長野が浅野哲也監督の退任発表…後任に阪倉裕二ヘッドコーチ2018.06.12 10:15 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽AC長野パルセイロは12日、浅野哲也監督(51)の退任、阪倉裕二ヘッドコーチ(51)の監督就任を発表した。▽浅野監督は、2017年から長野を指揮。しかし、今シーズンは明治安田生命J3リーグ12試合終了時点で2勝6分け4敗の14位に沈んでいる。

▽シーズン途中で長野を去ることになった浅野氏と、指揮を託されることになった阪倉氏はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

◆浅野哲也
「日頃より我がクラブへの厚い御支援、熱い御声援を頂戴しております事、誠に有り難うございます。この場をお借りし改めまして御礼申し上げます。この度、私、浅野哲也は、トップチーム監督を退任する事となりました。J3参入から5年目となる節目の今シーズン、J3優勝、J2昇格を叶えるべく覚悟を持って努力して参りましたが、開幕から12試合を消化した現時点での成績、チーム状況等、クラブとの協議の上、このような運びとなりました」

「私自身、途中で引き下がることは、辛く情けない気持ちですが、これ以上、クラブや皆様に御迷惑をかけることは出来ません。全ては私の⼒不⾜です。申し訳ありませんでした。ここまで、一緒に闘ってくれた選手や現場スタッフ、クラブスタッフの皆様、クラブを支えて下さるスポンサーや地域の皆様、各メディア関係の皆様、そして、大きな声援で後押しをして下さった大勢のファン、サポーターの皆様には、言葉では足りない程の感謝と申し訳なさで、心が溢れんばかりです」

「リーグ戦はあと20試合残されています。苦しいチーム事情にしてしまった私が⾔う資格はないと思いますが、これからまた、強さを取り戻し、皆様に更に愛される長野パルセイロになっていく事を心から願っています。一年半という短い間でしたが、この長野の地で皆様と出会い、共に闘えた事は私の大切な財産となりました。本当に有り難うございました」

◆阪倉裕二
「まずは、ヘッドコーチとして、浅野監督をしっかりサポートできず、このような状況になってしまったことを大変申し訳なく思っております。急ではありましたが、浅野監督の意思を引き継ぐためにも、クラブからの監督就任依頼を受けさせていただくことにしました」

「現在チームのおかれている状況は、決して良いものではありませんが、今一度、選手、スタッフ、クラブ、スポンサー、サポーターの皆様と一体となってこの状況を打開し、少しでも良い方向に持っていけるよう全身全霊をかけて頑張っていきたいと思います。引き続き、熱いご声援をよろしくお願いいたします」

コメント

関連ニュース

thumb

元日本代表FW田代有三、14年間のキャリアに幕…鹿島黄金期メンバー

▽元日本代表FW田代有三(36)が20日、現役引退を表明した。 ▽福岡県出身の田代は、福岡大学在学時に大分トリニータ、サガン鳥栖の特別指定選手としてトップチーム登録されると、2005年に鹿島アントラーズに入団。ストライカーとしてJ1リーグ3連覇など鹿島の黄金期を支えた後、モンテディオ山形、ヴィッセル神戸、セレッソ大阪を渡り歩き、2017年3月からナショナル・プレミアリーグ(オーストラリア2部相当)に属するウーロンゴン・ウルブスに活躍の場を移した。 ▽代表キャリアにおいては、2008年の東アジア選手権で日本代表に追加メンバーとして初招集を受け、通算3キャップを記録。14年間のプロキャリアに終止符を打つことを決断した田代は、自身のインスタグラム(yuzo.tashiro)を通じて、次のようにコメントしている。 「サッカーを初めて約30年、プロサッカー選手となってからは14年。私、田代 有三は引退する事に決めました。サッカーを通して様々な事を学び、様々な人と出会う事が出来、本当に幸せなサッカー人生だったと思います。そのきっかけを与えてくれた兄にも感謝です。色々なチームのチームメート、スタッフ、関係者、サポーター。僕にサッカーを教えて頂いた指導者の方々。誰よりも近くでどんな時も見守ってくれた妻、子供達。そして30年間僕のサッカー人生を支えてくれたお父さんお母さん。本当にありがとうございました! 最高なサッカー人生でした」 2018.10.20 13:30 Sat
twitterfacebook
thumb

東京V、ユースからMF森田晃樹の昇格内定を発表! 今季天皇杯浦和戦でトップデビュー

▽東京ヴェルディは20日、東京ヴェルディユースからMF森田晃樹(18)の来季トップチーム昇格が内定したことを発表した。 ▽東京都出身の森田は東京Vジュニアからジュニアユースを経てユースに昇格。近年、トップチームで活躍するMF井上潮音、MF渡辺皓太、MF藤本寛也が付けてきた背番号10を背負う逸材MFはU-15日本代表やU-17日本代表でも招集歴もある。 ▽170cmに満たない小兵ながらヴェルディの下部組織出身らしい繊細な足下の技術とパスセンス、戦術眼を併せ持つ中盤のマルチロールは、2種登録選手として今季の天皇杯の浦和レッズ戦ですでにトップチームデビューも飾っている。 ▽トップチーム昇格が決定した森田はクラブ公式サイトを通じて意気込みを語っている。 「来シーズンからトップチームに昇格することが決まりました。東京ヴェルディユースの森田晃樹です。今まで関わってくださった人たちへの感謝の気持ちを忘れず、日々努力してチームに貢献できるように頑張ります。応援よろしくお願いします」 2018.10.20 13:16 Sat
twitterfacebook
thumb

連覇を目指す川崎Fに痛手! DF車屋紳太郎の負傷を発表…ハムストリング肉離れで全治3〜4週間

▽川崎フロンターレは19日、DF車屋紳太郎の負傷を発表した。 ▽クラブの発表によると、車屋は17日のトレーニング中に負傷。18日に川崎市内の病院で検査を受け、左ハムストリング肉離れと診断。全治は3〜4週間程度とのことだ。 ▽車屋は、今シーズンの明治安田生命J1リーグで28試合に出場。日本代表としても9月のコスタリカ代表戦に招集されていた。 2018.10.19 19:20 Fri
twitterfacebook
thumb

ヴェンゲル、Jリーグ復帰も視野…来年1月の監督業再開を確信

▽フランス人名将のアーセン・ヴェンゲル氏(68)がJリーグ復帰を含めた来年1月の監督業再開を明言した。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽ヴェンゲル氏は、1995年〜1996年10月まで名古屋グランパスエイト(現・名古屋グランパス)を率い、その後にアーセナルの監督として約22年間にわたる長期政権を築城。2003-04シーズンの無敗優勝を含む3度のプレミアリーグ制覇や、7度のFAカップ優勝に貢献したが、2017-18シーズン限りでアーセナルに別れを告げた。 ▽アーセナルの監督を退任して以降、去就を巡り、様々な憶測が取り沙汰されるヴェンゲル氏。ドイツ『Bild』のインタビューで注目を集める新天地について問われると、次のようにコメントした。 「1月から再びクラブを率いる。確信しているよ。どこかはわからないがね。休養を経て、再び働く準備はできている」 「各協会や、代表チームからコンタクトを受けている。日本に戻る可能性だってあるかもしれない」 「私は、アーセナルでの22年間で様々なレベルで大きな経験をさせてもらった。そのおかげで、世界中から問い合わせがある」 2018.10.19 11:30 Fri
twitterfacebook
thumb

C大阪、U19代表DF瀬古歩夢をプロ登録…「精一杯戦います」

▽セレッソ大阪は19日、同クラブU-18に所属するU-19日本代表DF瀬古歩夢(18)のプロ登録を発表した。 ▽C大阪の育成機関で育った瀬古は、2016年から2種登録選手としてトップチーム登録されると、今シーズンの明治安田生命J1リーグ3試合、U-23の一員としてJ3リーグ24試合(3得点)に出場。代表キャリアにおいても各世代の日本代表に名を連ね、今月に行われるAFC U-19選手権インドネシア2018に臨むU-19メンバーにも選出されている。 ▽発表日の19日よりプロの仲間入りを果たした瀬古はクラブの公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「一つの目標であったプロサッカー選手になることができてとても嬉しく思います。これで満足せず、応援していただいてる方々の為にも精一杯戦いますので、応援よろしくお願いします!」 2018.10.19 10:40 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース