「もしそうなればハッピーだ」ラキティッチ、C・ロナウドのマドリー退団の噂に言及2018.06.13 09:22 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナに所属するクロアチア代表MFイバン・ラキティッチが、宿敵レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの退団の噂に言及した。スペイン『マルカ』が伝えている。

▽長らくフットボール界におけるトップに君臨するC・ロナウドには、これまでパリ・サンジェルマン(PSG)のほか、古巣であるユナイテッドが連れ戻しを計画していることが伝えられていた。15得点で6大会連続の得点王に輝き、チームの3連覇に大きく貢献したチャンピオンズリーグ(CL)の決勝後、「レアル・マドリーに居られて本当に良かった。いつも僕に寄り添ってくれるファンに対して、近日中に返事を届けたい」という発言をきっかに今シーズン限りでの退団の見込みが強まっている。

▽さらに最近ではレアル・マドリーの会長を務めるフロレンティーノ・ペレス氏が、C・ロナウドの代理人と新契約を議題に会談をしたものの、C・ロナウド側の要求を満たしていなかったことから溝が埋まらず、退団がより現実味を帯びてきているようだ。

▽そんな中、宿敵との一戦で常に苦しめられてきたバルセロナのラキティッチは、この噂について口を開いた。

「彼が(レアル・マドリー)を退団することはとても信じがたいことだ。しかし、フットボールでは物事が素早く変わる。もしそうなれば、僕は嘘をつくことはない。ハッピーだ」
コメント
関連ニュース
thumb

モウリーニョ新天地、独or仏or蘭?

行き先に注目を集めるジョゼ・モウリーニョ氏(56)が未開の地で新たな挑戦を示唆した。 モウリーニョ氏は過去、ベンフィカやウニオン・レイリア、ポルト、チェルシー、インテル、レアル・マドリー、マンチェスター・ユナイテッドで監督を歴任。行く先々でタイトルを手にしてきたが、昨年末にユナイテッド監督を辞して以来、無所属の状態が続いている。 その“スペシャル・ワン”は先日、今夏の監督業再開を口に。そして、新たに受けたフランス『Canal +』のインタビューで新天地について次のように語った。 「5つ目のリーグと3度目のチャンピオンズリーグ(CL)制覇が私の頭の中にある。日々、トレーニングが恋しくなっているよ。隠しようがないぐらいにね」 既にポルトガルやイングランド、イタリア、スペインのリーグを制覇した経験を持つモウリーニョ氏は以前に欧州の第一線で監督を続ける意向を示している。それを鑑みると、ドイツ、フランス、オランダが残る新天地として考え得るが、果たして…。 2019.03.26 13:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ポグバがユナイテッド退団を決心? 新天地候補はマドリー&ユーベ

マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバ(26)が、退団を望んでいるようだ。スペイン『アス』が報じた。 中心選手の1人として、今シーズンもユナイテッドを牽引しているポグバ。しかし、ジョゼ・モウリーニョ前監督との軋轢から今冬にはバルセロナ移籍が噂されており、モウリーニョ前監督が去った現在でも退団の可能性は潰えていないという。『アス』によれば、2021年6月まで残している現行契約の延長オファーを既に断ったとも伝えられている。 さらに、ポグバの代理人であるミーノ・ライオラ氏が既に新天地探しを始めているとのこと。選手当人が移籍を決断したとも報じられており、ユナイテッドが引き留めるためには、現在の週給29万8000ユーロ(約3700万円)を超えるかなりの好条件が必要となるかもしれない。 そして、オールド・トラッフォードが緊張に包まれているのを尻目に、移籍先の候補に挙げられているのが、レアル・マドリーとユベントスだ。マドリーに関しては、先日にポグバが「マドリーでプレーすることは誰にとっても夢」と発言したことで報道が過熱している。 また、古巣であるユベントスに関しては、ライオラ代理人が同クラブと好関係を結んでいることがアドバンテージになる可能性があるとのこと。ライオラ代理人は、2016年夏にポグバをユベントスからユナイテッドに移籍させた際に、4,800万ユーロ(現在のレートで約60億円)の手数料を受け取っていたことが、『フットボールリークス』に暴露されている。さらに、クラブ上層部も既に獲得資金の捻出に向けて動き出しているようだ。 2019.03.26 10:00 Tue
twitterfacebook
thumb

超ビッグオファー! マドリー、ムバッペ獲得に349億円準備か

レアル・マドリーが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペ(20)獲得に莫大な資金を投入するようだ。スペイン『マルカ』が、フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』で大々的に扱われたことを報じている。 今シーズンを主要タイトル無冠で終えることが濃厚となり、来シーズンに向けてジネディーヌ・ジダン監督を復任させたマドリー。フロレンティーノ・ペレス会長が大型補強を準備していることが伝えられており、チェルシーMFアザールやPSGのFWネイマールなど、スター選手への関心が根強く囁かれている。 そして、『フランス・フットボール』は“オペレーション・ムバッペ”と題したマドリーのムバッペ獲得に関する記事を一面に大きく掲載。2億8000万ユーロ(約349億円)もの大金が投じられる可能性を報じた。 モナコで成長を遂げ、2017年夏に1億8000万ユーロ(現在のレートで約224億円)の買い取りオプション付きレンタルでPSGに加入したムバッペ。その破格の才能から次代のNo.1プレーヤー筆頭とも見られており、ジダン監督も「彼を指導できたら幸せだろう」と高く評価していた。 2019.03.26 08:55 Tue
twitterfacebook
thumb

ジダン監督がマネ獲得をクラブに希望! 昨夏には加入合意報道も

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、リバプールのセネガル代表FWサディオ・マネ(26)の獲得をクラブ側にリクエストしたようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 先日にジダン監督が再任したマドリーでは、フロレンティーノ・ペレス会長が今夏の補強予算として推定3億ポンド(約441億5000万円)を上回る巨額の費用を準備している模様。 その中でここまではパリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペ、チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザール、トッテナムのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンら前線の選手の獲得の可能性が伝えられているが、ジダン監督はリバプールの背番号10の獲得をクラブ側にリクエストしているようだ。 『フランス・フットボール』が昨夏に伝えたところによれば、マネは昨夏にマドリー移籍に合意していたものの、ジダン監督が退任した影響によって最終的にリバプール残留を選択したという。しかし、ジダン監督が再び獲得を望んだことで、移籍成立の可能性は十分にありそうだ。 ただ、マドリーにとってネックになるのが、昨年11月に2023年までの新契約にサインしたマネの移籍金だ。 ドイツ『Transfermarkt』でのマネの評価額は8500万ユーロ(約106億円)と、近年高騰する移籍市場においては比較的安価な金額となっているが、実際に獲得に動くとなれば、ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョがバルセロナに移籍した際に支払われた1億5000万ユーロ(約187億円)程度の金額が必要になる模様だ。 ただ、今季の公式戦20ゴールという得点力に加えて、攻撃的なポジションであればどこでもプレーできるユーティリティー性と、守備面の貢献度も少なくないマネ獲得のためならば、前述の潤沢な資金を投下してくるはずだ。 2019.03.25 18:51 Mon
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー獲得狙うカンテ、「チェルシーでの目標がまだある」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、獲得を希望していると伝えられるチェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテ(27)が自身の去就に関して語った。フランス『RTL』が伝えている。 先日にジダン監督が再任したマドリーでは、フロレンティーノ・ペレス会長が今夏の補強予算として推定3億ポンド(約441億5000万円)を上回る巨額の費用を準備している模様。 そして、フランス人指揮官はかつてマドリーとレ・ブルーで自身を大いにサポートした、クロード・マケレレを髣髴とさせる同胞MFの獲得を希望していると言われている。 今夏の去就に注目が集まるカンテだが、24日の『RTL』のインタビューで今後に関する質問を受けると、チェルシーへの敬意を示した。 「僕はチェルシーにいる。そして、ここでの目標がまだあるんだ。だから、周囲で話されている事柄については重要だと思っていないよ」 「それは重要なものではない。僕はチェルシーに在籍しているし、今はここでのプレーに集中しているよ」 マウリツィオ・サッリ監督の去就問題や先日に国際サッカー連盟(FIFA)から下された補強禁止処分によって、今後厳しい戦いが予想されるチェルシーだが、カンテが今後に下す決断はいかに…。 2019.03.25 18:20 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース