相模原、松本DF森本大貴を育成型期限付き移籍で獲得2018.06.13 11:15 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽SC相模原は13日、松本山雅FCからDF森本大貴(22)を育成型期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は2019年1月31日まで。

▽森本は2018年に関東学院大学から松本に加入。今シーズンはここまで出場が天皇杯での1試合にとどまっている。

▽相模原への加入が決定した松本は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。

◆SC相模原
「SC相模原に期限付き移籍をすることになりました。ここまでとても濃い半年間でしたが、今回の移籍で更に一回りも二回りも大きくなって帰ってきます。これからも応援よろしくお願いいたします」

◆松本山雅FC
「はじめまして。松本山雅FCから移籍加入することになりました森本大貴です。 SC相模原のために全力を尽くしてチームの勝利に貢献できるよう頑張ります。 応援よろしくおねがいします」
コメント
関連ニュース
thumb

相模原DF米原祐が退団「成長した姿を見せられるように」

▽SC相模原は12日、DF米原祐(24)の退団を発表した。クラブの発表によると、選手本人から退団の申し込みがった模様だ。 ▽米原は2017年に関西学院大学から相模原に加入。今シーズンは明治安田生命J3リーグに17試合出場した。 ▽相模原を退団することになった米原は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「SC相模原を退団することになりました。納得のいく結果ではない2年間でしたが、一緒に戦った選手達、どんな時でも暖かく支えてくださるファン、サポーター、そしてスポンサーの方々には感謝しかありません。皆さんがいたからこそ、2年間戦い続けることが出来ました」 「来年一緒に戦うことは出来ませんが、また会った時に成長した姿を見せられるように頑張ります。2年間、本当にありがとうございました!」 2018.12.12 09:15 Wed
twitterfacebook
thumb

相模原、MF菊岡拓朗が契約満了「多くの方の支えを感じた3年間」

▽SC相模原は9日、MF菊岡拓朗(33)と契約満了に伴い、来季の契約を更新しないことを発表した。 ▽法政大学から2008年に水戸ホーリーホック加入した菊岡は東京ヴェルディ、栃木SC、コンサドーレ札幌を経て2016年に相模原へ加入。2シーズンに渡って主力を担ったが、今季はリーグ戦19試合で1ゴールという結果に終わった。 ▽菊岡は相模原退団に際して別れのメッセージを残している。 「SC相模原に携わる皆様、ありがとうございました。なかなか思うような結果を出せず、悔しい気持ちもありますが、様々な経験をして多くの方の支えを感じた3年間でした。この経験を活かして、感謝の気持ちを忘れずに、前に進んでいきたいと思います。ありがとうございました」 2018.12.09 18:57 Sun
twitterfacebook
thumb

相模原がリーグ2位の17得点を記録したFWジョン・ガブリエルと契約更新

▽SC相模原は9日、FWジョン・ガブリエル(22)との契約更新を発表した。 ▽ジョン・ガブリエルは、クルゼイロから2017年に相模原に加入。1年目は明治安田生命J3リーグで21試合に出場し7得点を記録していた。 ▽今シーズンはリーグ戦で30試合に出場し、リーグ2位の17得点を記録。チームは9位に終わっていた。 2018.12.09 10:37 Sun
twitterfacebook
thumb

相模原がMF髙畑智也の契約満了を発表「まだまだサッカーを続けて行きたい」

▽SC相模原は8日、MF髙畑智也(24)の契約満了を発表した。 ▽髙畑は、滝川第二高校、立命館大学を経て2017年に相模原へと入団。明治安田生命J3リーグでは1試合に出場していたが、今シーズンは出場機会がなかった。髙畑はクラブを通じてコメントしている。 「2年間ありがとうございました。なかなかチームの力になれず、悔しい思いはありますが、まだまだサッカーを続けて行きたいと思ってますので、応援よろしくお願いいたします」 2018.12.08 16:38 Sat
twitterfacebook
thumb

相模原、9年在籍のDF工藤祐生が退団

▽SC相模原は8日、DF工藤祐生(32)の契約満了を発表した。 ▽工藤は2009年に東京農業大学から栃木SCに加入後、2010年から相模原でプレー。今シーズンは明治安田生命J3リーグ23試合に出場して2得点を記録した。 ▽退団が決まった工藤はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「今シーズンで退団する事になりました。こんなにも長く生まれ育った相模原でプレーできた事に感謝しています。ありがとうございました」 「この9年間はここでは語りきれませんが、まずは、共に闘った数多くの選手達、監督、コーチングスタッフ、メディカルスタッフ、フロントスタッフ、 また、ご支援くださった全てのスポンサー企業の方々や行政の皆さん、 そして、いつも暖かい声援をくれ、声を出し、クラブ、選手と共に闘ってくれた全てのファン、サポーターの皆さん、ボランティアスタッフ、アカデミー、その保護者の皆さん、とにかくSC相模原に関わった全ての方々に感謝の気持ちしかありません。本当にありがとうございました。このクラブのおかげで人としてもプレーヤーとしても成長させていただきました。地元選手としてこのチームに全てを捧げる強い覚悟をもって闘ってきました」 「県リーグ時代、ナイターの土グランドでの練習、2度の地域決勝の悲劇、3度目の正直で掴んだ歓喜、JFL、そしてJ3へと1年1年、1段1段とクラブの歴史に少しは貢献できたかなと思います。これからの事はまだ未定ですが、工藤祐生の事を少しでも気にかけ応援してくれると嬉しく思います」 「最後になりますが、これからは、相模原市で生まれ育った、一相模原人として、SC相模原とこのチームに関わる全ての皆様、サポーターの皆様の益々のご発展とご活躍を心より、熱く熱くお祈りしてます!」 「そしてSC相模原のNo.3として最後に、「相模原の魂」をここに置いていき、最後のご挨拶とさせて頂きます。9年間という長い間、本当に本当にありがとうございました」 2018.12.08 09:25 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース