ハノーファーが日本代表MF原口元気の獲得を発表…背番号10番を着用! 2018.06.12 22:15 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ハノーファーは12日、日本代表MF原口元気(27)をヘルタから獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日まで。背番号は「10」を着用することが決定している。

▽ドイツ『キッカー』の事前報道によると、移籍金は400万ユーロ(約5億2000万円)。2017-18シーズン途中からレンタルで加わっていたデュッセルドルフも獲得に乗り出していたと伝えられていたが、新天地はハノーファーとなった。

▽ハノーファーを率いるアンドレ・ブライテンライター監督は、「元気は可変的でスピードがあり、ドリブルの上手い攻撃的選手で、その上経験も豊富だ。W杯での元気と日本代表の健闘を祈っている」と原口を評価。期待値の高さをうかがわせた。

▽2014年夏に浦和レッズからヘルタ・ベルリンに加入した原口は今年1月、出場機会を求めてブンデスリーガ2部のデュッセルドルフにレンタル移籍。日本代表FW宇佐美貴史と共に主力を張り、13試合1ゴール4アシストを記録し2部優勝と1部昇格に貢献した。14日に開幕するロシアW杯の日本代表メンバー入りも果たしており、本大会での活躍に期待が集まっているところだ。

▽なお、ハノーファーは今夏、アーセナルからシュツットガルトにレンタル移籍中の日本代表FW浅野拓磨の加入を発表している。

コメント

関連ニュース

thumb

ハノーファー、終了間際に同点弾許しドロー…原口はフル出場《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第8節が20日に行われ、レバークーゼンはハノーファーと対戦。ケガ明けの浅野拓磨はベンチスタート、日本代表から戻ってきた原口元気はスタメンとなった。<br><br>試合は25分にハノーファーが先制。フロレント・ムスリージャが直接FKでゴールを挙げて待望の先制点を奪う。しかし、34分に中盤から飛び出しを見せたラース・ベンダーが右足で流し込み、レバークーゼンがスコアをタイに戻す。<br><br>しかし、ハノーファーがまたもセットプレーからスコアを動かす。右からのコーナーはクリアされてファーに流れるも、DFフェリペがダイレクトボレーで豪快にネットを揺らす。再びハノーファーがリードを奪った。その3分後、フェリペは2枚目のイエローカードで退場となり、ハノーファーは数的不利に陥ってしまう。<br><br>それでも、ハノーファーは時間を使いながら、終盤までリードを保つ。しかし、アディショナルタイムに落とし穴が。カリム・ベララビの右サイドからの強烈なシュートがゴール左へ突き刺さる。これがラストプレーとなり、2-2で終了した。<br><br>原口は守備で奮闘しながらフル出場。浅野は出番なしとなった。<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.21 00:59 Sun
twitterfacebook
thumb

原口元気&浅野拓磨は次節に向けて「問題なし」…ハノーファー指揮官、選手たちの状態に言及

日本代表からハノーファーに戻ってきたMF原口元気や負傷明けのFW浅野拓磨らは、次節出場できる状態のようだ。アンドレ・ブライテンライター監督が20日に行われるブンデスリーガ第8節、レヴァークーゼン戦に向けた記者会見で日本人選手の2人について言及している。<br><br>インターナショナルウィーク前の前節シュトゥットガルト戦で今季リーグ戦初勝利(3-1)を収めたハノーファー。その試合では浅野が14分に負傷交代を強いられ、代わりに入った原口は後半アディショナルタイムにチーム3点目をアシスト。日本代表に招集されていた2人だが、浅野は離脱を余儀なくされた一方で、原口はキリンチャレンジカップ2018のパナマ戦にフル出場を果たすと、ウルグアイ戦にも途中出場している。<br><br>ブライテンライター監督は18日に開かれたレヴァークーゼンとのアウェー戦に向けた会見で選手たちの状態について次のように語った。<br><br>「みんなが集まるのは今日の午後となり、そこで代表選手たちの状態について最終的に把握することになる。だが、既にショートメッセージで最後に戻ってきたボビー(ウッド)やゲンキ(原口)、ワラシは問題を抱えておらず、健康だと知らされたよ。今日は回復に専念させるとして、遅くとも明日のチーム練習には参加することになるだろう」<br><br>「タク(浅野)とフェリペは昨日からチーム練習を再開している。練習を問題なくこなしており、良い印象だった。試合までそれに変わりがないことを望む」<br><br>また、代表でのプレーはそれぞれに好影響をもたらしていると考えているようだ。<br><br>「たくさんの選手たちはそれぞれの代表チームで、出場や勝利、ゴールなど個人的な活躍でさらなるモチベーションを得ることができただろう。ポジティブなフィーリングを持ち帰り、我々のプレーにも持ち込んでくれるのは良いことだと信じている」<br><br>提供:goal.com 2018.10.20 10:35 Sat
twitterfacebook
thumb

日本代表辞退の浅野拓磨、練習復帰! ハノーファーは20日にレバークーゼン戦

▽ハノーファーに所属する日本代表FW浅野拓磨が、練習に復帰したようだ。ドイツ『キッカー』が伝えている。 ▽浅野は6日に行われたブンデスリーガ第7節のシュツットガルト戦に先発出場。しかし、前半に左ハムストリングを痛めて負傷交代していた。キリンチャレンジカップ2018で12日にパナマ代表戦、16日にウルグアイ代表戦を戦った日本代表にも招集されていたが、今回のケガにより辞退していた。 ▽今回伝えられるところによると、その浅野は17日にトレーニング復帰を果たしたようだ。 ▽現在ブンデスリーガで16位に位置するハノーファーは、20日に同リーグ第8節でレバークーゼンと対戦。浅野は2試合連続先発出場を果たし、勝利に貢献できるか。 2018.10.18 08:20 Thu
twitterfacebook
thumb

MF原口元気、ウルグアイ戦で目指すことは「どれだけ表現できるか」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は14日、16日に埼玉スタジアム2002で行われるキリンチャレンジカップ2018のウルグアイ代表戦に向け、さいたま市内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、MF原口元気(ハノーファー/ドイツ)がメディア陣による取材に応対。パナマ代表戦でコンビを組んだMF南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)とMF香川真司(ドルトムント/ドイツ)との違いや、ウルグアイ戦への意気込みを語った。 ◆MF原口元気(ハノーファー) ──トップ下が南野選手で、これまでの香川選手とは違うが、どう感じているか 「比べてないからなんとも言えないですが、あまり気にしていないです。誰と組むということは。考えすぎても…。なるべくそれが自然に出るように、練習から落とし込んでいます。誰と組むとか、特徴を考える必要はあるけど、考えて形を作ると遅いです」 「ミシャ(ミハイロ・ペトロヴィッチ監督/北海道コンサドーレ札幌)の練習の時からそうだけど、パッと全員が同じイメージを共有できないといけないです。そういった練習はしているので、これからも数多くそういったシーンは出てくるんじゃないかなと思います」 ──ウルグアイ代表戦に向けてはどういったことを目指すか 「相手どうこうではないです。強いのは理解しているし、良い相手ということは理解しているけど、今自分たちがやっていることをどれだけ表現できるかだと思います。もちろん勝ちたいし、勝ちに行きますが、それよりも今やっていることをどれだけ表現できるか。その方が大事かなと思います」 「それが形になればいいし、ならないんであれば、試合中から色々工夫をしなくてはいけないです。森保さんが言うように、臨機応変に。試合中に自分たちでどうしていこうか。ワールドカップを戦っていても、感じました。そういった対応力というのは、出していかないといけないなと思います」 2018.10.14 19:35 Sun
twitterfacebook
thumb

浅野負傷交代で原口投入のハノーファー、ウッド2発と原口のダメ押しアシストで今季初勝利《ブンデスリーガ》

▽ハノーファーは6日、ブンデスリーガ第7節でシュツットガルトをホームに迎え、3-1で勝利した。ハノーファーのFW浅野拓磨は14分までプレーし、FW原口元気は14分からプレーしている。 ▽最下位に沈むハノーファーは前節フランクフルト戦では浅野と原口に出場機会がなかった中、チームは1-4と惨敗し、2分け4敗と未勝利が続いている。そのハノーファーは、浅野が4試合ぶりに先発となり、ここ2試合ベンチ外となっていた原口がベンチ入りした。 ▽ここまで1勝2分け3敗のシュツットガルトに対し、3トップの一角に浅野が入ったハノーファーが押し込む展開で推移すると、8分にシュベクラーがミドルシュートでゴールに迫る。 ▽しかし14分、左足太ももを負傷した浅野がプレー続行不可能となり、原口との交代を強いられた。原口は浅野同様、3トップの一角に入ってフュルクルク、ウッドと共に流動的に動いていく。 ▽そのハノーファーは27分にゴメスのミドルシュートでゴールを脅かされるも、30分に先制した。アルボルノスの鋭い左クロスをウッドがヘディングシュートでゴール右に流し込んだ。 ▽さらに前半追加タイム1分、1点目と同じような形からアルボルノスの左クロスにウッドが頭で合わせてネットを揺らし、ハノーファーが2点をリードして前半を終えた。 ▽後半からトミーとニコラス・ゴンサレスを投入したシュツットガルトにハノーファーは後半開始5分、1点を返される。トミーのスルーパスをボックス左で受けたゴメスにシュートを流し込まれた。 ▽さらに52分、CKからニコラス・ゴンサレスのヘディングシュートが枠を捉えたが、ここはGKエッサーがセーブ。すると55分、ハノーファーにビッグチャンス。フュルクルクがGKと一対一となり、ルーズボールをウッドがシュート。しかし、シュートをふかしてしまい、枠には飛ばせなかった。 ▽続く56分、ディダヴィのミドルシュートが枠を捉えるピンチを迎えたハノーファーだったが、ここもGKエッサーが好守で凌ぐ。 ▽その後は一進一退の攻防が続く中、互いに決定的なシュートシーンは生み出せない。それでも終盤の追加タイム1分、原口のアシストで勝負を決める。左サイドを抜け出した原口が右足で上げたクロスをファーサイドで受けたベブがシュートを決めた。 ▽このまま3-1で試合を終わらせたハノーファーが待望の今季初勝利を挙げている。 2018.10.07 00:40 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース