ホッフェンハイムがボルシアMGからグリフォを獲得! 2018.06.12 01:50 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ホッフェンハイムは11日、ボルシアMGからMFヴィチェンツォ・グリフォ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は32に決定。契約期間は2022年6月30日までとなる。

▽イタリア人移民でドイツ生まれのグリフォは、2012年にホッフェンハイムでトップチームデビュー。その後、2015年に加入したフライブルクでは、左サイドハーフを主戦場に絶対的主力として活躍。リーガ復帰1年目のフライブルクでリーグ戦30試合に出場し、6ゴール12アシストの活躍をみせ、クラブを7位に躍進させる原動力となった。

▽この活躍を認められ、2017年の夏にボルシアMGに完全移籍。今シーズンの序盤はケガで出遅れたが、ブンデスリーガで17試合に出場していた。

▽3年ぶりのホッフェンハイム復帰が決定したグリフォは、クラブ公式サイトで意気込みを語った。

「ホームに戻ってきたという感覚だね。いまでもライン・ネッカー・アリーナでプレーした初めてリーグ戦を覚えているよ。僕の前には特別な挑戦が控えた面白いシーズンが待っていると思う。そういったことを経験できるのを楽しみにしているし、自分のストロングポイントを生かしてチームに貢献したいと思っているよ」

コメント

関連ニュース

thumb

ホッフェンハイム、ナーゲルスマン監督の来夏での退任を発表! 2019-20シーズンからはライプツィヒの指揮官に就任!!

▽ホッフェンハイムは21日、ユリアン・ナーゲルスマン監督(30)が2018-19シーズンを最後に退任することを発表した。昨夏に2021年まで契約を延長していた同監督だが、契約には来夏で解消可能となる例外条項が含まれていた。 ▽2016年2月に健康上の理由により退任したフーブ・ステーフェンス前監督の後任としてトップチームの監督に就任したナーゲルスマン監督。当時2部降格目前となっていたチームを立て直すと、7勝2分5敗の成績を残しブンデスリーガ残留に成功した。 ▽翌シーズンは、開幕から勝ち切れない試合が続いたものの、前半戦を無敗で終えると、後半戦でもわずか4敗に終わり、4位でシーズンをフィニッシュ。クラブ史上初のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得にチームを導いた。 ▽今季初挑戦となったCLでは、予選プレーオフでリバプールに敗れたがリーグ戦ではクラブ史上最高位となる3位でシーズンを終え、2年連続のCL出場権獲得に成功した。 ▽来季での契約解消に踏み切ったナーゲルスマン監督は、公式サイトで以下のようなコメントを残している。 「自らの気持ちを明確にするためにも早期の決定が必要だった」 「CL初参戦という歴史的シーズンで、私の個人的なことや去就への推測で選手たちやサポーター、クラブの関係者全員に不安を与えることは望んでいなかった」 「今回の決断でこれからがはっきりとしたし、あとは我々としてはプロフェッショナルとして、待ち構える難しいタスクに向けて集中して臨んでいくだけだ。最後の瞬間まで目標達成のために私が全力を尽くすということは、みんなが理解してくれているものと思っているよ」 ▽なお、ライプツィヒは同日に来シーズンからナーゲルスマン監督がチームを率いることを公式サイトで発表。 ▽今季限りでチームを率いていたラルフ・ハッセンヒュッテル監督が退任したライプツィヒ。今回の発表位によれば、来季はスポーツディレクターを務めるラルフ・ラングニックSDが監督を兼任し、2019-20シーズンからナーゲルスマン監督が監督に就任するという。 2018.06.22 01:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ゲッツェ、グアルディオラから受けた扱いに不満「思いやりがなかった」

ドルトムントのMFマリオ・ゲッツェは、バイエルン時代の指揮官ジョゼップ・グアルディオラとの関係性について『DAZNドキュメンタリー』で語っている。<br><br>グアルディオラはバルセロナで成功を収めた後、2013年にバイエルンの監督に就任。当時の補強第一号として当時ドルトムントで活躍していたゲッツェを獲得した。<br><br>その後、グアルディオラ率いるバイエルンはブンデスリーガ3連覇を達成。対照的に、目立った活躍ができないまま2016年に古巣ドルトムントに復帰したゲッツェは、当時の指揮官との関係性に不満があったことを明かした。<br><br>「成績を見ればペップ・グアルディオラは最高の監督の一人だと思うよ。でも彼は自分を理解してくれる人のことしか考えていなくて、それ以外の人を排除してしまうんだ。思いやりがなかったのさ」<br><br>さらにドルトムント時代に指導を受けたユルゲン・クロップ監督との違いも指摘した。<br><br>「僕にとっては簡単なことではなかったんだよ。なぜなら僕はサッカーの父のようなクロップのもとでプレーしていたからね。ペップは完全に違っていた。思いやることはワールドクラスの監督にとっては重要なことだよ。アスリートは人間でもあるんだ」<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.10 16:30 Sun
twitterfacebook
thumb

伊藤達哉にホッフェンハイムが興味?HSVは売却を即否定「我々の構想における肝要な存在」

ハンブルガーSV(HSV)に所属するU-21日本代表FWの伊藤達哉に、ホッフェンハイムが興味を示しているようだ。その報道を受けたクラブは、同選手を&ldquo;非売品&ldquo;と強調し、売却の可能性を強く否定した。<br><br>昨年の秋に2軍からトップに引き上げられた伊藤は、すぐさまそのドリブル能力を示し、HSVのサポーターたちを魅了。冬にはクラブと2021年までとなるプロ契約を結んだ20歳だが、国内ではフランクフルトから、国外ではマンチェスター・シティやインテルからの興味が報じられ続けていた。<br><br>そして、ドイツ誌『キッカー』はユリアン・ナーゲルスマン監督率いるホッフェンハイムも同選手を狙っていると報道。新シーズンは降格したHSVとともに2部ではなく、来季のチャンピオンズリーグ出場権を獲得したクラブに移籍する可能性が伝えられた。<br><br>だが、HSV側は小柄のドリブラーの売却を即否定。スポーツ部門担当のラルフ・ベッカー取締役は同誌に対し、「タツヤを我々の構想における肝要な存在と見ている。彼を売却の対象とはしていない。彼はしっかりと構想に入っているんだ」と交渉にも応じない構えを示した。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.07 22:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ナーゲルスマン、レアルからのオファー拒否報道も現地記者は「本当の候補者でない」

ホッフェンハイムのユリアン・ナーゲルスマン監督は、レアル・マドリーからのオファーを拒否していたようだ。ドイツ紙『ビルト』が報じている。<br><br>レアル・マドリーは先日、ジネディーヌ・ジダン監督がチャンピオンズリーグ3連覇を決めた直後に辞任を発表。世界に大きな衝撃が走った。そのため、欧州王者は後任監督を探している真っ最中で、若きドイツ人指揮官に白羽の矢が立ったようだ。<br><br>しかし、2021年までホッフェンハイムとの契約を結ぶナーゲルスマンはオファーを固辞。来季はチャンピオンズリーグに出場するチャンスがあることなどがその理由として考えられている。<br><br>また、『Goal』スペイン版のアルベルト・ピニェイロ氏は、そもそもナーゲルスマンがレアルの現実的な候補者に挙がったことに疑問を呈す。<br><br>「ジダンは突然の辞任だったため、クラブにプランBは存在しない。だからこそ、多くの監督の名前が挙がっているが、全てがクラブの本当の候補者ということはない。私の意見では、ナーゲルスマンはレアルの真の選択肢にはなりえないだろう。経験がないし、スペインでも指揮を執ったことがないからね」<br><br>それでも、「メディアとして様々な可能性を追っていかないとね」と付け加えた同氏。今後もレアル・マドリーの監督後任報道には振り回されることとなりそうだ。<br><br>提供:goal.com 2018.06.04 13:59 Mon
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイムがPSVのオランダ代表SBブレネトを獲得

▽ホッフェンハイムは24日、PSVのオランダ代表DFジョシュア・ブレネット(24)を獲得したことを発表した。契約期間は2022年までとなっている。 ▽PSVでプロデビューを飾ったブレネットは左サイドバックを本職とし、右サイドバックでもプレー可能なDF。PSVでは公式戦150試合に出場して4ゴール11アシストを記録している。2017-18シーズンはエールディビジで32試合に出場1ゴール5アシストをマークし、チームのリーグ優勝に貢献した。 ▽オランダ代表としては2016年11月にデビューしている。 2018.05.25 05:46 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース