昇格組カーディフが“マーフィー・ツインズ”の片割れジョシュを獲得2018.06.13 04:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽来シーズンからプレミアリーグに昇格するカーディフ・シティは12日、ノリッジ・シティからイングランド人FWジョシュ・マーフィー(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年となる。

▽ニューカッスルで活躍するFWジェイコブ・マーフィーとの“マーフィー・ツインズ”として知られるジョシュ・マーフィーは、2013年のトップチームデビュー以降、ノリッジ一筋のキャリアを続けてきた。

▽アジリティとテクニックに優れるレフティのウインガーは、今季のチャンピオンシップ(イングランド2部)で41試合に出場し7ゴール3アシストを記録。また、EFLカップ4回戦ではアーセナル相手に先制ゴールを挙げる活躍を見せていた。

▽なお、来シーズンに個人としてプレミア復帰を果たすジョシュは、ニューカッスル戦でジェイコブとの双子対決が期待されるところだ。
コメント
関連ニュース
thumb

プレミアリーグで8年ぶりの珍事! 第15節で全チームが得点記録

▽12月4日と5日に行われたプレミアリーグ第15節で8年ぶりに全チームが得点を記録する珍事が起きた。『@OptaJoe』が伝えている。 ▽ヨーロッパ主要リーグの中でも打ち合い必至のオープンな展開が多いプレミアリーグだが、ここ数年はトップ6と下位チームの実力差や守備戦術の進歩によって、1節で全チームが得点を記録したのは2010年の11月27日、28日に行われた2010-11シーズンの第15節が最後だった。 ▽しかし、今節では未だ一桁失点を誇るマンチェスター・シティ、リバプールがワトフォード、バーンリーと格下相手に失点。また、1試合平均1得点以下のニューカッスルやクリスタル・パレス、ハダースフィールド、フルアムら下位チームがゴールを記録したことも、今回の珍事を起こす要因に。 ▽とりわけ、いずれも0-3のビハインドを負っていたカーディフ、サウサンプトンが後半アディショナルタイムに敵地で意地のゴールを記録したことが、大きな要因となった。 ◆プレミアリーグ第15節 ▽12/4(火) ボーンマス 2-1 ハダースフィールド ウェストハム 3-1 カーディフ ブライトン 3-1 クリスタル・パレス ワトフォード 1-2 マンチェスター・シティ ▽12/5(水) ウォルバーハンプトン 2-1 チェルシー エバートン 1-1 ニューカッスル フルアム 1-1 レスター・シティ バーンリー 1-3 リバプール マンチェスター・ユナイテッド 2-2 アーセナル トッテナム 3-1 サウサンプトン 2018.12.06 14:37 Thu
twitterfacebook
thumb

審判失格? ユニフォームを脱いでもお咎め無しの理由…

▽通常では起こりえない事件がピッチ内で起きた。10日に行われたプレミアリーグ第12節のカーディフvsブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンの一戦。試合は2-1でカーディフが勝利したが、目を疑う光景があった。 ▽試合は開始6分にブライトンのレウィス・ダンクが先制ゴールを記録。しかし、カーディフも28分にカラム・パターソンがネットを揺らし、1-1で試合は推移する。しかし、互いに決定力を欠き、引き分けで終わるかと思われた90分、ソル・バンバが値千金のゴールを記録。2-1でカーディフが勝利した。 ▽事件が怒ったのは、S・バンバのゴール後だった。土壇場での決勝ゴールを喜んだS・バンバは自身のユニフォームを脱ぎ、喜びを爆発。当然のことながら、ユニフォームを脱いだことでイエローカードが提示されるものと思われた。 ▽しかし、主審のマーティン・アトキンソンはイエローカードを提示せず。さらに、S・バンバにユニフォームを脱いだのかを尋ねた所、「ノー」と答え、それを信じてお咎め無しに終わった。 ▽S・バンバがユニフォームを脱いでいたことは明らかであり、試合映像や写真にまで記録されている。しかし、イングランドサッカー協会(FA)のルールでは、イエローカードを遡って提示することはできず、S・バンバは処分を免れることとなった。 ▽なお、先日行われたカーディフvsレスター・シティでは、レスターのFWデマライ・グレイが決勝ゴールを記録。ヘリコプター墜落事故で急逝したヴィチャイ・スリヴァッダナプラバ会長を追悼する「スリヴァッタナプラバのために」というメッセージが書かれたアンダーシャツを見せたことで、イエローカードを提示されていた。 ▽この行為には賛否両論が巻き起こったが、ルール上審判の判断は間違っていない。しかし、今回の見逃しには、各方面から喝が入れられることとなりそうだ。 2018.11.12 21:20 Mon
twitterfacebook
thumb

会長へ届け!悲劇のレスターがグレイのゴールでカーディフに勝利!リーグ4戦ぶり勝利を捧げる《プレミアリーグ》

▽レスター・シティは3日、プレミアリーグ第11節でカーディフと対戦し、1-0で勝利した。岡崎はベンチ外となった。 ▽悲劇のヘリ墜落事故から1週間、ヴィチャイ・スリヴァッタナプラバ会長を失い悲しみに暮れるレスター。この一戦を延期にする可能性もあったものの、クラブは予定通り行うことを決断した。 ▽試合前に黙祷が捧げられ、選手たちはスリヴァッタナプラバ会長の顔がプリントされたTシャツからユニフォームに着替えてキックオフ。ややカーディフに押し込まれる展開んレスターはアクシデントに見舞われてしまう。27分、守備の要のマグワイアが足を痛めて負傷交代。エバンスと代わってピッチを退いた。 ▽その直後、レスターはエンディディがアーターへのファウルでゴール正面でFKを与えてしまう。カマラサが直接狙ったシュートはクロスバーを直撃。レスターは冷や汗をかいた。 ▽なかなか攻め手のないレスターは37分に左CKからエンディディがヘディングシュートを放つが枠を捉えることができず。40分には左からのクロスの跳ね返りをメンディが拾ってシュートに持ち込んだが、これは相手に当たって枠の外へ。 ▽レスターの勢いが増してきた前半アディショナルタイム、ここで問題となりそうなシーンが生まれる。ゴール正面から狙ったマディソンのシュートが跳ね返され、ヴァーディがそれを畳みかけたのだが、ヴァーディのシュートは相手の手に当たって枠の外へ。レスターの選手たちは一斉に審判にハンドを主張したが、判定はコーナーキック。結局前半はゴールレスで終えた。 ▽後半最初はカーディフペース。52分にジョシュ・マーフィーに右サイドを突破されボックス右からのシュートを許すが、GKシュマイケルが見事なショットブロック。するとこのプレーに前線の選手も応える。 ▽55分、左サイドバックのチルウェルがオーバーラップしクロスを供給。これをボックス中央のグレイがダイレクトで押し込んでネットを揺らした。グレイはゴール後ユニフォームを脱いで、「スリヴァッタナプラバのために」と書かれたアンダーシャツをアピール。天にいる会長へ捧げた。 ▽その後は互角の戦いを続ける両者。74分にレスターは右CKの場面で、エンディディがクロスボールを後ろに逸らし、そこにエバンスが反応。頭で押し込みにかかったが、上手くミートさせることができなかった。終盤の88分には、ヴァーディにGKと一対一のビッグチャンスが訪れるが、シュートはGKの足に当たってしまう。 ▽追加点は奪えなかったレスターだが、最後までグレイのゴールを守り切って試合終了。4試合ぶりの勝利をスリヴァッタナプラバ会長へ捧げた。 2018.11.04 02:00 Sun
twitterfacebook
thumb

サラー3連発にシャキリ初弾、マネが2G! ホームでリーグ10戦ぶり失点も快勝レッズが暫定首位浮上《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第10節、リバプールvsカーディフが27日にアンフィールドで行われ、ホームのリバプールが4-1で快勝した。 ▽現在、首位のマンチェスター・シティと3位のチェルシーと共に勝ち点23で2位に位置するリバプール。前節のハダースフィールド戦を1-0で辛勝したチームはミッドウィークに行われたツルヴェナ・ズヴェズダ戦も4-0で圧勝し公式戦2連勝。3連勝を目指す今節は17位のカーディフを得意のホームで迎え撃った。CLからは先発3人を変更し、ロバートソンとジョー・ゴメス、シャキリに代えてロブレンとララナ、アルベルト・モレノを起用。A・モレーノとファビーニョはこれが今季リーグ戦初先発となった。 ▽試合は立ち上がりからホームのリバプールが圧倒的に押し込んでいく。すると10分、右サイドからの崩しからボックス中央のマネ、ワイナルドゥムが続けてシュートを放つ。これはいずれも相手DFのブロックに遭うも、ゴール左でこぼれ球に反応したサラーが左足でニアに蹴り込んだ。 ▽エースの公式戦3試合連続ゴールで幸先良く先制に成功したホームチームは、その後も積極的に追加点を目指す。13分にセットプレーからファン・ダイクが右ポスト直撃のヘディングシュートを放つと、その後もサラーがゴール前に抜け出す決定機を作るなど、相手を自陣深くに張り付ける。 ▽前半半ばから終盤にかけても70パーセントを超えるボール支配率で相手を押し込み、守備の局面でも素早い切り替えで相手に自陣深くへの侵入を許さないリバプール。前半終了間際にはA・モレーノからのクロスにゴール前のララナが反応も決定的なヘディングシュートは相手DFの好ブロックに阻まれた。 ▽迎えた後半、やや連戦の疲れが出てきたリバプールは立ち上がりの52分に相手のセットプレーからネットを揺らされるが、ここはオフサイドの判定に救われる。前半同様にボールを保持するもののなかなかフィニッシュまで持ち込めない状況が続く中、61分にはララナを下げてシャキリを投入する。 ▽すると66分、ボックス内でのフィルミノのキープからボックス左のマネにボールが渡る。ここでやや手詰まったマネが強引に仕掛けると、うまくDF2枚を交わす形となり最後はゴール左から強烈な左足シュートをファーポストに突き刺した。 ▽マネの貴重な追加点で勝利を大きく近づけたリバプールはフィルミノを下げてミルナーを投入し試合をクローズにかかる。しかし、77分には相手の右サイドからのグラウンダーのクロスに対してニアのファン・ダイクがクリアし切れず、これをゴール前に飛び込んだパターソンにワンタッチで流し込まれ、昨季から継続していたホームでのリーグ戦無失点記録が10試合目にして途切れることに。 ▽それでも、84分には右サイドでのサラーの斜めの仕掛けからボックス中央でパスを受けたシャキリが冷静なシュートフェイントでDFを外しゴール左隅へ移籍後初ゴールを決め切る。さらに直後の87分にはロングカウンターからサラーのスルーパスに抜け出したマネが飛び出したGKを嘲笑うかのようなチップキックで無人のゴールへ流し込み、瞬く間の連続得点で試合を決定づけた。自慢の攻撃陣爆発で格下カーディフを一蹴したリバプールが公式戦3連勝で暫定首位に浮上した。 2018.10.28 01:07 Sun
twitterfacebook
thumb

アーセナル、若きアッズーリMFバレッラに熱視線か

▽アーセナルがカリアリのイタリア代表MFニコーロ・バレッラ(21)の獲得に動くようだ。イギリス『talkSPORT』が伝えた。 ▽カリアリ下部組織のバレッラは2015年にプロデビュー。2016年冬には当時セリエBのコモにレンタルされたが、武者修行の地でリーグ戦21試合に出場し、チームのセリエA昇格を手助けした。半年でカリアリに復帰すると、今シーズンもここまでリーグ戦8試合で1ゴールを記録している。また、先日行われたウクライナ代表との親善試合でイタリア代表デビューを飾った。 ▽欧州中で高い評価を受けるバレッラに対しては、以前にリバプールが興味を示しており今夏には契約に近付いたと言われていたが、クラブが拒否したことを選手当人が明らかにしている。今なおリバプールの関心は薄れていないそうだが、今回の記事によると強力なライバルが出現したようだ。 ▽伝えられるところでは、アーセナルがバレッラを注視。既にスカウトも派遣している模様で、3000万ポンド(約44億円)を用意していると噂されるリバプールと争奪戦の様相を呈している。また、ミランとインテルからの興味も聞こえており、今後の動向に目が離せない。 ▽なお、バレッラ本人は冬の移籍を望んでおらず。クラブを出る場合でも来夏の移籍になるようだ。 2018.10.17 18:11 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース