ホッフェンハイムがボルシアMGからグリフォを獲得! 2018.06.12 01:50 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ホッフェンハイムは11日、ボルシアMGからMFヴィチェンツォ・グリフォ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は32に決定。契約期間は2022年6月30日までとなる。

▽イタリア人移民でドイツ生まれのグリフォは、2012年にホッフェンハイムでトップチームデビュー。その後、2015年に加入したフライブルクでは、左サイドハーフを主戦場に絶対的主力として活躍。リーガ復帰1年目のフライブルクでリーグ戦30試合に出場し、6ゴール12アシストの活躍をみせ、クラブを7位に躍進させる原動力となった。

▽この活躍を認められ、2017年の夏にボルシアMGに完全移籍。今シーズンの序盤はケガで出遅れたが、ブンデスリーガで17試合に出場していた。

▽3年ぶりのホッフェンハイム復帰が決定したグリフォは、クラブ公式サイトで意気込みを語った。

「ホームに戻ってきたという感覚だね。いまでもライン・ネッカー・アリーナでプレーした初めてリーグ戦を覚えているよ。僕の前には特別な挑戦が控えた面白いシーズンが待っていると思う。そういったことを経験できるのを楽しみにしているし、自分のストロングポイントを生かしてチームに貢献したいと思っているよ」

コメント

関連ニュース

thumb

CL史上最年少監督ナーゲルスマン、初陣はドローに…「パフォーマンスに不満はない」

ホッフェンハイムのユリアン・ナーゲルスマン監督は、チャンピオンズリーグ(CL)での初陣に及第点を示している。クラブ公式ツイッターがコメントを伝えた。<br><br>ホッフェンハイムは19日、CLグループF第1節でシャフタール・ドネツクと対戦。試合はゴールの奪い合いとなり、2-2で勝ち点1を分け合う結果となった。ナーゲルスマン監督は最高の結果ではないとしつつも、パフォーマンスには満足した様子を見せている。<br><br>「結果は最後の4分の一に左右されたものだ。我々はわざと深く守り、カウンターを仕掛けるという狙いを持っていた。最初のゴールはそれが上手くハマったものだったが、結果に関してはもっと良いものにできただろう」<br><br>「後半に試合を決めることができたはずだ。しかし、それほど後ろは向いていないし、良い試合ができた。パフォーマンスに不満はないよ」<br><br>なお、31歳のナーゲルスマン監督はCL史上もっとも若い指揮官に。ホッフェンハイムを初のCL出場にも導き、またも新たな足跡を残した。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.20 13:15 Thu
twitterfacebook
thumb

CL初出場のホッフェンハイム、逃げ切り失敗でシャフタールにドロー《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)グループF第1節、シャフタールvsホッフェンハイムが19日に行われ、2-2で引き分けた。 ▽マンチェスター・シティ、リヨンが同居しているグループF。本命のシティに次ぐ2位の座を目指す両チームの一戦だ。昨季ベスト16のウクライナ王者シャフタールはフレッジやベルナール、ファクンド・フェレイラら主力が抜けたものの、今季のウクライナリーグでは7勝1敗の戦績で首位を快走中。そのシャフタールはタイソンやマルロス、ラキツキら主力がスタメンとなり、新戦力のジュニオール・モラエスが先発となった。 ▽一方、昨季のブンデスリーガでクラブ史上最高位の3位となり、初のCL出場を果たしたホッフェンハイムは、主力の流出がない中、CL史上最年少監督記録となる31歳のナーゲルスマン監督が指揮。ブンデスリーガでは1勝2敗スタートと躓いた中、1-2で敗れた直近のデュッセルドルフ戦と同様のスタメンで臨んだ。 ▽試合は開始6分、ショートカウンターに転じた流れからビッテンコートのスルーパスをボックス中央で受けたグリリッチュがGKとの一対一をチップキックシュートで制して、ホッフェンハイムが先制した。 ▽しかし、押し込むシャフタールは27分、左サイドを突破したイスマイリがボックス左に侵入して左足アウトでゴールに流し込み、試合を振り出しに戻した。 ▽失点したホッフェンハイムは37分、N・シュルツの左クロスにビッテンコートが頭で合わせる決定機を迎えるも、GKピアトフの正面を突いてしまう。 ▽それでも直後の38分、左CKからGKピアトフに競り勝ったノルトヴェイトのヘディングシュートが決まってホッフェンハイムが勝ち越しに成功し、前半を2-1で終えた。 ▽迎えた後半、開始5分にクラマリッチがミドルシュートでGKピアトフを強襲したホッフェンハイムが良いリズムで試合を進める中、シャフタールは60分にステパネンコがネットを揺らすも、オフサイドに阻まれ同点には追いつけない。 ▽その後、負傷明けのデミルバイを投入したホッフェンハイムがシャフタールの攻勢を受け止めて時間を進めていく。 ▽75分にはサライを下げてツバーを投入し、守備を固めにかかったホッフェンハイムだったが、81分にシャフタールが同点に追いつく。横パスを受けたボックス手前中央のマイコンが強烈なシュートをゴール右に叩き込んだ。 ▽終盤、勝ち越しを目指してネルソンを投入したホッフェンハイムだったが、2-2で終了。クラブ史上初のCLは引き分けとなった。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.20 03:49 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナルの逸材FWがホッフェンハイムにレンタル移籍

▽アーセナルは8月31日、U-19イングランド代表FWレイス・ネルソン(19)と長期契約を結び、ホッフェンハイムにレンタル移籍することを発表した。期間は1年となっている。 ▽アーセナルのアカデミー出身のネルソンは、2列目を主戦場とするアタッカー。優れたアジリティとテクニック、創造性を兼ね備える逸材ドリブラーは、昨季トップチームデビューを飾ると、途中出場が目立つものの公式戦16試合に出場した。 ▽今季は更なる飛躍が期待されるものの、ウナイ・エメリ新監督の信頼を得ることができず、リザーブチームを主戦場としていた。 2018.08.31 23:25 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナルの逸材FWがホッフェンハイムに移籍へ!

▽アーセナルのU-19イングランド代表FWレイス・ネルソン(19)がホッフェンハイムにレンタル移籍することが決定的な情勢だ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽アーセナルのアカデミー出身のネルソンは、2列目を主戦場とするアタッカー。優れたアジリティとテクニック、創造性を兼ね備える逸材ドリブラーは、昨季トップチームデビューを飾ると、途中出場が目立つものの公式戦16試合に出場した。 ▽今季は更なる飛躍が期待されるものの、ここまではウナイ・エメリ新監督の信頼を得ることができず、リザーブチームを主戦場としている。そして、出場機会を求める同選手はドイツ行きを選択しているようだ。 ▽今季終了後にアーセナルとの契約が満了するネルソンのホッフェンハイム行きに関しては、当初完全移籍の可能性が伝えられていた。しかし、イングランドからの最新のレポートではアーセナルとの新契約にサインしたうえで、今季終了までのレンタル移籍という形でホッフェンハイムに加入するようだ。 ▽なお、近年ブンデスリーガではドルトムントのMFジェイドン・サンチョなど、プレミアリーグで出場機会に苦しむイングランドの若手選手が多く加入しており、ネルソンもその流行にのった形での移籍となるようだ。 2018.08.29 15:04 Wed
twitterfacebook
thumb

バイエルン、一時追いつかれるもホッフェンハイムとの開幕戦を3発快勝《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ開幕戦バイエルンvsホッフェンハイムが24日に行われ、3-1でバイエルンが勝利した。 ▽先週行われたDFBポカールでは主力を投入して4部相手に終盤のレヴァンドフスキ弾で1-0と勝利し、コバチ新体制化で公式戦2連勝スタートを切ったバイエルン。そのバイエルンはドロホターゼン・アッセル戦のスタメンから3選手を変更。ロッベン、フンメルス、ラフィーニャに代えてコマン、ジューレ、アラバを起用した。 ▽新戦力のビッテンコートやグリフォ、ヌフらを先発で起用してきた昨季3位と好結果を出したホッフェンハイムに対し、[4-3-3]で臨んだバイエルンは3トップに右からコマン、レヴァンドフスキ、リベリを起用し、中盤アンカーにハビ・マルティネス、インサイドにミュラーとチアゴを配した。 ▽そのバイエルンが立ち上がりからホッフェンハイムを押し込む展開とすると、23分に先制点をこじ開ける。キミッヒの左CKをミュラーが頭で合わせてネットを揺らした。 ▽守備に回っていたホッフェンハイムは34分、カウンターに転じてようやく決定機。左サイドからのN・シュルツのクロスにジョエリントンが合わせたが、枠の右に外してしまった。 ▽37分にコマンが個人技でGKを強襲するシュートを浴びせたバイエルンがハーフタイムにかけても主導権を握った中、左足を負傷したコマンがプレー続行不可能となってロッベンが投入されるアクシデントがあったが、1点をリードして前半を終えた。 ▽後半からグリフォに代えてツバーを投入したホッフェンハイムに対し、54分に右サイドのロッベンがカットインシュートを浴びせたバイエルンは、56分にレヴァンドフスキがネットを揺らすもオフサイドに阻まれる。 ▽すると1分後、ホッフェンハイムが同点に追いつく。ルーズボールを拾ったサライがボックス右に侵入してJ・ボアテングを交わし右足を一閃。シュートがゴール左隅に決まった。 ▽勢い付くホッフェンハイムが負傷によりフォクトがプレー続行不可能となった中、バイエルンは78分にPKを獲得する。リベリがボックス左に侵入したところでノルトヴェイトに倒された。だが、キッカーのレヴァンドフスキはGKバウマンに止められ、ルーズボールをロッベンが押し込んだものの、ロッベンのボックス内への侵入が早かったとしてVARの末に蹴り直しとなった。 ▽それでも蹴り直しのPKをレヴァンドフスキが決めてバイエルンが勝ち越し。さらに86分、ゴレツカのミドルシュートがミュラーに当たってゴールに吸い込まれ、バイエルンに3点目が生まれたかに思われたが、VARの末にミュラーのハンドを取られてノーゴールに。 ▽しかし90分、スローインの流れからミュラーのダイレクトパスを受けたロッベンがボックス内に侵入してシュートを蹴り込み3-0。王者バイエルンが快勝で白星発進としている。 2018.08.25 05:38 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース