昇格組ウルブスがベンフィカからメキシコ代表FWラウール・ヒメネス獲得!2018.06.13 05:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽来シーズンからプレミアリーグに昇格するウォルバーハンプトンは12日、ベンフィカからメキシコ代表FWラウール・ヒメネス(27)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。

▽母国クラブ・アメリカでキャリアをスタートしたヒメネスは、2014年にアトレティコ・マドリーへ加入。だが、同クラブでは思うように出場機会を得られず、翌年にベンフィカへ完全移籍した。ベンフィカでは在籍3年間で1度もリーグ戦2桁ゴールを記録できなかったものの、準主力としてリーグ連覇に貢献。今季はリーグ戦33試合に出場し6ゴール7アシストの数字を残していた。

▽一方、メキシコ代表では通算63キャップで13ゴールと目立った数字は残せていないものの、小兵アタッカーの目立つチームの中で190cmの恵まれたサイズを武器に空中戦やポストプレーで存在感を放つ。2012年のロンドン五輪で金メダル獲得にも貢献した偉丈夫は、ロシア・ワールドカップのメンバー入りも果たしている。

コメント

関連ニュース

thumb

ウルブス、GKルイ・パトリシオの保証金の支払いでスポルティングと合意か

▽ポルトガル代表GKルイ・パトリシオの所属するウォルバーハンプトンは、同選手の前所属であるスポルティング・リスボンに対して契約解除に伴う補償金を支払うことで合意に近づいているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽2006年のトップチームデビュー以降、スポルティング一筋のキャリアを歩んできたルイ・パトリシオだが、今季チャンピオンズリーグ圏外の3位でリーグ戦を終えたことに腹を立てたスポルティングの過激派サポーターグループに練習場で襲撃を受けるなど、身の危険を感じたためクラブ側に今夏での契約解除を要求した。 ▽その後、ルイ・パトリシオは6月にウォルバーハンプトンへ4年契約で加入。しかし、スポルティングは国際サッカー連盟(FIFA)へルイ・パトリシオの契約違反を訴え、補償金4800万ポンド(約71億円)の支払いを求める抗議文を提出していた。 ▽今回の報道によると、ウォルバーハンプトンとスポルティングは長期間の交渉の末、要求額の1/3以下である1500万ポンド(約22億円)をウォルバーハンプトン側が支払うことで合意に至ったという。 2018.10.19 01:25 Fri
twitterfacebook
thumb

プレミア9月の月間MVPは4戦5発のアザール! 最優秀監督はウルブスのヌーノが初受賞

▽プレミアリーグは12日、チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールが9月の月間最優秀選手に選ばれたことを発表した。 ▽マウリツィオ・サッリ新監督の下、開幕から無敗を継続するチェルシーを牽引するアザールは、9月に開催されたボーンマス戦、カーディフ戦、ウェストハム戦、リバプール戦の合計4試合に出場。そして、ウェストハム戦を除く3試合でいずれもゴールを記録し、カーディフ戦ではハットトリックを達成していた。 ▽なお、アザールは2016年10月以来となる2度目の受賞となり、チェルシーからの受賞は同年11月のスペイン代表FWジエゴ・コスタ(現アトレティコ・マドリー)以来となる。 ▽また、9月の月間最優秀監督賞はウォルバーハンプトンのヌーノ・エスピリト・サント監督が初受賞した。 ▽昨季のチャンピオンシップ(イングランド2部)優勝チームを率いるヌーノ監督は9月にウェストハム戦、バーンリー戦、マンチェスター・ユナイテッド戦、サウサンプトン戦の4試合を戦い、敵地で引き分けたユナイテッド戦を除きすべての試合でクリーンシートでの勝利を記録した。 ▽最後に9月の最優秀ゴールは、リバプールのイングランド代表FWダニエル・スタリッジが9月29日の第7節チェルシー戦で試合終盤に決めたスーパーミドルシュートが選出されている。 2018.10.12 22:28 Fri
twitterfacebook
thumb

レスターがPK戦でウルブスとのプレミア対決制す! 今季2度目先発の岡崎は消化不良の途中交代《EFLカップ》

▽EFLカップ(カラバオカップ)3回戦のウォルバーハンプトンvsレスター・シティが25日に行われ、0-0で90分の戦いが終了。その後、PK戦を3-1で制したレスターの4回戦進出が決定した。なお、レスターFW岡崎慎司は61分までプレーした。 ▽前回ラウンドでフリートウッド・タウンを破って3回戦へと駒を進めたレスター。直近のハダースフィールド戦でリーグ戦の連敗をストップしたチームは、4回戦進出を懸けてウルブスとのプレミア勢対決に臨んだ。ハダースフィールド戦からは先発8人を変更し、リーグ戦で先発出場がない岡崎がフリートウッド戦以来のスタメンを飾った。 ▽ほぼ控えや若手で臨んだホームチームに対してヴァーディら一部主力を送り込んだアウェイのレスターが押し気味に試合を進める。立ち上がりの5分にはイボーラが抑えの利いたミドルシュートで相手ゴールを脅かす。 ▽その後も岡崎やヴァーディの果敢なチェイシングで主導権を握るアウェイチームは岡崎のミドルシュートなどでフィニッシュに持ち込む。前半終了間際には岡崎の落としからオルブライトンが強烈なミドルシュートを放つが、相手GKの好守に阻まれて前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半も引き続き拮抗した展開に。56分には裏へ抜け出したカバレイロがボックス内でDFを振り切って右足のシュートを放つが、これはわずかに枠の左へ外れる。後半に入って少し流れが悪いレスターは61分、岡崎とヴァーディを下げてグレイとイヘアナチョの若手コンビにスイッチ。66分にはゲザルの左クロスからゴール右のオルブライトンに絶好機も、ここは相手GKラディの好守に阻まれた。 ▽後半半ばから終盤にかけても一進一退の攻防が続くが、互いに最後の場面での精度を欠き集中した守備陣を共に崩せず、そして試合はゴールレスのまま90分の戦いを終えた。運命のPK戦では共に4人目まで2人ずつ失敗した中、先攻レスターのイボーラが成功したのに対し、後攻ウルブスはアダマ・トラオレが痛恨の失敗。そして、レスターの5人目のイヘアナチョが勝負を決めるPKをきっちり決め切った。ウルブスとのプレミア勢対決を制したレスターが4回戦進出を決めた。 2018.09.26 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、フレッジの移籍後初ゴールで先制も同点弾許し今季初の引き分け…《プレミアリーグ》

▽マンチェスター・ユナイテッドは22日、プレミアリーグ第6節でウォルバーハンプトンと対戦し、1-1の引き分けに終わった。 ▽公式戦3連勝中のユナイテッドが、リーグ戦3戦負けなしのウォルバーハンプトンをホームに迎えた一戦。19日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のヤングボーイズ戦を3-0で快勝したユナイテッドは、その試合から先発を4人変更。出場停止のマティッチやラッシュフォード、マルシャルらに代えてサンチェスやフェライニ、リンガードらが先発に起用された。 ▽一方、リーグ戦3戦負けなし好調のウォルバーハンプトンは、この試合もヒメネスやモウティーニョ、GKルイ・パトリシオなど開幕から6戦連続同じ先発メンバーで試合に臨んだ。 ▽ユナイテッドは開始早々にピンチを迎える。7分、ボックス右深くまで切り込んだエウデル・コスタの折り返しをゴール前で受けたヒメネスが反転から素早くシュートを放ったが、これはGKデ・ヘアが好反応で防いだ。 ▽守護神の好セーブでピンチを凌いだユナイテッドは18分、ボックス左から仕掛けたサンチェスがクロスを供給。これは相手DFにクリアされるも、セカンドボールをボックス手前のポグバがワンタッチで落とすと、最後はペナルティアーク中央からフレッジが右足のダイレクトシュートでゴールネットを揺らした。 ▽先制したユナイテッドは、前半アディショナルタイムにもチャンス。47分、ボックス左手前でボールを受けたサンチェスが倒されてFKを獲得。フレッジの直接FKは枠の左上を捉えたが、これはGKルイ・パトリシオの好セーブに阻まれた。 ▽迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはウォルバーハンプトン。53分、ボックス右深くまで侵攻したエウデル・コスタの折り返しをボックス中央のヒメネスが落とすと、ペナルティアーク左に走り込んだモウティーニョが左足のダイレクトシュートをゴール左に突き刺した。 ▽同点を許したユナイテッドは、63分にフレッジとサンチェスを下げてマルシャルとマタを投入。すると72分、ショーの左クロスからファーサイドのフェライニがヘディングシュートを放ったが、これはGKルイ・パトリシオがセーブ。 ▽攻めあぐねる状況が続いたユナイテッドは、75分に3枚の交代カードを使い切る。リンガードを下げてアンドレアス・ペレイラを投入した。 ▽その後も人数をかけた攻めで幾度となくウォルバーハンプトンゴールへ迫ったユナイテッドだが、最後までGKルイ・パトリシオの牙城は崩せず。試合は1-1の引き分けに終わった。 ▽この結果、チャンスをものに出来なかったユナイテッドは今季初の引き分けでリーグ3戦負けなしに。対するウォルバーハンプトンは、4戦負けなしと好調を維持している。 2018.09.23 01:15 Sun
twitterfacebook
thumb

モウリーニョの後任候補に昨季チャンピオンシップ優勝のポルトガル人監督?

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督の後任候補に、ウォルバー・ハンプトン指揮官の名が浮上しているようだ。イギリス『デイリー・スター』が伝えている。 ▽2016年夏にユナイテッドの指揮官に就任したモウリーニョ監督。1年目にはコミュニティ・シールド、EFLカップ、ヨーロッパリーグの3つのタイトル獲得、2年目にはプレミアリーグで長期政権を築いたアレックス・ファーガソン氏退任以降最高位となる2位という成績を残した。しかし、これまでチャンピオンズリーグやプレミアリーグ優勝を成し遂げることができていない。 ▽迎えた今シーズンはプレミアリーグでここまで2勝2敗で現在10位という低調なスタート。その影響から解任の噂やファン・サポーターからの批判が強まっている。 ▽これまでは、昨シーズンまでレアル・マドリーを率いていたジネディーヌ・ジダン氏が後任候補として浮上したことが伝えられてきた。しかし、イギリス『デイリー・スター』によると、現在ウォルバーハンプトンを指揮するポルトガル人のヌーノ・エスピリト・サント監督(44)の名前がジダンと共にショートリストに入っているという。 ▽2016-17シーズンにポルトを率いていたヌーノ監督は、2017年5月に当時チャンピオンシップに在籍していたウォルバーハンプトンの指揮官に就任。すると、昨シーズン2位に勝ち点9差をつけて優勝。2011-12シーズン以来のプレミアリーグ復帰に導いた。そして迎えた今シーズンはここまで1勝2分け1敗でユナイテッドに次ぐ11位に位置している。 2018.09.07 09:45 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース