アーセナル、清水でもプレーしたインビンシブルズの一員ユングベリがU-23チーム監督に就任2018.06.13 05:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルは12日、今年7月からクラブOBで元スウェーデン代表MFのフレドリック・ユングベリ氏(41)がU-23チームの監督に就任することを発表した。▽1998年から2007年までアーセナルに在籍していたユングベリ氏は、サイドハーフを主戦場に中盤の複数ポジションを高いレベルでこなすユーティリティー性を武器に主力として活躍。2003-04シーズンにプレミアリーグ無敗優勝を達成したインビンシブルズの一員としても知られている、アーセナル黄金時代のレジェンドの一人だ。

▽アーセナル退団後はウェストハムやアメリカのメジャーリーグサッカー(MLS)、セルティックを渡り歩き、2011年8月から2012年2月までは短期間ながらJリーグの清水エスパルスでもプレー。その後、一度は現役引退を発表も、2014年にはインド・スーパーリーグのムンバイ・シティで現役復帰し短期間プレーした後に再びスパイクを脱いだ。

▽現役引退後はアーセナルのアンバサダーを務めると共にU-15チームの監督も歴任。だが、2017年2月にはアーセナルの下部組織の運営に携わっていたアンドリース・ヨンカー氏の誘いを受けてヴォルフスブルクのアシスタントコーチも務めていた。

▽再びアーセナルへの復帰が決定したユングベリ氏はクラブ公式サイトで以下のようなコメントを残している。

「このクラブに再び戻ってこれたことを嬉しく思う」

「アーセナルは私にとっていつでも特別な場所なんだ。同時にU-23チームのプレーヤーたちと共に仕事ができることにとても興奮しているよ」

「このクラブの優れた若手プレーヤーとの仕事は本当に楽しみだ。彼らの多くはよく知っている存在だし、彼らが最高のプレーヤーになるための助けとなれるように全力を注ぐつもりだ」
コメント
関連ニュース
thumb

ダービーでもエジルを起用せず? エメリ「このチームはメストがいてもいなくても…」

アーセナルを率いるウナイ・エメリ監督が、チェルシー戦前の会見に臨んだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 アーセナルは19日、プレミアリーグ第23節でチェルシーとの“ロンドン・ダービー”を戦う。前節のウェストハム戦を0-1で落としたことで5位アーセナル(勝ち点41)と4位チェルシー(勝ち点47)の勝ち点差は「6」に開いており、チャンピオンズリーグ(CL)出場権を確保するためにも負けられない一戦だ。 エメリ監督は、チェルシー戦を浮上のきっかけにするチャンスだと捉えているようだ。前日会見で以下のようにコメントした。 「ウェストハムに敗北して(状況は)大きく変わった。チェルシーと3ポイント差か6ポイント差か…。だが、あの試合はもう終わって、次の試合はチェルシー戦だ。私たちが前に進む機会だ」 「もし私たちが勝てば彼らに近付くことができ、自分たちのやり方を続けられる。私はこの野心と、全力でプレーする機会が全ての選手にあると思っている」 また、今回のダービーではアーセナルに所属する元ドイツ代表MFメスト・エジルの起用法にも注目が集まっている。同選手はエメリ監督の下でレギュラーから陥落しており、この重要な一戦が将来に影響を及ぼす可能性も。しかし、そのことについて問われたエメリ監督は、エジルを起用しないことを示唆している。 「私たちは彼と共に勝利してきて、彼と共に負けてもきた。そして、彼抜きでも勝ち、彼抜きで敗北した」 「私たちは全てのプレーヤーを必要としており、時には誰かをプレーさせる決断を下すことができない。このチームはメスト(・エジル)がいてもいなくてもパフォーマンスを発揮できると思う」 2019.01.19 21:00 Sat
twitterfacebook
thumb

サッリは[4-3-3]変更を考えず ロンドン・ダービーでも継続へ

チェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督が、ダービーでもこれまでの戦いを継続すると宣言している。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 チェルシーは、今シーズンからサッリ監督を招へい。サッリ監督は、愛弟子のイタリア代表MFジョルジーニョをナポリから呼び寄せ、MFカンテではなくよりテクニカルな同選手をアンカーの位置に固定。すると、開幕直後はプレミアリーグ5連勝を飾るなど好調を示したが、直近5試合では3勝1分け1敗と下降傾向に。 [4-3-3]のフォーメーションや選手の配置に変更が必要なのではないかと議論が交わされる中、サッリ監督はまだ変化を加える段階ではないと考えているようだ。19日の第23節アーセナル戦前の会見で主張した。 「この瞬間に変化する準備は、私たちには出来ていない。私が見たいものが100%に達した時に変えることができる。[4-3-3]で私たちがトップに立っていれば、変えようと試みただろう」 「ナポリ同様、私たちも昨シーズンは[4-2-3-1]でプレーしていた。しかし、今はそうではない。まだ準備が出来ていないんだ」 また、クラブの補強に関与しているか問われたサッリ監督は、以下のように返答している。 「(ピッチとは)別のことに力を注ぎたいとは思わない。だから、私は(移籍には)関与したくない」 「私のエネルギーをピッチに注入したいと思うし、そうでなかったら問題だ」 「イングランドでは数日おきにプレーしなくてはならない。精神的なエネルギーの50%を他のことに費やしてしまえば、私はピッチ上で問題を抱えることになる」 「誰もが私の意見を理解していて、クラブが機能していることに自信を持っている。私が(移籍関係の仕事に)参加しなくてはならないというのは理解できない」 2019.01.19 19:00 Sat
twitterfacebook
thumb

アーセナルとチェルシー、就任1年目の両指揮官の評価は?ダービー前に番記者に聞いてみた

プレミアリーグ第23節が19日に行われる。今節最大のビッグカードはアーセナルとチェルシーによるダービーマッチだ。<br><br>両チームともに序盤は順調に勝利を重ねてきたものの、ここに来てやや失速気味。そんなライバル同士の勝ち点は6差で、4位と5位の直接対決にもなる。ウナイ・エメリとマウリツィオ・サッリは就任1年目にしてまずまずの成果を収めているように見えるが、現地で毎試合スタジアムに足を運び、日々取材を続ける番記者はどのような評価を下しているのだろうか。<br><br>■アーセナルの問題点は&hellip; <br><br>『Goal』では、両チームの番記者にそれぞれの指揮官の評価を聞いた。アーセナルを追うクリス・ウィートリー氏の評価はやや複雑なものだ。<br><br>「エメリはマンチェスター・シティ、チェルシーに敗れ、難しいスタートを切ったが、それから22試合負けなしを続けた。ただ、最近の試合では昨季からの守備の問題が露呈している。多くのファンは無敗記録がそのアーセナルの根本の問題を隠していたと気づき始めているだろうね」<br><br>また、ここまでのエメリ政権でのハイライトは、昨年12月にリーグ戦で宿敵トッテナムから奪った勝ち点3を挙げる。同時に10月のレスター・シティ戦(3-1)が、フットボール的には最も機能した試合と語っている。<br><br>一方で、10番のメスト・エジルがエメリ監督の間に問題を抱えていると報じられるなどピッチ外も騒がしくなり始めている。ウィートリー氏もエメリ監督のマネージメントには少々疑問を抱いているようだ。<br><br>「ウェストハムに敗れたこともあってメンバー選考は少し問題になる可能性がある。エメリは何試合かでエジルを外しているが、疑問もある。彼はパリ・サンジェルマンでもネイマールをコントロールできなかった。ここでも同じ状況を引き起こしているような気がするね」<br><br>■一定の評価のサッリ・チェルシー <br><br>他方、チェルシーはどうだろうか。一時は首位を走り、その魅力的なスタイルには賛辞も集まった。しかし、番記者のニザール・キンセラ氏は現実的だ。<br><br>「サッリは期待に応えようとしているが、最初の数カ月は期待を大きく超えたとは言えないね。リーグ戦12試合無敗で、新監督としては記録も樹立した。しかし、昨年11月にウェンブリーでトッテナムに敗れてからは(1-3)、苦労している」<br><br>さらに、サッリ就任によってスタイルの確立を評価しつつも、選手たちの才能がここまでの戦いを手助けしていると話す。<br><br>「不完全なパフォーマンスにもかかわらず、下と6ポイント差をつけてトップ4に入っている。選手たちの才能がこのスタイルの移り変わりを助けている。エデン・アザールの10ゴール10アシストというのは、改めて彼がスター選手であるということを証明しているが、サッリのベストが見られるのは来季以降だろう。昨季は5位だったわけだし、今季はトップ4に入れば、ポジティブに捉えることができる」<br><br>続けて、サッリのタイトル経験のなさを指摘し、プレミアリーグを逆転で制す可能性は限りなく低いとした。<br><br>「サッリは監督としてメジャータイトルを手にしたことがない。ただ、カップ戦ではよくやっているし、カラバオカップFAカップやヨーロッパリーグを制する可能性はあるだろう。ただ、プレミアリーグを優勝することはまずないだろう。マンチェスター・ユナイテッド、アーセナルより上で終えられれば良い。これはサッリ自身も認めていることだ」<br><br>■移籍市場は難しい? <br><br> <br><br>また、興味深いことに、移籍市場は両チームにとって簡単なものにはならないと、両番記者は予想。ウィートリー氏は「エメリ監督も認めている通り、アーセナルは冬にレンタルでしか獲得できない。チームは高年俸の選手を多く抱えているからね」と、スター選手のシーズン途中での加入には否定的だ。<br><br>チェルシーに関しても「アザールが出ていくことになれば、サッリの挑戦は難しいときを迎えるだろう。加えて(18歳未満の選手獲得で規則違反の可能性があるとして)補強禁止処分の可能性もある」と、ニザール氏は話す。<br><br>両監督にとってライバルより上でシーズンを終えることが一つの評価につながることは間違いない。それだけに、この一戦はただのダービーマッチ以上の意味合いを持つこととなりそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.19 18:30 Sat
twitterfacebook
thumb

【プレミアプレビュー】トップ4フィニッシュを懸けた今季2度目のダービー!《アーセナルvsチェルシー》

プレミアリーグ第23節、アーセナルvsチェルシーによるロンドン・ダービーが日本時間20日26:30にエミレーツ・スタジアムでキックオフされる。し烈なトップ4争いを繰り広げる5位のアーセナル(勝ち点41)と、4位のチェルシー(勝ち点47)による今季2度目のダービーだ。 2019年に入ってフルアム、ブラックプール相手に公式戦2連勝を飾ったアーセナルだが、直近のウェストハム戦では0-1の敗戦を喫して新年初黒星。トップ4フィニッシュに向けて上位との勝ち点差は「6」に広がり、これ以上の取りこぼしは許されない状況だ。そして、ロンドン・ダービー3連戦を締めくくる今節は奇しくも4位のチェルシーとの対戦に。チームとして好ましいチーム状況とは言えないが勝ち点3奪取必須の一戦だ。 一方、新年初戦となったサウサンプトン戦を引き分けてEFLカップ準決勝初戦でトッテナムに敗戦を喫したチェルシーだが、大苦戦を強いられた直近のニューカッスル戦ではFWペドロ、MFウィリアンと伏兵の2ゴールで競り勝ち、新年のリーグ戦初勝利を手にした。さらに、チーム待望の新ストライカー、イグアイン加入報道も熱を帯びており、今回のダービーをきっちり制してシーズン終盤戦に向けた弾みとしたい。 なお、開幕2戦目に行われた前回対戦では共に新体制2戦目という状況ながら攻守の完成度で上回ったチェルシーが3-2のスコアで勝利している。そこから互いに上積みを持った中で戦う今節だが、やや停滞感を抱えた状態での再戦となりそうだ。 <div style="text-align:center;">◆アーセナル◆ 【3-4-2-1】</div> ▽アーセナル予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190118_15_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:レノ DF:ムスタフィ、パパスタソプーロス、コシエルニー MF:ベジェリン、トレイラ、ジャカ、コラシナツ MF:オーバメヤン、イウォビ FW:ラカゼット 負傷者:DFマヴロパノス、ホールディング、MFムヒタリアン、FWウェルベック 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者に関してはホールディング、ムヒタリアン、ウェルベックの長期離脱組が引き続き欠場する。また、パフォーマンスやコンディションの問題でエジルが再びベンチ外となる可能性もありそうだ。 システムに関しては引き続き[3-4-2-1]の採用が濃厚だ。ただ、敗れたウェストハム戦からはナイルズとグエンドウジに代えてベジェリン、トレイラを先発復帰させる見込みだ。 <div style="text-align:center;">◆チェルシー◆ 【4-3-3】</div> ▽チェルシー予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190118_15_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:ケパ DF:アスピリクエタ、リュディガー、ダビド・ルイス、マルコス・アロンソ MF:カンテ、ジョルジーニョ、バークリー FW:ペドロ、アザール、ウィリアン 負傷者:DFクリステンセン、MFドリンクウォーター、ロフタス=チーク、FWモラタ 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者に関してはクリステンセン、ロフタス=チークの2選手が欠場となる。また、コンディションと去就問題を抱えるモラタに関しても欠場の可能性が高い。 スタメンに関しては左インサイドハーフと3トップのメンバー構成に注目したい。決め手を欠く左インサイドハーフではフィジカルのバークリー、テクニックのコバチッチの2択だ。エミレーツ初凱旋のジルー、バイエルン行きの可能性が盛んに報じられるハドソン=オドイに注目が集まる前線だが、サッリ監督は直近のニューカッスル戦と同じ3トップで臨みそうだ。 ★注目選手 ◆アーセナル:DFセアド・コラシナツ<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190118_15_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>アーセナルの注目プレーヤーは昨年12月の復帰後、左サイドで存在感を増すコラシナツだ。モンレアルと共に今季序盤戦をケガの影響で棒に振ったボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFだが、本格復帰した先月から左サイドバックと左ウイングバックのポジションで豪快な持ち上がりと好クロスで決定機を創出。とりわけ、同サイドの一列前でプレーするイウォビとの関係性は良好だ。 今回のダービーでは同サイドでマッチアップするペドロのケアを頭に入れながらカンテが攻撃参加した際には豪快な持ち上がりからイウォビをオーバーラップ、インナーラップでサポートしつつ、左サイドを攻撃の起点としたい。 ◆チェルシー:FWオリヴィエ・ジルー<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190118_15_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>チェルシーの注目プレーヤーはエミレーツ初凱旋のジルーだ。サッリ監督就任後、思うように出場機会を得られず、現在は自身を抑えてアザールの最前線起用というストライカーにとっては屈辱的な状況を強いられている。さらに、今冬の移籍市場でサッリ監督の愛弟子であるFWイグアインの加入が濃厚となっており、より厳しい立場に立たされそうだ。 その苦境の中で迎える今節は2012年の加入から2018年1月までプレーしたエミレーツ・スタジアムでの初のプレーとなる。前述のように今回の試合でもアザールの起用が濃厚だが、途中出場で15分ほどプレーしたスタンフォード・ブリッジでの前回対戦のように出番が与えられれば、古巣への恩返しと共に自身のアピールとしたい。 2019.01.19 16:00 Sat
twitterfacebook
thumb

アーセナルOBがエジル売却を勧告「中国クラブなら興味があるはず」

アーセナルOBで解説者を務める元スコットランド代表のチャーリー・ニコラス氏が、元ドイツ代表MFメスト・エジル(30)の売却を勧めている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ウナイ・エメリ新監督体制で今シーズンを始めたアーセナル。シーズン前半には公式戦22試合無敗を記録するなど好調が伝えられたが、10番を背負うエジルは対照的な状況に。出場機会を激減させており、レギュラーはおろか戦力外とも見られている。 給与がクラブ史上最高額の週給35万ポンド(約4900万円)であることも相まって、退団も議論されているエジル。『スカイ・スポーツ』で解説者を務めるニコラス氏は、売却を強く勧めている。 「(メスト・)エジルを追い払うべきだと思う。クラブの運営者たちは彼に(高額な)賃金を与えているけど、アーロン・ラムジーやジャック・ウィルシャーを手放す方が馬鹿げて見える」 「ユベントスが早期に(移籍金が発生するタイミングで)ラムジーを連れて行き、アーセナルがいくらかの資金を得ることを願う。エジルは(ウナイ・)エメリのプランにフィットしていないし、代理人を使って他の場所を探そう」 「エジルには素晴らしい才能があり、ドレッシングルームでも人気だ。けど彼の時間は終わっていて、移籍しなくてはならない」 「中国のクラブが(マルコ・)アルナウトビッチに関心を示しているというのなら、エジルにも興味があるはずだ」 「彼はベンチに座りたがらないが、常識的な総意はクラブを見つけて彼を売り込むということだ」 19日にはプレミアリーグ第23節でチェルシーとの“ロンドン・ダービー”を迎えるアーセナル。各紙はエジルの起用如何にも着目しているが、エメリ監督はどのような采配を選ぶのだろうか。 2019.01.19 15:45 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース