昇格組ウルブスがベンフィカからメキシコ代表FWラウール・ヒメネス獲得!2018.06.13 05:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽来シーズンからプレミアリーグに昇格するウォルバーハンプトンは12日、ベンフィカからメキシコ代表FWラウール・ヒメネス(27)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。

▽母国クラブ・アメリカでキャリアをスタートしたヒメネスは、2014年にアトレティコ・マドリーへ加入。だが、同クラブでは思うように出場機会を得られず、翌年にベンフィカへ完全移籍した。ベンフィカでは在籍3年間で1度もリーグ戦2桁ゴールを記録できなかったものの、準主力としてリーグ連覇に貢献。今季はリーグ戦33試合に出場し6ゴール7アシストの数字を残していた。

▽一方、メキシコ代表では通算63キャップで13ゴールと目立った数字は残せていないものの、小兵アタッカーの目立つチームの中で190cmの恵まれたサイズを武器に空中戦やポストプレーで存在感を放つ。2012年のロンドン五輪で金メダル獲得にも貢献した偉丈夫は、ロシア・ワールドカップのメンバー入りも果たしている。
コメント
関連ニュース
thumb

武藤欠場のニューカッスルを後半AT弾で下したウルブズ、チェルシー戦から2連勝!《プレミアリーグ》

▽武藤嘉紀が所属するニューカッスルは9日、プレミアリーグ第16節でウォルバーハンプトンと対戦し、1-2で敗れた。武藤は出場しなかった。 ▽現在3勝4分け8敗で15位に位置するニューカッスル。第11節のワトフォード戦で初勝利を挙げると、その勢いのまま3連勝を収めたもののここ2試合は再び白星から遠ざかっている。3試合ぶりの勝利を目指す今節は、前節のエバートン戦からスタメンを3人変更。アジョセ・ペレスやクラーク、リッチーらが起用された。武藤はベンチスタートとなった。 ▽試合を動かしたのは前節にチェルシーを逆転で下したウルブズ。17分、右サイドのエウデル・コスタが左足でクロスを送ると、ジョッタがゴール前で胸トラップ。そのまま冷静にゴールに流し込んだ。 ▽しかし、ニューカッスルもやり返す。22分にロンドンのFKがクロスバーに直撃すると、その流れのままロンドンが右サイドからクロスを供給。これをニアでアジョセ・ペレスが頭で逸らすように流し込み、すぐに同点に追いついた。 ▽後半からF・フェルナンデスを下げてマンキージョを投入したニューカッスルは、51分にクラークが惜しいヘディングシュートを放つなど良い入りを見せた。しかし57分に、ジョッタに背後を取られたイェドリンがユニフォームを引っ張って倒してしまう。するとこれが決定機阻止と見なされ一発退場の判定に。残り時間を10人で戦うことになってしまった。 ▽数的有利のウルブズは61分に2選手を同時交代。75分にはカウンターからその交代で入ったヒメネスがボックス左に侵入しシュートを放つがクロスバーを直撃する。80分にも自陣ゴール前からカウンターを発動。左サイドをヒメネスが一気に駆け抜けゴール前にクロスを送る。ここに飛び込んだ途中出場のギブス=ホワイトはスルー。後ろからドハーティがシュートを放ったが、ゴール左を突いたシュートはGKドゥブラフカのビッグセーブに防がれた。 ▽ニューカッスルは終盤に差し掛かり、ロンドンを下げてホセル、アツを下げてケネディを投入。この時点で3枚の交代枠を使い切ったため、武藤の出場の機会はなくなった。 ▽攻勢を強めたいニューカッスルだがチャンスなく時間が経過。このまま終わるかに思われたが後半アディショナルタイムに試合が動いた。自陣でボールを奪ったウルブズはすぐにジョッタにボールを渡す。ジョッタは敵陣中央をドリブルで切り裂くと、ヒメネスのフリーランを囮にしながらボックス左からシュートまで持ち運ぶ。このシュートはGKにセーブされたものの、こぼれ球をドハーティが頭で押し込んで土壇場で勝ち越しに成功した。 ▽その後まもなく試合終了の笛。数的不利から試合を覆せなかったニューカッスルはこれでリーグ戦3試合未勝利。ウルブズは前節のチェルシー戦に続き2連勝を収めた。 2018.12.10 03:04 Mon
twitterfacebook
thumb

中島翔哉のウルブス移籍、有力か 進捗状況は「80%」

▽ポルティモネンセに所属する日本代表FW中島翔哉(24)のプレミアリーグ挑戦が現実味を帯びてきた。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽中島の移籍先として名前が浮上するクラブはウォルバーハンプトンだ。ドルトムントやレスター・シティの関心も取り沙汰される中島に対して、移籍金1700万ポンド(約24億4000万円)の獲得オファーを打診した模様だ。 ▽その中島の契約解除金は推定3500万ポンド(約50億4000万円)。だが、ポルティモネンセは同額以下での放出に対しても肯定的だという。同クラブの会長を務めるロドニー・サンパイオ氏は次のように認識を示したという。 「会談は事実だ。まだ100%じゃないが、1月に移籍の可能性がある」 「残すは契約解除金の支払いだ。中島は80%ウォルバーハンプトンだ」 ▽ポルティモネンセ加入2年目の中島は今シーズンのここまでリーグ戦11試合に出場して5ゴール。9月のリーグ月間MVPに輝き、森保一体制の日本代表にも定期的に招集されており、新たな顔として期待が高まっている。 ▽2016年に中国の資本グループが買収したウォルバーハンプトンは昨シーズンのチャンピオンシップ(イングランド2部相当)を優勝。今シーズンからプレミアリーグに7年ぶりに復帰し、5勝4分け6敗の12位に位置している。 2018.12.07 08:35 Fri
twitterfacebook
thumb

チェルシーがウルブスに逆転負けで今季2敗目…次節シティ戦へ《プレミアリーグ》

▽チェルシーは5日、プレミアリーグ第15節でウォルバーハンプトンと対戦し、1-2で敗れた。 ▽第13節でトッテナムに敗れ今季初黒星を喫したチェルシーは、その後のヨーロッパリーグと前節のフルアム戦で快勝を収め2連勝。リーグ戦では3試合ぶりに勝利を手にした。それから中2日でのウルブス戦。前節からはスタメンを5選手変更。クリステンセンやセスク、モラタ、ウィリアン、そして前節ゴールのロフタス=チークが先発に名を連ねた。 ▽まずは7分、チェルシーは右サイドでカンテが味方のパスに飛び出しボックス右へ。グラウンダーで上げたクロスをファーサイドでアザールがダイレクトシュート。これはGKにキャッチされてしまったものの、チェルシーが先にチャンスを作った。また、12分にはモラタがボックス手前から自身初のシュートを放っていく。 ▽何度かカウンターで危ない場面を作られたチェルシーだったが18分に先制。左サイドのアザールのパスを受けたロフタス=チークがアザールを囮にボックス手前左からシュートを選択。これをクリアしようと出したコーディの頭に当たってゴールに吸い込まれた。 ▽ロフタス=チークの2試合連続ゴールで先制したチェルシーは、23分にはウィリアンがFKからゴールに迫る。39分にも、アザールの浮き球パスを受けたウィリアンがボックス右へ侵攻しシュートモーションに入るが、懸命に戻ったベネットのスライディングタックルを受けてシュートを打てなかった。 ▽1点リードで後半を迎えたチェルシーは48分、左サイドに流れたロフタス=チークのクロスにモラタが飛び込むがわずかに合わず。その直後にもヘディングで合わせる場面があったが枠を捉えることは出来なかった。 ▽ここまでチェルシーペースで進んでいたかに思われた試合だが、その模様は激変する。59分、ウルブスはボックス手前のギブス=ホワイトからボックス右のヒメネスを送ると、ヒメネスはそこからGKケパの脇を突くシュートを流し込み同点に。さらにその4分後には、ボックス右のドハーティのグラウンダーのクロスにジョッタが反応。ファーサイドに走り込んだジョッタがフリーで押し込んで逆転した。 ▽まさかの展開となったチェルシーはその後すぐにウィリアンとモラタを下げてペドロとジルーを投入。77分にはカンテに代えてコバチッチがピッチに。これですべての策を講じたチェルシーは80分にかけてアザールとジルーが立て続けにシュートを打っていくがゴールは遠い。 ▽そして、試合はそのまま終了。先制したチェルシーだったが昇格組のウルブス相手に逆転負け。今季2敗目を喫し、次節マンチェスター・シティとの大一番に臨むことになった。 2018.12.06 06:45 Thu
twitterfacebook
thumb

中島がプレミア入りか? ウォルバーハンプトンが25億円のオファーを提示!

▽ウォルバーハンプトンが、ポルティモネンセに所属する日本代表MF中島翔哉(24)の獲得に迫っているようだ。ポルトガル『A BOLA』が伝えている。 ▽2017年夏にポルティモネンセ入りして以降、まばゆい輝きを解き放ち続ける中島。今シーズンもここまでポルトガルリーグ得点ランキング2位タイの4得点を挙げる活躍ぶりを受け、森保一新体制の日本代表に呼ばれ続けており、16日に行われたキリンチャレンジカップ2018のウルグアイ代表戦でも強豪撃破に大きく貢献した。 ▽その中島を巡っては、セビージャやレスター・シティなど多くのクラブが目を光らせていたが、ここにきてウォルバーハンプトンが獲得のポールポジションに立った。 ▽『A BOLA』によれば、ウォルバーハンプトンはすでに中島の獲得に向け2000万ユーロ(約25億円)のオファーを提示しており、移籍交渉は最終段階に入っているとのこと。 ▽しかし、ポルティモネンセが中島の移籍金を4000万ユーロ(約51億円)に設定していることから、移籍決定まではまだ時間がかかりそうだ。 2018.12.06 02:01 Thu
twitterfacebook
thumb

ウルブスの躍進支えるパトリシオ、パフォーマンス維持の秘訣はヨガ「プロフェッショナルとは…」

▽ウォルバーハンプトンに所属するポルトガル代表GKルイ・パトリシオが、ヨガが健康の秘訣だと語っている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽今夏にスポルティング・リスボンからウルブスに移籍したポルトガル不動の守護神パトリシオ。ここまでのプレミアリーグ全12試合に出場して4試合でクリーンシートを達成し、昇格シーズンながら暫定11位につけるチームの躍進を支えている。 ▽パトリシオは、高パフォーマンスを維持する秘訣を以下のように語った。 「フィジカリーなヨガはもうそれ程しないが、定期的な医療法としてヨガを取り入れている。毎日の習慣だよ。健康を保ち身体を良くするんだ。自分の人生を健康に続けるためのテクニックだ」 「それに、プロフェッショナルな意味でも役に立つ。僕らの知覚方法や、やっていることをどう感じるのかを分からせてくれる」 「僕にとってのプロフェッショナルとは、個人の生活と職業生活の両方でトップレベルにあることだ」 ▽ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都や、ドイツ代表のヨアヒム・レーブ監督も取り入れていることで有名なヨガ。古代インド発祥とされるこの心身鍛練法は、多くのサッカー選手を手助けしているようだ。 2018.11.25 20:40 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース