福岡、FWトゥーリオ・デ・メロの契約解除及び帰国を発表…長引くケガから引退も視野に2018.06.13 12:45 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アビスパ福岡は13日、FWトゥーリオ・デ・メロ(33)の契約解除及び帰国を発表した。▽トゥーリオ・デ・メロは、2018年にシャペコエンセから福岡に加入。今シーズンはここまで明治安田生命J2リーグに7試合出場していた。

▽クラブの発表によると、トゥーリオ・デ・メロは長引くケガによるコンデション不調を理由に、引退を視野に入れ、一度自らのサッカーキャリアを見つめ直したいと急遽退団を申し出たとのこと。クラブ側は同選手を大切な戦力の一人であると考え、残留の交渉を重ねてきたようだが、本人の強い要望から両者合意のもと契約を解除したようだ。

▽トゥーリオ・デ・メロはすでにチームから離れており、21日にブラジルへ帰国する模様。帰国便については以下の通り。

6月21日 ルフトハンザ航空 LH4877便
福岡空港 9:30発(8:00前にはチェックインする予定です。)

▽クラブとの契約を解除したトゥーリオ・デ・メロは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「私を温かく迎え入れてくださり常に後押ししてくださったサポーターの皆様に心より感謝いたします」

「皆さまがいるべき場所であるJ1にチームが昇格することを祈っています。私と家族にとって我が家のように感じることができた福岡での生活は本当に素晴らしいものでした」

「短い間でしたが本当にありがとうございました」
コメント
関連ニュース
thumb

C大阪の元韓国代表FWヤン・ドンヒョン、福岡に完全移籍

アビスパ福岡は11日、セレッソ大阪に所属する元韓国代表FWヤン・ドンヒョン(32)の完全移籍加入を発表した。背番号は「9」に決定。12日からチームに合流する。 ヤン・ドンヒョンは蔚山現代や釜山アイパーク、浦項スティーラースなど韓国クラブを渡り歩き、2018年に恩師である尹晶煥前監督率いるC大阪に加入。だが、出場機会はケガもあり、明治安田生命J1リーグ16試合1得点にとどまり、監督交代の今シーズンもここまで出番がなかった。移籍を受け、両クラブの公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 ◆アビスパ福岡 「アビスパ福岡の皆さん、こんにちは。この度機会を与えてくださったアビスパ福岡に感謝いたします。アビスパ福岡と共に成長し、クラブの目標に向かって全力で頑張りますのでよろしくお願いいたします」 ◆セレッソ大阪 「セレッソ大阪でプレーをした時間は私にとって財産です。私を応援していただいたファンの皆さんそして、監督、コーチ、スタッフ、チームメイト、感謝いたします。今までありがとうございます。これからも応援よろしくお願いいたします」 福岡は今シーズンからファビオ・ペッキア監督が就任したが、ここまでJ2リーグ1分け2敗の20位。17日に行われる次節、初勝利を目指して、ファジアーノ岡山とのアウェイ戦に臨む。 2019.03.11 20:15 Mon
twitterfacebook
thumb

福岡の“兄貴"岩下敬輔、鳥栖に電撃移籍 「様々な事情により…」

サガン鳥栖は5日、アビスパ福岡に所属するDF岩下敬輔(32)の期限付き移籍加入を正式発表した。期間は2020年1月31日まで。同期間中、福岡との全公式戦に出場できない。背番号「8」を着用する。 鹿児島県出身の岩下は鹿児島実業高校、清水エスパルスを経て、2012年途中からガンバ大阪でプレー。そのG大阪で2014年に国内3冠(Jリーグ、Jリーグカップ、天皇杯)を経験後、2017年から生まれ故郷の九州を拠点とする福岡に活躍の場を移した。加入初年度は明治安田生命J2リーグ32試合3得点。昨年はJ2リーグ23試合1得点だった。移籍を受け、両クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 ◆サガン鳥栖 「シーズンが始まってからの移籍になりますが、どんな形であれ鳥栖の力になれるよう、今までの経験を生かしてがんばっていきたいと思います。応援よろしくお願いします」 ◆アビスパ福岡 「2年と2か月間本当にありがとうございました。皆さんとJ1に昇格すると約束をしたにもかかわらず力になれず、何もできないままチームを去ることになり本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。今回、様々な事情により、移籍することになりました。色んな思いはありますが、今自分がやるべきことは次のクラブでしっかり結果を残し、新天地で頑張ること、それが皆さんへの恩返しにつながると思って、さらに気を引き締め、新たな一歩をスタートさせたいと思っています。これからも応援よろしくお願いします」 2019.03.05 17:15 Tue
twitterfacebook
thumb

福岡に新助っ人! メキシコ1部からコロンビア人FWが加入

アビスパ福岡は14日、プエブラ(メキシコ)に所属するコロンビア人FWフェリックス・ミコルタ(29)の期限付き移籍加入を正式発表した。チーム合流日は現時点で未定だ。 ミコルタは過去、母国コロンビアやポルトガル、メキシコを主戦場にしてきた身長179cm,体重72kgのFW。2018-19シーズンからメキシコ1部のプエブラに籍を置き、公式戦7試合1得点を記録した。 Jリーグ初挑戦となるフェリックス・ミコルタは加入決定を受け、クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 「私を信頼してくれたテクニカルスタッフや強化部長に非常に満足し、感謝しています。私は自身のキャリアのこの新しい挑戦を始めたいと切望しています。私はあらゆるトレーニングや試合で全力を尽くします」 2019.02.14 11:30 Thu
twitterfacebook
thumb

元日本代表MF山瀬功治、愛媛移籍 背番号は「33」

愛媛FCは5日、元日本代表MF山瀬功治(37)の加入決定を正式発表した。背番号は「33」を着用する。 札幌市出身の山瀬は2000年にコンサドーレ札幌(現。北海道コンサドーレ札幌)でプロデビュー後、2001年にJリーグ新人王を獲得。その後、浦和レッズや横浜F・マリノス、川崎フロンターレ、京都サンガF.C.を渡り歩き、2017年からアビスパ福岡に活躍の場を移した。2018年は明治安田生命J2リーグ29試合1得点。だが、シーズン終了後に契約満了で退団が決定した。 通算成績はJ1リーグ288試合58得点、J2リーグ211試合28得点。2006年にA代表デビューを果たした日本代表としては通算13試合に出場して5得点を記録している。 2019.02.05 18:45 Tue
twitterfacebook
thumb

福岡FW崎村祐丞が双方合意のもと退団「感謝の気持ちで一杯」

アビスパ福岡は2月2日、FW崎村祐丞(20)との契約について、クラブ、本人両者合意のもと1月末日をもって退団することを発表した。 福岡下部組織出身の崎村は、2017年にトップチーム昇格。しかし、これまで出場機会を得ることは出来ていなかった。 崎村は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆FW崎村祐丞 「昨年は、コンデションを崩してしまい、皆さんには大変ご心配をおかけしました。チームを離れている間も多くの皆さんから応援いただき、その声が僕の大きな力となりました。おかげで、完治することができ、昨年末から練習を再開し、体調も戻っております。この場を借りて、皆様にお礼申し上げます」 「この度アビスパを離れることになりました。地元のクラブでプロ生活をスタートできたことはかけがえないのないものになりました。クラブに関わる多くの方々から指導、育てて頂き感謝の気持ちで一杯です」 「レベスタのピッチに立てなかったこの悔しさを忘れずに頑張っていきたいと思います。これからもずっとアビスパ福岡を応援しています。本当にありがとうございました」 2019.02.02 20:45 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース