乾が2G! 香川が1G2Aの活躍で西野体制初白星! 勝利でW杯へ《国際親善試合》2018.06.13 00:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表は12日、国際親善試合でパラグアイ代表とオーストリアで対戦し、4-2で勝利した。

▽西野体制2戦目となった4日前のスイス代表戦を決定機なく0-2と完敗した日本は、ワールドカップ(W杯)前のラストマッチとなるパラグアイ戦に向けてスイス戦のスタメンから10選手を変更。酒井高のみ引き続きスタメンとなった。

▽西野監督はスイス戦に続いて[4-2-3-1]を採用。GKに東口、4バックに右から遠藤、植田、昌子、酒井高、ボランチに柴崎と山口、2列目に右から武藤、香川、乾、最前線に岡崎を配置した。

▽立ち上がりから日本が柴崎を中心にボールを動かし、スペースに香川が飛び出ていく形でパラグアイを揺さぶっていく。縦に早い攻撃を見せる日本がテンポ良くパスを回していったが、アタッキングサードでのパス精度を欠いてシュートシーンを生み出すには至らない。

▽そんな中24分、FKの流れからロメロに際どいシュートを打たれると、32分に失点する。ロングスローの流れからペナルティアーク中央のロメロに華麗なボレーシュートを決められた。

▽直後に香川のラストパスから乾に決定機が訪れるも、ボックス左から放ったシュートは枠の上へ大きく外してしまった。さらに40分、ボックス手前左で得たFKを柴崎が直接狙うと、シュートはバーを掠めて外れていった。

▽1点ビハインドで迎えた後半、GK東口に代えてGK中村を、遠藤に代えて酒井宏を投入した日本は、51分に同点とした。昌子の縦パスを香川がワンタッチで叩き、これを受けた乾がドリブルで持ち上がってボックス手前中央から右足を一閃。コントロールされたシュートがゴール右に決まった。

▽その後も柴崎がミドルシュートでゴールに近づいた日本は、63分に逆転する。決めたのはまたしても乾。右サイドの武藤がグラウンダーのクロスを送ると、香川が右足アウトでかすかに触って後方に流し、最後はペナルティアーク中央の乾がグラウンダーのシュートでゴール右に流し込んだ。

▽逆転後、武藤に代えて大迫を投入した日本は[4-4-2]に変更。すると69分に大迫がGKを強襲するシュートを浴びせれば、71分には香川がボックス右から際どいシュートを浴びせていく。

▽75分にA・ロメロのボレーシュートでネットを揺らされたもののオフサイドで助かった日本は、77分に決定的な3点目を奪う。右サイド高い位置の柴崎のFKがクリアにかかったサンタンデールのオウンゴールを誘った。

▽さらに80分には途中出場の原口がディフェンスライン裏に抜け出し、ラストパスを香川に送るも、香川のシュートは枠を大きく外してしまった。

▽終了間際の90分にオルティスのミドルシュートで失点した日本は、直後に香川が大迫のパスを受けてドリブルシュートを決め、4-2で勝利。西野体制初勝利を飾った日本は19日にW杯初戦でコロンビア代表と対戦する。
コメント
関連ニュース
thumb

発展途上のチームにとってはマイナスではない勝ち方/日本代表コラム

アジアでの戦いでここまで相手にボールを持たれたことはあっただろうか。21日に行われたアジアカップ ラウンド16のサウジアラビア代表戦、日本代表は1-0で勝利し、ベスト8に駒を進めた。 負ければ即大会が終了するノックアウトステージに突入。初戦は、アジアの中でも強敵であるサウジアラビアとなった。ここ数年で再び力をつけ、ロシア・ワールドカップにも出場。グループステージでの敗退となったが、エジプト代表に勝利していた。 フアン・アントニオ・ピッツィ監督の下、ポゼッションサッカーを確立してきたサウジアラビアは、日本を相手にもしっかりと自分たちのスタイルを出してきた。試合を通してのサウジアラビアのポゼッションは76.3%。後半は80%を超えており、日本は防戦一方だった。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆拙攻にも助けられた前半</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190123_14_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 試合は立ち上がりからボールを握るサウジアラビアに対し、日本は前線からしっかりと守備を構築。ポゼッションをされ、ボールを運ばれるシーンは多かったものの、アタッキングサードでの相手の稚拙な攻撃にも助けられ、失点をしないまま時間が経過して行く。 1トップに入ったアル・ムワラッドに対しても、DF冨安健洋(シント=トロイデン)が競り負けることなくケア。DF吉田麻也(サウサンプトン)との連携も向上し、危なげなく守っていた。 一方の攻撃は、1トップに入ったFW武藤嘉紀(ニューカッスル)にボールを入る機会が少なく、MF南野拓実(ザルツブルク)やMF堂安律(フローニンヘン)とのコンビネーションも、改善は見られたが、良い形は作れていなかった。 それでも20分、CKを獲得すると、MF柴崎岳(ヘタフェ)の絶妙なクロスを、冨安がヘディングで合わせてゴール。冨安の代表初ゴールで、日本が先制した。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆カギを握った先制点</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190123_14_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 立ち上がりからサウジアラビアは、先制点を目指して攻勢をかけていた。押し込む時間はあり、セットプレーも何度か獲得していただけに、自分たちが主導権を握っていたはず。しかし、日本の先制により、状況が一変した。 サウジアラビアは継続してポゼッションを高め、日本陣内でのプレー時間が長くなる。しかし、アタッキングサードでの精度は低く、日本ゴールに迫るシーンは多くなかった。 とりわけ、日本の最終ラインもDF酒井宏樹(マルセイユ)、DF長友佑都(インテル)を含めて集中を見せていた。サウジアラビアの揺さぶりにも大きく振られることはなく、前半は危なげなく戦えていただろう。 森保一監督も「少し守る時間が長かったですが、逆に粘り強く戦うというオプションができたとポジティブに考えたいと思います」と試合後にコメント。オプションと言うと少しポジティブすぎる気もするが、この展開で無失点に抑えられたことは大きい。 後半に入っても、サウジアラビアは立ち上がりからポゼッションを高めて行く。しかし、日本は最後まで大きく崩されたシーンは少なかった。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆したたかな勝ち方はマイナスではない</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190123_14_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ポゼッションされてしまったという点では、数字で見ても大きな差があり、日本の試合ではなかなか見られるものではなかった。しかし、そんな中でも無失点に抑え、90分で勝ち切ったことは、今のチーム状態を考えてもプラスだろう。 ポゼッションすれば勝てるのであれば話は変わってくるが、こういった展開の試合を勝ち切ったことは、経験値という点でも得たものは大きいはずだ。 3年後のカタール・ワールドカップまでには、6月のコパ・アメリカもあり、その後のアジア予選もある。世界との差を詰めるという課題はありながらも、何よりもアジアを勝ち抜かないことには、世界の舞台にすら立てない。 その中で、経験値の少ない選手たちを中心としたチームがしたたかに勝ち切ったことは、この先の決勝までの道のりを考えてもプラスだ。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆防戦を打開する追加点は課題</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190123_14_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> とは言え、サウジアラビア戦のような展開では、1点差は危険だ。どんな形でも、1点が入る可能性は少なくない。PKを取られる可能性もある。クロスやシュートがオウンゴールに繋がることもある。ブロックに入っていても、ディフレクトしてコースが変わることだって考えられる。 今大会の日本は、効果的な追加点を奪うことができていない。それは、1トップの一番手である大迫勇也(ブレーメン)が負傷で居ないことも少なからず影響しているだろう。しかし、どんな状況でもゴールを奪わなければ勝てないのは一緒だ。 サウジアラビア戦はあまりにもボールを持たせてしまったことは事実。そのため、攻撃陣が形を作ることさえできなかったことも事実だ。ポゼッションの数字というよりは、その局面を打開しきれなかったことを課題とすべきだろう。 カウンターのチャンスでは、MF原口元気(ハノーファー)のロングフィードをフリーで受けた武藤に通ったが、コントロールできずにシュートを打てなかった。 右サイドに途中から入ったMF伊東純也(柏レイソル)も、チャンスと思われるシーンがあったがファウルの判定で立ち消えに。少ないながらも得点のチャンスを作れて居た瞬間はあっただけに、次同じ展開となれば2点目、3点目の奪い方を準備しておきたい。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆発展途上のチームなりの戦い方</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190123_14_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ロシア・ワールドカップでベスト16まで勝ち進んだ日本だが、現在の日本代表は活動開始から5カ月目。メンバーも大きく変わり、国際大会での経験が少ない選手が多い。言わば発展途上のチームだ。 アジアの中では力があるとはいえ、特有の雰囲気や日本に対する相手国の出方など、初めて感じる選手も多いはず。メンバーの多くが初めてのアジアカップ出場であり、A代表の経験すら少ない選手が多い。 そんな中で、内容として満足するものはなくとも、ここまで4連勝。優勝まではあと3つという状況だ。課題を毎試合見つけ、次の試合までに改善する。その繰り返しをすることで、チームは成長し、力をつけていくもの。優勝という目標もさることながら、多くの試合を経験するというのも、今のチームには必要なことだ。 この4試合を見ても、冨安の成長は目覚しい。一方で、南野、堂安、北川、伊東などは結果を残せて居ないだけに、悔しいものを胸に抱えているはずだ。その力が結果として残ったとき、チーム、そして個人として、1つステージを上げることができるはずだ。 次はベトナム代表との対戦。これまでの4カ国とは、また大きくスタイルが異なるチームだ。試合数が増え、日程と移動を考慮すれば、選手たちの疲労もケアしていきたいところ。「総合力」で頂点に立つための準備に期待したい。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2019.01.23 14:09 Wed
twitterfacebook
thumb

南野拓実に55万円の罰金命令 AFCがアジアカップGS対象の処分発表

アジアサッカー連盟(AFC)は22日、UAEで開催されているAFCアジアカップ2019グループステージで警告や退場を受けた各選手の処分を発表した。 日本代表FW南野拓実は13日に行われたグループF第2節のオマーン代表戦(1-0で日本代表が勝利)で警告を受けた。これにより、AFCから5000USドル(約55万円)の罰金処分が下っている。 今回の罰金最高額は北朝鮮代表の計1万3000USドル(約143万円)。2名の退場者や、1試合で6度の警告を受ける荒れ試合を演じたことで、北朝鮮サッカー協会にも罰金処分が決定した。 2019.01.22 18:55 Tue
twitterfacebook
thumb

【アンケート結果】薄氷勝利のサウジ戦 ユーザーも日本の若きCBを最高点に

超WS有料版で実施した21日に行われたAFCアジアカップ2019決勝トーナメント1回戦のサウジアラビア代表戦におけるユーザー採点アンケート結果を発表します。 現状のベストメンバーをサウジアラビア代表戦にぶつけた森保ジャパンだが、キックオフからポゼッションで圧倒されたが、20分にセットプレーからDF冨安健洋の代表初ゴールで先制。その後も守勢に回ったが、チーム全体で守り抜き、2大会ぶりのベスト8進出に駒を進めた。 最高点はゴールだけでなく、肝心の守備面でも光った冨安の「7.1」。最低は負傷欠場のFW大迫勇也に代わる1トップとして活躍が期待されながら不発に終わったFW武藤嘉紀の「4.3」だった。また、声は一発勝負の戦いということもあり、結果に安堵する内容が多数を占めた。 ◆サウジアラビア戦のユーザー採点結果 GK 権田修一 5.6 DF 酒井宏樹 5.5 冨安健洋 7.1 吉田麻也 6.2 長友佑都 5.5 MF 遠藤航 6.6 柴崎岳 5.4 堂安律 5.1 →塩谷司 - 南野拓実 4.4 →伊東純也 - 原口元気 5.4 FW 武藤嘉紀 4.3 →北川航也 - 監督 森保一 5.5 ◆皆様の声(一部) ・あと3つ。走れ! ・内容より結果が全て ・無失点勝利で言うことなし ・結局、大迫待ち ・準々決勝は圧勝してほしい ・もう少し攻撃的に ・勝ったことは素晴らしい! 2019.01.22 15:20 Tue
twitterfacebook
thumb

森保一監督「粘り強くタフに戦ってくれた」《AFCアジアカップ2019》

日本代表は21日、AFCアジアカップUAE 2019決勝トーナメント・ラウンド16でサウジアラビア代表と対戦し、1-0で勝利した。試合後の日本代表を率いる森保一監督のコメントは以下の通り。 ◆森保一監督(日本代表) 「まずは決勝トーナメントでは勝つことが重要でした。そんな中、アジアの中でトップクラスの強敵サウジアラビアに選手たちが粘り強くタフに戦ってくれて無失点に抑えて勝つことができて良かったと思います。次は中2日の戦いとなり、相手より準備期間が短い中での試合となりますが、次も勝てるように最善の準備をしていきたいです」 ――今日はそれ程、力を出せなかったと思うが 「まずはサウジアラビアは力のあるチーム、そこは彼らをリスペクトしたいです。もっと攻撃を仕掛ける、ボールを保持することができれば良かったが、先制して相手が押し込む状況の中、粘り強く無失点に抑えながら追加点を奪いにいくことができました。粘り強く戦うことが今後トーナメントの中で必要なことですし、それを選手たちができたことをポジティブに捉えたいです」 ――準々決勝で対戦するベトナムについて 「まずはベトナムがしっかりとした粘り強い守備から攻撃に転じることができるチームだという印象です。アンダー世代も指導している監督が務めていることで、スタイルが各年代で浸透しています。守備だけでなく攻撃にも良い選手がいると思っています」 ――今日試合をやってさらにコンディションが上がったか 「もっと攻撃の部分でできると思われる方もいると思いますが、コンディションが上がっているからこそ、あれだけ押し込まれても守り切れたと思っています」 ――これほど押し込まれることは想定していたか 「まずは相手にプレッシャーをかける良い入りをしてくれたと思います。しかし、サウジアラビアの攻撃を受ける形となりました。サウジアラビアはボールを保持しながら危険な攻撃を仕掛けてくることのできるチーム。そこをうまく対応しながら攻撃につなげられるようにと試合前から選手には話していました」 「先制点を奪ってから彼らが圧力をかけてきた時に、素早い攻撃を仕掛けることが前半はまずまずできていたと思います。リードしてからの戦いを選手たちが表現してくれたと思います。少し守る時間が長かったですが、逆に粘り強く戦うというオプションができたとポジティブに考えたいと思います」 ――南野に代えて伊東を投入した後、堂安が真ん中に入ったが 「堂安をトップ下に入れたのは彼のところで攻撃の起点を作ってほしいという思いです」 ――勝敗を分けたポイントは 「サウジアラビアは攻守ともにアグレッシブで良いチーム。そこは試合前から選手にも話していましたし、厳しい試合になることは覚悟して臨みました。勝負を分けたポイントは、サウジアラビアは失点することは考えていなかったでしょうし、サウジアラビアが攻撃の圧力をかけてくる、本来は両方がボールを握りたいという中で臨機応変に試合の流れに対応した日本が勝利できたと思います」 2019.01.22 02:24 Tue
twitterfacebook
thumb

日本代表に痛手…ベテランの広島MF青山敏弘がケガで離脱《AFCアジアカップ2019》

日本サッカー協会は21日、サンフレッチェ広島に所属するMF青山敏弘が右ヒザ痛のため、日本代表から離脱することを発表した。 青山は17日に行われたグループステージ第3戦のウズベキスタン代表戦でキャプテンマークを巻いて先発出場。しかし、21日に行われた決勝トーナメント・ラウンド16のサウジアラビア代表戦ではベンチ外となっていた。 そのサウジアラビア戦で日本は1-0で勝利。24日、準々決勝でベトナム代表と対戦する。 2019.01.21 22:30 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース