相模原、松本DF森本大貴を育成型期限付き移籍で獲得2018.06.13 11:15 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽SC相模原は13日、松本山雅FCからDF森本大貴(22)を育成型期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は2019年1月31日まで。

▽森本は2018年に関東学院大学から松本に加入。今シーズンはここまで出場が天皇杯での1試合にとどまっている。

▽相模原への加入が決定した松本は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。

◆SC相模原
「SC相模原に期限付き移籍をすることになりました。ここまでとても濃い半年間でしたが、今回の移籍で更に一回りも二回りも大きくなって帰ってきます。これからも応援よろしくお願いいたします」

◆松本山雅FC
「はじめまして。松本山雅FCから移籍加入することになりました森本大貴です。 SC相模原のために全力を尽くしてチームの勝利に貢献できるよう頑張ります。 応援よろしくおねがいします」
コメント
関連ニュース
thumb

岡山退団のMF末吉隼也が相模原に移籍「貢献できるように頑張ります! 」

SC相模原は18日、ファジアーノ岡山との契約が満了になっていたMF末吉隼也(31)が完全移籍で加入することを発表した。 アビスパ福岡、サガン鳥栖、大分トリニータと地元九州のクラブを渡り歩いた末吉は、昨年福岡から初めて本州のクラブである岡山に加入。昨シーズンは明治安田生命J2リーグ25試合に出場していた。 末吉は、両クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆SC相模原 「相模原の勝利に少しでも貢献できるように頑張ります! 応援よろしくお願いします! 」 ◆ファジアーノ岡山 「1年間と短い間でしたがファジアーノ岡山でプレーできたことを誇りに思います。サポーターの皆さんの熱い応援が、いつも力になっていました。引き続き、ファジアーノ岡山の応援をよろしくお願いします。ファジアーノ岡山が今シーズンJ1昇格することを心から願っています。1年間本当にありがとうございました」 2019.01.18 13:11 Fri
twitterfacebook
thumb

相模原DF辻尾真二が33歳で現役引退 古巣金沢のアンバサダーに

SC相模原は18日、DF辻尾真二(33)の現役引退および同クラブアンバサダー就任を発表した。 辻尾は中央大学を卒業後、清水エスパルス、サンフレッチェ広島、大分トリニータを渡り歩き、2014年からツエーゲン金沢でプレー。2017年から相模原に活躍の場を求め、昨年は明治安田生命J3リーグ29試合2得点を記録した。引退を受け、相模原と金沢の公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 ◆SC相模原 「この度、私事ではございますが2018シーズンをもちまして現役を引退する事を決めました。プロサッカー選手として11年間プレーしてきました。 幼い頃からの夢であったプロサッカー選手になる事が出来て、11年間という現役生活は本当に幸せでした」 「プロになり5つのクラブでプレーさせて頂きました。清水エスパルス、サンフレッチェ広島、大分トリニーツエーゲン金沢、SC相模原、全てのクラブのサポーター、スポンサー、クラブ関係者の皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。本当に有難うございました」 「そして4歳からサッカーを始めて大学まで指導して下さった指導者の方々、サッカーの技術はもちろん人間として大きく成長する事が出来ました。僕の為を思い丁寧に、熱く、時に厳しく指導して頂き本当に有難うございました」 「最後になりますが、これまで大きな怪我もなく丈夫な身体に育ててくれた両親、決して順風満帆とは言えない選手生活を日々側で献身的に支え、僕の幸せを僕以上に祈ってくれる妻、いつも笑顔で活力を与えてくれる娘に本当に感謝しています。有難う」 「今後につきましてはサッカーに携わる仕事をしていくので、違った立場からサッカー界に少しでも貢献出来るようにまた一から勉強したいと思います。本当に有難うございました!」 ◆ツエーゲン金沢 「ツエーゲン金沢サポーターの皆様、お久しぶりです! この度2018シーズンで現役を引退し、今シーズンよりツエーゲン金沢クラブアンバサダーに就任させて頂く事になりました。2014年、チームが中々決まらない時に拾って頂いたのはツエーゲン金沢でした。2014年から2016年までプレーさせて頂きJ3優勝、J2での快進撃、そして残留争いと様々な経験をする事が出来ました」 「2年前に退団して再び声を掛けて頂きツエーゲン金沢の為に働ける事、非常に嬉しく思います。もうフリーキックでクラブに貢献する事は出来ませんが、違った立場からツエーゲン金沢の発展、J1昇格の為、そして選手がより良い環境でプレー出来るように身を粉にして働きたいと思います。宜しくお願い致します。 2019.01.18 11:10 Fri
twitterfacebook
thumb

岡山HCの三浦文丈氏、相模原の監督就任 過去に長野や新潟で監督歴任

SC相模原は11日、三浦文丈氏(48)の監督就任を発表した。 三浦氏は2007年に指導者キャリアをスタート。AC長野パルセイロやアルビレックス新潟を率い、2018年はファジアーノ岡山のトップチームでヘッドコーチを務めた。監督就任を受け、クラブの公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「今シーズンSC相模原を指揮する事になり大変光栄に思っています。相模原に関わる全ての人達と協力し合い全力で取り組みたいと思います。どうぞ宜しくお願い致します」 2019.01.11 10:10 Fri
twitterfacebook
thumb

名古屋FW松本孝平がFCマルヤス岡崎に完全移籍 昨季は相模原に期限付き移籍

名古屋グランパスは10日、FW松本孝平(24)がFCマルヤス岡崎(JFL)に完全移籍することを発表した。 松本は2017年に国士舘大学から名古屋に入団。昨シーズンはSC相模原に期限付き移籍で加入し、明治安田生命J3リーグに13試合出場した。 FCマルヤス岡崎への完全移籍が決定した松本は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆FCマルヤス岡崎 「はじめまして松本 孝平です。チームに貢献できるよう全力を尽くします。よろしくお願いします」 ◆名古屋グランパス 「このたび、FCマルヤス岡崎へ完全移籍することになりました。2年間お世話になりました。リハビリの期間が長く、多くの人に支えてもらいましたが、その恩返しをできず残念に思います。グランパスの飛躍を陰ながら応援しています。ありがとうございました」 ◆SC相模原 「相模原のファン、サポーターの皆様、長期の怪我からの復帰後、大変お世話になりました。 相模原では多くを学び多くの経験し、出会いをいただきました。この経験は今後の人生に生きると思います。 半年間ありがとうございました」 2019.01.10 15:30 Thu
twitterfacebook
thumb

相模原を退団のMF菊岡拓朗がJFLの青森へ完全移籍

SC相模原は10日、退団が発表されていたMF菊岡拓朗(33)がJFLのラインメール青森へと加入することを発表した。 菊岡は、水戸ホーリーホックや東京ヴェルディ、栃木SC、北海道コンサドーレ札幌でプレーし、2016年に相模原へ加入。明治安田生命J3リーグで通算75試合に出場し2得点を記録。2018シーズンは19試合に出場し1得点を記録していた。菊岡は青森を通じてコメントしている。 「この度ラインメール青森に加入することになりました菊岡拓朗です。チームの昇格のために全てを出し切りたいと思います。支えてくれている方々の思いを背負って戦います。よろしくお願いいたします」 青森は、アビスパ福岡からGK神山竜一(34)やツエーゲン金沢からDF野田紘史(32)などJリーグでのプレー経験がある選手を今シーズンは補強している。 2019.01.10 11:40 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース