ビジャレアルがエスパニョールFWジェラール・モレノの買い戻しOPを行使、推定移籍金は約26億円2018.06.13 00:50 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ビジャレアルは12日、エスパニョールのスペイン人FWジェラール・モレノ(26)の買い戻しオプションを行使したことを発表した。移籍金はスペイン『マルカ』によると2000万ユーロ(約26億円)で、契約期間は2023年6月30日までの5年間となっている。

▽ビジャレアルでプロデビューしたジェラール・モレノは、2015年夏に保有権の50%を買い取ったエスパニョールへ完全移籍。エスパニョールで攻撃の主軸を担う同選手は、在籍3シーズンで公式戦118試合に出場し38ゴールを記録。2017-18シーズンはキャリアハイとなるリーガエスパニョーラで15ゴールをマークするなど、印象的なパフォーマンスを見せていた。

コメント

関連ニュース

thumb

ビジャレアルがミランのコロンビア代表FWバッカを完全移籍で獲得…昨季はレンタルで加入しリーガ15ゴール

▽ビジャレアルは17日、ミランのコロンビア代表FWカルロス・バッカ(31)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は4年間となる。 ▽バッカは、2012年1月にクラブ・ブルージュへと移籍しヨーロッパに挑戦。2013年7月にセビージャへと移籍すると、2015年7月からミランに完全移籍した。 ▽ミランでは公式戦77試合に出場し34ゴールを記録。2017年8月からはビジャレアルへレンタル移籍すると、リーガエスパニョーラで35試合に出場し15ゴール6アシスト、ヨーロッパリーグで6試合に出場し2ゴールを記録していた。 ▽コロンビア代表としても48試合に出場し14ゴールを記録。ロシア・ワールドカップでは、日本代表戦を含む3試合に出場していた。 2018.08.17 22:07 Fri
twitterfacebook
thumb

バレンシアがチェリシェフのレンタル加入を発表!2016年以来2度目の加入に

▽バレンシアは14日、ビジャレアルのロシア代表MFデニス・チェリシェフ(27)をレンタルで獲得したことを発表した。期間は1年間。 ▽レアル・マドリーの下部組織出身のチェリシェフは2016年夏にビジャレアルに移籍。加入1年目はケガでリーグ戦出場は11試合にとどまったものの、2年目となった昨季はリーグ戦24試合に出場し2ゴール2アシストを記録。その活躍からロシア代表として出場したロシア・ワールドカップ(W杯)では、初戦の2ゴールを含む5試合4ゴールでロシアの攻撃を牽引。大会前の下馬評を覆し、スペイン代表を破るなどベスト8進出に貢献した。 ▽チェリシェフは一度、2016年2月から半年間バレンシアにレンタル移籍した経歴を持つ。加入からリーグ戦6試合で3ゴールを記録する活躍を見せたが、その後はケガに苦しみ、結局リーグ戦出場は7試合のみだった。2度目のバレンシア移籍となる今回、W杯のような輝きを見せることはできるのだろうか。 2018.08.14 23:08 Tue
twitterfacebook
thumb

ミランがビジャレアルの若手ドリブラーに注目

▽ミランが、ビジャレアルのスペイン人FWサムエル・カスティジェホ(23)に興味を示しているようだ。『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。 ▽アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインや、クロアチア代表MFアレン・ハリロビッチ、スペイン代表GKホセ・マヌエル・レイナなどの補強を進めているミランが、次のターゲットに指定したのは、各年代のスペイン代表経験のあるカスティジェホのようだ。 ▽マラガの下部組織出身のカスティジェホは、2014-15シーズンにトップチームデビューを果たした後、2015年夏にビジャレアルに加入。初年度からコンスタントに出場機会を重ね、昨季は公式戦38試合で6ゴール8アシストを記録。右ウイングを主戦場としており、昨シーズンはチームトップの114回のドリブル突破を試みた。 ▽ミランは期待の若手ドリブラー獲得のために、1800万ユーロ(約22億7000万円)の移籍金と、昨季ビジャレアルにレンタルしていたコロンビア代表FWカルロス・バッカの譲渡を考えている模様。しかし、ビジャレアル側は2500万ユーロ(約31億6000万円)を一括で支払うことを要求しており、両者の間でまだまだ溝があるようだ。 ▽なお、セリエAの移籍市場は現地時間17日までとなっている。 2018.08.14 18:56 Tue
twitterfacebook
thumb

バカヨコ確保のミラン、次なる標的はカスティジェホ? すでに23億円+バッカでオファーか

▽ミランがビジャレアルに所属するスペイン人FWサムエル・カスティジェホ(23)の獲得に動いているようだ。『スカイ・スポーツ・イタリア』が伝えている。 ▽チェルシーからフランス代表MFティエムエ・バカヨコ(23)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得することがほぼ確実となっているミランだが、著名ジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏は先日、ミランの次のターゲットはカスティジェホだと断言していた。 ▽『スカイ・スポーツ・イタリア』によれば、ミランはビジャレアルに対して1800万ユーロ(約23億円)+コロンビア代表FWカルロス・バッカの譲渡でオファーを提示した模様。しかし、ビジャレアル側はカスティジェホの放出には2500万ユーロ(約32億円)を要求しているため、両者の間で大きな隔たりがあるようだ。 ▽なお、ミランはセリエAの夏の移籍期限となる16日までビジャレアルとの交渉を続けるという。 ▽マラガの下部組織出身のカスティジェホは、2014年にトップチームデビュー。2015年の夏から加入したビジャレアルでは、両ウィングを主戦場にこれまで公式戦127試合に出場し11ゴール15アシストを記録している。 2018.08.13 02:50 Mon
twitterfacebook
thumb

“小さな魔術師”カソルラの復活のマジックショー!!

▽先日に古巣ビジャレアルへの復帰が発表された元スペイン代表MFサンティ・カソルラの入団会見が10日に、本拠地エスタディオ・デ・ラ・セラミカで行われた。 ▽2016年10月以降、計10回のアキレス腱の手術を受けるなど長らく戦線離脱が続いたカソルラは昨シーズン限りでアーセナルを退団。今夏に2011年以来となるビジャレアル復帰を果たした。そして、およそ2年ぶりの復活を遂げたカソルラの入団会見が派手に行われた。 ▽スタジアムに集まった4500人のファンの目の前に現れた、高さ2メートル、幅は1メートルにも満たない円柱型のカプセル。さらにその横に立っていたのがスペインのプロマジシャン・ユンケ。ユンケの合図と共にカプセルの中は白いスモークが満たされていく。そして、ユンケがポーズを執ると、充満していたスモークが徐々に薄れていき、空だったはずのカプセルの中にはなんとカソルラの姿が。その瞬間、会場のボルテージは一気にマックスに。“小さな魔術師”が魔法によって復活を遂げた瞬間だった。 ▽ビジャレアルのこの粋なパフォーマンスにファンも絶賛。スタジアムではスタンディングオベーションが沸き起こり、SNSでは「世界最高の選手のかつてないパフォーマンス」と称賛されていた。果たして、7年ぶりイエローサブマリンで、カソルラはどんな魔法も見せてくれるのだろうか。 2018.08.10 21:55 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース