アーセナル、若手MFナイルズと長期契約締結! 背番号がチェンボの15番に変更2018.06.13 05:10 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルは12日、U-21イングランド代表MFエインズリー・メイトランド=ナイルズ(20)と新契約を締結したことを発表した。契約期間は“長期”とのみ記載されている。

▽6歳でアーセナルのアカデミーに加入したナイルズは、2014年12月に行われたチャンピオンズリーグのガラタサライ戦でトップチームデビュー。2015-16シーズンには出場機会を求めてイプスウィッチに1年間のレンタル移籍も経験した。

▽今季は控えメンバー主体で戦ったヨーロッパリーグでウイングバックやセントラルMFで安定したパフォーマンスを見せると、シーズン終盤にはプレミアリーグでもサイドバックやセントラルMFで出場機会を与えられるなど、公式戦28試合に出場。飛躍のキッカケとなる充実したシーズンを過ごした。

▽そして、ナイルズの将来性を高く評価するクラブは長期の新契約をオファーすると共に、昨季までイングランド代表MFアレックス・オクスレイド=チェンバレン(現リバプール)が着けていた背番号15を与えた。
コメント
関連ニュース
thumb

アキレス腱断裂の主将コシエルニーが7カ月ぶりに復帰へ…エメリ「先発で起用する」

アーセナルのDFローラン・コシエルニーがカラバフ戦でついに復帰する。ウナイ・エメリ監督が明かした。<br><br>今年5月に行われたヨーロッパリーグ準決勝アトレティコ・マドリー戦でアキレス腱断裂の重傷を負ったコシエルニー。ワールドカップ出場はおろか、シーズン序盤も欠場が続いた同選手だが、順調に回復し、13日のELカラバフ戦で7カ月ぶりに復帰することが濃厚のようだ。<br><br>カラバフ戦前日の会見に登場したエメリ監督は、この試合とともに主将コシエルニーについて口を開いた。「グループを首位で通過するという我々の目標はすでに達成した。しかし、我々はこの大会とカラバフに敬意を払う必要がある。もちろん我々は勝利を目標にするが、責任とリズム、自信を植え付けるために他の選手たちにチャンスを与えるつもりだ」<br><br>「次の10日間で4試合と多くの試合を戦うことになるから、いずれの選手も非常に重要な存在になる。そしてこの試合で、ローラン・コシエルニーをスタートで起用する計画を立てている。この試合が我々とローランにとって最初の試合で、彼がフルにプレーできるかどうかを見極めたい」<br><br>一方、ここ5試合で欠場の続くメスト・エジルについても語った。同選手の起用についてエメリ監督は「私にはわからない」とするも「彼は18人の中に入っている。彼がプレーできるかは試合前か試合中に決めることになるだろう」と言及するにとどめた。<br><br>提供:goal.com 2018.12.13 20:35 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナルの新星MF「話すのは辛いが…僕は12歳で人種差別された」

アーセナルのU-21イングランド代表MFエインズリー・メイトランド=ナイルズが、人種差別を受けた経験について語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。<br><br>イングランドでは先日、マンチェスター・シティのFWラヒーム・スターリングが、チェルシーサポーターから試合中に人種差別的な野次を浴びたことで大きな問題に。チェルシーは、当該サポーター4人に対して試合入場禁止処分を科した。<br><br>スター選手に対するビッグマッチでの人種差別的発言事件から、現在イングランドでこの問題がフォーカスされる中、アーセナルの若手有望株も自身の経験を告白。昨シーズンに公式戦32歳に出場した21歳のメイトランド=ナイルズは、プレー中にそのような問題が起こった経験があるかと問われると、「そうだね。僕もある」と口にし、以下のように続けた。<br><br>「まだプロじゃないアーセナルでのユース時代、12歳の頃にあった。ドイツのクラブ相手の遠征中だったね。そのことを報告したけど、特に何も起こらなかった。自分自身、強くなって進んでいかないといけないんだと思った」<br><br>「ラヒームが受けたようなものと同じ感じだった。スローインで、ボールを取りに行っているときだった。ちょっとした人種差別的な行為を受けたよ。僕は試合中だ。何ができるのだろうか。このようなことを話すことや考えることは心が痛む。このようなことは何とかしなければいけない。選手たちだけでなく、メディアやスタッフも一緒になってね」<br><br>「もし多くのクラブや選手たちが一緒になって力を合わせて考えて、このような問題を根絶させるために挑戦していくことができれば、とても良いことだと思う」<br><br>提供:goal.com 2018.12.13 18:50 Thu
twitterfacebook
thumb

長期離脱のコシエルニーがついに! エメリがEL・カラバフ戦先発起用を明言

▽アーセナルに所属するフランス代表DFローラン・コシエルニーが、ついに長期離脱からトップチーム復帰を果たすことになりそうだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽コシエルニーは今年5月に行われたヨーロッパリーグ(EL)準決勝2ndレグのアトレティコ・マドリー戦でアキレス腱を痛めて手術。約6カ月の大ケガを負い、ロシア・ワールドカップ行きも逃した挙句、今シーズン前半戦も棒に振る可能性が高まっていた。しかし、そのコシエルニーは11月下旬にU-23チームで実戦復帰。トップチームへの完全復帰も迫っている。 ▽そんな中、13日にヨーロッパリーグ(EL)・グループEのカラバフ戦に臨むアーセナル率いるウナイ・エメリ監督は、前日会見でコシエルニーの先発を明言。さらに週末のプレミアリーグ第17節サウサンプトン戦の出場についても可能性があることを明かしている。 「我々は明日の試合でU-23チームから何人かを起用するつもりだ。また、明日はローラン・コシエルニーが先発する予定だ」 「まず最初の目標であるグループステージ1位突破はすでに決めている。しかし、我々はこの大会、そしてカラバフをリスペクトしている。明日の試合も勝つことが目的である」 「(サウサンプトン戦での出場について)コシエルニーがセインツ戦に出場するかどうかは明日の試合を観て決める。このゲームで彼が90分プレーできるのかできないのかを判断する」 2018.12.13 09:55 Thu
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 12月13日は、幾度もの手術を受けながら復帰を諦めなかった不屈の魔術師のバースデー

◆サンティ・カソルラ 【Profile】 国籍:スペイン 誕生日:1984/12/13 クラブチーム:ビジャレアル ポジション:MF 身長:168㎝ 体重:66㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ! 』12月13日は、ビジャレアルMFサンティ・カソルラだ。 ▽2003年にビジャレアルでプロキャリアをスタートさせたカソルラは、2006-07シーズンにレクレアティーボに移籍すると、リーグ戦34試合に出場し5ゴールを記録。リーガエスパニョーラ1部に昇格したばかりのチームの8位躍進に貢献した。個人としても、スペイン紙『ドン・バロン』が選ぶリーガエスパニョーラのスペイン人最優秀選手賞に選ばれている。 ▽その活躍が認められ、翌シーズンにビジャレアルに帰還。トップチーム在籍7年間では通算241試合に出場し34ゴール35アシストを記録した。2011-12シーズンは、ビジャレアル時代に師弟関係にあったマヌエル・ペジェグリーニ監督に誘われる形で当時大型補強を敢行していたマラガでプレー。大型補強の効果もあり、そのシーズンはクラブ史過去最高の4位でフィニッシュしている。 ▽そして、2012年からはアーセナルに活躍の場を移した。加入初年度からリーグ戦全試合に出場し、自己最多の12ゴールと12アシストを記録。アーセン・ヴェンゲル元監督の下でチームの中心選手として活躍していた。しかし、2015-16シーズンはヒザやアキレス腱の負傷で長期離脱。2016-17シーズンにも再びアキレス腱を負傷し、幾度にもわたる手術で腱を8cnmも失った。 ▽さらに、踵は感染症により壊疽。ほとんど足を失った状態だとカソルラ当人は独白している。長期間プレー出来ておらず、医者には「子供と自分の庭で歩けるようになれば、それだけで満足すべきだ」と伝えられるほどの重症で、一時は現役引退も囁かれた。それでも、本人は復帰を諦めず。2018年4月から1年半ぶりに練習を再開し、2018-19シーズンから古巣ビジャレアルに復帰。そして、7月17日に行われたプレシーズン初戦のエルクレスで途中出場し、1年9カ月ぶりの実戦復帰で古巣サポーターに帰還を告げた。同シーズン、34歳の誕生日時点で公式戦19試合2ゴール5アシストを記録している。 ※誕生日が同じ主な著名人 沖野将基(サッカー選手/セレッソ大阪) 大南拓磨(サッカー選手/ジュビロ磐田) 石田凌太郎(サッカー選手/名古屋グランパス) 堀米勇輝(サッカー選手/ヴァンフォーレ甲府) hide(ギタリスト/X JAPAN) 井戸田潤(お笑い芸人/スピードワゴン) 角田晃広(お笑い芸人/東京03) 綾部祐二(お笑い芸人/ピース) マキシマムザ亮君(ミュージシャン/マキシマムザホルモン) 妻夫木聡(俳優) 瑛太(俳優) 横峯さくら(プロゴルファー) おのののか(タレント) 2018.12.13 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドとアーセナルがヘルタの” クロース2世”に関心か

▽マンチェスター・ユナイテッドとアーセナルが、ヘルタ・ベルリンに所属するU-21ドイツ代表MFアルネ・マイアー(19)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『サン』の情報を引用してイギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽ヘルタ下部組織出身のマイアーは、広い視野と足元の技術を生かしたプレーを武器にアンカーを主戦場にするプレーメーカ―だ。2016-17シーズンにトップチームデビュ―を果たし、翌年にはブンデスリーガ17試合に出場。今シーズンはリーグ戦全試合にフル出場を果たしており、"クロース2世"と評されるほど評価を高めている。 ▽ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督はフランス代表MFポール・ポグバ(25)ら中盤のプレーヤーに不満を募らせていることから新戦力として、そのマイアーに興味を示しているようだ。また、アーセナルのウナイ・エメリ監督も、公式戦21試合無敗と好調を保っているが、チームの強化を望み、マイアーに目を光らせているという。 ▽一方で、ヘルタはマイアーの契約解除金を1500万ポンド(約21億3000万円)に設定している模様。しかし、獲得するにはそれ以上の移籍金を支払わなければならない可能性が高いとみられる。 2018.12.11 15:20 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース