ハダースフィールド、ストークからエジプト代表FWソブヒを獲得!2018.06.13 04:07 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ハダースフィールドは12日、ストーク・シティからエジプト代表FWラマダン・ソブヒ(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの3年となる。

▽2016年にエジプトのアル・アハリからストークに加入したソブヒは、利き足は異なるもののサラーと同様に個の打開力に優れた右利きのドリブラー。ストークでは左ウイングを主戦場に、今季は公式戦27試合に出場し3ゴール1アシストを記録していた。

▽現在、ロシア・ワールドカップ(W杯)に臨むエジプト代表に選出されているソブヒは今月3日に代表チームの許可を得てハダースフィールドのメディカルチェックを受診していた。

▽ハダースフィールドを率いるデイビッド・ワーグナー監督はクラブ公式サイトでソブヒ獲得に関して以下のようなコメントを残している。

「ラマダン・ソブヒをハダースフィールドに迎え入れることができて嬉しいよ。彼は21歳の若さにも関わらず、代表チームで20試合以上に出場している多彩なタレントだ。そして、国を代表してワールドカップにも出場する」
コメント
関連ニュース
thumb

豪州代表の司令塔ムーイ、右足内側側副靭帯の損傷でアジア杯欠場…「失望している」

▽ハダースフィールドは13日、オーストラリア代表MFアーロン・ムーイが右足内側側副靭帯の損傷と診断されたことを発表した。 ▽ムーイは8日に行われたプレミアリーグ第16節のアーセナル戦で右ヒザを負傷。検査の結果、右足内側側副じん帯の損傷と診断された。クラブの発表によると、来年2月まで負傷離脱し、同年1月に開幕するAFCアジアカップ2019も欠場するようだ。 ▽負傷離脱が決定したムーイは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「クラブそして代表の大事な時期に離脱することになり、失望している。このケガでアジアカップも欠場することになる。とても残念だ。オーストラリア代表のUAEでの健闘を祈っている。遠くから彼らを支えたい」 「すでに一生懸命回復に努めている。早くピッチに戻れることを楽しみにしているよ」 ▽来年1月にアジアカップを控えているオーストラリア代表。1月6日にヨルダン代表との初戦を迎えるが、司令塔の離脱は大きな痛手となりそうだ。 2018.12.13 10:30 Thu
twitterfacebook
thumb

豪州代表にピンチ! 司令塔ムーイ負傷でアジア杯欠場危機に…

▽ハダースフィールドに所属するオーストラリア代表MFアーロン・ムーイのアジアカップ出場が危ぶまれているようだ。イギリス『ガーディアン』が『News Corp』での報道をもとに伝えている。 ▽伝えられるところによると、ムーイは8日に行われたプレミアリーグ第16節のアーセナル戦でヒザを負傷。すでに検査を受けており、内側側副じん帯の損傷で全治約1カ月と診断されているようだ。 ▽来年1月にアジアカップを控えているオーストラリア代表。1月6日にヨルダン代表との初戦を迎えるが、司令塔を失うことになれば大きな痛手となりそうだ。 2018.12.12 08:40 Wed
twitterfacebook
thumb

トレイラの華麗バイシクルシュートでアーセナルがハダースフィールドに辛勝!公式戦無敗は21試合に《プレミアリーグ》

▽アーセナルは8日、プレミアリーグ第16節でハダースフィールドと対戦し、1-0で勝利した。 ▽前節、マンチェスター・ユナイテッドと対戦したアーセナルは2度もリードしながらも得点直後に失点を許し2-2のドロー。それでも今季の公式戦無敗を20試合に伸ばし、チームは依然好調のままだ。白星を取り戻したい今節のスタメンは前節から3選手変更。負傷したホールディングやラムジー、イウォビに代わり、リヒトシュタイナーやジャカ、ラカゼットが先発に起用された。 ▽開始6分にジャカがシュートを打って以降、ほとんどシュートチャンスが見られなかったアーセナルは28分にようやく攻撃の形を作る。左サイドを起点に、グエンドウジが運んでジャカに供給。ジャカはボックス手前右からクロスを送ると、これにニアでオーバメヤンが合わせたが、シュートは惜しくも枠の右に外れた。 ▽その直後、アーセナルは右サイドの攻撃からラカゼットがゴール前でフリーになる場面があったが、絶好のチャンスで足を滑らせてしまいシュートは大きく枠を越えた。また、42分にはゴールキックからオーバメヤンが頭で逸らしたボールにラカゼットが反応。一気にゴール前に抜け出しネットを揺らしたがオフサイドの判定。微妙な判定だったがゴールは認められなかった。 ▽対して、ハダースフィールドも41分にプリチャードが右サイドからの折り返しをダイレクトで狙っていったが枠の上。アーセナルは前半アディショナルタイムにトレイラが強烈なミドルシュートを枠に飛ばすもGKレッスルがファインセーブを見せ、前半はゴールレスで終えた。 ▽アーセナルは後半から、ラカゼットとリヒトシュタイナーを下げてムヒタリアンとイウォビを投入し、テコ入れを図る。67分にはムスタフィが負傷し、モンレアルと交代した。 ▽後半、なかなかシュートチャンスが作れないアーセナル。その焦りからか、80分にグエンドウジがボックス左でシミュレーションを犯してしまう。 ▽しかしその4分後、アーセナルにようやく欲しかった1点が入る。ボックス手前左のグエンドウジからボックス右のオーバメヤンにボールが渡る。相手のチェックに遭いながらも、粘り強く上げたクロスをゴール前でフリーとなっていたトレイラがバイシクルシュートで叩き込み先制点を挙げた。 ▽その後にもオーバメヤンがゴールに迫るシーンもあったアーセナルは、後半7分のアディショナルタイムも1点を守り切って試合終了。最後まで苦しめられたものの、トレイラの虎の子の1点で白星を取り戻した。 2018.12.09 01:59 Sun
twitterfacebook
thumb

サラーの今季4点目のゴールでリバプールがハダースフィールドに辛勝!《プレミアリーグ》

▽リバプールは20日、プレミアリーグ第9節でハダースフィールドとアウェイで対戦し、1-0で勝利した。 ▽ここまで6勝2分けと無敗を続けるリバプール。しかし、インターナショナルブレイクの間に主力4人が負傷する事態に見舞われた。心配された先発メンバーにはその4人のうち、ファン・ダイクとサラーが名を連ねたものの、ナビ・ケイタとマネはベンチ外となった。その他、攻撃陣にはスタリッジとシャキリが選ばれている。 ▽サラー、スタリッジ、シャキリと今季初の顔ぶれとなったリバプールの3トップ。とはいえ役割は変わらず、トップのスタリッジが下がってポストになることはあるものの、比較的自由にポジションを入れ替えながら攻撃の形を作っていく。 ▽なかなかシュートまで運べなかったリバプールだが24分、J・ゴメスの縦パスを敵陣中央で受けたシャキリから、ボックス右に走り込むサラーにパスが送られると、サラーは右足で流し込み先制点を奪った。 ▽失点を許したハダースフィールドだが、リバプールと互角の戦いを見せる。31分にホッグが左ポスト直撃のシュートを放つと、43分には左サイドのスローインから最後はプリチャードがネットを揺らしたが、オフサイドの判定を受けゴールは認められず。前半終盤にかけてはハダースフィールドが押し込んだ印象だった。 ▽リバプールは後半からヘンダーソンに代えてワイナルドゥムを投入。中盤では一枚も二枚も上手なリバプールだが、ゴールに迫ったのはハダースフィールドだった。55分、右サイドのクロスからドゥポワトルがヘディングシュート。ゴール右隅を捉えていたが、GKアリソンの守備範囲。ネットを揺らすことはできなかった。 ▽リバプールの後半最大のビッグチャンスは64分、左サイドかのスルーパスを受けたサラーがゴール前ボックス橋から左足で狙っていったが枠の右へ。 ▽追加点が遠いリバプール。77分にはミルナーを下げてフィルミノを投入するが、ハダースフィールドに危ない場面を作られてしまう。81分、リバプールの左サイドからクロスが上がると、ロブレンがクリアしきれずボールはムニエの目の前へ。しかし、至近距離からのシュートをふかしてしまい、千載一遇のチャンスを逸してしまった。 ▽その後、4分の後半アディショナルタイムも過ぎ試合終了。最後まで冷や汗をかいたリバプールだったが、サラーのゴールを守り切り7勝目。無敗を継続した。 2018.10.21 03:29 Sun
twitterfacebook
thumb

ケインの2得点でスパーズがハダースフィールドに完勝で公式戦3連勝!CLバルサ戦へ弾み《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第7節、ハダースフィールドvsトッテナムが29日に行われ、2-0でトッテナムが勝利した。 ▽9月前半の公式戦3連敗から、前節のブライトン戦と直近のEFLカップのワトフォード戦で連勝を取り戻した。GKロリス、エリクセン、デレ・アリなど主力を負傷で欠く中、最下位ハダースフィールドとのアウェイ戦に臨む5位トッテナムは、3バックを採用し、アタッカー陣にはキャプテンマークのソン・フンミンや好調ルーカス・モウラ、ケインが顔をそろえた。 ▽まずはトッテナムが7分、右サイドのトリッピア―のクロスにローズが反応。頭で飛び込んでゴールを狙ったが、惜しくも枠の右に外れた。ポゼッションでは劣るものの、的確に弱点を突くトッテナムは25分、カウンターでルーカス・モウラがボックスまで運び、相手に倒されながらも後ろからきたトリッピア―がクロスを供給。高精度のクロスに合わせたのがケイン。頭で綺麗に合わせてトッテナムが先制した。 ▽アウェイチームはさらに33分にソン・フンミンとのパス交換からボックス左に侵入したローズが相手に倒されPKを獲得。これをケインがきっちり決めてリードを広げた。 ▽ハダースフィールドの前半最大の決定機はアディショナルタイムに訪れた。左サイドのクロスからドゥポワトルが左足ボレーシュート。しかし、このシュートはクロスバーを直撃。GKガッサニーガも反応できていなかったがゴールに嫌われてしまった。 ▽2点のリードで後半に入るトッテナムは、前半に負傷したヴェルトンゲンに代えてワニャマ、デンベレに代えてウィンクスを投入した。 ▽後半も主導権を握るトッテナムは50分にルーカス・モウラがチャンスを迎えるがシュートはGKにセーブされる。53分にもソン・フンミンのパスからルーカス・モウラがゴール前に侵攻するが、相手DFの足が一足先に出てクリアされてしまった。 ▽前半よりも攻撃の形ができているハダースフィールドは70分過ぎにゴール正面のFKをレーベが狙うが、ボール一つ分枠の右へ。さらに75分には今度は左サイドのFKからビリングがヘディングシュートを放つがGKガッサニーガが難なくセーブ。78分には流れなの中から、途中出場のアデルジョナイナイのパスを受けたこちらも途中出場のムベンザがゴール右上隅を捉えたシュートを放つも、ここでもGKガッサニーガが立ちふさがった。 ▽その後はペースを緩めたトッテナムが巧みに試合を支配してタイムアップ。公式戦3連勝とし完全に復調。次の試合は来月3日のチャンピオンズリーグ、バルセロナ戦だ。 2018.09.30 00:59 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース