昇格組ウルブスがベンフィカからメキシコ代表FWラウール・ヒメネス獲得!2018.06.13 05:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽来シーズンからプレミアリーグに昇格するウォルバーハンプトンは12日、ベンフィカからメキシコ代表FWラウール・ヒメネス(27)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。

▽母国クラブ・アメリカでキャリアをスタートしたヒメネスは、2014年にアトレティコ・マドリーへ加入。だが、同クラブでは思うように出場機会を得られず、翌年にベンフィカへ完全移籍した。ベンフィカでは在籍3年間で1度もリーグ戦2桁ゴールを記録できなかったものの、準主力としてリーグ連覇に貢献。今季はリーグ戦33試合に出場し6ゴール7アシストの数字を残していた。

▽一方、メキシコ代表では通算63キャップで13ゴールと目立った数字は残せていないものの、小兵アタッカーの目立つチームの中で190cmの恵まれたサイズを武器に空中戦やポストプレーで存在感を放つ。2012年のロンドン五輪で金メダル獲得にも貢献した偉丈夫は、ロシア・ワールドカップのメンバー入りも果たしている。

コメント

関連ニュース

thumb

積極補強のウルブスvsエバートンはドロー! リシャルリソン2発もネヴェス1G1Aで譲らず《プレミアリーグ》

▽2018-19シーズンのプレミアリーグ開幕節、ウォルバーハンプトンvsエバートンが11日に行われ、2-2のドローに終わった。 ▽昨季、チャンピオンシップ(イングランド2部)優勝チームのウルブスと、昨季8位のエバートンによるポルトガル人指揮官同士の一戦。久々のプレミア復帰となるウルブスは今夏の移籍市場でポルトガル代表の守護神と司令塔であるルイ・パトリシオ、モウティーニョ、ジョニーやラウール・ヒメネスら実力派の新戦力を補強。今回の開幕戦にはその新戦力を先発で起用してきた。 ▽一方、前ワトフォードのマルコ・シウバ監督を新指揮官に据えたエバートンもバルセロナからミナ、ディーニュ、アンドレ・ゴメスの3人にベルナールやリシャルリソンなど積極補強を敢行。ただ、今回の開幕戦はリシャルリソンを除き昨季の主力を起用してきた。 ▽立ち上がりから拮抗した展開が続く中、エバートンの新戦力が早速魅せる。17分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーのベインズがクロスを入れると、ゴール前でマイケル・キーンが競ったこぼれ球にいち早く反応したリシャルリソンがゴールに蹴り込んだ。 ▽新エース候補のリシャルリソンの移籍後初ゴールで先手を奪ったエバートンはその後も安定した試合運びを見せる。しかし、このまま1点リードでハーフタイム突入と思われた40分にアクシデントが発生。最終ラインのパス回しでコントロールミスを犯したジャギエルカがこぼれ球に反応したジョッタに足裏を見せたタックルを見舞い、一発レッドで退場に。さらに、このファウルで与えたボックス手前のFKをネヴェスに見事な右上隅への直接FKで決められた。 ▽1-1のスコアで折り返した試合は数的優位を得たホームチームが立ち上がりから押し込んでいく。だが、ジャギエルカ退場後にシグルドソンを下げてDFホルゲイトを投入したエバートンも[4-4-1]の組織だった守備ブロックで失点を許さない。 ▽すると67分、左サイド深くに持ち込んだリシャルリソンがトスンとのワンツーでボックス左に抜け出すと、相手DFの股間を抜く見事なグラウンダーのコントロールシュートをゴール右隅に流し込み、新星のこの試合2点目で10人のエバートンが勝ち越しに成功した。 ▽一方、10人相手にホームで負けられないウルブスは積極的に攻撃的なカードを切ってここから猛攻に打って出る。すると80分、相手陣内左サイドでボールを持ったネヴェスからの絶妙なクロスに反応したヒメネスが泥臭くヘディングシュートを右隅に流し込み、同点に追いついた。その後、互いに中盤が間延びした中でカウンターの応酬となったものの最後の場面で決め手を欠き、試合はこのまま2-2でタイムアップ。 ▽10人相手のホームゲームで勝ち切れなかったウルブス、2度のリードを守れなかったエバートンと互いに消化不良の形で初戦を終えることになった。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグ観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.08.12 03:39 Sun
twitterfacebook
thumb

ウルブスが今季の背番号を発表!新加入GKルイ・パトリシオは「11」に

▽ウォルバーハンプトンは10日、2018-19シーズンの背番号を発表した。 ▽今夏、ポルトガル代表MFジョアン・モウティーニョを筆頭に、メキシコ代表FWラウール・ヒメネスやベルギー代表MFリーンデル・デンドンカーなどの積極補強が目立ったウルブスが、18-19シーズンの背番号を発表した。 ▽その中で注目されているのが、新加入のポルトガル代表GKルイ・パトリシオが背番号「11」を着けている点だ。「11」といえば、レアル・マドリーではMFガレス・ベイル、バイエルンのMFハメス・ロドリゲス、ドルトムントのマルコ・ロイスなど、攻撃的選手が身に着けることが多いのだが、GKがこの番号を着けるのは異例だ。 ▽ウルブスは、白血病により31歳で引退した元ナイジェリア代表GKカール・イケメに敬意を払い、彼の背番号だった「1」を今季は欠番にすることを決めたという。 2018.08.11 13:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ウォルバーハンプトンがアンデルレヒトからベルギー代表MFデンドンカーをレンタルで獲得

▽ウォルバーハンプトンは9日、アンデルレヒトからベルギー代表MFリーンデル・デンドンカー(23)を1年間のレンタル移籍で獲得した。 ▽デンドンカーは、アンデルレヒトの下部組織出身で、2013年7月にトップチームに昇格。トップチームでは、ここまで公式戦171試合に出場し11得点4アシストを記録していた。昨シーズンはセンターバックを中心にベルギー・ジュピラーリーグで27試合、チャンピオンズリーグで6試合に出場していた。 ▽また、世代別のベルギー代表でプレーした経験を持つデンドンカーは、2015年6月にA代表デビュー。これまで6試合に出場しており、今夏に行われたロシア・ワールドカップにも選出されると、グループステージ1試合に出場していた。 2018.08.09 23:49 Thu
twitterfacebook
thumb

ウルブス、シティからジンチェンコを完全移籍で獲得へ!

▽ウォルバーハンプトンがマンチェスター・シティのウクライナ代表MFオレクサンドル・ジンチェンコ(21)を完全移籍で獲得することが決定的となった。イギリス『スカイ・スポーツ』など複数メディアが伝えている。 ▽2016年にロシアのウファから加入したジンチェンコは、元々2列目の攻撃的なポジションを主戦場としていたものの、PSVからレンタルバックした昨シーズンはジョゼップ・グアルディオラ監督の下で左サイドバックにコンバート。国内カップ戦が主戦場ながら公式戦14試合に出場していた。 ▽しかし、今季は左サイドバックのレギュラーを担うフランス代表DFバンジャマン・メンディがヒザのケガから復帰するため、更なる出場機会の減少が見込まれている。そのため、出場機会を求める同選手はプレミアリーグ昇格組のウルブスへの移籍を決断したようだ。 ▽なお、ウルブスとシティの両クラブはウクライナ代表としてすでに17キャップを誇る逸材MFの移籍に関して1600万ポンド(約23億円)の金額で合意。同選手はイングランドの移籍市場最終日にメディカルチェックを受診し、正式契約となるようだ。 2018.08.09 15:24 Thu
twitterfacebook
thumb

ウルブスが今夏5人目の補強! バルサカンテラ出身のアダマ・トラオレを獲得

▽ウォルバーハンプトンは8日、ミドルスブラからスペイン人FWアダマ・トラオレ(22)を獲得したことを発表した。契約は2023年6月30日まで。 ▽バルセロナのカンテラーノであるアダマ・トラオレは2015年にアストン・ビラ、翌年にミドルスブラへ移籍。加入2年目となった昨シーズンは、右ウイングを主戦場にリーグ戦34試合に出場。5ゴール10アシストの記録を残した。 ▽各年代のスペイン代表に選ばれた経験を持つアダマ・トラオレの加入で、ウルブスは今夏5人目の補強に。これまでにポルトガル代表GKルイ・パトリシオ、同代表MFジョアン・モウティーニョ、メキシコ代表FWラウール・ヒメネス、スペイン人DFジョナタン・カストロ・オットを獲得している。 ▽なお、10日に控えるプレミアリーグ開幕節では、ウルブスはエバートンとホームで対戦する。 2018.08.08 18:22 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース