浦和レディースの日本女子代表MF猶本光がドイツ1部フライブルクへ完全移籍「やっとチャレンジしたいと心から思えるまで成長できた」2018.06.12 00:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽浦和レッズレディースは10日、日本女子代表MF猶本光(24)がドイツ1部のフライブルクに完全移籍することを発表した。

▽福岡県出身の猶本は、2012年に福岡J・アンクラスから浦和レッズレディースに加入。浦和レッズレディースでは在籍6年半でリーグ戦137試合に出場し、9得点を記録。また、各年代の日本女子代表に選出されてきた猶本は、2014年5月になでしこジャパンに初招集されると、これまで18試合に出場していた。猶本はクラブを通じてコメントしている。

「7月から女子ブンデスリーガ1部のSCフライブルクに移籍することになりました。レッズレディースでは2012シーズンから6年半の長い期間、お世話になりました」

「レッズの環境、クラブの大きさ、ファン・サポーターの数、熱い応援、すべてに圧倒され、こんなクラブでプレーできるのか、とすごくワクワクしたのを覚えています。地元福岡から出て、初めての1人暮らし、初めての移籍、初めての大学生活など、新しい環境に慣れることは大変でした。そんな1年目から今まで、たくさんの方に支えられてきました。日本一熱いファン・サポーターの方々はどんな時も温かく見守ってくれました」

「クラブスタッフ、監督、コーチ、そしてチームメートたちと過ごした時間は本当に大切な宝物です。色々な経験をさせてもらい、多くのことを学びました。もちろんうまくいくことばかりではなかったですが、みんなで乗り越えてきた経験は私の大きな財産です。練習したことを試合で発揮し、結果が出た時の、みんなで成し遂げることができたといううれしさは格別でした。本当にみんなに感謝しています。そして、1つみんなでご褒美を掴みとりました。2014シーズンなでしこリーグ優勝。レッズレディースのユニフォームに星を1つ刻めたこと、すごくうれしく思います」

「2012年U-20女子ワールドカップでドイツと対戦した時、世界とのレベルの差に衝撃を受けました。その時のことを忘れることなく、今までトレーニングや試合に臨んできました。そして6年半経った今、やっとチャレンジしたいと心から思えるまで成長できたので、このタイミングで移籍を決断しました。しかし、世界と戦える選手になるためには、まだまだ成長しなくてはならないことに変わりありません。新天地から良いニュースを日本に届けることができるよう、がんばってきます。そして、更に成長した姿を、みなさんにお見せできる日が来ることを楽しみにしています」

「レッズレディースの選手としてプレーできる試合がまだ残っています。残りの試合もチームの勝利のために精一杯プレーしますので、今までと変わらず応援よろしくお願いします」

▽なお、猶本の浦和でのラストマッチは7月8日に行われる2018プレナスなでしこリーグカップ1部Aグループ第9節の日テレ・ベレーザ戦になることを併せて発表している。
コメント
関連ニュース
thumb

浦和、2019シーズンのキャプテン&副キャプテンを発表!

浦和レッズは17日、2019シーズンにおけるキャプテンと副キャプテンを発表した。 2018シーズンの明治安田生命J1リーグで5位に終わるも、天皇杯では12年ぶりの優勝を飾った浦和。新シーズンに向けては、昨シーズンに引き続き元日本代表MF柏木陽介がキャプテンを務めることとなった。 また、副キャプテンは元日本代表FW興梠慎三と日本代表DF槙野智章が就任した。 2019.01.17 13:20 Thu
twitterfacebook
thumb

浦和一筋17年…昨季現役引退のDF平川忠亮、浦和ユースコーチに就任

浦和レッズは16日、昨シーズンに現役引退を発表した平川忠亮氏(39)のユースコーチ就任を発表した。 静岡県出身の平川は2002年に筑波大学から入団。今シーズンは明治安田生命J1リーグ2試合の出場にとどまっているが、17年間にわたり浦和一筋を貫くレジェンドとしてリーグ通算335戦9得点を誇り、1度のリーグ優勝や2度のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)制覇など計7つのタイトルに貢献した。 2019.01.16 13:05 Wed
twitterfacebook
thumb

浦和が新体制発表! 新加入山中亮輔が「6」、杉本健勇が「14」に! 長澤和輝が「7」に変更

浦和レッズは16日、2019シーズンの新体制を発表した。 2018シーズンの明治安田生命J1リーグを5位で終えるも、12年ぶりの天皇杯優勝を飾った浦和。オズワルド・オリヴェイラ監督2年目を迎える今シーズンは、MF菊池大介、MF武富孝介、FW李忠成らが退団した一方で、元日本代表DF鈴木大輔、日本代表DF山中亮輔、同国代表FW杉本健勇、MFエヴェルトンといった実力者たちを獲得した。ここまでは9選手の新戦力を獲得している。 主な背番号では、鈴木が「2」、山中が「6」、エヴェルトンが「8」、杉本が「14」に決定。また、長澤和輝が「15」から「7」に変更した。 <span style="font-weight:700;">◆2019シーズン選手背番号</span> 新加入:☆←(前所属)※移籍形態 <span style="font-weight:700;">GK</span> 1.西川周作 23.岩舘直 25.福島春樹 32.<span style="font-weight:700;">石井僚</span>☆←(浦和レッズユース)※昇格 <span style="font-weight:700;">DF</span> 2.マウリシオ 4.<span style="font-weight:700;">鈴木大輔</span>☆←(柏レイソル)※完全移籍 5.槙野智章 6.<span style="font-weight:700;">山中亮輔</span>☆←(横浜F・マリノス)※完全移籍 17.茂木力也 26.荻原拓也 27.橋岡大樹 28.<span style="font-weight:700;">岩武克弥</span>☆←(明治大学)※完全移籍 31.岩波拓也 34.<span style="font-weight:700;">大城蛍</span>☆←(浦和レッズユース)※昇格 46.森脇良太 <span style="font-weight:700;">MF</span> 3.宇賀神友弥 7.長澤和輝 8.<span style="font-weight:700;">エヴェルトン</span>☆←(ポルティモネンセ/ポルトガル)※期限付き移籍 10.柏木陽介 11.マルティノス 16.青木拓矢 18.山田直輝 22.阿部勇樹 24.<span style="font-weight:700;">汰木康也</span>☆←(モンテディオ山形)※完全移籍 29.柴戸海 33.<span style="font-weight:700;">池髙暢希</span>☆←(浦和レッズユース)※昇格 <span style="font-weight:700;">FW</span> 9.武藤雄樹 12.ファブリシオ 14.<span style="font-weight:700;">杉本健勇</span>☆←(セレッソ大阪)※完全移籍 19.アンドリュー・ナバウト 30.興梠慎三 2019.01.16 12:50 Wed
twitterfacebook
thumb

中島翔哉の同僚がポルトから浦和に! エヴェルトンの期限付き加入決定

浦和レッズは12日、ポルト(ポルトガル)に所属するブラジル人MFエヴェルトン(26)の期限付き移籍加入内定を正式発表した。 エヴェルトンは2018年夏、日本代表FW中島翔哉も所属するポルティモネンセにポルトからレンタル移籍。セントラルMFや守備的MFを主戦場に、公式戦16試合に出場して1得点4アシストを記録した。浦和加入を受け、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「はじめましてエヴェルトンです。ポルトガルのFCポルトから来ました。浦和レッズファミリーの一員になれ、非常に嬉しく思います。埼玉スタジアムで日本一のファン・サポーターの前でプレーするイメージをし、興奮しています。レッズでプレーしていた選手やプレーしている選手たち、特にポンテさんからファン・サポーター、クラブ、街のすばらしいところなどいろいろ聞きました。自分の最大限の力を出し、チームの勝利のため、一緒に喜びをわかちあえるよう全力で戦います。We are REDS!」 2019.01.12 19:25 Sat
twitterfacebook
thumb

横浜FMのDF山中亮輔が浦和へ完全移籍! 昨季覚醒で日本代表デビュー

浦和レッズは10日、横浜F・マリノスに所属する日本代表DF山中亮輔(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。 柏レイソル下部組織出身の山中は、2012年にトップチーム昇格。2017年に横浜FMに完全移籍を果たすと、昨シーズン就任したアンジェ・ポステコグルー監督による新戦術の下で覚醒し、明治安田生命J1リーグでキャリアハイの4ゴール8アシストを記録した。 また、この活躍が認められ、昨年11月のキルギス代表戦で日本代表デビュー。同試合で代表史上最速となるデビューゴールも記録した。 浦和への完全移籍が決定した山中は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆浦和レッズ 「浦和レッズというすばらしいクラブでプレーする機会をいただき感謝します。浦和レッズのために全力で走り、戦うことを誓います。応援よろしくお願いします」 ◆横浜F・マリノス 「2年前、当時出場機会の少なかった僕にオファーをして頂き、F・マリノスでたくさんの試合を経験したことで、サッカー選手として日々成長を感じることが出来ました。ひとつの目標でもあった日本代表のピッチに立つことも出来、世界の舞台で戦える選手になりたいという気持ちを再認識したのは、言うまでもなくF・マリノスのおかげだと思っています」 「F・マリノスは大好きなクラブですし、僕は勝利後に皆さんと一緒にトリパラを回すのが本当に大好きでした」 「本当に難しく悩み抜いた中での決断でしたが、常にチャレンジし続ける環境に身を置き、自分の中にある甘えと正面から向き合うことで、プレイヤーとしてさらに成長することが出来るのではないかと考えました」 「チームがなかなか勝てない時、苦しんでいる時、どんな時でもF・マリノスのファン、サポーターの皆さんは、常に暖かい声援で後押ししてくれました。本当に感謝しています」 「2年間、トリコロールのユニホームを着て戦えたことは自分にとって誇りです。F・マリノスでプレー出来て幸せでした。本当にありがとうございました」 2019.01.10 09:30 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース