昇格組カーディフが“マーフィー・ツインズ”の片割れジョシュを獲得2018.06.13 04:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽来シーズンからプレミアリーグに昇格するカーディフ・シティは12日、ノリッジ・シティからイングランド人FWジョシュ・マーフィー(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年となる。

▽ニューカッスルで活躍するFWジェイコブ・マーフィーとの“マーフィー・ツインズ”として知られるジョシュ・マーフィーは、2013年のトップチームデビュー以降、ノリッジ一筋のキャリアを続けてきた。

▽アジリティとテクニックに優れるレフティのウインガーは、今季のチャンピオンシップ(イングランド2部)で41試合に出場し7ゴール3アシストを記録。また、EFLカップ4回戦ではアーセナル相手に先制ゴールを挙げる活躍を見せていた。

▽なお、来シーズンに個人としてプレミア復帰を果たすジョシュは、ニューカッスル戦でジェイコブとの双子対決が期待されるところだ。
コメント
関連ニュース
thumb

飛行機墜落事故で急逝のサラ、幼少期在籍の故郷クラブが追悼ユニフォームを発売

今年1月に前所属先のナントから新天地のカーディフに渡航した際に飛行機墜落事故に巻き込まれて逝去したアルゼンチン人FWエミリアーノ・サラ(享年28)が幼少期にプレーした地元クラブが同選手への追悼の想いを込めた特別なユニフォームを発売することになった。スペイン『アス』が伝えている。 今年1月21日に搭乗した小型飛行機がイギリス海峡に墜落し、後に海底から沈んだ機体から亡骸が発見されて死亡が確認されたサラ。そして、現在その亡骸は自身が生まれ育ったアルゼンチンのプログレソ市に埋葬されている。 これまでサラが所属したナントやボルドー、加入するはずだったカーディフを中心にサッカー界に多くの悲しみをもたらした同選手の突然の訃報だったが、この悲劇を忘れないため、さらに同選手のこれまでの人生への敬意を表するため、古巣クラブが追悼ユニフォームを発売することになった。 今回追悼ユニフォームの発売を決めたのは、サラが4歳だった1994年からヨーロッパに旅立つ2005年まで在籍していたサンマルティン・デ・プログレソ。 『アス』が伝えるところによれば、このユニフォームは『Kalcomax』社製でチームカラーの赤と黒のストライプを基調にしたもの。そして、サラがプロキャリアを通じて決めた93ゴールにちなんで93本の細かい線が入っているという。 さらに、ユニフォームの裏側にはサラの写真と共に「Toujours Emi por siempre(エミ、いつまでも永遠に)」とのメッセージが描かれている。 また、サンマルティンは今回の追悼ユニフォームの発売と共に、2000人収容の本拠地のスタジアム名をエミリアーノ・サラを冠したスタジアム名に変更することを発表している。 ◆素晴らしい仕上がりに https://twitter.com/kalcomax1/status/1107719766628810752 2019.03.21 04:24 Thu
twitterfacebook
thumb

アル・アラビ、カーディフからアイスランド代表MFグンナルソンを獲得…7月に加入

カタールのアル・アラビは20日、カーディフからアイスランド代表MFアーロン・グンナルソン(29)を獲得を発表した。なお、加入時期はカーディフとの契約満了を迎える2019年7月1日以降となり、契約期間は2年間で1年の延長オプションが付随している。 2011年の夏にコヴェントリーからカーディフに加入したグンナルソンは、在籍8シーズンで公式戦278試合に出場し、25ゴール23アシストをマーク。今シーズンはヒザのケガでで遅れるも、ここまでプレミアリーグで20試合に出場し1ゴール1アシストを記録していた。 また、2008年にデビューしたアイスランド代表では、これまで81キャップをマーク。アイスランド代表の一員としてロシア・ワールドカップにも参戦した。 2019.03.21 01:51 Thu
twitterfacebook
thumb

悲劇の続報…サラ搭乗飛行機のパイロット、商用飛行免許の未取得が発覚

悲劇にまつわる衝撃の事実が発覚した。イギリスの航空事故調査当局は25日、パイロットのデイビッド・アイボットソン氏が商用飛行の免許を持っていなかったと報告した。イギリス『BBC』などが報じた。 1月21日、ナントからカーディフへと移籍を果たしたアルゼンチン人FWエミリアーノ・サラを乗せた小型飛行機がイギリス海峡に墜落。サラはこの事故により28歳の若さで命を落とすこととなり、サッカー界に衝撃が走った。 カーディフにとってはクラブ史上最高額の移籍金1500万ポンド(約21億2000万円)を支払うほどの期待を寄せており、新天地での活躍を胸にフランスを飛び立ったサラだったが、2月7日に死亡が確認されていた。 事故の詳しい調査が行われている中、航空事故調査当局はパイロットのアイボットソン氏が商用飛行の免許を取得していなかったと報告。取得していた免許は、民間飛行のものであったとのこと。詳細は判明していないものの、アイボットソン氏はこれまで乗客と経費を分担する条件で客を運んでいたことがわかっており、サラも同様の条件で飛行していたとみられている。 なお、サラの遺体はすでに発見されているものの、アイボットソン氏の遺体はまだ見つかっていない。 2019.02.26 12:22 Tue
twitterfacebook
thumb

カーディフ監督、サラの死を受けトレーニングキャンプを中止に「時にはフットボールよりも大事なことがある」

カーディフ・シティのニール・ウォーノック監督は、チームに加入する予定だったFWエミリアーノ・サラの死亡が確認されたことから、テネリフェで行う予定であったトレーニングキャンプの中止を発表した。<br><br>カーディフはナントからクラブ史上最高額でアルゼンチン人ストライカーのサラを獲得。しかし、先月21日にサラが搭乗した飛行機が消息を絶ち、今月3日にイギリス海峡の海底で飛行機の残骸が発見された。そして、7日に遺体の身元が発覚し、サラの死亡が確認された。<br><br>クラブは9日のプレミアリーグ第26節のサウサンプトン戦から、22日の第27節ワトフォード戦の間で、4日間のトレーニングキャンプを行う予定であったが、この予定をキャンセル。選手たちがチームメイトを失ったトラウマから精神的なダメージを受けないように、家族と過ごす時間を設けたという。ウォーノック監督は「時にはフットボールよりも大事なことがある」とクラブの判断に賛同を示した。<br><br>「あの事故が起こってから、もう2週間以上がたっている。私も子どもたちを抱きしめ、自分の妻と共に時間を過ごしたい。これまでに多くのことを経験してきたが、こんなことが自分の人生で起こるなんて想像もしていなかった。選手たちはこの事故にショックを受けているし、時には家族と共に過ごす時間のほうがフットボールよりも大事だ」<br><br>また、カーディフでチームメイトになる予定であったアイスランド人MFアーロン・グンナルソンは現在のチームの状況について語った。<br><br>「とてもつらい状況だったけど、選手たちはクラブに関わるすべての人達と団結して立ち上がった。今最も大事なことは彼の家族を尊重することだ。そしてパイロットが発見され、彼の家族も喪に服すことができることを願っている」<br><br>提供:goal.com 2019.02.11 14:35 Mon
twitterfacebook
thumb

セインツサポ2名が逮捕 サラの死を中傷で

イギリス『BBC』は9日、アルゼンチン人FWエミリアーノ・サラ(享年28)の死を侮辱したサウサンプトンサポーター2名の逮捕を報じた。 先日に今冬加入予定だったサラを小型機事故で失ったカーディフは9日、プレミアリーグ第26節でサウサンプトンとアウェイで対戦。両軍の選手は黒い喪章を着け、試合前に黙祷も行った。 そうしたなか、スタンドで観戦したサウサンプトンサポーター2名がサラの死を嘲笑するような飛行機のジェスチャー。これを受け、ハンプシャー警察が当該者を拘束して事情聴取したという。 また、サウサンプトン側も当該者のホーム戦入場禁止処分を科す見込みとのことだ。 2019.02.10 10:30 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース