福岡、FWトゥーリオ・デ・メロの契約解除及び帰国を発表…長引くケガから引退も視野に2018.06.13 12:45 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アビスパ福岡は13日、FWトゥーリオ・デ・メロ(33)の契約解除及び帰国を発表した。▽トゥーリオ・デ・メロは、2018年にシャペコエンセから福岡に加入。今シーズンはここまで明治安田生命J2リーグに7試合出場していた。

▽クラブの発表によると、トゥーリオ・デ・メロは長引くケガによるコンデション不調を理由に、引退を視野に入れ、一度自らのサッカーキャリアを見つめ直したいと急遽退団を申し出たとのこと。クラブ側は同選手を大切な戦力の一人であると考え、残留の交渉を重ねてきたようだが、本人の強い要望から両者合意のもと契約を解除したようだ。

▽トゥーリオ・デ・メロはすでにチームから離れており、21日にブラジルへ帰国する模様。帰国便については以下の通り。

6月21日 ルフトハンザ航空 LH4877便
福岡空港 9:30発(8:00前にはチェックインする予定です。)

▽クラブとの契約を解除したトゥーリオ・デ・メロは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「私を温かく迎え入れてくださり常に後押ししてくださったサポーターの皆様に心より感謝いたします」

「皆さまがいるべき場所であるJ1にチームが昇格することを祈っています。私と家族にとって我が家のように感じることができた福岡での生活は本当に素晴らしいものでした」

「短い間でしたが本当にありがとうございました」
コメント
関連ニュース
thumb

福岡、札幌からDF菊地直哉を完全移籍で獲得!

アビスパ福岡は17日、北海道コンサドーレ札幌からDF菊地直哉(34)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ジュビロ磐田、アルビレックス新潟、イェーナ(当時ドイツ2部)、大分トリニータでプレーした菊地は、2016年にサガン鳥栖から北海道コンサドーレ札幌に期限付き移籍。同年にはJ2リーグに17試合出場し、チームのJ1昇格に貢献した。昨シーズンに完全移籍を果たしたが、出場は天皇杯1試合にとどまった。 福岡への完全移籍が決定した菊地は、公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆アビスパ福岡 「みなさんこんにちは。アビスパ福岡が勝つため、成長していくため、応援されるために少しでも自分が力になれればと思っています。皆さんに認めてもらえるようなプレーができるよう頑張ります! 選手も含めみんなでアビスパ福岡の輪を広げていきましょう! 応援よろしくお願いします」 2019.01.17 16:30 Thu
twitterfacebook
thumb

福岡がDFウォン・ドゥジェと契約更新

アビスパ福岡は12日、韓国人DFウォン・ドゥジェ(21)との契約更新を発表した。 ウォン・ドゥジェは2017年に漢陽大学校(韓国)から福岡入団。2018年は明治安田生命J2リーグ17試合に出場した。 2019.01.12 13:40 Sat
twitterfacebook
thumb

柏、昨季福岡に育成型期限付き加入の東京五輪世代DF古賀太陽の復帰を発表!

柏レイソルは10日、アビスパ福岡に育成型期限付き移籍していたDF古賀太陽(20)の復帰を発表した。 柏下部組織出身の古賀は2017年にトップチーム昇格。昨シーズンは福岡に育成型期限付き移籍で加入し、明治安田生命J2リーグに21試合出場した。 柏への復帰が決定した古賀は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆柏レイソル 「今シーズンから改めて柏レイソルでプレーさせていただくことになりました。また黄色いユニホームを着てプレーできることを大変嬉しく思います。J1昇格へ向け、チームの力になれるよう覚悟を持って全力で戦いますので、応援よろしくお願いします」 ◆アビスパ福岡 「半年という短い間でしたが、初めての移籍先にアビスパ福岡を選んで本当に良かったと感じています。望んだ形でのシーズンの終わり方ではありませんでしたが、この半年でたくさんのことを経験させていただきました。アビスパ福岡に携わる全ての方に感謝の気持ちでいっぱいです。今シーズンは相手として対戦しますが、また成長した姿を見てもらえるようこれからも頑張ります。半年間、本当にありがとうございました」 2019.01.10 14:10 Thu
twitterfacebook
thumb

甲府、FWドゥドゥ復帰を発表! 昨季は期限付き移籍先の福岡で36試合10ゴール

ヴァンフォーレ甲府は10日、昨シーズンアビスパ福岡に期限付き移籍していたブラジル人FWドゥドゥ(28)の復帰を発表した。 母国ブラジルの複数クラブでプレーしていたドゥドゥは、2014年にフィゲイレンセから柏レイソルへ期限付き移籍。その後、一度フィゲイレンセに復帰し、2016年7月に甲府へ完全移籍すると、昨シーズンは福岡に期限付き移籍で加入した。同シーズンは明治安田生命J2リーグで36試合10得点を記録している。 甲府復帰が決定したドゥドゥは、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆ヴァンフォーレ甲府 「ヴァンフォーレ甲府の皆様、帰ってきました! クラブには、改めて、甲府でプレーをする機会を与えていただき感謝しています。甲府がJ1に昇格する為だけに、全力を注ぎます。サポーターの皆様には、私の最後まで頑張る姿勢や、諦めない姿をお見せします。期待してください。皆様と共に戦い、今年は絶対に喜びを分かち合いましょう! スタジアムで会いましょう」 ◆アビスパ福岡 「アビスパ福岡に関わる全ての方、ありがとう。苦しみながら戦い、学ぶことの多い一年でした。胸を締め付けられる思いで、皆さんにお別れを告げなければなりません。ここで良くしてくださったこと、一年間を通して、私に対してモチベーションを与えてくださったこと、皆さんに、感謝しています。さようなら、福岡。私と家族は、あなたたちを忘れることなく思い続けるでしょう」 2019.01.10 11:10 Thu
twitterfacebook
thumb

福岡、湘南DF石原広教を期限付き移籍で獲得「J1昇格に必ず貢献します」

アビスパ福岡は8日、湘南ベルマーレに所属するDF石原広教(19)を期限付き移籍獲得したことを発表した。移籍期間は2020年1月31日まで。なお、同期間中は湘南と対戦するすべての公式戦に出場することができない。 湘南下部組織出身の石原は、2017年にトップチーム昇格。昨年は明治安田生命J1リーグ第12節の柏レイソル戦でリーグ戦デビューを飾った。昨シーズンは明治安田生命J1リーグに7試合、YBCルヴァンカップに9試合、天皇杯に2試合出場した。 福岡への期限付き移籍が決定した石原は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆アビスパ福岡 「湘南ベルマーレから加入した石原広教です。いち早く自分の顔とプレーを皆さんに覚えてもらえるように、練習から自分のスタイルを出していきたいと思います。福岡は一昨年対戦した時、すごく勝負強いチームだという印象を受けました。そのチームの一員としてプレーし、その勝負強さをしっかりと発揮できるように力となり、J1昇格に必ず貢献します。目標に向け、サポーターの皆さんもぜひ共に戦ってください。応援よろしくお願いします!」 ◆湘南ベルマーレ 「今回の移籍は自分にとって難しい決断でした。湘南で試合に出て活躍し、チームをJ1上位に躍進させたいという気持ちは強くありましたが、一方でそれが今の自分には難しいことだとも感じていました。湘南はジュニア時代からお世話になったクラブであり、だからこそここでより一層勝利に貢献するために、今季は別の舞台でチャレンジし、様々な経験を積みたいと思っています。自分が小さい頃から声援を送り、成長させてくれた指導者やサポーターの皆さん、そして今回の自分の決断を尊重してくれたクラブの皆さんへの感謝の思いを忘れず、福岡の地で頑張ってきたいと思います。これからも引き続き、石原広教をよろしくお願いします」 2019.01.08 16:50 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース