福岡、FWトゥーリオ・デ・メロの契約解除及び帰国を発表…長引くケガから引退も視野に2018.06.13 12:45 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アビスパ福岡は13日、FWトゥーリオ・デ・メロ(33)の契約解除及び帰国を発表した。

▽トゥーリオ・デ・メロは、2018年にシャペコエンセから福岡に加入。今シーズンはここまで明治安田生命J2リーグに7試合出場していた。

▽クラブの発表によると、トゥーリオ・デ・メロは長引くケガによるコンデション不調を理由に、引退を視野に入れ、一度自らのサッカーキャリアを見つめ直したいと急遽退団を申し出たとのこと。クラブ側は同選手を大切な戦力の一人であると考え、残留の交渉を重ねてきたようだが、本人の強い要望から両者合意のもと契約を解除したようだ。

▽トゥーリオ・デ・メロはすでにチームから離れており、21日にブラジルへ帰国する模様。帰国便については以下の通り。

6月21日 ルフトハンザ航空 LH4877便
福岡空港 9:30発(8:00前にはチェックインする予定です。)

▽クラブとの契約を解除したトゥーリオ・デ・メロは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「私を温かく迎え入れてくださり常に後押ししてくださったサポーターの皆様に心より感謝いたします」

「皆さまがいるべき場所であるJ1にチームが昇格することを祈っています。私と家族にとって我が家のように感じることができた福岡での生活は本当に素晴らしいものでした」

「短い間でしたが本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

福岡、U-18所属のDF桑原海人とMF北島祐二の来季トップチーム昇格内定を発表

▽アビスパ福岡は13日、U-18所属のDF桑原海人(17)、MF北島祐二(18)の来シーズントップチーム昇格が内定したことを発表した。 ▽桑原は、三宅SCから福岡U-15に入団した身長168㎝、体重67㎏のディフェンダー。北島は、小郡東野SCからU-15に入団した身長168㎝、体重67㎏のミッドフィルダーだ。 ▽来シーズンのトップチーム昇格が決定した両選手は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆桑原海人 「来季トップチームに昇格することになりました桑原海人です。アビスパ福岡でプロサッカー選手になるという小さい頃からの夢を実現でき大変嬉しく思っています」 「スーパースクールからの7年間、アカデミーコーチ、クラブスタッフの皆様、そしていつも応援してくださったサポーターの方々、勉強とサッカーを両立できるように支えてくださった先生方、いつも1番近くで支えてくれた家族、友人、沢山の方々に支えられてここまでくることができ大変感謝しています」 「一日でも早くレベスタの舞台に立ち活躍できるように頑張りたいと思います」 ◆北島祐二 「来季、トップチームに昇格する事になりました、北島祐二です。 サッカーを始めた頃からの夢であるプロサッカー選手になるという事を、自分のサッカー人生の原点であるアビスパ福岡で実現させる事が出来て、とても嬉しく思います」 「ここまで来られたのも、今までご指導下さった監督、コーチ、共に練習に励んだユースの仲間、学校の友達や先生、いつも応援して下さるサポーターの方々、そして家族など、様々な方のおかげです。本当にありがとうございます。これからは、1日でも早くレベスタのピッチに立ち、アビスパ福岡を背負って立つ選手になれるように日々努力していきます」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.13 12:40 Thu
twitterfacebook
thumb

福岡と横浜FCの上位対決は互いに決定力欠きゴールレスドロー《J2》

▽台風の影響で延期となっていた明治安田生命J2リーグ第26節のアビスパ福岡vs横浜FCが12日に行われ、0-0の引き分けに終わった。 ▽6位の福岡(勝ち点52)と、3位の横浜FC(勝ち点55)の上位対決。前節は互いにそれぞれ松本山雅FC、東京ヴェルディに惜敗。その試合から中3日での試合に向け、上位との勝ち点差を詰めたい福岡は、チーム内得点王のドゥドゥや松田、今夏に加入し2ゴールを挙げているレオミネイロらが先発出場した。かたや連勝が「4」でストップした横浜FCは、3試合連続ゴール中のイバがスタメンに。そのイバに次いで得点を稼いでいるレアンドロ・ドミンゲスも揃って先発入りした。 ▽まずは1分の福岡、左サイドの松田が挨拶代わりのシュートでキックオフを飾る。横浜FCも10分に、齋藤のスルーパスからボックス左に侵入したイバがシュート。これは相手DFに防がれるものの、互いにアグレッシブな入りを見せた。 ▽しかしその後はなかなかシュートまで運べない展開に。それでも27分、横浜FCは齋藤の巧みなヒールパスから左サイドを突破した武田がボックス左を侵攻。狙いすました折り返しの先にいたのはレアンドロ・ドミンゲス。ボックス中央でフリーとなったレアンドロ・ドミンゲスは右足でゴール右上隅を狙ったが、相手に頭でクリアされてしまった。 ▽さらに30分には、佐藤のミドルシュートで横浜FCがゴールに迫るが惜しくも枠の外へ。福岡も前半アディショナルタイムにセットプレーのチャンスを得るものの、右サイドのからのクロスはGKに弾かれて、前半終了。試合はゴールレスで折り返した。 ▽後半に入ると試合は激しさを増す。58分、右サイドから仕掛ける横浜FCは、齋藤からパスを受けた佐藤がボックス手前から狙いすましたシュートを放つが枠の外。対して福岡もその直後、輪湖の入れたクロスは撥ね返されるも、高く上がったボールをドゥドゥが頭で押し込みにかかる。しかし、GK南が至近距離からのシュートに反応。右手一本で弾き出した。 ▽それでもなかなかゴールに繋げられない両者。得点への焦りからか、横浜FCは78分に野村が、福岡は79分にユ・インスがそれぞれミドルシュートを狙っていくが、どちらも可能性を感じさせるものではなかった。 ▽横浜FCは84分に、左サイドからの折り返しを受けたイバがシュートを放つ。しかしこれは相手の背中に激突。続けざまにボックスの外からも狙ったが、これもブロックされてしまった。 ▽後半アディショナルに、横浜FCのレアンドロ・ドミンゲスに訪れた千載一遇のチャンスも掴めず試合終了。勝ち点を分け合う結果となった。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.12 21:00 Wed
twitterfacebook
thumb

松本、途中出場のジネイが値千金の決勝弾!福岡は連勝ストップ《J2》

▽8日に明治安田生命J2リーグ第32節の7試合が各地で行われた。 ▽レベルファイブスタジアムで行われた4位・アビスパ福岡(勝ち点52※2試合未消化)vs2位・松本山雅FC(勝ち点57)は、1-0でアウェイの松本が勝利している。 ▽連勝中の福岡と3戦勝ちなしの松本の対照的な両者の一戦。先にチャンスを作ったのはアウェイの松本。7分、味方のクリアボールにボックス中央にいた高崎が反応。そのまま反転してから右足でカーブをかけて狙うもゴール右に外れる。直後の8分には、ボックス中央でセルジーニョがボールを受けると、左サイドに走り込んできた石原にパス。石原が中に切り込みシュートを狙うもGK圍に阻まれる。 ▽我慢する時間が続いた福岡は33分、ドゥドゥの落としをボックス左で受けた鈴木がシュートを放つも、相手DFに当たりCKに。鈴木の右CKから、松田がニアサイドでつぶれて、ゴール前にいた篠原が右足で合わせる。しかしGK守田のスーパーセーブに遭い、先制することはできない。 ▽迎えた後半、先にチャンスを作ったのは福岡。46分、左サイドでボールを受けた輪湖のクロスを枝村がダイレクトゴール前に走り込んでいた松田にパス。そのままシュートを狙うも相手DFにクリアされる。 ▽松本は78分に高崎に代えてジネイ、86分にセルジーニョに代えて岩上と攻撃的な選手を投入する。 ▽ホームの声援を受ける福岡は87分、ドゥドゥのクロスはGK守田に弾かれるが、ボールは途中出場のレオン・ミネイロの下へ。至近距離からシュートを狙うも相手DFの足に当たる。さらにこのこぼれ球をユ・インスが詰めるがこれも相手DFに当たり、最後は輪湖がシュートもGK守田がセーブ。松本の必死の守りに先制点を奪うことはできない。 ▽難を逃れた松本は、後半アディショナルタイムにハーフウェイライン付近でFKを獲得。岩上がゴール前に長いボールを送ると、ジネイが打点の高いヘディングシュート突き刺しこの時間に松本が先制する。 ▽このまま試合終了。後半の交代が功を奏した松本は、8月11日のカマタマーレ讃岐戦以来4戦ぶり白星。一方、敗れた福岡は連勝が「2」でストップした。 ▽デンカビックスワンスタジアムで行われた19位・アルビレックス新潟(勝ち点30)vsFC岐阜(勝ち点32)は、新潟が河田のハットトリックの活躍もあり、5-0で大勝している。また、えがお健康スタジアムでのロアッソ熊本vs大分トリニータは、大分が3-1で快勝。4試合ぶりの勝利を収めた。 ◆明治安田生命J2リーグ第32節 ▽9/8(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">東京ヴェルディ 2</span>-1 横浜FC アビスパ福岡 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 松本山雅FC</span> ロアッソ熊本 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 大分トリニータ</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アルビレックス新潟 5</span>-0 FC岐阜 京都サンガF.C 0-0 ツエーゲン金沢 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">徳島ヴォルティス 4</span>-1 栃木SC 愛媛FC 0-0 カマタマーレ讃岐 ▽9/9(日) 《19:00》 FC町田ゼルビア vs 水戸ホーリーホック ファジアーノ岡山 vs ジェフユナイテッド千葉 レノファ山口 vs モンテディオ山形 ▽9/19(水) 《19:00》 ヴァンフォーレ甲府 vs大宮アルディージャ <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.08 22:06 Sat
twitterfacebook
thumb

町田が首位堅守!横浜FCは今季初の4連勝!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第31節の11試合が9月1日に行われた。 ▽首位の町田ゼルビア(勝ち点56)は、15位のヴァンフォーレ甲府(勝ち点38)と対戦し、2-0で勝利した。 ▽試合は思わぬ展開を見せた。13分、甲府の湯澤が自陣のペナルティエリア内で中島の肩を掴んで引き倒し一発退場に。このPKを中島に決められ、甲府は先制を許した上に残り時間およそ75分を10人で戦うことになってしまった。 ▽さらに甲府は前半アディショナルタイムにも、町田の平戸のFKが、壁に入った小塚の足に当たってゴールイン。不運な形で2失点目を喫してしまった。後半、甲府も決定機を作るものの町田がゴールを許さず試合終了。町田は3連勝を飾った。 ▽3位の横浜FC(勝ち点52)は、20位の京都サンガF.C.と対戦し3-1で勝利した。 ▽14分にCKからイバのヘディングシュートで先制した横浜FCは、67分に京都にCKから得点を許すも、直後にレアンドロ・ドミンゲスのFKから北爪が勝ち越し弾。さらにその2分後にも、レアンドロ・ドミンゲスのお膳立てから北爪が決めて決着。横浜FCが4連勝を収めた。 ▽そのほか、5位のアビスパ福岡(勝ち点49)は4位の大分トリニータ(勝ち点51)を後半アディショナルタイムのレオミネイロ弾で下して4位に浮上。6位の東京ヴェルディ(勝ち点49)や7位の大宮アルディージャ(勝ち点48)が勝利を収める中、2位の松本山雅FC(勝ち点56)は、11位の水戸ホーリーホック(勝ち点42)を相手に、先制を許し、後半の田中のゴールでドロー決着。ここ3試合勝利から遠ざかっている。 ◆明治安田生命J2リーグ第31節 結果 ▽9/1(土) FC岐阜 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 大宮アルディージャ</span> カマタマーレ讃岐 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 徳島ヴォルティス</span> ヴァンフォーレ甲府 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 FC町田ゼルビア</span> 水戸ホーリーホック 1-1 松本山雅FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アビスパ福岡 1</span>-0 大分トリニータ <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">横浜FC 3</span>-1 京都サンガF.C. レノファ山口 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 ジェフユナイテッド千葉</span> ツエーゲン金沢 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 東京ヴェルディ</span> 栃木SC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 ファジアーノ岡山</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">モンテディオ山形 2</span>-1 ロアッソ熊本 愛媛FC 0-0 アルビレックス新潟 2018.09.01 22:40 Sat
twitterfacebook
thumb

町田が首位浮上! 大宮vs山口は壮絶ドロー…新潟&岐阜は泥沼の連敗地獄に《J2》

▽26日に明治安田生命J2リーグ第30節の5試合が各地で行われた。 ▽町田市立陸上競技場で行われたFC町田ゼルビアvsFC岐阜は、ホームの町田が1-0で勝利した。 ▽前節、首位の松本山雅FCとの上位対決を制し6戦負けなしと好調を維持する町田と、6連敗で18位に低迷する岐阜という好対照なチーム同士の一戦は、前から圧力をかける町田と後方からのショートパスでプレスをいなそうとする岐阜と互いの特長が出る展開に。すると、押し気味に運んでいたホームの町田は17分、ボックス手前で森村が放ったシュートがゴール前のDF竹田のやや不用意なクリアもあってゴール右隅に決まった。その後、岐阜に反撃を許すもボックス内で仕事をさせない町田は27分にも平戸のFKからニアの中島のヘッドが枠に飛ぶもここはGKビクトルの好守に遭い、前半はホームチームの1点リードで終了した。 ▽後半も前半と同じような展開の中、岐阜は相手の背後を幾度か良い形で抜け出す場面を作り出すが、町田の粘り強い守備を前にゴールをこじ開けられない。一方、カウンターやセットプレーを起点に試合を決める2点目を目指す町田は試合終了間際にPKを獲得。だが、キッカーの鈴木の中央を狙ったシュートはGKビクトルにストップされる。それでも、 ▽また、NACK5スタジアム大宮で行われた大宮アルディージャvsレノファ山口FCは、4-4のドローに終わった。 ▽2連勝で自動昇格争いに食い込む5位大宮と、9戦未勝利(4敗5分け)で昇格プレーオフ圏内から陥落した9位山口の一戦。互いに攻め合う展開となった中、26分には高木が左サイドで入れたクロスに対してGK笠原が被ると、これがオナイウ阿道の頭に当たってゴールに吸い込まれる。だが、大宮も前半終了間際の河本がゴールを奪い、前半は1-1で終了する。 ▽迎えた後半は激しい打ち合いに。立ち上がりの48分に大前のボックス内での仕掛けからラストパスを受けたフリーの茨田のシュートで大宮が逆転に成功。だが、山口も68分に相手GK笠原のファンブルを途中出場の岸田が泥臭く繋ぎ、最後はオナイウ阿道が無人のゴールへ流し込む。さらに75分には高井の左クロスをジュリーニョがボレーシュートを試みた際にうまくヒザに当たって勝ち越しゴールを奪う。 ▽その後、82分にはGK藤嶋の中途半端なパンチングのこぼれ球を酒井が押し込み、大宮が三度スコアを振り出しに。だが、直後の84分には高井とオナイウ阿道の完璧なコンビネーションによるカウンターからオナイウ阿道にハットトリックとなるゴールが生まれる。これで勝負ありと思われたが、ホームで負けられない大宮は後半アディショナルタイム4分にロングボールを再びGK藤嶋がファンブルしたこぼれ球をロビン・シモビッチが無人のゴールへ蹴り込んで4-4の同点に。その後、大宮に勝ち越しのチャンスが訪れたものの、試合はこのままタイムアップ。山口の10戦ぶりの勝利はまたしてもならなかった。 ▽デンカビッグスワンスタジアムで行われたアルビレックス新潟vsアビスパ福岡は、アウェイの福岡が3-0で快勝した。 ▽厳しい5連敗で残留争いに巻き込まれた19位新潟と、前節栃木SC相手に厳しい敗戦を喫した7位の福岡による一戦。試合は両チームの今季の状況が色濃く出る展開に。14分には鈴木の浮き球パスをボックス左ゴールライン際のドゥドゥがスライディングで折り返すと、ゴール前に走り込んだ石津がこちらもスライディングで合わせ早々に福岡がゴールネットを揺らす。その後はボールを保持して押し込む新潟、カウンターで応戦する福岡という構図の下で拮抗した展開となるも、32分には再びドゥドゥと石津のコンビネーションを生かした攻めからドゥドゥがカウンターチャンスを決め切り決定力の差を見せ付けた福岡が2点リードで試合を折り返した。 ▽後半はホームで負けられない新潟が押し込む時間を増やしていくが、前半同様に集中した守備を見せる福岡のゴールをこじ開けられず、2-0のスコアのまま時間だけが過ぎていく。すると、試合終了間際の91分にはユ・インスの突破から松田に試合を決定付ける3点目が決まり、アウェイの福岡が3-0の快勝。一方、敗れた新潟は6連敗となった。 ▽そのほかの試合では水戸ホーリーホック、栃木SCがそれぞれファジアーノ岡山、ロアッソ熊本とのアウェイゲームを後半終盤のゴールで1-0の勝利を収めている。 ◆明治安田生命J2リーグ第30節 結果 ▽8/26(日) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC町田ゼルビア 1</span>-0 FC岐阜 アルビレックス新潟 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 アビスパ福岡</span> ファジアーノ岡山 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 水戸ホーリーホック</span> 大宮アルディージャ 4-4 レノファ山口FC ロアッソ熊本 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 栃木SC</span> ▽8/25(土) ジェフユナイテッド千葉 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 東京ヴェルディ</span> 松本山雅FC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 横浜FC</span> 京都サンガ.F.C 1-1 ヴァンフォーレ甲府 カマタマーレ讃岐 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ツエーゲン金沢</span> モンテディオ山形 1-1 愛媛FC 大分トリニータ 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 徳島ヴォルティス</span><div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.26 22:26 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース