが予想される。<br><br>前日会見に臨んだ主将のマネは、この試合を楽しみにしているようだ。<br><br>「正直に、これは美しい試合になるだろうね。日本はプレーする方法を知っているし、アグレッシブだ。僕らも強いチームであり、ボールをどう扱うべきかわかっている。もっとも重要なことは、連携して全員で走ること。国のためにすべてを尽くしたい」<br><br>「僕のことをみんなが話すのは、個人的には誇らしいことだ。だが、それは避けるべきだね。グループ全体が重要なんだ。チーム全員が自分自身のことに集中する必要がある。素晴らしいスタッフがいるんだ。監督はすべての仕事をしている。戦略を立て、本当に良い働きをしているね。もしサディオ・マネ対策をしてきても、心配することはないよ」<br><br>日本代表については「リスペクトしているし、この舞台に値する」とコメント。1人の選手を警戒すべきではないとし、サウサンプトン時代にチームメイトであった吉田麻也について以下のようにコメントしている。<br><br>「もちろん、彼のことはよく知ってるよ。サウサンプトンでは一緒だったからね。最高の関係があるんだ。今回あったときに僕と戦いたいかどうか尋ねてみたが、『No,no』と言っていたね。彼はなんでもできるし、僕を打ち負かす事はできると思う。でも、それは僕も一緒だ」<br><br>日本、そしてセネガルにとっても大一番となるグループ第2戦。日本は、主将で10番を背負うこの男に警戒が必要だろう。<br><br><br>提供:goal.com 2018.06.24 00:47 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース