ハノーファーが日本代表MF原口元気の獲得を発表…背番号10番を着用! 2018.06.12 22:15 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ハノーファーは12日、日本代表MF原口元気(27)をヘルタから獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日まで。背番号は「10」を着用することが決定している。

▽ドイツ『キッカー』の事前報道によると、移籍金は400万ユーロ(約5億2000万円)。2017-18シーズン途中からレンタルで加わっていたデュッセルドルフも獲得に乗り出していたと伝えられていたが、新天地はハノーファーとなった。

▽ハノーファーを率いるアンドレ・ブライテンライター監督は、「元気は可変的でスピードがあり、ドリブルの上手い攻撃的選手で、その上経験も豊富だ。W杯での元気と日本代表の健闘を祈っている」と原口を評価。期待値の高さをうかがわせた。

▽2014年夏に浦和レッズからヘルタ・ベルリンに加入した原口は今年1月、出場機会を求めてブンデスリーガ2部のデュッセルドルフにレンタル移籍。日本代表FW宇佐美貴史と共に主力を張り、13試合1ゴール4アシストを記録し2部優勝と1部昇格に貢献した。14日に開幕するロシアW杯の日本代表メンバー入りも果たしており、本大会での活躍に期待が集まっているところだ。

▽なお、ハノーファーは今夏、アーセナルからシュツットガルトにレンタル移籍中の日本代表FW浅野拓磨の加入を発表している。
コメント
関連ニュース
thumb

原口がボランチでフル出場のハノーファー、アウグスブルクとの残留争いに敗れ5連敗…《ブンデスリーガ》

ハノーファーは16日、ブンデスリーガ第26節でアウグスブルクとのアウェイ戦に臨み、1-3で逆転負けした。ハノーファーのFW原口元気はフル出場、FW浅野拓磨はベンチ入りも出場機会はなかった。 前節レバークーゼン戦を2-3と惜敗し、4連敗となった17位ハノーファー(勝ち点14)は、レバークーゼン戦でアシストを記録し、幻弾に泣いた原口がスタメンとなり、負傷明けの浅野がベンチスタートとなった。 残留を争う15位アウグスブルク(勝ち点22)に対し、中盤フラットな[4-4-2]で臨んだハノーファーは原口をボランチに据えた。 そのハノーファーは8分に先制する。ロングボールを使って混戦を生むと、マイナのシュートは立て続けにDFにカットされるも、ルーズボールをヴァイダントがヘッドで押し込んだ。 良い入りを見せたハノーファーは12分にもロングボールを使ってヴァイダントが決定的なボレーシュートに持ち込み、流れを引き寄せていく。 その後、徐々に押し込まれる展開を強いられたハノーファーだったが、33分にCKの流れから原口がシュートを浴びせて応戦。さらに38分、原口が起点となってジョナタスが際どいシュートを浴びせた。 ハノーファーが前半を1点リードしたまま終えて迎えた後半、52分にボックス手前中央で得たFKを原口が直接狙うと、シュートはバーを直撃した。 追加点を奪いきれないハノーファーは55分、FKからダンソのヘディングシュートでゴールを脅かされるも、GKエッサーの好守で凌いだ。 続く61分にもリヒターのミドルシュートでゴールに迫られたハノーファーは65分、ついに失点する。CKからハーンのボレーシュートは左ポストを叩いたが、ルーズボールをコルドバにヘッドで押し込まれた。 さらに75分、チ・ドンウォンに決定的なダイビングヘッドを打たれると、79分に逆転される。左サイド絞った位置で得たFKをシュミットが意表を突いて直接狙うと、GKエッサーの逆を突いてゴール左に決まった。 意気消沈のハノーファーは86分、ハーンのシュートをGKエッサーが守備範囲ながら止めきれずに1-3で敗戦。逃げ切れず逆転負けを喫し、5連敗となって残留が遠のいている。 2019.03.17 01:32 Sun
twitterfacebook
thumb

香川真司の獲得を目指していたハノーファー…ベシクタシュとの争奪戦に出遅れた理由は?

日本代表MF原口元気やFW浅野拓磨が所属するハノーファーは今年1月の移籍市場でMF香川真司の獲得を逃している。ドイツ誌『キッカー』は、同クラブが同選手を巡る争奪戦に出遅れた理由を明かした。<br><br>ドルトムントからの移籍を望んでいた香川だが、1月の移籍市場の終盤、関心が伝えられたモナコ行きが実現しなかったもののマーケット最終日に今シーズン終了までの期限付きでのベシクタシュ入りが決定。そして、トルコではリーグ戦5試合で3ゴールと1アシストを記録すると、ここに来て日本代表メンバーへの復帰を果たすことに。<br><br>一方、香川が1月31日にトルコへと向かっている間、ハノーファーの新監督に就任したばかりだったトーマス・ドルはホルスト・ヘルトSD(スポーツディレクター)とともにリーグ戦に向けた記者会見に臨み、香川の獲得に乗り出していることを明言。メディアでは既にベシクタシュ入りが確実とも見られていた香川のレンタルでドルトムントと合意に達したと話していた。<br><br>『キッカー』によれば、このような事態を招いたのはハノーファー内部のコミュニケーションの問題とのこと。1月30日に香川のモナコ行きの可能性が消滅したことを知ったヘルトSDは、マルティン・キント会長から許可を得ようと試みたが、電話が通じなかったという。翌朝にドルトムントと話をつけたハノーファーだが、その時には香川はすでにベシクタシュが手配したプライベートジェットに乗っていたため、獲得の可能性はもはやなかったようだ。<br><br>ハノーファーはまた1月には獲得を狙っていた当時無所属だった元フランクフルトFWアレックス・マイヤーを2部ザンクト・パウリに横取りされている。さらにホッフェンハイムから期限付きで加わったDFケヴィン・アクポグマはハノーファー加入4試合目で重傷を負い長期離脱を強いられることに。ブンデスリーガ第25節消化時点で17位に低迷する同クラブだが、強化においても運に見放されているようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2019.03.15 09:00 Fri
twitterfacebook
thumb

原口アシストも幻弾のハノーファー、レバークーゼンに惜敗し4連敗《ブンデスリーガ》

ハノーファーは10日、ブンデスリーガ第25節でレバークーゼンをホームに迎え、2-3で競り負けた。ハノーファーのFW原口元気はフル出場、FW浅野拓磨は欠場している。 前節シュツットガルトとの残留争いを1-5と惨敗し、3連敗となった17位ハノーファー(勝ち点14)は、原口が5試合連続スタメンとなった一方、ヒザを痛めた浅野が欠場となった。 雪が降る中キックオフされた一戦。6位レバークーゼン(勝ち点39)に対し、[4-3-3]の左ウイングで先発となった原口のハノーファーは、レバークーゼンにポゼッションを譲り、ロングカウンターを狙っていく。 しかし13分、スルーパスでボックス左深くまで侵入したベイリーの折り返しをブラントに合わせられると、シュートのルーズボールをフォラントに押し込まれ、あっさり先制される。 さらに28分、防戦一方のハノーファーは追加点を奪われる。ブラントのスルーパスに反応したフォラントがボックス中央から狙ったループシュートが決まった。 厳しいハノーファーは33分、原口に決定機。味方のパスを受けてGKをかわし、ボックス右に侵入して無人のゴールへシュート。だが、雪が積もったピッチによりボールが失速。ゴールライン前で止まってしまい、無情にもゴールとはならなかった。 その後、40分に雪の影響で中断となった中、追加タイム2分、フォラントにチップキックシュートでゴールを脅かされたハノーファーは前半を2点ビハインドで終えた。 迎えた後半、51分に原口がアシストをマークする。左サイドから右足で上げた原口のクロスをジョナタスが頭で合わせてゴール右に流し込んだ。 さらに73分、ハノーファーが同点に追いつく。左サイドからのFKをヴァイダントがヘッドで合わせると、GKの弾いたルーズボールがゴール前のヴァイザーに当たってゴールに吸い込まれた。 終盤にかけてオープンな展開となる中、87分にレバークーゼンが勝ち越した。ボックス左のブラントのリターンパスをハフェルツがヘッドで押し込んだ。これが決勝点となってハノーファーは惜敗。4連敗となり、残留が益々厳しくなっている。 2019.03.11 04:11 Mon
twitterfacebook
thumb

原口アシストもハノーファー、シュツットガルトとの残留争い直接対決で5失点惨敗…《ブンデスリーガ》

ハノーファーは3日、ブンデスリーガ第24節でシュツットガルトとのアウェイ戦に臨み、1-5で惨敗した。ハノーファーのFW浅野拓磨とMF原口元気は共にフル出場している。 前節フランクフルト戦では原口と浅野が揃って先発しながらも0-3と完敗した17位ハノーファー(勝ち点14)は、2試合連続で原口と浅野がスタメンとなった。 残留を争う16位シュツットガルト(勝ち点16)に対し、[3-4-3]で臨んだハノーファーは3トップの一角に浅野、右サイドハーフに原口を配した。 開始1分にゴメスにポスト直撃のシュートを浴びたハノーファーは4分に失点する。ツバーの縦パスを受けたボックス中央でフリーのゴメスにあっさりゴールネットを揺らされた。 守備の脆さを露呈したハノーファーはその後も劣勢を強いられると、16分に右CKからオザン・カバクにヘディングシュートで加点されてしまった。 22分にもゴメスに決定的なシュートを許したハノーファーは、引き続き守勢に回る中、浅野が前線を流動的に動いて揺さぶりを図るも、攻撃の形を全く作れない状況が続く。 そんな中、42分にはゴール至近距離からゴメスのヘディングシュートを、44分にはボックス内からアズカシバルに決定的なシュートを許したが、いずれもGKエッサーが好守で凌ぐ。 しかし45分、再びCKからオザン・カバクにヘディングシュートを決められ、前半を3点のビハインドで終えた。 シュート0本に終わって迎えた後半、2選手を入れ替え、4バックに変更したハノーファーは51分、原口が左足で際どいミドルシュートを浴びせる。前半に比べて敵陣でのプレーが増えたハノーファーは68分に1点を返す。スルーパスでボックス右に侵入した原口のクロスをジョナタスがヘッドで押し込んだ。 しかし78分、CKの流れからツバーにゴールを許したハノーファーは、81分にも浅野のミスパスからツバーにゴールを許して1-5の惨敗。残留争い直接対決に敗れ、降格の危機が迫っている。 2019.03.04 01:21 Mon
twitterfacebook
thumb

ハノーファーがレンタル加入中、浅野拓磨の買い取りを示唆…チーム幹部は持ち味の快足に期待

ハノーファーのホルスト・ヘルトSD(スポーツディレクター)が、昨夏アーセナルからレンタルで加わった日本代FW浅野拓磨を完全移籍で獲得することを示唆している。<br><br>ハノーファーでは公式戦13試合に出場してDFBポカールでの1ゴールにとどまる浅野。報道によれば、クラブはレンタルが終了する今夏以降もチームに留めておきたいようだ。ドイツメディア『キッカー』が伝えた。<br><br>ヘルトSDは「タク(浅野)は大きく成長するポテンシャルを残している。決定力は改善しなければいけないが、並外れのスピードを持っているため、我々の攻撃におけるスペースで理想的な形で動き回ってくる」と期待を口にした。<br><br>クラブ間の契約には出場試合数、ゴールやアシストによって買い取り義務の条項が発動するようだが、負傷離脱を繰り返していた浅野はその条件を満たさないとのこと。だが、ヘルトSDは「我々にとって得な状況」といずれにしても同選手の獲得を目指していると話している。<br><br>なお『キッカー』では、ハノーファーが浅野を獲得するために支払う移籍金は300万ユーロ(約3億8000万円)に及ぶと報道。残留争い真っただ中の同クラブだが、もし2部に降格した場合も構想に含められているようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2019.03.03 18:10 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース