ハダースフィールド、ストークからエジプト代表FWソブヒを獲得!2018.06.13 04:07 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ハダースフィールドは12日、ストーク・シティからエジプト代表FWラマダン・ソブヒ(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの3年となる。

▽2016年にエジプトのアル・アハリからストークに加入したソブヒは、利き足は異なるもののサラーと同様に個の打開力に優れた右利きのドリブラー。ストークでは左ウイングを主戦場に、今季は公式戦27試合に出場し3ゴール1アシストを記録していた。

▽現在、ロシア・ワールドカップ(W杯)に臨むエジプト代表に選出されているソブヒは今月3日に代表チームの許可を得てハダースフィールドのメディカルチェックを受診していた。

▽ハダースフィールドを率いるデイビッド・ワーグナー監督はクラブ公式サイトでソブヒ獲得に関して以下のようなコメントを残している。

「ラマダン・ソブヒをハダースフィールドに迎え入れることができて嬉しいよ。彼は21歳の若さにも関わらず、代表チームで20試合以上に出場している多彩なタレントだ。そして、国を代表してワールドカップにも出場する」
コメント
関連ニュース
thumb

アーセナル、イウォビとラカゼット弾で最下位ハダースフィールドに勝利《プレミアリーグ》

アーセナルは9日、プレミアリーグ第26節でハダースフィールドと対戦し、2-1で勝利した。 前節のマンチェスター・シティ戦の敗戦で6位に転落したアーセナル(勝ち点47)。公式戦22試合無敗の時期から明らかに調子を落とし、リーグ戦ここ7試合で得た勝ち点は「10」。悪い流れを断ち切りたい今節はラカゼットやグエンドウジ、ムヒタリアンが先発に。オーバメヤンは病気でチームから外れている。 アウェイのアーセナルは8分、敵陣でボールを奪い、イウォビからボックス右のラカゼットへ。ビッグチャンスとなったがシンドラーの見事なスライディングタックルが決まり、ラカゼットはシュートを許してもらえなかった。さらに10分には、右サイドの攻撃からナイルズのパスを受けたイウォビがボックス右からシュートを狙うも、これは外のサイドネットを叩いた。 試合が動いたのは16分、アーセナルは左サイドのコラシナツから高い軌道のクロスが上がると、これをイウォビがダイレクトボレー。シュートはコンゴロの股に当たってコースが変わり、GKの逆を突く形でネットを揺らした。 ハダースフィールドは25分に、ボックス手前から放たれたパンチェオオンのシュートがコシエルニーの手に当たったがPKは与えられず。逆にアーセナルは44分、カウンター攻撃は一度守備に捕まるも、ムヒタリアンの右サイドへの展開からナイルズのグラウンダーのクロスをラカゼットが押し込んで追加点。リードを2点に広げ後半に向かった。 アーセナルは59分にトレイラを下げてエルネニーを投入。その直後の60分、左サイドのコラシナツのクロスに入ったばかりのエルネニーが反応。頭でボールを捉えたが、シュートは枠に飛ばせなかった。 その後は間延びしてきた中盤を行ったり来たりする展開に。互いにカウンターが続く中、70分にアーセナルに決定機。カウンターからムヒタリアンが持ち上がり、ボックス左のイウォビにラストパス。あとは流し込むだけだったが、GKハマーに防がれてしまった。 決定的な3点目が奪えないアーセナルは、シュート数ではハダースフィールドに上回られる試合展開に。そんな中迎えた後半アディショナルタイムの93分、ハダースフィールドはムーイのパスを受けたディアカビのシュートがコラシナツのオウンゴールを誘い1点を返す。 しかし、それ以上反撃の時間は残されておらず、試合は2-1でアーセナルに軍配。前節の敗戦から見事にバウンスバックし、14日のヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦のBATE戦に弾みをつけた。 2019.02.10 02:12 Sun
twitterfacebook
thumb

移籍後初弾のイグアインとアザールが2Gずつの共演! 最下位相手に今季最多5発のブルーズが連敗ストップ!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第25節、チェルシーvsハダースフィールドが2日にスタンフォード・ブリッジで行われ、ホームのチェルシーが5-0で圧勝した。 共に2連敗中の5位チェルシーと最下位ハダースフィールドによるバウンスバックが求められる両者の一戦。 前節、イグアインがプレミアデビューを飾るも格下ボーンマス相手にまさかの0-4の大敗を喫したチェルシー。痛恨の連敗でトップ4陥落となった中、直近10敗1分けと大不振の最下位チーム相手に勝ち点3奪取を狙った。なお、ボーンマス戦からは先発4人を変更。リュディガーとエメルソンに代えてクリステンセン、マルコス・アロンソが起用されたほか、コバチッチとペドロに代えてバークリーとウィリアンを起用した。 開始直後の3分にペナルティアーク付近でウィリアンのパスを受けたバークリーが惜しい右足のミドルシュートを放つなど、積極的な入りを見せたホームチーム。その直後の7分にはボックス内でフリーにしたムーイに際どいヘディングシュートを許すが、その後は主導権を掌握する。 10分を過ぎてアザールが2度のシュートを放つなど攻撃が機能し始めたチェルシーは16分、新ストライカーに待望の移籍後初ゴールが生まれる。右サイドを攻めあがったアスピリクエタからマイナスのパスを受けたカンテがボックス右へ走り込むイグアインへ絶妙なスルーパスを送ると、これをアルゼンチン代表FWが冷静にニアポストへ突き刺した。 公式戦3試合目でイグアインに移籍後初ゴールが生まれたチェルシーは勢いづいて畳みかける。21分にはマルコス・アロンソの左からの折り返しをイグアインがワンタッチシュート、直後の23分にはアスピリクエタが強烈なミドルシュートを放って2点目に迫る。 対して守勢が続くアウェイチームはムベンザが負傷交代を強いられてムイエが27分に投入される。それでも、30分にセットプレーからゴール前でボールを収めたムニエに決定機が訪れると、直後の33分にも右サイドを突破したディアカビのお膳立てからボックス中央のビリングに決定機もここはDFの身体を張ったブロックに遭う。 前半終盤にかけてはボールを保持して押し込むチェルシー、右サイドのディアカビの個人技を起点にカウンターを狙うハダースフィールドという構図の下で互いにチャンスを作り合う。すると、前半終了間際にはカウンターからボックス内にボールを運んだアスピリクエタがカチュンガに押し倒されてPKを獲得。これをキッカーのアザールが難なく決めて貴重な追加点とした。 2点リードで後半を迎えたチェルシーは前がかりな相手が与えてくれるスペースやギャップをアザールやカンテ、バークリーが享受。積極的な縦への仕掛けから再三の決定機を創出していく。 なかなか決め切れない状況が続いたものの、65分過ぎの連続ゴールで一気に試合を決める。まずは66分、バークリーのスルーパスに抜け出したアザールがゴール左角度のないところからファーポストにシュートを流し込む。続く69分には左サイドでDF複数を相手に仕掛けたアザールからのパスをカンテが丁寧に落とすと、ボックス手前中央のイグアインが見事な右足のダイレクトシュートをゴール右隅に突き刺してアザールに続きこの試合2点目を記録した。 この4点目で勝利を決定的なモノにしたホームチームはジョルジーニョ、アザール、カンテと主力を下げてコバチッチ、ハドソン=オドイ、ロフタス=チークを続けて投入。試合を締めにかかる。 その後、86分にはウィリアンの左CKからダビド・ルイスにもゴールが生まれたチェルシーは今季最多の5ゴールを奪う圧勝でリーグ戦の連敗をストップ。指揮官からの激しい檄に奮起したチームだが、次節はその真価が試される2位のマンチェスター・シティとの上位対決に挑む。 2019.02.03 01:59 Sun
twitterfacebook
thumb

ハダースフィールド、英3部で今季14ゴールのFWグラントを獲得

ハダースフィールドは30日、フットボールリーグ1(イングランド3部)のチャールトンに所属するイングランド人FWカーラン・グラント(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの3年半となるが、クラブ側は更なる契約延長オプションを保有することになる。 チャールトンのアカデミー出身のグラントは2014-15シーズンに当時チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属していたトップチームでプロデビュー。その後、下部カテゴリーのクラブへの武者修行を経て今季はチャールトンの主力に定着。ここまでリーグ戦28試合に出場し14ゴールを挙げるブレイクを果たしていた。 また、U-17からU-19カテゴリーまでイングランドの年代別代表でもプレーしている。 なお、背番号16を背負う若手センターフォワードは今週末に行われるチェルシー戦からプレー可能となる。 2019.01.31 01:03 Thu
twitterfacebook
thumb

最下位・ハダースフィールドがドルトムントⅡから若手ドイツ人指揮官を招へい

ハダースフィールドは21日、ドルトムントⅡの指揮官を務めていたヤン・ジーヴェルト監督(36)を招へいしたことを発表した。契約期間は2021年の夏までとのことだ。 ハダースフィールドは、2017-18シーズンにプレミアリーグへ昇格。45年ぶりの1部リーグでは16位と残留に終わっていた。しかし、2年目の今シーズンは開幕から絶不調。ここまでわずかに2勝と不振に喘ぎ最下位に低迷。チームを久々の1部昇格に導いたデイビッド・ワーグナー監督(47)を1月15日に解任していた。 ジーヴェルト新監督は、ドイツの下部リーグでプレーし2009年に27歳で現役を引退。引退後は、U-18やU-17ドイツ代表のアシスタントコーチを務めると、2015年7月にエッセンで監督としてのキャリアをスタート。2016年7月からボーフムのアシスタントコーチ、ボーフムU-19の監督に就任し、2017年7月からはドルトムントⅡで監督を務めていた。 若手の指導で経験を積んだジーヴェルト監督に関しては、「前の監督であるデイビッド・ワーグナーの下で大きな成功を収め、その彼と多くの似ている点がある新たな監督を任命した」とクラブの会長が明かしている。 2019.01.22 01:35 Tue
twitterfacebook
thumb

2位シティ、体制変更の最下位ハダースフィールドに快勝でリーグ4連勝!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第23節、ハダースフィールドvsマンチェスター・シティが20日にジョン・スミスズ・スタジアムで行われ、アウェイのシティが3-0で勝利した。 リーグ戦3連勝で首位のリバプールを勝ち点4差で追う2位のシティがデイビッド・ワグナー監督との契約を解消した最下位のハダースフィールドのホームに乗り込んだ一戦。4連勝を狙うシティは直近のウォルバーハンプトン戦から先発4人を変更。ストーンズ、シルバ、ベルナルド・シウバ、ガブリエウ・ジェズスに代えてオタメンディ、ギュンドアン、デ・ブライネ、アグエロを起用した。 36歳の暫定指揮官マーク・ハドソンが率いるホームチームに対して、いつも通りボールを保持して主導権を握るシティ。立ち上がりからアグエロ、スターリングが惜しい抜け出しを見せると、幸運な形から先制点が生まれる。 18分、ボックス手前左でウォーカーからサイドチェンジを受けたダニーロが果敢に右足を振り抜くと、枠を捉えたシュートに対してコースに入った相手DFシンドラーがヘディングでクリアし切れず、コースが変わったボールがゴール右隅に決まった。 ダニーロの積極性がもたらした先制点によって余裕を持った試合運びが可能となったアウェイチームは以降も相手を押し込んでいく。ただ、やや崩しの局面で連係ミスが目立ち畳みかける攻撃とはいかない。 それでも、前半終盤にかけては40分にボックス左に抜け出したギュンドアンが質の高いボールコントロールから惜しい場面を創出すると、前半ラストプレーではウォーカーのスルーパスからゴール前のアグエロにシュートチャンスもここは相手DFの対応が上回った。 後半も立ち上がりから攻勢を仕掛けるシティは54分、最終ラインとの駆け引きでボックス左に抜け出したザネが鋭いクロスをゴール前に入れると、これを戻りオフサイド気味だったスターリングがダイビングヘッドで流し込み、ようやく追加点を奪う。 さらに2分後の56分には中盤でのボール奪取からダニーロからのロングフィードをボックス手前のアグエロが頭でマイナスに落とすと、これを拾ったザネがそのままゴール前まで運んでゴール左隅に流し込んだ。 この連続得点で試合を決めたシティは直後にフェルナンジーニョを下げてシルバ、70分を過ぎてからはザネ、ギュンドアンを下げてベルナルド・シウバ、デルフを続けて投入。試合をクローズにかかる。 徐々にムニエを中心とするハダースフィールドの反撃に遭うもGKエデルソンが好判断の飛び出しでピンチを未然に防ぐなど、ゴールを許さない。逆に86分にはシルバのスルーパスからボックス右に抜け出したベルナルド・シウバに4点目のチャンスも、ここは相手GKの好守に阻まれた。それでも、ハドソン暫定体制の最下位ハダースフィールドに快勝のシティがリーグ4連勝で首位リバプールとの勝ち点差4をキープしている。 2019.01.21 00:31 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース