【ロシアW杯グループA展望】本命ウルグアイ揺るがずエジプトと開催国ロシアの2位争い2018.06.14 12:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽グループAは実力で頭一つ抜けているウルグアイが本命のグループで間違いない。開催国ロシアは組み合わせに恵まれたが、サラー擁するエジプトを退けることができるか。サウジアラビアは最下位候補だが、グループをかき回せるか。

◆編集部予想
◎本命:ウルグアイ
○対抗:エジプト
△連下:ロシア
☆大穴:サウジアラビア

◆2大エースが君臨~ウルグアイ~
Getty Images
▽南米予選を2位で通過し、3大会連続W杯出場を決めたウルグアイが、このグループの本命だ。FWスアレスとFWカバーニを擁する2トップは世界屈指で、彼らを止めることは不可能に近い。老将タバレス監督の下、DFゴディンを軸とした堅実なサッカーが定着しており、足をすくわれることは考えにくい。

◆サラーの躍動次第~エジプト~
Getty Images
▽7大会ぶり出場のエジプトは大黒柱のFWサラーのコンディション次第。クーペル監督の堅守速攻の戦術が機能するかどうかはサラーの双肩に懸かっている。チャンピオンズリーグ決勝で肩を負傷し、ぶっつけ本番でW杯に臨む大エースが本来の動きを大舞台で見せられれば、初の決勝トーナメント進出が見えてくる。

◆強化進まずも地の利を生かせるか~ロシア~
Getty Images
▽開催国のロシアは組み分けに恵まれたものの、戦力的に乏しくノルマのベスト16進出は厳しいと言わざるを得ない。欧州の強豪クラブで活躍している選手は皆無で、国内組中心のメンバーとなってしまった。スタイルも保守的で地味だが、大観衆の後押しを受けられる地の利を生かせるかがグループステージ突破への生命線となる。

◆半年前の体制変更で結果出るか~サウジアラビア~
Getty Images
▽3大会ぶりの出場を果たしたサウジアラビアは、半年前にファン・マルバイク監督が退任したことを受けてチリ代表を解任されていたピッツィ監督を招へいした。時間的な制限があったことからスタイルは変更せず臨むが、チーム力はグループ最弱で厳しい戦いが予想される。

グループステージ日程
◆第1節
▽6/14
《24:00》
ロシア vs サウジアラビア

▽6/15
《21:00》
エジプト vs ウルグアイ

◆第2節
▽6/19
《27:00》
ロシア vs エジプト

▽6/20
《24:00》
ウルグアイ vs サウジアラビア

◆最終節
▽6/25
《23:00》
ウルグアイ vs ロシア
サウジアラビア vs エジプト

コメント

関連ニュース

thumb

ウルグアイ代表が予備メンバー発表 10月にガチメンで森保ジャパンと激突へ《国際親善試合》

▽ウルグアイサッカー協会(AUF)は22日、10月の代表ウィークに向けた海外組の同国代表予備登録メンバーを発表した。 ▽先日、71歳のオスカル・タバレス監督と新たに4年間の延長合意に達したウルグアイ代表。10月の国際Aマッチウィークでアジア遠征に臨み、韓国代表(12日)、日本代表(16日)との国際親善試合に挑む。 ▽そのウルグアイ代表は、予備登録メンバーを含む総勢25名を招集。FWルイス・スアレス(バルセロナ)とエディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)の2枚看板が選ばれた。 ▽そのほか、DFディエゴ・ゴディン(アトレティコ・マドリー)、DFホセ・ヒメネスに加えて、ガラタサライでDF長友佑都と同僚のGKフェルナンド・ムスレラもメンバー入りしている。 ◆ウルグアイ代表メンバー GK フェルナンド・ムスレラ(ガラタサライ/トルコ) マルティン・シルバ(ヴァスコ・ダ・ガマ/ブラジル) マルティン・カンパーニャ(インディペンディエンテ/アルゼンチン) DF ガストン・シルバ(インディペンディエンテ/アルゼンチン) セバスティアン・コアテス(スポルティング・リスボン/ポルトガル) マルセロ・サラッキ(RBライプツィヒ/ドイツ) マルティン・カセレス(ラツィオ/イタリア) ホセ・ヒメネス(アトレティコ・マドリー/スペイン) ディエゴ・ゴディン(アトレティコ・マドリー/スペイン) MF ディエゴ・ラクサール(ミラン/イタリア) ニコラス・ロデイロ(シアトル・サウンダーズ/アメリカ) マティアス・ヴェシーノ(インテル/イタリア) カミロ・マジャダ(リーベル・プレート/アルゼンチン) ナヒタン・ナンデス(ボカ・ジュニアーズ/アルゼンチン) カルロス・サンチェス(サントス/ブラジル) ルーカス・トレイラ(アーセナル/イングランド) ロドリゴ・ベンタンクール(ユベントス/イタリア) フェデリコ・バルベルデ(レアル・マドリー/スペイン) FW ルイス・スアレス(バルセロナ/スペイン) エディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン/フランス) ホナタン・ロドリゲス(サントス・ラグナ/メキシコ) クリスティアン・ストゥアーニ(ジローナ/スペイン) マキシミリアーノ・ゴメス(セルタ/スペイン) ガストン・ペレイロ(PSV/オランダ) ジョルジアン・デ・アラスカエタ(クルゼイロ/ブラジル) 2018.09.23 10:35 Sun
twitterfacebook
thumb

ウルグアイ代表、71歳のタバレス監督と2022年まで契約延長! 来月日本代表と対戦!

▽ウルグアイサッカー協会(AUF)は21日、オスカル・タバレス監督(71)と2022年まで契約を延長したことを発表した。この結果、同監督は2022年カタール・ワールドカップ(W杯)までチームを率いることになった。 ▽惜しくもベスト8で敗退したロシアW杯までウルグアイを率いていたタバレス監督は71歳という高齢と近年の健康問題を理由に、同大会限りで指揮官の座を下りることが濃厚とみられていた。また、今月の代表ウィークは同監督に代わってファビアン・コイト氏が暫定指揮官として指揮を執っていた。 ▽しかし、AUFは21日にタバレス監督と新たに2022年までの4年契約を結んだことを発表した。これにより、2006年に2度目の指揮官に就任した同監督は16年の長期政権を継続することになった。 ▽現役引退後の1980年に監督キャリアをスタートしたタバレス監督はダヌービオ、ペニャロールなど国内の強豪クラブの指揮官を歴任し、1988年から1990年までウルグアイ代表を率い、1990年のイタリアW杯出場に導いた。 ▽その後、一度代表から離れてボカ・ジュニアーズやミランなど国外のクラブの指揮官を務めた同監督は2006年3月に2度目のウルグアイ代表監督に就任。そして、2010年南アフリカ大会で3位に導くなど、2014年ブラジル大会、直近のロシア大会と3大会連続で同国を本大会の舞台へと導いてきた。また、同監督の代表通算185試合指揮、4度のW杯本大会での指揮はいずれもウルグアイ歴代最多の数字だ。 ▽なお、タバレス体制の継続が決まったウルグアイは、来月16日に埼玉スタジアム2002で行われる『キリンチャレンジカップ2018』で日本代表と対戦する予定だ。 2018.09.21 23:30 Fri
twitterfacebook
thumb

スアレス、2ゴールに華麗ラボーナでアシスト! ウルグアイが4発でメキシコ粉砕《国際親善試合》

▽国際親善試合のメキシコ代表vsウルグアイ代表が日本時間8日に行われ、4-1でウルグアイが大勝している。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)でベスト16敗退に終わったメキシコと、ベスト8敗退に終わったウルグアイの一戦。メキシコは、GKオチョア、ロサーノ、ジョナタン・ドス・サントス、ヒメネスらを起用した。一方のウルグアイは、ゴディン、ベンタンクール、トレイラ、スアレスらが先発に名を連ねた。 ▽試合はまずメキシコがチャンスを作る。12分、右サイドからのクロスをヒメネスがさわり、最後はボックス左のロサーノがシュートを放つも、ここはGKムスレラに弾かれる。 ▽ピンチを迎えたウルグアイだったが21分、セットプレーから先制。ウレタビスカヤの右CKをニアサイドでホセ・ヒメネスが頭で合わせ、ゴール右へ押し込んだ。 ▽先制点を許したメキシコ。しかし、24分、ボックス左外でロサーノがドリブルでの突破を試みると、ボックス内でベンタンクールに倒されてPKを獲得。これをヒメネスが右上に蹴り込み、試合を振り出しに戻した。 ▽イーブンに戻されたウルグアイは、すぐさま攻勢に出る。すると32分、ボックス右手前でFKを獲得する。これをキッカーのスアレスが右足を振り抜き、ゴール右下隅へ落ちるシュートで試合を2-1にした。 ▽セットプレーで勝ち越しに成功したウルグアイ。さらに前半終盤、スアレスが味方のスルーパスに反応してボックス右に走り込むと、相手に倒されて今度はPKを獲得する。これをスアレス自らが落ち着いてループシュートでGKオチョアのタイミングを外して、3-1とリードを広げた。 ▽試合を優位に進めるウルグアイは後半に入っても攻勢を緩めず。59分、右サイドからのクロスはファーサイドに流れてしまう。しかし、これを拾ったスアレスがボックス左の位置から右足ラボーナで華麗なクロス。これをG・ベレイロがヘディングでゴール左隅へ押し込んだ。 ▽1-4と苦しい展開を強いられるメキシコはここから猛攻に出る。すると74分、ボックス左で仕掛けたアルバラドが倒されてPKを獲得。2点差に詰め寄りたいメキシコだったが、ヒメネスの左へのシュートはGKムスレラにセーブされてしまう。 ▽その後もメキシコはゴールに迫ったものの、GKムスレラの好守もあり点差を縮めることができず試合終了。スアレスの2ゴール1アシストの活躍でウルグアイが大量4発でメキシコに勝利している。 メキシコ 1-4 ウルグアイ 【メキシコ】 ヒメネス(前24[PK]) 【ウルグアイ】 ホセ・ヒメネス(前21) スアレス(前33) スアレス(前40[PK]) G・ペレイロ(後14) 2018.09.08 13:05 Sat
twitterfacebook
thumb

日本代表、10月埼スタでウルグアイ戦《国際親善試合》

▽日本サッカー協会(JFA)は28日、10月16日に埼玉スタジアム2002で行われるキリンチャレンジカップ2018でウルグアイ代表と対戦することを発表した。 ▽森保一監督の新生日本代表。10月のインターナショナルマッチウィークでFIFAランキング5位に位置する南米の強豪ウルグアイ代表と激突することが決まった。 ▽対ウルグアイ代表の戦績は、過去6度の対戦で1勝1分け4敗。2014年9月5日のキリンチャレンジが最後の対戦となり、0-2の敗戦を喫している。 ▽なお、日本代表は、9月に行われる国際親善試合の2試合でチリ代表、コスタリカ代表と対戦。10月12日の国際親善試合でパナマ代表と対戦する。 2018.08.28 16:50 Tue
twitterfacebook
thumb

プーマがルイス・スアレスと契約! 特別アニメーションも公開!

▽プーマは16日、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスと契約したことを発表した。 ▽ウルグアイのサルトで生まれ育ったスアレスは、新たな高みへ向かって駆け上がり、世界トップクラスのストライカーの一人に。これまで、オランダ、イングランド、スペインでプレーし、各国のリーグで得点王に輝くと、2012年以降は毎シーズン20ゴール以上を記録し、合計で400以上のゴールを記録。ウルグアイ代表としても、53ゴールを記録している。 ▽スアレスは今回のプーマとの契約に関して、「プーマ ファミリーの一員となることができ、うれしく思います。プーマと同じチャレンジャースピリットを持つ私は、得点王になるため常にチャレンジを続けています。プーマとともに新たなストーリーを描いていけることを確信しています」とコメントしている。 ▽スアレスは、フィット感をカスタマイズすることが可能な機能 NETFITテクノロジーを備えた革新的なサッカースパイクである「FUTURE(フューチャー)」を着用予定。プーマのスポーツマーケティング&スポーツライセンス グローバルディレクターのヨハン・アダムソンは「ルイス・スアレスと契約できたことをうれしく思います。長年にわたり、スアレスは世界最高のストライカーの一人であることが証明されていて、彼のファイティングスピリットは、ゲームチェンジャーになることを目指す私たちのブランドポジションに完璧にフィットしています」と語っている。 ▽ルイス・スアレスがプーマ ファミリーの一員となることを祝し、プーマは Bleacher Report Football と協業し、アニメーションを制作。プーマ契約選手も登場する映像となっている。 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/Dh9pf9XzYqY?controls=0" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen></iframe></div> <div style="text-align:center;"><blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Bmh2syHhKM4/?utm_source=ig_embed" data-instgrm-version="9" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:8px;"> <div style=" background:#F8F8F8; line-height:0; margin-top:40px; padding:62.5% 0; text-align:center; width:100%;"> <div style=" background:url(data:image/png;base64,iVBORw0KGgoAAAANSUhEUgAAACwAAAAsCAMAAAApWqozAAAABGdBTUEAALGPC/xhBQAAAAFzUkdCAK7OHOkAAAAMUExURczMzPf399fX1+bm5mzY9AMAAADiSURBVDjLvZXbEsMgCES5/P8/t9FuRVCRmU73JWlzosgSIIZURCjo/ad+EQJJB4Hv8BFt+IDpQoCx1wjOSBFhh2XssxEIYn3ulI/6MNReE07UIWJEv8UEOWDS88LY97kqyTliJKKtuYBbruAyVh5wOHiXmpi5we58Ek028czwyuQdLKPG1Bkb4NnM+VeAnfHqn1k4+GPT6uGQcvu2h2OVuIf/gWUFyy8OWEpdyZSa3aVCqpVoVvzZZ2VTnn2wU8qzVjDDetO90GSy9mVLqtgYSy231MxrY6I2gGqjrTY0L8fxCxfCBbhWrsYYAAAAAElFTkSuQmCC); display:block; height:44px; margin:0 auto -44px; position:relative; top:-22px; width:44px;"></div></div> <p style=" margin:8px 0 0 0; padding:0 4px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Bmh2syHhKM4/?utm_source=ig_embed" style=" color:#000; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none; word-wrap:break-word;" target="_blank">新たな背番号 #9 がファミリーに。 #スアレス @LuisSuarez9 #PUMAFuture #新たな高みへ ━━━━━ #Football #Soccer #フットボール #サッカー #PUMAFootball #プーマ 詳しくは http://bit.ly/PUMAFootball_JP</a></p> <p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/pumafootball_jp/?utm_source=ig_embed" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px;" target="_blank"> プーマ フットボール</a>さん(@pumafootball_jp)がシェアした投稿 - <time style=" font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px;" datetime="2018-08-16T06:02:08+00:00">2018年 8月月15日午後11時02分PDT</time></p></div></blockquote> <script async defer src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2018.08.16 16:15 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース