長野が浅野哲也監督の退任発表…後任に阪倉裕二ヘッドコーチ2018.06.12 10:15 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽AC長野パルセイロは12日、浅野哲也監督(51)の退任、阪倉裕二ヘッドコーチ(51)の監督就任を発表した。▽浅野監督は、2017年から長野を指揮。しかし、今シーズンは明治安田生命J3リーグ12試合終了時点で2勝6分け4敗の14位に沈んでいる。

▽シーズン途中で長野を去ることになった浅野氏と、指揮を託されることになった阪倉氏はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

◆浅野哲也
「日頃より我がクラブへの厚い御支援、熱い御声援を頂戴しております事、誠に有り難うございます。この場をお借りし改めまして御礼申し上げます。この度、私、浅野哲也は、トップチーム監督を退任する事となりました。J3参入から5年目となる節目の今シーズン、J3優勝、J2昇格を叶えるべく覚悟を持って努力して参りましたが、開幕から12試合を消化した現時点での成績、チーム状況等、クラブとの協議の上、このような運びとなりました」

「私自身、途中で引き下がることは、辛く情けない気持ちですが、これ以上、クラブや皆様に御迷惑をかけることは出来ません。全ては私の⼒不⾜です。申し訳ありませんでした。ここまで、一緒に闘ってくれた選手や現場スタッフ、クラブスタッフの皆様、クラブを支えて下さるスポンサーや地域の皆様、各メディア関係の皆様、そして、大きな声援で後押しをして下さった大勢のファン、サポーターの皆様には、言葉では足りない程の感謝と申し訳なさで、心が溢れんばかりです」

「リーグ戦はあと20試合残されています。苦しいチーム事情にしてしまった私が⾔う資格はないと思いますが、これからまた、強さを取り戻し、皆様に更に愛される長野パルセイロになっていく事を心から願っています。一年半という短い間でしたが、この長野の地で皆様と出会い、共に闘えた事は私の大切な財産となりました。本当に有り難うございました」

◆阪倉裕二
「まずは、ヘッドコーチとして、浅野監督をしっかりサポートできず、このような状況になってしまったことを大変申し訳なく思っております。急ではありましたが、浅野監督の意思を引き継ぐためにも、クラブからの監督就任依頼を受けさせていただくことにしました」

「現在チームのおかれている状況は、決して良いものではありませんが、今一度、選手、スタッフ、クラブ、スポンサー、サポーターの皆様と一体となってこの状況を打開し、少しでも良い方向に持っていけるよう全身全霊をかけて頑張っていきたいと思います。引き続き、熱いご声援をよろしくお願いいたします」
コメント
関連ニュース
thumb

秋田、昨季限りで栃木退団のDF夛田凌輔を獲得「もう1度ピッチに立つチャンスを与えてくれて…」

ブラウブリッツ秋田は25日、昨シーズン限りで栃木SCを退団したDF夛田凌輔(26)の加入を発表した。 セレッソ大阪下部組織出身の夛田は、2011年にトップチーム昇格。その後、大分トリニータ、ザスパクサツ群馬、AC長野パルセイロを経て、2017年に栃木SCに加入した。昨シーズンは明治安田生命J2リーグに29試合出場したが、シーズン終了後に退団していた。 秋田への加入が決定した夛田は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「初めまして夛田凌輔です。ブラウブリッツ秋田に加入することとなりました。もう1度ピッチに立つチャンスを与えてくれて本当に嬉しく思います。この数カ月支えてくれた家族、仲間にも本当に感謝しています。そういう想いを持ってこれからは今まで以上に頑張りたいと思います。今までの経験をチームに還元し、チームの力になれるように全力で努力します」 「そして、ブラウブリッツ秋田のJ3優勝・J2昇格を選手、スタッフ、ファン、サポーター、秋田県民の皆さんで掴み取りたいと思います。応援よろしくお願いします」 2019.03.25 10:10 Mon
twitterfacebook
thumb

岐阜の新戦力DF柳澤亘が左ヒザ負傷で全治約3~4週間…

FC岐阜は24日、DF柳澤亘が左ヒザ関節内側側副じん帯損傷により全治まで約3~4週間と推定されていることを発表した。 発表によれば、柳澤は17日の明治安田生命J2リーグ第4節鹿児島ユナイテッドFC戦で負傷。診断の結果、今回の離脱が判明した。 攻撃的サイドバックの柳澤は、今シーズンから岐阜に加入してプロ入り。負傷した鹿児島戦で途中交代を強いられるまでは、それまでの全3試合でフル出場を果たしていた。 2019.03.24 11:47 Sun
twitterfacebook
thumb

G大阪FW呉屋大翔が長崎に期限付き移籍「クラブに感謝しています」

ガンバ大阪は22日、FW呉屋大翔(25)がV・ファーレン長崎に期限付き移籍することを発表した。移籍期間は2020年1月31日までとなる。なお、呉屋は契約によりG大阪と対戦する全ての公式戦に出場出来ない。 流通経済大柏高校出身の呉屋は関西学院大学に進学。3年連続の関西学生リーグ得点王の肩書をひっさげて2016年にG大阪入団を果たしたものの、度重なるケガに苦しみ、昨年には徳島ヴォルティスに期限付き移籍。今シーズンからG大阪に復帰することが昨年末に発表されたが、再び武者修行に出ることとなった。 呉屋は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆FW呉屋大翔 「長崎に移籍することになりました。まずこのタイミングでの移籍を許してくださったクラブに感謝しています。そして今年僕のユニフォームを買ってくれたファン、サポーターの方たちには期待に応えることが出来ず本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです」 「しかし僕が1人のサッカー選手として考えたときに移籍することがベストの選択だと思いこの決断をしました。少しでも僕の活躍が皆さんの耳に届くように頑張ってきます! 」 2019.03.22 18:15 Fri
twitterfacebook
thumb

FC東京、下部組織4選手を2種登録

FC東京は22日、U-18チームに所属するU-15日本代表GK彼島優(15)、U-17日本代表DF大森理生(16)、DF岡哲平(17)、U-17日本代表MF角昂志郎(16)の4選手がトップチーム登録(2種)となったことを発表した。 足立区出身の彼島と世田谷区出身の岡はFC東京U-15深川で、武蔵村山市出身の大森はFC東京U-15むさしで成長。練馬区出身の角は東京武蔵野シティFCU-15からFC東京の下部組織に移った。 今回登録された4選手は、日本サッカー協会第2種チームに所属しながら、Jリーグの公式戦に出場することが認められる。 2019.03.22 17:55 Fri
twitterfacebook
thumb

札幌、筑波大MF高嶺朋樹の来季加入内定を発表! 展開力、ボール奪取能力のあるボランチ

北海道コンサドーレ札幌は22日、同日に筑波大学蹴球部所属のMF高嶺朋樹(21)との仮契約を結び、2020年シーズンからの新加入が内定したことを発表した。 高嶺はU-12からU-18年代まで札幌の下部組織に所属した後、筑波大に進学。札幌は、177cm、74kgという体格の同選手の特徴を「ボランチからの展開力と、精度の高い多彩なキック。1対1での守備が強く、ボール奪取能力が高い」と評している。 高嶺は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントした。 ◆MF高嶺朋樹(21) 「来季から北海道コンサドーレ札幌に加入することになりました筑波大学の高嶺朋樹です」 「北海道コンサドーレ札幌という、歴史があり、私自身、下部組織に9年間所属し成長させて頂いた思い入れのある素晴らしいクラブでプロサッカー選手としてのキャリアを歩めることを嬉しく思います」 「これまで応援、支援を頂いた家族をはじめ、指導者の方々、友人、関わってくださった全ての人に感謝しています。この感謝を胸にプロサッカー選手として夢や希望を与えられるようピッチ内外で日々精進していきます。1日でも早く北海道コンサドーレ札幌の力になり、『北海道とともに世界へ』を体現できる選手になれるよう頑張りますので応援よろしくお願いします」 「最後になりますが、筑波大学蹴球部の方も応援していただけると幸いです」 2019.03.22 16:00 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース