ニースがファブレの後任にヴィエラ監督を招へい2018.06.12 04:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ニースは11日、新指揮官にパトリック・ヴィエラ監督(41)を招へいしたことを発表した。

▽現役時代、アーセナルやユベントス、インテル、マンチェスター・シティなどでプレーしたヴィエラ監督は、2011年に現役を引退。引退後は、マンチェスター・シティでアカデミーのコーチ兼マネージャーに就任すると、2013年からリザーブチームを指揮。

▽2016年からは、マンチェスター・シティの姉妹クラブであるニューヨーク・シティの監督に就任すると、2018シーズンのメジャーリーグサッカーを通算成績2位で終え、来季のCONCACAFチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。

▽今シーズンを8位で終えたニースは、5月20日に2016年からチームを指揮してきたルシアン・ファブレ監督が、ドルトムントの新指揮官に就任するため退任。後任を探していた。

▽新監督に就任したパトリック・ヴィエラ監督は、マンチェスター・シティの公式サイトで感謝の言葉を述べた。

「監督となる機会を与えてくれたシティフットボールグループとニューヨーク・シティにお礼を言いたい。ニューヨーク・シティを去る決断は、私と家族にとって、とても難しいものだった」

「ニューヨーク・シティでの監督は、夢のような機会だった。熱狂的なサポーターのお陰で、私のサッカー人生のなかで特別な経験になった。一人一人にお礼を言うとともに、毎日チームを支えてくれたことを感謝している」

コメント

関連ニュース

thumb

バロテッリは来季もフランス? 「マルセイユと良い関係」と敏腕代理人

▽イタリア代表FWマリオ・バロテッリに対して、マルセイユが強い関心を示しているようだ。ミノ・ライオラ代理人が『RMC』に語った。 ▽フランスで復活を遂げたバロテッリは、今夏の移籍が以前から話題になっている。選手本人はしばしばイタリア復帰をにおわせていたが、フランスに残る可能性もありそうだ。 ▽ライオラ氏は「マルセイユとは良い関係だ。ディレクターのことはよく知っている。ただ、まだ何かを言うには早すぎるね」とコメント。「マリオは感情あふれる選手で、それはマルセイユの精神にマッチする。マルセイユの人は情熱的で、マリオも一緒だ。どうなるかみていこう」と述べた。 2018.06.18 03:50 Mon
twitterfacebook
thumb

バロテッリ獲得レース参戦のマルセイユが早期決着を目指し交渉開始か

▽日本代表DF酒井宏樹の所属するマルセイユが、ニースのイタリア代表FWマリオ・バロテッリ(27)の早期での獲得に向けて動いているようだ。フランス『France Football』が報じている。 ▽フランスで見事に復活を遂げたバロテッリ。今シーズン終了後に契約が切れることから母国イタリアのローマやナポリのみならず、ドルトムントやモナコなども獲得に名乗りを挙げており、今後の去就に注目が集まっている。 ▽そんな中、『France Football』によるとマルセイユがバロテッリ獲得に積極的な動きを見せているようだ。マルセイユは、現在イタリア人指揮官のルディ・ガルシア監督がチームを率いており、昨季はヨーロッパリーグで決勝進出を果たすなど躍進した。 ▽しかし、リーグ戦では最終節まで3位リヨンとチャンピオンズリーグ(CL)の出場権を争ったが、惜しくも4位でシーズンを終了。今夏に新たなストライカーの獲得を狙うマルセイユは、ニースで公式戦66試合に出場し43ゴールを記録したバロテッリの獲得に着手したという。 ▽また、同紙によるとマルセイユは、7月4日に発表される来季のユニフォームキットのイメージ写真にバロテッリを起用することを目指しており、早期決着を望んでいるようだ。 2018.06.03 05:07 Sun
twitterfacebook
thumb

バロテッリ、自身の成長を実感「今が人生で最高のとき。俺も大人になった」

イタリア代表FWマリオ・バロテッリが、ニース公式チャンネル『OGCニースTV』のインタビューに応じ、自身の成長を語った。<br><br>バロテッリは2016年夏にニースへ加入すると、スイス人指揮官ルシアン・ファーヴルの下で本来の実力を発揮。リーグ・アンでは、2シーズン連続で2ケタ得点をマークした。<br><br>「ニースにやって来たのは、良い練習、プレーを通してフィジカルコンディションを取り戻したかったからだ。それに、チームの目標達成の手助けをできればとも思った。だがこれほど上手く行くとは思っていなかったよ」<br><br>バロテッリは先月、4年ぶりにイタリア代表にも復帰。恩師でもあるロベルト・マンチーニの初陣となった28日の親善試合サウジアラビア戦では、鮮烈な先制点を披露した。イタリア代表FWは自身の成長を実感。私生活も充実しており、現在が最高のときだと強調する。<br><br>「今が自分の人生で最高のときだと思う。今は二人の子供の父親だし、落ち着いた生活を送れている。俺は成長し、大人になった。これは普通のことだと思う」<br><br>今シーズン限りでニースとの契約を終えるが、来シーズンの所属先はまだ決まっていない。<br><br>「何も分からない。あまり先のことは考えないタイプなので、毎週毎週、目の前に集中している方が好きだ」<br><br>またバロテッリは、メディアの報道に対して苦言を呈している。<br><br>「(メディアの前で)あまり話をするのは好きではない。俺が話をするたびに、メディアは言葉を変えて何カ月も報道し続ける。俺はサッカーをしている方が好きだ。何か言いたいことがあれば、ピッチで伝えたい。メディアはキャラクターを作り出して、そのキャラクターの方がサッカー自体よりも人々の興味を引く。自宅で子供たちや母と一緒にいるときの俺が本当の俺なんだ」<br><br>提供:goal.com 2018.06.01 20:00 Fri
twitterfacebook
thumb

レスター、バルセロナDFマルロン獲得に動く! 今季はニースにレンタル

▽レスター・シティがバルセロナのブラジル人DFマルロン・サントス(22)の獲得に動いているようだ。ニースのジャン=ピエール・リヴェール会長がフランスのテレビ番組『100% Aiglons』で語った。 ▽フルミネンセから2016年夏にレンタルでバルセロナに加入したマルロンは昨季、公式戦3試合に出場。昨年6月に完全移籍となり、バルセロナと3年契約を結んでいた。その後、昨夏には出場機会を求めてニースに2年間のレンタル移籍で加入し、今季は公式戦27試合に出場していた。 ▽現在、バルセロナを率いるエルネスト・バルベルデ監督はマルロンを評価しておらず、クラブは完全移籍での放出を考慮している模様。一方、ニースは今季のマルロンのパフォーマンスに満足しており、完全移籍での買い取りを試みているという。 ▽しかし、リヴェール会長は『100% Aiglons』で他クラブからマルロンに対するオファーが届いており、今夏にニースを離れる可能性が高いことを明かした。 「バルセロナはマルロンに対する2000万ユーロ(約25億4000万円)のオファーを受け取った。したがって、彼はニースを去ることになる」 ▽今回のインタビューでリヴェール会長はどこからのオファーかは言及していないものの、イギリス『Squawka』はそのオファーを出したクラブがレスターであると主張している。 ▽その一方で、マルロンにはウェストハムも関心を示しており、いずれにしてもマルロンの新天地はプレミアリーグとなりそうだ。 2018.05.31 01:21 Thu
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、ファブレの招へい濃厚に…ニース退団を表明

▽ニースを率いるルシアン・ファブレ監督(60)が今シーズン終了後の退任を表明した。 ▽2016年から古豪ニースを指揮するファブレ監督は、昨シーズンのリーグ・アンで近年のクラブ最高位3位に導く手腕を発揮。今シーズンはリーグ8位でフィニッシュした。 ▽イギリス『FourFourTwo』によれば、ファブレ監督は試合後、「ニースを去る。それ以上のことは言えない」と話したという。 ▽事前の報道によれば、ファブレ監督はペーター・シュテーガー監督の後任として、ドルトムントと合意している模様だ。 2018.05.20 13:20 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース