ホッフェンハイムがボルシアMGからグリフォを獲得! 2018.06.12 01:50 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ホッフェンハイムは11日、ボルシアMGからMFヴィチェンツォ・グリフォ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は32に決定。契約期間は2022年6月30日までとなる。

▽イタリア人移民でドイツ生まれのグリフォは、2012年にホッフェンハイムでトップチームデビュー。その後、2015年に加入したフライブルクでは、左サイドハーフを主戦場に絶対的主力として活躍。リーガ復帰1年目のフライブルクでリーグ戦30試合に出場し、6ゴール12アシストの活躍をみせ、クラブを7位に躍進させる原動力となった。

▽この活躍を認められ、2017年の夏にボルシアMGに完全移籍。今シーズンの序盤はケガで出遅れたが、ブンデスリーガで17試合に出場していた。

▽3年ぶりのホッフェンハイム復帰が決定したグリフォは、クラブ公式サイトで意気込みを語った。

「ホームに戻ってきたという感覚だね。いまでもライン・ネッカー・アリーナでプレーした初めてリーグ戦を覚えているよ。僕の前には特別な挑戦が控えた面白いシーズンが待っていると思う。そういったことを経験できるのを楽しみにしているし、自分のストロングポイントを生かしてチームに貢献したいと思っているよ」
コメント
関連ニュース
thumb

ホッフェンハイム、来季新指揮官にアヤックスコーチのスロイデル氏が内定! 昨年1月までナーゲルスマン監督の下でコーチを歴任

ホッフェンハイムは19日、現在アヤックスでアシスタントコーチを務めているアルフレッド・スロイデル氏(46)を来季からの新指揮官に迎えることが内定したことを発表した。契約期間は2019年7月1日からの4年間となる。 ホッフェンハイムでは昨年6月に、ここまで3年間に渡ってチームを指揮して2017-18シーズンにはクラブ史上初となるチャンピオンズリーグの出場権獲得に導いたユリアン・ナーゲルスマン監督(31)の今季限りでの退任を発表していた。 そして、その後任に任命されたのは、2015年10月から2018年1月までナーゲルスマン監督の下でアシスタントコーチを務めた経験があるスロイデル氏。 スロイデル氏は今回の発表に際して、ホッフェンハイム公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 「ホッフェンハイムでの挑戦は私にとってとても魅力的で素晴らしいチャレンジになると思っている。今から本当に楽しみだよ」 「私はホッフェンハイムの監督になることを望んでいた。私のエッセンスを加え、これまで以上の成績残したいと思っている。また、すでにクラブの構造や関係するすべての人々について知っていることもプラスに働くと思っているよ」 現役時代、フェイエノールトででキャリアをスタートさせたスロイデル氏は、トゥベンテやフィテッセなどオランダ国内のクラブで活躍。現役引退後は古巣のフィテッセでアシスタントコーチとして指導者としてのキャリアをスタートし、2013年2月にトゥベンテの暫定監督に就任すると、一度はアシスタントコーチに戻ったが2014年7月に正式監督に就任し監督業初挑戦。その後はホッフェンハイムとアヤックスでアシスタントコーチを歴任していた。 2019.03.20 00:01 Wed
twitterfacebook
thumb

久保が4試合連続先発のニュルンベルク、クラマリッチの2発に沈み19戦勝利なし《ブンデスリーガ》

ニュルンベルクは10日、ブンデスリーガ第25節でホッフェンハイムとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗戦した。ニュルンベルクのFW久保裕也は76分まで出場している。 前節ライプツィヒ戦を0-1と敗れ、18試合勝利のない最下位ニュルンベルク(勝ち点13)は、久保が4試合連続スタメンとなった。 9位ホッフェンハイム(勝ち点34)に対し、[4-1-4-1]の左MFで久保が先発したニュルンベルクは、開始4分にエヴェルトンがボックス内でクラマリッチを倒してPKと判定されてしまう。しかし、VARの末にノーファウルの判定に覆って助かった。 そのニュルンベルクはホッフェンハイムの前に劣勢を強いられ続けると、24分に正真正銘のPKを献上してしまう。クラマリッチのシュートをボックス内のエラスがハンドで止めてしまった。このPKをクラマリッチに決められ、ニュルンベルクは先制される。 その後も押し込まれるニュルンベルクは、33分にベルフォディルに左ポスト直撃のシュートを浴びせられると、43分にもサイドを崩され、カデラベクに決定的なシュートを打たれてしまう。 何とか劣勢の前半を1点ビハインドで終えたニュルンベルクは、後半も引き続き押し込まれる時間が続く。 それでも61分、ワンチャンスで同点とした。ティルマンの左クロスをボックス内のイシャクが受けて横へパス。これに反応したベーレンスが左足ダイレクトでネットを揺らした。 追い付いたニュルンベルクだったが76分に久保を交代させると、78分に勝ち越される。ボックス右からベルフォディルにクロスを入れられると、ルーズボールをクラマリッチにヒールシュートを流し込まれた。 終盤にかけてはチャンスを作れなかったニュルンベルクは結局、試合終了間際のエラスのシュートはわずかに枠の右に外れて1-2で敗戦。19戦勝利から見放されている。 2019.03.11 01:28 Mon
twitterfacebook
thumb

長谷部誠の行動が物議…ホッフェンハイム陣営が怒りを露わに「メディカルスタッフを侮辱した」

フランフルトのキャプテンとしてチームを支えるMF長谷部誠が相手チームから非難を受けている。ドイツ『ビルト』が伝えた。 長谷部は2日に行われたブンデスリーガ第24節のホッフェンハイム戦に先発フル出場。チームはホッフェンハイムにリードを許したものの、ヌフが退場。数的有利となり終盤を迎える。 すると89分に同点に追いつくと、アディショナルタイム逆転に成功。土壇場のゴールで3-2と勝利を収めた。 問題となったのは、ピッチ内での長谷部の行動だという。長谷部は、80分にホッフェンハイムのMFナディエム・アミリが負傷した際にメディカルスタッフに何かを言ったとのことだ。 ホッフェンハイムのスポーツディレクターを務めるアレクサンダー・ローゼン氏は「私は、長谷部が我々のメディカルスタッフを侮辱したことを知っている」とコメント。さらに3-2と逆転した際にホッフェンハイムベンチ前で喜びを爆発させたことにも触れ、「そして、彼が3-2になった後に行ったことを見て欲しい」と語り、何らかのパフォーマンスを不快に感じたようだ。 また、試合後にユリアン・ナーゲルスマン監督が長谷部に詰め寄るシーンが見られたとの事。その件についてナーゲルスマン監督は「私は長谷部に言いたいことを話した。それは長谷部に向けてのことだ」と語り、長谷部の行動について苦言を呈したようだ。 2019.03.03 10:40 Sun
twitterfacebook
thumb

長谷部フル出場のフランクフルト、ラストプレー弾で10人のホッフェンハイムに劇的勝利!《ブンデスリーガ》

フランクフルトは2日、ブンデスリーガ第24節でホッフェンハイムをホームに迎え、3-2で勝利した。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場している。 前節ハノーファー戦を3-0と快勝した6位フランクフルト(勝ち点37)は、長谷部が公式戦3試合連続で本職のボランチで先発となった。 欧州カップ戦出場を争う8位ホッフェンハイム(勝ち点33)に対し、一進一退の攻防で立ち上がった中、フランクフルトは15分にFKからヒンテレッガーが際どいヘディングシュートを浴びせると、20分に先制した。 ボックス手前右で得たFKをコスティッチが直接狙うと、ボックス内のレビッチの頭に当たってコースが変わりゴール右に吸い込まれた。 幸運な形で先制したフランクフルトがカウンターで揺さぶっていたものの、43分に同点とされてしまう。右サイドをブレネットに突かれてクロスを上げられると、ニアのサライにうまくヒールで流され、ファーサイドに走り込んだジョエリントンに押し込まれた。 1-1で迎えた後半、フランクフルトは左足を痛めていたレビッチに代えてヨビッチを投入。その後半も一進一退の攻防で立ち上がっていくと、ホッフェンハイムは54分にアミリのシュートでGKを強襲すれば、フランクフルトは56分にヨビッチのヘディングシュートでゴールに迫った。 そんな中60分、ホッフェンハイムに逆転される。ボックス左で仕掛けたアミリにカットインシュートをゴール左隅に決められた。 追う展開となったフランクフルトは66分、ローデのスルーパスでディフェンスライン裏を取ったアラーがヌフに倒されると、ヌフに2枚目のイエローカードが提示され、数的優位となった。 そのフランクフルトは83分に長谷部が強烈なミドルシュートを浴びせるもGKにセーブされ、直後にはガシノビッチがボレーシュートでゴールに迫ったが枠を捉えきれず、このまま敗戦かと思われた。 しかし89分、ガシノビッチが左サイドから上げたクロスをアラーがヘディングで押し込み、フランクフルトが土壇場で追いついた。 さらにラストプレーの追加タイム6分、フランクフルトに劇的なゴールが生まれる。ボックス右からのアラーのクロスをパシエンシアがヘッドで押し込んだ。パシエンシアの移籍後初ゴールで3-2と制したフランクフルトが劇的勝利で連勝としている。 2019.03.03 01:43 Sun
twitterfacebook
thumb

4位ライプツィヒ、土壇場でホッフェンハイムに追いつき5戦負けなし《ブンデスリーガ》

ライプツィヒは25日、ブンデスリーガ第24節でホッフェンハイムとホームで対戦し、1-1で引き分けた。 チャンピオンズリーグ出場圏内の4位に付けるライプツィヒ(勝ち点41)が、8位ホッフェンハイム(勝ち点33)をホームに迎えた一戦。 一進一退の攻防で立ち上がった中、22分にホッフェンハイムが最初のチャンスを生かして先制する。ベルフォディルのパスを受けたボックス右のジョエリントンのシュートをGKが弾くと、ルーズボールをクラマリッチが押し込んだ。 失点したライプツィヒだったが、なかなかギアが上がらない。そんな中、前半終了間際の45分にようやく同点のチャンス。スルーパスに抜け出したボックス左のライマーがシュート。しかし、GKバウマンの好守に阻まれ、前半を1点ビハインドで終えた。 迎えた後半、低調だったライプツィヒはイルザンカーに代えてアダムスを投入。そのライプツィヒが攻勢に出ると、54分に決定機。FKからゴールエリア左のオルバンがヘッド。枠の右を捉えたが、GKバウマンのファインセーブに阻まれた。 しかし、徐々にトーンダウンしていったライプツィヒはシュートチャンスを生み出せなくなっていく。そこで75分、クーニャに代えてオギュスタンを投入。ここから再び攻勢が強まったが、ホッフェンハイム守備陣の集中したディフェンスの前にゴールを割るには至らない。 すると85分にはサライに決定的なヘディングシュートを許してしまう。ここはGKグラーチがビッグセーブで凌ぐと、土壇場の89分に追いついた。左サイドのハルステンベルクのグラウンダークロスをゴール前に流れの中で上がっていたセンターバックのオルバンがスライディングシュートで流し込んだ。 追加タイムにはハルステンベルクが強烈なミドルシュートを浴びせるもわずかに枠を捉え切れず1-1でタイムアップ。それでも引き分けに持ち込んだライプツィヒは5戦負けなしとしている。 2019.02.26 06:25 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース