アーセナル、清水でもプレーしたインビンシブルズの一員ユングベリがU-23チーム監督に就任2018.06.13 05:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルは12日、今年7月からクラブOBで元スウェーデン代表MFのフレドリック・ユングベリ氏(41)がU-23チームの監督に就任することを発表した。▽1998年から2007年までアーセナルに在籍していたユングベリ氏は、サイドハーフを主戦場に中盤の複数ポジションを高いレベルでこなすユーティリティー性を武器に主力として活躍。2003-04シーズンにプレミアリーグ無敗優勝を達成したインビンシブルズの一員としても知られている、アーセナル黄金時代のレジェンドの一人だ。

▽アーセナル退団後はウェストハムやアメリカのメジャーリーグサッカー(MLS)、セルティックを渡り歩き、2011年8月から2012年2月までは短期間ながらJリーグの清水エスパルスでもプレー。その後、一度は現役引退を発表も、2014年にはインド・スーパーリーグのムンバイ・シティで現役復帰し短期間プレーした後に再びスパイクを脱いだ。

▽現役引退後はアーセナルのアンバサダーを務めると共にU-15チームの監督も歴任。だが、2017年2月にはアーセナルの下部組織の運営に携わっていたアンドリース・ヨンカー氏の誘いを受けてヴォルフスブルクのアシスタントコーチも務めていた。

▽再びアーセナルへの復帰が決定したユングベリ氏はクラブ公式サイトで以下のようなコメントを残している。

「このクラブに再び戻ってこれたことを嬉しく思う」

「アーセナルは私にとっていつでも特別な場所なんだ。同時にU-23チームのプレーヤーたちと共に仕事ができることにとても興奮しているよ」

「このクラブの優れた若手プレーヤーとの仕事は本当に楽しみだ。彼らの多くはよく知っている存在だし、彼らが最高のプレーヤーになるための助けとなれるように全力を注ぐつもりだ」
コメント
関連ニュース
thumb

モンチに断られていたアーセナル、残された選択肢は…

アーセナルの新スポーツ・ディレクター(SD)探しが難航を極めている。 先月8日にスヴェン・ミスリンタートSDが退任したアーセナルは、今季限りでローマとの契約が切れるモンチSDの招へいに動いていた。しかし、今月17日、モンチ氏は古巣のセビージャに復帰。また、モンチ氏と並行して交渉を行っていたとされるアヤックスのマルク・オーフェルマルスSDも契約延長に至った。 セビージャへの復帰を決めたモンチ氏はアーセナルから正式なオファーがあったことを認めている。 「私に関心を持ってくれたアーセナルに感謝している。彼らは最も強い関心を示してくれた。だが、最終的に私は確信のあるプロジェクトを持っていたセビージャを選んだ」 こうして、モンチ氏招へいは破談に終わったアーセナル。イギリス『フットボール・ロンドン』によると、現在は2人の候補者が挙がっているという。 そのうちの1人がスティーブ・モロー氏だ。クラブOBであるモロー氏は、今はアーセナルでユース選手のスカウティングを担当している。FWアレックス・イウォビやMFエミール・スミス=ロウ、FWレイス・ネルソンを発掘した手腕を持つ。 もう1人はフランシス・カジガオ氏だ。同氏もユース時代にアーセナルに所属しており、現在はクラブの国際採用担当責任者という肩書を持っている。これまでにMFセスク・ファブレガスやFWアレクシス・サンチェス、DFエクトル・ベジェリン、MFサンティ・カソルラの獲得を成功させてきた。 『フットボール・ロンドン』が主張するのは、アーセナルの文化や品性を損なわない人材であることと、ウナイ・エメリ監督と良好な関係を築けること。その点、すでに長年アーセナルに身を置いている両者はこれらの基準を満たしていると考えられている。 2019.03.20 17:57 Wed
twitterfacebook
thumb

ナポリ指揮官アンチェロッティ「アーセナルと対戦するおかげでリーグ戦も面白くなる」

ナポリの指揮官カルロ・アンチェロッティが、17日のウディネーゼ戦終了後、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じた。試合を振り返るとともに、ヨーロッパリーグ(EL)のアーセナル戦をポジティブに考えている。<br><br>ナポリは17日、セリエA第28節でウディネーゼと対戦したが、ホームにおいて4-2とリーグ戦3試合ぶりの勝利をつかんだ。アンチェロッティは試合を振り返り、勝利を喜びつつも反省点を述べた。<br><br>「なぜ怒っているか?今日はサッスオーロ戦と同じようなことが一部で起こった。木曜日に試合をして移動やら何やらあると、パフォーマンスが良くないことが多い。今日は2-0でリードしていたが、ウディネーゼに苦しめられた。ややバラバラになっていたが、後半には態勢を整えて最終的に勝つことができたし、勝利に相応しかった」<br><br>また試合中に相手選手と接触し、頭部の負傷によりした病院に搬送されたコロンビア代表GKダビド・オスピナの容体について言及。「幸運なことに深刻なものではなかった。CT検査を受けて問題はなかった。容体を観察しなければならないが、元気だ。意識もあった」と胸をなでおろした。<br><br>EL準々決勝では、組み合わせ抽選の結果、ナポリはウナイ・エメリ率いるアーセナルと激突することが決定した。イタリア人の名将は、対戦を前向きに捉えている。<br><br>「ELでは、強豪と対戦することになるが、これにより誰もがこの試合に出場することへ意欲を燃やし、セリエAで良いプレーを見せようと刺激されている。したがってリーグ戦も面白くなるだろう。アーセナル戦の前にリーグ戦3試合があるが、2位の座を固めていきたい」<br><br>提供:goal.com 2019.03.18 20:45 Mon
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、逆転優勝に向けて痛恨の敗戦…敵地サン・マメスに沈む《リーガエスパニョーラ》

アトレティコ・マドリーは16日、リーガエスパニョーラ第28節でビルバオと対戦し、0-2で敗れた。 バルセロナを勝ち点差「7」で追う2位アトレティコ(勝ち点56)が、12位のビルバオ(勝ち点34)の本拠地サン・マメスに乗り込んだ一戦。現在チーグ4連勝中のアトレティコだが、ユベントスとの対戦となったチャンピオンズリーグ・ラウンド16ではFWクリスティアーノ・ロナウドにハットトリックを決められ、2点のアドバンテージを引っくり返され敗退を喫してしまった。 気持ちを切り替えて臨みたい今節は、グリーズマンとジエゴ・コスタ、モラタが揃って先発出場。左サイドバックにはサウールが起用された。 まずはビルバオが4分、右サイドのFKを短く繋いで最後はイバイ・ゴメスがボックス手前右から左足でシュート。これがこの試合のファーストシュートとなったが、それ以降試合は停滞。中盤での潰し合いが続き、2本目のシュートシーンが訪れたのは35分のことだった。 右サイドのスローインからリスタートしたビルバオは、イニャキ・ウィリアムズがワンタッチでボックス右に走り込んだイバイ・ゴメスへ。イバイ・ゴメスはそこからダイレクトで狙ったが、シュートはGKオブラクに弾かれた。 前半終了間際の44分、ここまでシュート0のアトレティコにビッグチャンスが訪れる。トーマスの素晴らしいスルーパスで、グリーズマンが右サイドからボックスに侵攻。あとはシュートを打てればという場面だったが、ジェライ・アルバレスの対応に遭い、シュートを打つことが出来なかった。 ゴールレスで迎えた後半、前半とは打って変わり、互いにシュート回数が増える試合展開に。64分に、右サイドのサン・ホセのクロスを大外から侵入したムニアインが頭で合わせたが、GKオブラクがセーブ。 その後、互いにシュートを重ねるスペクタクル試合を動かしたのはホームのビルバオだった。73分、相手陣内での素早いチェックからボールを奪い、左のコルドバへ。コルドバのゴール前への絶妙なグラウンダーのクロスをイニャキ・ウィリアムズが押し込んで先制した。 互いに交代策を講じる後半戦。功を奏したのはリードしているビルバオだった。85分、ボックス手前右のイバイ・ゴメスのスルーパスを受けたのは途中出場のコドロ。ボックス右に走り込んだコドロはイバイ・ゴメスからのスルーパスをダイレクトでゴールニアサイド上を打ち抜き、試合を決定づける2点目を追加。 試合はこのまま終了。ホームのサン・マメスでアトレティコから勝利を挙げたビルバオはリーグ戦3戦ぶりの白星に。一方のアトレティコは、逆転優勝に向けて痛恨の敗戦となった。 2019.03.17 04:37 Sun
twitterfacebook
thumb

EL決勝で古巣対戦の可能性…今季引退のチェフ「僕の夢は続く」

アーセナルの元チェコ代表GKペトル・チェフが、未だ目指している夢があると語った。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 今年初めに、今シーズン限りで現役から身を引くことを発表したチェフ。欧州最優秀GK賞を4度、プレミアリーグ・ゴールデングローブを4度獲得し、チャンピオンズリーグ(CL)やプレミアリーグ制覇も経験した偉大な守護神は、プロ20年目という節目のタイミングで幕を降ろすことを決断した。 しかし、キャリアの最終盤に差し掛かってもチェフの闘志は尽きていない。ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・2ndレグのレンヌ戦に3-0で勝利し、2戦合計4-3での逆転突破を決めた後、以下のように語った。 「僕の夢は続く」 「僕の夢は、トロフィーを手にして引退することだ。僕らはそんな終わりを迎えるチャンスを得ている。長い道のりではあるけど、この(ラウンド16・2ndレグの)パフォーマンスであれば争うことが出来る」 なお、15日にEL準々決勝の組み合わせ抽選が行われた結果、アーセナルはナポリとの対戦が決定。奇しくもチェフの古巣であるチェルシーとは逆の山に振り分けられており、両チームともに順調に勝ち進めば、キャリア最後の1戦にもなる決勝戦は感慨深いものになるだろう。 2019.03.16 20:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド退団濃厚バレンシアの新天地候補にアーセナル!

アーセナルが、マンチェスター・ユナイテッドに所属するエクアドル代表MFアントニオ・バレンシア(33)獲得に興味を示しているようだ。イギリス『メトロ』が報じた。 バレンシアは2009年夏にウィガンから加入すると、クラブのシンボルナンバーである背番号「7」を一時継承。その後、新たに右サイドバックのポジションを開拓してレギュラーの座を射止め、公式戦通算338試合25得点62アシストを誇り、2度のプレミアリーグ制覇やヨーロッパリーグ(EL)優勝など数々のタイトルに貢献した。 だが、主将を務め、チーム最古参の在籍10年となるバレンシアの契約は今シーズンが最終年。以前から延長交渉の行方に注目が集まったが、先月のイギリス『スカイ・スポーツ』によれば、ユナイテッドは先月末まで有効だった1年の延長オプションを行使せず、退団がぐっと高まっている模様だ。 そして、新天地に関する報道が飛び交う中、バレンシアの代理人が候補となるクラブを幾つか列挙。その中には、プレミアにおいてユナイテッドとタイトルを争ってきたアーセナルも含まれている。以下のように語った。 「彼は環境の変化を望んでおり、クラブにも(契約を)更新する気は無い。人生の全てのものと同じく、全てに終わりが来る」 「アーセナル、ウェストハム、インテルミラノ、そして中国クラブに一つの選択肢があるが、フットボールにおいては全てが変化するものだ」 「彼は最善の選択肢を選ぼうとしているが、何よりも2年契約を求めている」 「お金の為ではなく、平穏のためだ。彼が私に告げたことは、『重要なことの為に戦うチームに雇われたい』ということだ」 2019.03.16 16:20 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース