ビジャレアルがエスパニョールFWジェラール・モレノの買い戻しOPを行使、推定移籍金は約26億円2018.06.13 00:50 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ビジャレアルは12日、エスパニョールのスペイン人FWジェラール・モレノ(26)の買い戻しオプションを行使したことを発表した。移籍金はスペイン『マルカ』によると2000万ユーロ(約26億円)で、契約期間は2023年6月30日までの5年間となっている。▽ビジャレアルでプロデビューしたジェラール・モレノは、2015年夏に保有権の50%を買い取ったエスパニョールへ完全移籍。エスパニョールで攻撃の主軸を担う同選手は、在籍3シーズンで公式戦118試合に出場し38ゴールを記録。2017-18シーズンはキャリアハイとなるリーガエスパニョーラで15ゴールをマークするなど、印象的なパフォーマンスを見せていた。

コメント

関連ニュース

thumb

ロドリ驚愕スタッツ! パス成功率スペイン代表歴代3位

▽アトレティコ・マドリーに所属するMFロドリゴ・エルナンデスが、スペイン代表で輝いている。スペイン『マルカ』が称賛した。 ▽スペイン代表は11日、国際親善試合ウェールズ代表戦に臨み、4-1で快勝。その試合ではドルトムントFWパコ・アルカセルが2得点で力を示したほか、ロドリの愛称で親しまれるロドリゴ・エルナンデスが存在感を発揮した。 ▽その日、バルセロナMFセルヒオ・ブスケッツのポジションでフル出場を果たしたロドリは、なんとパス成功率97.70%を記録。131回中128回のパスを成功させた。 ▽この数字は、歴代のスペイン代表の中でも3番目に高いパス成功率だ。ロドリ以上にパスを成功させたのは、ユーロ2016予選スロバキア代表戦のMFセルヒオ・ブスケッツ(97.74%)、ユーロ2012予選チェコ代表戦のMFチャビ・エルナンデス(98.50%)のみだ。 ▽190cmの上背を誇り“ブスケッツの後継者”と目されているロドリ。138回のパス中136回を成功させたチャビには及ばないとしても、中盤の底で代表の中核を担う日も近いかもしれない。 2018.10.14 11:40 Sun
twitterfacebook
thumb

パレホ退場のバレンシア、ビジャレアルにゴールレスドローで未勝利継続《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第5節、ビジャレアルvsバレンシアが23日に行われ、0-0で引き分けた。 ▽1勝1分け2敗スタートのビジャレアルと、3分け1敗スタートのバレンシアによる共にバレンシア州に本拠地を構える両チームの一戦。 ▽ミッドウィークにELを戦ったビジャレアルとCLを戦ったバレンシアの試合は、共にフラットな[4-4-2]でスタートした。 ▽ロドリゴ・モレノとゴンサロ・ゲデスをベンチスタートとしたバレンシアに対し、ボランチに本職センターバックのフネス・モリを据えたビジャレアルが時間の経過とともにポゼッションを高めていく展開となった。 ▽しかし、膠着状態が続き、なかなかゴール前にボールを運べない状況が続く。前半終了間際の44分、ようやくビジャレアルは右CKからA・ゴンサレスがヘディングシュートを放つも枠の上に外れ、両チーム枠内シュート0の前半はゴールレスで終了した。 ▽後半からサンティ・ミナに代えてバチュアイを投入したバレンシアだったが、ギアが上がらなかったことで56分にゴンサロ・ゲデスを右サイドに投入。しかし59分にアクシデント。フネス・モリをスライディングタックルで削ったパレホが一発退場となった。 ▽10人となったバレンシアはガメイロを諦めてコクランを投入。70分にはゴンサロ・ゲデスがミドルシュートでこの試合初の枠内シュートを記録したが、GKアセンホの好守に阻まれた。 ▽ひやりとしたビジャレアルはジャウメに代えてカソルラを投入し勝負に出る。しかし83分、バレンシアはチェリシェフが右サイドからのカットインシュートでGKアセンホを強襲。10人となった中、ゴールに迫るシーンを作ったが、試合はゴールレスで終了。未勝利が継続している。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガエスパニョーラを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.24 01:14 Mon
twitterfacebook
thumb

ビジャレアル、マドリー下部組織出身のゴンサロ・メレロの加入内定を発表

▽ビジャレアルは18日、ウエスカのスペイン人MFゴンサロ・メレロ(24)の来夏加入が決まったことを発表した。 ▽マドリッド出身のメレロは10歳の頃にマドリーの下部組織に入団。2014-15シーズンには、当時ジネディーヌ・ジダン氏が監督を務めていたカスティージャでプレーしたが、トップチームデビューの機会は訪れることはなく、15-16シーズンに当時スペインのセグンダ・ディビシオンに所属していたポンフェラディーナに移籍した。 ▽2016年夏にはウエスカに加入。アジリティの高い攻撃的MFであるメレロは、昨季はリーグ戦38試合に出場し16ゴール2アシストを記録してプリメーラ昇格に大きく貢献した。プリメーラ初挑戦の今季は、ここまで全4試合に出場し1アシストを記録している。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガエスパニョーラを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.19 15:07 Wed
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 9月16日は、超攻撃的フットボールを志向するハマーズ指揮官のバースデー

◆マヌエル・ペジェグリーニ 【Profile】 国籍:チリ 誕生日:1953年9月16日 クラブ:ウェストハム 役職:監督 身長:185㎝ ▽『今日の誕生日は誰だ!』 9月16日は、ウェストハムのマヌエル・ペジェグリーニ監督だ。 ▽現役時にチリの名門ウニベルシダ・デ・チレ一筋を貫き、センターバックとして公式戦451試合に出場したペジェグリーニは、1988年に同クラブで監督デビュー。その後、チリ国内のクラブを渡り歩き、サン・ロレンソやリーベル・プレートでも指揮を執った。 ▽2004年夏にビジャレアル指揮官に就任すると、ファン・ロマン・リケルメやディエゴ・フォルランを擁して初シーズンからリーガエスパニョーラを3位でフィニッシュ。さらに、翌シーズンにはチャンピオンズリーグ(CL)でベスト4に名を連ね、2007-08シーズンにはロベール・ピレスやサンティ・カソルラを中心に据え、ともすれば無謀とも取れる攻撃的サッカーを展開し、リーグ戦をバルセロナを上回る2位で終えた。 ▽しかし、2009年夏に招へいされたレアル・マドリードではあまり結果を残せず。カカやクリスティアーノ・ロナウド、カリム・ベンゼマ、シャビ・アロンソらを補強しながらも、何一つとしてタイトルを獲れず、1年で退任することとなった。その後、マラガ、マンチェスター・シティ、河北華夏幸福での指揮を経験したペジェグリーニ監督は、2018-19シーズンからウェストハムの指揮官に就任。プレミアリーグ第4節終了時点で全敗の憂き目に遭っているが、自らの志向するフットボールを構築することはできるのだろうか。 ※誕生日が同じ主な著名人 青木拓矢(サッカー選手/浦和レッズ) 大城螢(サッカー選手/浦和レッズ) 桂陸人(サッカー選手/サンフレッチェ広島) 坪井慶介(サッカー選手/レノファ山口FC) アレクサンダル・ミトロビッチ(サッカー選手/フルアム) サロモン・ロンドン(サッカー選手/ニューカッスル) B.B.キング(ギタリスト) 奥浩哉(漫画家/GANTZなど) 内野聖陽(俳優) 東国原英夫(タレント) 宮川大輔(お笑い芸人) 徳井健太(お笑い芸人/平成ノブシコブシ) 2018.09.16 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

アキレス腱の重傷から復帰したカソルラが恩師ヴェンゲルの支援に感謝

▽ビジャレアルに所属する元スペイン代表MFサンティ・カソルラが自身の選手生命を脅かしたアキレス腱のケガからの復帰の経緯を語った。同選手がイギリス『ガーディアン』のインタビューで明かした。 ▽2012年のアーセナル加入以降、卓越したテクニックと戦術眼を武器に絶対的な主力として活躍してきたカソルラ。しかし、2016年10月にアキレス腱に重傷を負うと、以降はウイルス感染によって10度の手術や右足切断の危機に瀕するなど、長く厳しいリハビリ生活を余儀なくされた。 ▽カソルラは当時、アーセナルで指揮官を務めていたアーセン・ヴェンゲル監督からの献身的なサポートに心から感謝を示している。 「アーセンはいつでも僕を支えてくれた。彼は僕が最初の手術を受ける前に契約を更新してくれたんだ。それは信じられないほどのジェスチャーだったよ」 「それに彼は僕に電話をくれて、『サンティ、私は君の新たな契約を更新する手続きを取った。書類は準備できているからあとは君がサインするだけだ。だから、安心して手術を受けてほしい』と言ってくれたんだ」 「それは僕にとって恐れを抱かずにリハビリに集中する助けになったんだ。僕は永遠に感謝するよ」 ▽恩師との心温まるやり取りを明かしてくれた一方、カソルラは自身の右足に起きた衝撃的な出来事に関しても赤裸々に語っている。 ▽カソルラの説明によると、同選手のアキレス腱の手術箇所には特定不能な人食いバクテリアが侵入しており、そのバクテリアが腱を食べていたという。そして、カソルラは自身の腕の皮膚を幾度か移植し、娘の名前のタトゥーが彫られた皮膚も足首に移植したことを明かしている。 「医者たちは問題を引き起こしているバクテリアを特定することができなかったんだ」 「手術を受けた際に少し開いていた傷口からバクテリアが侵入したようなんだ。また、バイクを使ったリハビリを行っていた時にも開いていた縫合箇所から別のバクテリアが入った」 「夜になると、患部から黄色の液体が出てきていたんだ。さらに、縫合を行うたびにバクテリアが分散してしまい、より多くの膿が出ていたんだ。医者たちは何とか皮膚移植のたびにバクテリアを見つけ出して除去することを目指していたけど、バクテリアはそのたびにどこか別のところに入り込んでいたんだ」 ▽衝撃的な右足のケガを乗り越えて古巣ビジャレアルで戦列復帰を果たしたカソルラは今季ここまでのリーグ戦全試合に出場しており、再び輝かしいキャリアを再スタートしている。 2018.09.08 12:40 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース