「主役は乾」伊紙がパラグアイ戦を紹介…「本田はベンチ」とも2018.06.13 19:40 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が、現地時間12日に行われた国際親善試合について紹介した。パラグアイ代表に4-2で勝利した日本代表についても記している。

▽同紙は「西野監督率いる日本(ハリルホジッチはフレンドリーマッチの結果が芳しくなく解任された)は、4得点を挙げて難なく勝利」と述べ、「主役になったのはエイバルのアタッカー、乾貴士だった」と紹介。「彼の2ゴールで逆転に成功。オウンゴールのあと、香川にもゴールが生まれた。本田圭佑はベンチだった」と伝えている。

▽ただ、記事の主役になったのはポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキだった。日本戦のあとでリトアニア代表と対戦して2ゴールを決めたポーランドのエースについて同紙は「スーパー・レバンドフスキ」と絶賛。加えて、セリエAで活躍するポーランド代表選手の出場状況を伝えている。
コメント
関連ニュース
thumb

中島・南野・堂安の2列目に割って入る! MF乾貴士、アピールに意気込み《キリンチャレンジカップ》

日本代表は20日、22日に行われるキリンチャレンジカップ2019のコロンビア代表戦に向けて試合会場となる日産スタジアムでトレーニングを行った。 アジアカップに続く選出となったMF乾貴士(アラベス/スペイン)は、同大会時よりもコンディションが上がっていると主張。また、MF中島翔哉(アル・ドゥハイル/カタール)、MF南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)、MF堂安律(フローニンヘン/オランダ)の2列目を森保ジャパンの武器と認めながらも「そこに割って入って行きたい」とアピールを誓った。 ◆MF乾貴士(アラベス/スペイン) ──アジアカップからどういったことを上積みしていきたいか 「アジアカップからもメンバーが変わっているので、どういったところかというのは難しいところです。とにかく今は、新しい選手も入ってきていますし、彼らはアピールが大事になってきます。それは普通のことなので、それをサポートできればと思いますし、自分自身もアピールはしないといけないと思っています。そういうところで1人1人の良さを出していければ良いのかなと思います」 ──2列目より前の顔ぶれは結構変わっているが個人的に面白そうだなと思う選手はいるか 「ほとんどの選手がやったことある選手なのであまり変わらないですけど、(香川)真司や宇佐美(貴史)とかは、あまり一緒に出たことがないので、一緒にやってみたいという思いはありますね」 ──MF中島翔哉(アル・ドゥハイル/カタール)とは同じポジションだが、共存はできるか 「ポジションが被っている以上は何とも言えないですね。俺が右で(堂安)律のところで出れるかってなったらまた違う話になります。ただ、今の(南野)拓実、律、(中島)翔哉というのは、日本の武器だと思います。とにかくそこに割って入るために試合でアピールしていくしかないですし、共存というよりもやはり1人1人の良さを出していければと思います」 ──特にアピールしたいところは 「自分の特長はもう分かってもらっていると思うので、それを出していければ良いのかなと思います」 ──今、アラベスでは右サイドをやっているが 「僕は基本的に右ではないのでね。もちろんやったことがなかったのですごく新鮮で楽しいですけど、今のチーム事情としてやっているだけです。これからも右サイドでやるかと言ったらやらないと思います」 「今までそれで半年間、出れない時間を過ごして、試合に出たい欲が出て、どこでも良いからポジションを見つけたいというところで今は出れているので、文句は全くないです。右でも良いプレーができるように、少しでもチームの役に立てるようにやっているだけです」 ──アジアカップ時と比べてコンディション的にはどうか 「どれくらい良くなっているかはわからないですけど、コンディションは確実に上がっています。出てない時よりは、出ている時の方が良いので」 ──FWの2人が新顔だが、コンビネーションはどうか 「まだ今日、全体練習を始めたばかりなので、難しいところはいっぱいあります。まだ手応えとかはないです」 2019.03.20 20:25 Wed
twitterfacebook
thumb

森保ジャパン、コロンビア戦に向け練習本格化! 日産で非公開練習を実施《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表は20日、22日に行われるキリンチャレンジカップ2019のコロンビア代表戦に向けて試合会場となる日産スタジアムでトレーニングを行った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190320_100_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>南米勢との連戦で、準優勝に終わったアジアカップからのリスタートを図る森保ジャパン。合流3日目、選手たちは練習開始予定時刻の10分前からピッチに登場し、それぞれがロンドやストレッチなどでウォーミングアップ。定刻になると、森保一監督が号令をかけ、この日もフィールド組とGK組に分かれて練習を開始させた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190320_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>フィールド組はグラウンドを3周後、ストレッチを経て、ステップワークへ。その後、ボールを扱うトレーニングに移行し、パスを織り交ぜたフリーラン、2人1組でのヘディングとロングパスを行い、メディア陣への冒頭15分の公開練習を終了。選手たちは本格的な練習へと移った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190320_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>日本代表は、22日(金)に日産スタジアム(神奈川)でコロンビア代表と、26日(火)にノエビアスタジアム神戸(兵庫)でボリビア代表と対戦する。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190320_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> 2019.03.20 19:00 Wed
twitterfacebook
thumb

日本代表、背番号10は香川真司、中島翔哉は「8」を着用《キリンチャレンジカップ2019》

日本サッカー協会(JFA)は14日、キリンチャレンジカップ2019に臨む日本代表メンバー23名の背番号を発表した。 注目の背番号10は、ロシア・ワールドカップ以来の復帰となったMF香川真司(ベシクタシュ/トルコ)が着用。森保ジャパンで10番を背負っていたMF中島翔哉(アル・ドゥハイル/カタール)は「8」に、アジアカップで10番を背負ったMF乾貴士(アラベス/スペイン)は「14」を背負うこととなった。 その他、初招集のDF安西幸輝(鹿島アントラーズ)は「19」、DF畠中槙之輔(横浜F・マリノス)は「20」、MF橋本拳人(FC東京)は「15」、FW鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)は「13」、FW鎌田大地(シント=トロイデン/ベルギー)は「18」を着用する。 日本代表は、22日(金)に日産スタジアム(神奈川)でコロンビア代表と、26日(火)にノエビアスタジアム神戸(兵庫)でボリビア代表と対戦する。今回発表された日本代表メンバーの背番号は以下の通り。 ◆日本代表メンバー23名 GK 1.東口順昭(ガンバ大阪) 12.中村航輔(柏レイソル) 23.シュミット・ダニエル(ベガルタ仙台) DF 2.三浦弦太(ガンバ大阪) 3.昌子源(トゥールーズ/フランス) 4.佐々木翔(サンフレッチェ広島) 5.室屋成(FC東京) 16.冨安健洋(シント=トロイデン/ベルギー) 19.安西幸輝(鹿島アントラーズ)※ 20.畠中槙之輔(横浜F・マリノス)※ 22.西大伍(ヴィッセル神戸) MF 6.山口蛍(ヴィッセル神戸) 7.柴崎岳(ヘタフェ/スペイン) 8.中島翔哉(アル・ドゥハイル/カタール) 9.南野拓実(ザルツブルク/オーストリア) 10.香川真司(ベシクタシュ/トルコ) 11.宇佐美貴史(デュッセルドルフ/ドイツ) 14.乾貴士(アラベス/スペイン) 15.橋本拳人(FC東京)※ 21.堂安律(フローニンヘン/オランダ) 25.小林祐希(へーレーフェーン/オランダ) FW 13.鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)※ 18.鎌田大地(シント=トロイデン/ベルギー)※ ※は初招集 2019.03.20 17:45 Wed
twitterfacebook
thumb

猶本光や菅澤優衣香が復帰! なでしこジャパンメンバーが発表《ヨーロッパ遠征》

日本サッカー協会(JFA)は20日、4月に行われる国際親善試合に向けたなでしこジャパンメンバーを発表した。 6月にフランスで行われる女子ワールドカップに向け、ヨーロッパ遠征に臨むなでしこジャパンは、先日アメリカで行われた2019 SheBelieves Cupに臨んだメンバーから大きくメンバーを入れ替えた。 GKは池田咲紀子(浦和レッズレディース)、山下杏也加(日テレ・ベレーザ)、平尾知佳(アルビレックス新潟レディース)とアメリカ遠征には招集されなかった3名が選出。DFでは、鮫島彩(INAC神戸レオネッサ)や熊谷紗希(リヨン/フランス)らが選出された。 また、MFはアメリカ遠征に招集されなかった猶本光(フライブルク/ドイツ)が招集、FWでは菅澤優衣香(浦和レッズレディース)らが復帰した。なお、熊谷と猶本は4月1日にフランスで合流する。 ヨーロッパ遠征では、4月4日にフランス女子代表と、4月9日にドイツ女子代表と対戦する。今回発表されたなでしこジャパンメンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆なでしこジャパンメンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> 1.<span style="font-weight:700;">池田咲紀子</span>(浦和レッズレディース) 18.<span style="font-weight:700;">山下杏也加</span>(日テレ・ベレーザ) 21.<span style="font-weight:700;">平尾知佳</span>(アルビレックス新潟レディース) <span style="font-weight:700;">DF</span> 3.<span style="font-weight:700;">鮫島彩</span>(INAC神戸レオネッサ) 4.<span style="font-weight:700;">熊谷紗希</span>(リヨン/フランス) 16.<span style="font-weight:700;">松原有沙</span>(ノジマステラ神奈川相模原) 5.<span style="font-weight:700;">三宅史織</span>(INAC神戸レオネッサ) 22.<span style="font-weight:700;">清水梨紗</span>(日テレ・ベレーザ) 2.<span style="font-weight:700;">大賀理紗子</span>(ノジマステラ神奈川相模原) 23.<span style="font-weight:700;">南萌華</span>(浦和レッズレディース) <span style="font-weight:700;">MF</span> 7.<span style="font-weight:700;">中島依美</span>(INAC神戸レオネッサ) 8.<span style="font-weight:700;">猶本光</span>(フライブルク/ドイツ) 15.<span style="font-weight:700;">籾木結花</span>(日テレ・ベレーザ) 14.<span style="font-weight:700;">長谷川唯</span>(日テレ・ベレーザ) 6.<span style="font-weight:700;">杉田妃和</span>(INAC神戸レオネッサ) 17.<span style="font-weight:700;">三浦成美</span>(日テレ・ベレーザ) 24.<span style="font-weight:700;">宮川麻都</span>(日テレ・ベレーザ) <span style="font-weight:700;">FW</span> 13.<span style="font-weight:700;">菅澤優衣香</span>(浦和レッズレディース) 20.<span style="font-weight:700;">横山久美</span>(AC長野パルセイロ・レディース) 11.<span style="font-weight:700;">小林里歌子</span>(日テレ・ベレーザ) 13.<span style="font-weight:700;">植木理子</span>(日テレ・ベレーザ) 12.<span style="font-weight:700;">宮澤ひなた</span>(日テレ・ベレーザ) 19.<span style="font-weight:700;">遠藤純</span>(JFAアカデミー福島) 2019.03.20 15:09 Wed
twitterfacebook
thumb

代表初招集のMF橋本拳人、持ち味発揮に自信「ボールを奪いに行く部分は通用すると思う」《キリンチャレンジカップ》

日本代表は19日、今月の代表ウィークに向けたトレーニングを神奈川県内で行った。 ケガで離脱した川崎フロンターレのMF守田英正に代わり、追加招集で初めての日本代表を経験しているFC東京のMF橋本拳人は、合流初日のトレーニング終了後、インタビューに応対。強豪・コロンビア代表相手にも自身の持ち味が通用すると自信を見せている。 ◆MF橋本拳人(FC東京) ──代表初日を終えてみて 「まだ全員の選手とは話せていないです。経験のある選手であったり、今まで話したことない選手もいますし、刺激も受けています。明日からの練習でしっかりプレーで示していきたいと思っています」 ──連携の部分で特徴を出すためのイメージの共有について 「練習中に気になるプレーとか、自分の特徴を知って貰う上では、コミュニケーションが大事だと思います。まずは練習中から自分の良さを積極的に出して、練習以外のところでもコミュニケーションを取って擦り合わせていきたいと思っています」 ──同世代の選手も多いが 「下の世代も多いですし、リオデジャネイロ五輪に入ってた選手も多く、そこの選手たちに刺激を受けていたので、ここから勝負していきたいと思っています」 ──自信は 「まだ、練習をやっていないのでわからないですけど、今まで培ってきたものをしっかり出せれば、やれると思うので、そこに集中したいです」 ──コロンビア代表のイメージは 「身体能力が高い選手が揃っています。自分がどこまでやれるのか楽しみです。そういったところで負けないように頑張りたいと思います」 ──身体能力が高い選手に対してもボール奪取できるか 「そうですね。球際の部分であったり、相手より一歩早く動いて、ボールを奪いに行くというところは通用すると思っています。どれだけそれを出せるかが非常に大事になってくると思います」 2019.03.19 21:15 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース