超ワールドサッカー

ニースがファブレの後任にヴィエラ監督を招へい2018.06.12 04:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ニースは11日、新指揮官にパトリック・ヴィエラ監督(41)を招へいしたことを発表した。

▽現役時代、アーセナルやユベントス、インテル、マンチェスター・シティなどでプレーしたヴィエラ監督は、2011年に現役を引退。引退後は、マンチェスター・シティでアカデミーのコーチ兼マネージャーに就任すると、2013年からリザーブチームを指揮。

▽2016年からは、マンチェスター・シティの姉妹クラブであるニューヨーク・シティの監督に就任すると、2018シーズンのメジャーリーグサッカーを通算成績2位で終え、来季のCONCACAFチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。

▽今シーズンを8位で終えたニースは、5月20日に2016年からチームを指揮してきたルシアン・ファブレ監督が、ドルトムントの新指揮官に就任するため退任。後任を探していた。

▽新監督に就任したパトリック・ヴィエラ監督は、マンチェスター・シティの公式サイトで感謝の言葉を述べた。

「監督となる機会を与えてくれたシティフットボールグループとニューヨーク・シティにお礼を言いたい。ニューヨーク・シティを去る決断は、私と家族にとって、とても難しいものだった」

「ニューヨーク・シティでの監督は、夢のような機会だった。熱狂的なサポーターのお陰で、私のサッカー人生のなかで特別な経験になった。一人一人にお礼を言うとともに、毎日チームを支えてくれたことを感謝している」

コメント

関連ニュース

thumb

ミニョレにニース移籍の可能性が浮上か

▽リバプールに所属するベルギー代表GKシモン・ミニョレ(30)にニース移籍の可能性が浮上している。ベルギー『Het Belang van Limburg』が伝えている。 ▽昨季、ドイツ代表GKロリス・カリウスの控えに甘んじ、今季はローマから加入したブラジル代表GKアリソン・ベッカーのバックアップを担っているミニョレ。 ▽今夏、リバプール退団を希望していた同選手だが、ベシクタシュに移籍したカリウスとレスター・シティに旅立ったウェールズ代表GKダニー・ウォードに先を越された結果、クラブが売却を拒否。渋々第2GKとして残留の道を選んだ。 ▽しかし、今季ここまでEFLカップの1試合の出場にとどまっているミニョレは今後の自身のキャリアを考慮して今冬の移籍を希望。そこに目を付けているのが、パトリック・ヴィエラ監督が率いるニースのようだ。 ▽『Het Belang van Limburg』が伝えるところによれば、ヴィエラ監督は現在チームに在籍するフランス人GKヨアン・カルディナーレ、アルゼンチン人GKワルテル・ベニテスの2選手のパフォーマンスに満足しておらず、新たな守護神の獲得を希望しているという。そして、その有力な候補としてミニョレをリストアップしているようだ。 ▽なお、ニースにはリバプールでのプレー経験を持つ元同僚FWマリオ・バロテッリが在籍している。 2018.11.10 20:10 Sat
twitterfacebook
thumb

アンリのモナコ監督就任にアーセナル「アンリvsヴィエラが待ちきれない!」

▽アーセナルが、クラブのレジェンド、ティエリ・アンリ氏のモナコ監督就任に公式ツイッターで激励の言葉を送っている。 ▽モナコは13日、アンリ氏の監督就任を発表した。プロデビューを果たした古巣でアンリ氏は監督としての一歩を歩み始めた。 ▽この発表に同じく古巣のアーセナルが激励。「幸運を祈っているよ、ティエリ。大きなチャンスだ。我々は君の心のそばにいる。応援しているよ」というメッセージの後に、“追伸”として以下のように綴っている。 「追伸、ニースの(パトリック・)ヴィエラ監督との対戦が待ちきれないね!」 ▽ニースは今夏にヴィエラ監督を招へい。同監督にとってトップチームを率いるのはニューヨーク・シティFCに続いてこれが2チーム目である。 ▽なお、モナコとニースが対戦するのは12月8日に行われるリーグ・アン第17節。かつて“インビンシブル”と称えられたアーセナルを支えた2人のレジェンドが、今度は監督として相まみえる。 2018.10.13 19:41 Sat
twitterfacebook
thumb

デブ疑惑のバロテッリ、罰金報道を痛快に突っぱねる

▽ニースに所属するイタリア代表FWマリオ・バロテッリがオーバーウェイトによる罰金処分の報道を否定した。 ▽2016年にニース入りして以降、才能を再び開花させ、イタリア代表への返り咲きも果たしたバロテッリ。だが、今夏のクラブ合流時に88kgから103kgに達する体重超過により、罰金処分が科されたという旨の報道が取り沙汰されている。 ▽またしても問題児ぶりをこじらせたかに思われたバロテッリだが、この一報は事実ではないようだ。自身のインスタグラム(mb459)のストーリーを通じて、次のように疑惑を一蹴している。 「オーバーウェイトで罰金? 俺の身体を見てみろ! 笑っちゃうね。俺の体重にまつわる話を聞くと。ゴミのような記事を書きやがった奴らは、仕事を失った方が良い」 2018.09.17 14:30 Mon
twitterfacebook
thumb

「自らオフサイド」…バロテッリが体重超過で罰金食らう

▽ニースに所属するイタリア代表FWマリオ・バロテッリが罰金処分を食らった。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 ▽主な理由は、従来の88kgから103kgに達した体重の超過。さらに、シーズン前のチームへの合流遅れも関係しているという。 ▽ニースのジャン=ピエール・リヴェール会長も「自分でオフサイドに引っかかっている」とバロテッリへの罰金処分を明かしている。 ▽なお、今月の代表ウィークでイタリア代表に招集された際の体重は、99.7kgだった模様だ。 ▽2016年にニース入りして以降、才能を再び開花させ、イタリア代表への返り咲きも果たしたバロテッリ。信頼回復に努めたいところだが…。 2018.09.15 15:05 Sat
twitterfacebook
thumb

規格外の男バロテッリ…勝手に休暇延長→激太り

▽ニースに所属するイタリア代表FWマリオ・バロテッリは、やはり規格外の男なようだ。スペイン『マルカ』が、フランス『レキップ』の情報を基に伝えた。 ▽2016年にニースに加入し、2シーズンで公式戦66試合で43ゴールと爆発したバロテッリ。若くして評価されていたポテンシャルが枯れていないことを示し、5月下旬からイタリア代表への復帰も果たしていた。 ▽そんなバロテッリには今夏、ニース退団の可能性が浮上。結局はクラブに留まったものの、マルセイユ移籍が騒がれていた。その騒動に関連し、バロテッリはある面で規格外の数字を叩き出したようだ。 ▽『レキップ』に記載されているクラブ関係者の情報によると、マルセイユとの交渉を続けていたバロテッリは今夏の休暇を延長。チームメイトよりも2週間遅い、7月17日まで夏休みを過ごした。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』など各紙によると、この行動がニースの怒りを誘発し移籍破談を招いたとも伝えられている。 ▽それはさておき、ようやく練習に復帰したバロテッリを見てニーススタッフは唖然。なんと体重が100kgを超えていたという。もちろんパトリック・ヴィエラ新監督の叱咤を受けたそうだが、現在の体重は88kg。適正の“規格”を6kgもオーバーしているとのことだ。 2018.09.12 12:20 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース