ボルシアMG、昨夏復帰の元パラグアイ代表FWの退団を発表!2018.06.12 02:05 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ボルシアMGは11日、元パラグアイ代表FWラウール・ボバディージャ(30)がアルゼンチンリーグのアルヘンティノス・ジュニアーズへ完全移籍したことを発表した。契約期間は2021年までとなる。

▽パラグアイ人両親の下、アルゼンチンで生まれ育ったボバディージャは、2009年夏から2012年冬までボルシアMGに在籍。その後、ヤング・ボーイズやバーゼル、アウグスブルクでプレーし、2017年の夏にボルシアMGへ5年ぶりの復帰を果たした。

▽移籍金200万ユーロ(約2億6000万円)で迎え入れられたボバディージャだったが、今季はリーグ戦13試合でノーゴールと期待外れな結果で終わっていた。
コメント
関連ニュース
thumb

ボルシアMG、ホームで下位相手に痛恨のドロー《ブンデスリーガ》

ボルシアMGは15日、ブンデスリーガ第26節でフライブルクと対戦し、1-1の引き分けに終わった。 4位のボルシアMGが、12位フライブルクをホームに迎えた一戦。前節のマインツ戦でリーグ5試合ぶりの白星を飾ったボルシアMGは、その試合と同じスタメンで試合に臨んだ。 ボルシアMGは序盤にアウェイチームに先制を許す。10分、ワルドシュミッドのパスで右サイドを抜け出したステンゼルのクロスをボックス中央のグリフォが右足で合わせると、左ポストの内側を叩いたボールがゴールに吸い込まれた。 先制を許したボルシアMGだが、すぐに反撃。16分、ザカリアのスルーパスでボックス右深くに抜け出したT・アザールが折り返すと、ゴール前に走り込んだプレアが押し込み、すぐに同点に追いついた。 膠着状態が続く中、再びチャンスを迎えたのはフライブルク。36分、右CKからペテルゼンがフリックしたボールをファーサイドで受けたグリフォがワントラップから素早くシュートに持ち込むも、これはGKゾンマーがファインセーブ。 迎えた後半も立ち上がりから一進一退の攻防が続く。そんな中、徐々にペースを掴み始めるボルシアMGは63分、シュティンドルの縦パスをボックス右で受けたJ・ホフマンがダイレクトシュートを狙うも、これは相手GKの正面を突く。 追加点を狙うボルシアMGは61分にヘアマン、71分にノイハウス、83分にラファエウと攻撃的な選手を投入。しかし、最後まで逆転ゴールは生まれず試合終了。ボルシアMGはホームで下位相手に勝ち点1を分ける結果となった。 2019.03.16 06:37 Sat
twitterfacebook
thumb

ボルシアMGのブラジル人FWラファエウが2020年まで契約延長

ボルシアMGは7日、ブラジル人FWラファエウ(33)と2020年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 2013年にディナモ・キエフからボルシアMGに加入した本職セカンドトップのラファエウは、これまでボルシアMGで公式戦185試合に出場して71ゴール34アシストを記録。攻撃の核として活躍していたが、今季は負傷の影響もあってブンデスリーガでは8試合の出場で1ゴール1アシストに留まっている。 2019.03.07 22:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ボルシアMGに5発圧勝のバイエルン、首位ドルトムントに勝ち点で並ぶ!《ブンデスリーガ》

バイエルンは2日、ブンデスリーガ第24節でボルシアMGとのアウェイ戦に臨み、5-1で圧勝した。 前節ヘルタ・ベルリン戦を1-0と辛勝して首位ドルトムントとの3ポイント差を維持した2位バイエルン(勝ち点51)は、前日の試合でドルトムントが敗れたため、勝利すれば勝ち点で並ぶことができる中、フンメルスがベンチスタートとなった以外は現状のベストメンバーを送り込んだ。 ここ3試合1分け2敗と不調の3位ボルシアMG(勝ち点43)に対し、開始30秒過ぎにレヴァンドフスキがボックス内から決定的なシュートを浴びせたバイエルンは2分、右CKからハビ・マルティネスがヘッドで押し込み、あっさり先制する。 さらに11分、ボックス左角からのニャブリのクロスをミュラーが合わせたシュートはGKに防がれるも、ルーズボールをミュラーが詰めて加点した。 あっという間に2点をリードしたバイエルンは続く22分、レヴァンドフスキがロングボールに抜け出してGKと一対一となるも、わずかにオフサイド。33分にもニャブリがGKと一対一となったが、GKゾンマーの好守に阻まれた。 圧倒していたバイエルンだったが37分、ボルシアMGに1点差に詰め寄られる。T・アザールのスルーパスでボックス左に侵入したシュティンドルにシュートを決められた。 バイエルンが圧倒しながらも2-1で前半を終えて迎えた後半、開始直後にハメス・ロドリゲスが決定的なシュートを浴びせると、47分に突き放す。チアゴのパスを受けたボックス中央のレヴァンドフスキが確実にシュートを決めきった。 その後もハーフコートゲームを続けたバイエルンは75分、レヴァンドフスキのゴール至近距離からのヘディングシュートはGKゾンマーにセーブされるも、ルーズボールをニャブリが押し込んで4-1。 終了間際にもレヴァンドフスキのPKが決まったバイエルンがボルシアMGを5-1として圧勝。首位ドルトムントに勝ち点で並ぶことに成功している。 2019.03.03 04:28 Sun
twitterfacebook
thumb

リバプール、”ノースロンドン”勢関心のギンターを注視か

リバプールが、ボルシアMGのドイツ代表DFマティアス・ギンター(25)の獲得を検討しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えた。 負傷中のイングランド代表DFジョー・ゴメスが台頭している今シーズンのリバプールでは、昨シーズンに準主力として活躍したカメルーン代表DFジョエル・マティプ(27)の出場機会が減少。今夏にもマティプがチームを退団する可能性が伝えられており、その後釜として挙げられているのがギンターだ。 また、ボルシアMGで評価を上げているギンターの去就に関しては、イギリス『スカイ・スポーツ』が先日、アーセナルとトッテナムも興味を示していると報道。ここにリバプールも加わったことで、今夏には争奪戦が勃発しそうだ。 フライブルク下部組織出身のギンターは2012年にトップチーム昇格を果たし、2014年にドルトムントへ加入。2017年からボルシアMGに活躍の場を移すと今シーズンもここまでブンデスリーガ18試合に出場している。 2019.03.01 22:30 Fri
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第24節プレビュー】ドルトを追走するバイエルンが3位ボルシアMGと対戦

前節は首位ドルトムントが好調レバークーゼンに勝利し、4試合ぶりの白星を飾って2位バイエルンとの3ポイント差を維持した。日本人対決では長谷部フランクフルトが原口&浅野のハノーファーに快勝し、宇佐美デュッセルドルフが久保ニュルンベルクに勝利した。迎える第24節、ドルトトムントを追走するバイエルンが3位ボルシアMGと対戦する。 前節ヘルタ・ベルリン戦ではチャンピオンズリーグ(CL)のリバプール戦後だったこともあり低調な内容に終わったバイエルン(勝ち点51)だったが、セットプレーからのハビ・マルティネス弾で渋く1-0と勝利した。再びコマンが負傷するアクシデントがあったのは痛手だが、ここ3試合1分け2敗と不調の3位ボルシアMG(勝ち点43)に勝利してドルトムントを追走できるか。 4連勝中だったレバークーゼン相手にサンチョの1ゴール1アシストの活躍などで3-2と逃げ切り、4試合ぶりの勝利を飾った首位ドルトムント(勝ち点54)は、金曜に15位アウグスブルク(勝ち点18)とのアウェイ戦に臨む。そのアウグスブルク戦ではハムストリングの負傷によって公式戦4試合を欠場していたロイスがついに復帰予定で、ドルトムントにとっては追い風となる。火曜にはCLトッテナム戦を控えるが、現実的な7年ぶりのリーグ制覇へアウグスブルク戦に照準を合わせたい。 公式戦2試合連続で本職のボランチでフル出場し、チームの勝利に貢献している6位フランクフルト(勝ち点37)の長谷部。今節は8位ホッフェンハイム(勝ち点33)との欧州カップ戦出場権争いとなるが、『キッカー』の平均採点で全体の2位に付ける35歳のベテランは難敵ホッフェンハイム戦ではどのポジションでチームの勝利に貢献するかに注目だ。 一方、長谷部のフランクフルト相手に原口と浅野が揃って先発しながらも0-3と完敗した17位ハノーファー(勝ち点14)は、16位シュツットガルト(勝ち点16)との残留争いに臨む。フランクフルト戦ではアグレッシブなプレーを見せたものの、フランクフルトの冷静な対応の前にいなされたハノーファー。浅野と原口も見せ場を作れずチームが2連敗となった中、シュツットガルト相手にも敗れるようだと残留が厳しくなるだけに勝利に貢献するようなプレーを期待したい。 久保が先発したニュルンベルク戦で3試合ぶりにベンチ入りし、終盤に出場を果たした12位デュッセルドルフ(勝ち点28)の宇佐美。チームは開始早々に10人となったニュルンベルクに2-1と逆転勝利し、残留争いからは抜け出した格好だ。宇佐美はシャルケとの今節もベンチスタート予想だが、途中出場で違いを見せられるか。 一方、2試合連続先発となった久保は10人となった中、左サイドで守備に奮闘するも勝ち点獲得には貢献できなかった。今節は4位ライプツィヒ(勝ち点41)と強豪との闘いとなるが、久保はベンチスタート予想に。こちらも少ない時間で結果を求めたい。 ※予想スタメンはドイツ『キッカー』を参照 ◆ブンデスリーガ第24節 ▽3/1(金) 《28:30》 アウグスブルク vs ドルトムント ▽3/2(土) 《23:30》 ニュルンベルク vs ライプツィヒ シャルケ vs デュッセルドルフ ヘルタ・ベルリン vs マインツ レバークーゼン vs フライブルク フランクフルト vs ホッフェンハイム 《26:30》 ボルシアMG vs バイエルン ▽3/3(日) 《23:30》 シュツットガルト vs ハノーファー 《26:00》 ヴォルフスブルク vs ブレーメン 2019.03.01 18:00 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース