浦和レディースの日本女子代表MF猶本光がドイツ1部フライブルクへ完全移籍「やっとチャレンジしたいと心から思えるまで成長できた」2018.06.12 00:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽浦和レッズレディースは10日、日本女子代表MF猶本光(24)がドイツ1部のフライブルクに完全移籍することを発表した。

▽福岡県出身の猶本は、2012年に福岡J・アンクラスから浦和レッズレディースに加入。浦和レッズレディースでは在籍6年半でリーグ戦137試合に出場し、9得点を記録。また、各年代の日本女子代表に選出されてきた猶本は、2014年5月になでしこジャパンに初招集されると、これまで18試合に出場していた。猶本はクラブを通じてコメントしている。

「7月から女子ブンデスリーガ1部のSCフライブルクに移籍することになりました。レッズレディースでは2012シーズンから6年半の長い期間、お世話になりました」

「レッズの環境、クラブの大きさ、ファン・サポーターの数、熱い応援、すべてに圧倒され、こんなクラブでプレーできるのか、とすごくワクワクしたのを覚えています。地元福岡から出て、初めての1人暮らし、初めての移籍、初めての大学生活など、新しい環境に慣れることは大変でした。そんな1年目から今まで、たくさんの方に支えられてきました。日本一熱いファン・サポーターの方々はどんな時も温かく見守ってくれました」

「クラブスタッフ、監督、コーチ、そしてチームメートたちと過ごした時間は本当に大切な宝物です。色々な経験をさせてもらい、多くのことを学びました。もちろんうまくいくことばかりではなかったですが、みんなで乗り越えてきた経験は私の大きな財産です。練習したことを試合で発揮し、結果が出た時の、みんなで成し遂げることができたといううれしさは格別でした。本当にみんなに感謝しています。そして、1つみんなでご褒美を掴みとりました。2014シーズンなでしこリーグ優勝。レッズレディースのユニフォームに星を1つ刻めたこと、すごくうれしく思います」

「2012年U-20女子ワールドカップでドイツと対戦した時、世界とのレベルの差に衝撃を受けました。その時のことを忘れることなく、今までトレーニングや試合に臨んできました。そして6年半経った今、やっとチャレンジしたいと心から思えるまで成長できたので、このタイミングで移籍を決断しました。しかし、世界と戦える選手になるためには、まだまだ成長しなくてはならないことに変わりありません。新天地から良いニュースを日本に届けることができるよう、がんばってきます。そして、更に成長した姿を、みなさんにお見せできる日が来ることを楽しみにしています」

「レッズレディースの選手としてプレーできる試合がまだ残っています。残りの試合もチームの勝利のために精一杯プレーしますので、今までと変わらず応援よろしくお願いします」

▽なお、猶本の浦和でのラストマッチは7月8日に行われる2018プレナスなでしこリーグカップ1部Aグループ第9節の日テレ・ベレーザ戦になることを併せて発表している。

コメント

関連ニュース

thumb

浦和所属の豪代表FWナバウトのW杯は終わらない! 「痛みはない。何かが起きるはず」

▽浦和レッズに所属するオーストラリア代表FWアンドリュー・ナバウトのロシア・ワールドカップ(W杯)での挑戦はまだ終わっていないようだ。同選手が22日、グループC最終節ペルー戦(26日)の出場の可能性について言及した。フランス『レキップ』が伝えている。 ▽ナバウトは21日に行われたロシアW杯グループC第2節デンマーク戦(1-1)で先発していたが、Jリーグの川崎フロンターレ戦で脱臼していた古傷の右肩を痛め、75分にピッチを後にしていた。 ▽そして、同試合後にはオーストラリア代表を率いるベルト・ファン・マルバイク監督は「肩の負傷が重く、彼のトーナメントは終わった」とコメント。今大会中の復帰の可能性が絶望的であると主張していた。 ▽しかし、22日に記者団の囲み取材に出席したナバウトはペルー戦での復帰を諦めていないと語った。 「2度目の脱臼の場合、回復は早いと聞いているよ。今のところ、僕は問題ない。痛みも感じていない」 「僕はいつでもポジティブでいることを心がけているんだ。もし、リハビリがうまくいけば何かが起きるかもしれない。以前のときに比べてかなり早く回復できるかもしれない」 ▽早期復帰に向けての意気込みを語ったナバウトだが、直近2試合のパフォーマンスを見ると、サッカルーズにおいて絶対的な主力ではないためファン・マルバイク監督がリスクを冒して起用する可能性は低そうだ。ただ、オーストラリアが決勝トーナメントに勝ち上がった場合、戦列に復帰できる可能性が出てきたことは確かだ。 ▽また、今回のケガが比較的軽いことがわかったことは所属する浦和にとっては朗報となりそうだ。 2018.06.23 15:10 Sat
twitterfacebook
thumb

浦和がMF山田直輝の手術を発表…右足腓骨骨折で全治4カ月

▽浦和レッズは21日、MF山田直輝の負傷について発表した。 ▽浦和によれば、山田は20日に行われたトレーニング中に負傷。その後に行われた検査の結果、右足腓骨の骨折が発覚。21日に手術を実施し、全治は4カ月と発表している。 ▽埼玉県さいたま市出身の山田は、2008年に浦和ユースから2種登録選手としてJ1デビュー。翌年にトップチーム昇格を果たしたファンタジスタは、同年に日本代表にも選出されたが、度重なる故障に苦しみ、2015年から湘南に期限付き移籍。 ▽湘南では攻撃陣の主軸を担い、昨シーズンはJ2優勝で1年でのJ1復帰に大きく貢献。4年ぶりの浦和復帰となった今シーズンは、ここまで明治安田生命J1リーグに3試合、YBCルヴァンカップに4試合出場していた。 2018.06.21 23:35 Thu
twitterfacebook
thumb

甲府が逃げ切り!2戦合計スコアで浦和を上回り準々決勝進出!!《YBCルヴァンカップ》

▽2018 Jリーグ YBCルヴァンカップ・プレーオフステージ第2戦、浦和レッズvsヴァンフォーレ甲府が9日に埼玉スタジアム2002で行われ、2-1で浦和が勝利した。しかし、2戦合計スコアでは2-3で上回った甲府が準々決勝進出を決めている。 ▽2日に行われた第1戦では2-0で甲府が勝利を収めた。今季からJ2リーグで戦う甲府が金星を得る結果に。 ▽所変わって埼スタに場所を移した第2戦では、ホームの浦和は前回から3選手を変更。菊池、長澤、李を代えて、橋岡、山田、 阿部を先発に起用した。 ▽対する甲府は、エデル・リマと金園をビョン・ジュンホンと堀米に変更した、 ▽試合が動いたのは19分、ハーフウェイライン付近でボールを奪った浦和は、細かく前に進ませながら興梠に繋ぐ。興梠は自らドリブルでボックス手前まで迫ると、左足で相手の股を抜くシュートを突き刺し、浦和に先制点をもたらした。 ▽さらに浦和は、先制の場面と同じ位置から攻撃を始めると、マルティノスのスルーパスを興梠がボックス右で受ける。ここで興梠は飛び出してきたGKから一旦距離を取ると、すぐさま左足でループシュートを選択。これが見事に決まり、2戦合計スコアで浦和が振り出しに戻した。 ▽しかし、喜びも束の間、浦和はあっという間に勝ち越しを許してしまう。27分、左サイドに展開した甲府は、浦和の隙を突いて一気に前線へパスを供給。ボックス左で森が粘り強くボールをキープし、最後は小塚が押し込んで合計スコアを2-3とした。 ▽迎えた後半、アウェイゴールを奪われ突破にはあと2点が必要となった浦和は、頭から柏木を投入。攻勢を強めたい浦和は武藤がクロスバー直撃の強烈なミドルシュートを放つ。さらに李と武富を立て続けにピッチへ送り込むと23分に、その李がボックス手前でボールを奪いシュートを放つが、枠へ飛ばすことが出来なかった。 ▽一方の甲府も20分頃に左ポスト直撃の強烈なシュートを小塚が放つが追加点を奪うことはできず、試合はこのまま終了。2戦合計スコア2-3で、甲府が準々決勝進出を決めた。 2018.06.09 18:02 Sat
twitterfacebook
thumb

甲府がホームで無失点完勝! …浦和は4バック採用も機能せず《YBCルヴァンカップ》

▽2018 Jリーグ YBCルヴァンカップ・プレーオフステージ第1戦のヴァンフォーレ甲府vs浦和レッズが2日に山梨中銀スタジアムで行われ、2-0で甲府が勝利した。 ▽グループBを2位で通過した甲府と、グループCを1位で通過した浦和による一戦。 ▽ホームの甲府は、最後方にGK河田を据え、3バックに今津、小出、エデル・リマを起用。中盤に湯澤、島川、佐藤、高野、3トップに森、金園、小塚を配す[3-4-3]を採用した。 ▽対する浦和は、守護神のGK西川を起用し、最終ラインには菊池、岩波、マウリシオ、宇賀神。中盤に青木、長澤、マルティノス、武藤、2トップに興梠と李を起用し、[4-4-2]で試合に入った。 ▽開始2分、甲府がカウンターから浦和ゴールに迫る。浦和の左CKを凌ぐと、エデル・リマが自陣からドリブルで相手陣内に侵攻。しかし、ボックス手前でパスを受けた金園がフリーの状態で放ったシュートは枠を外れた。 ▽その後も鋭いカウンターを仕掛ける甲府が主導権を握りつつ試合を進行していくが、なかなかシュートまで繋げることができない。21分、ボックス手前中央でボールを持った興梠がシュートを放ったが、甲府DFにブロックされ、浦和もチャンスを作ることができない。 ▽37分、甲府が右CKから試合を動かす。ショートコーナーが選択されると、右サイドでボールを受けた小塚が素早くクロスを供給。ボックス内で競り合いを制した今津が、ネットを揺らした。 ▽前半終了間際の45分、浦和に同点のチャンスが訪れる。ボックス手前右でボールを持ったマルティネスが左足でクロスを上げると、競り合いを制した李が至近距離からヘディングシュートを放つ。しかし、これはGK河田の好守に阻まれ、得点とはならず。甲府が1-0でリードして試合を折り返した。 ▽後半に入っても浦和にとって苦しい時間が続く。51分、甲府が右サイドでスローインを得ると、そこからボックス中央の金園にボールが渡る。後方に落とすと、反応した小塚が右足を振り抜き追加点とした。 ▽さらに60分、浦和陣内中央の小塚がディフェンスラインの裏にループパスを送る。しかし、岩波の背後に抜け出した金園が胸トラップして放ったシュートは、右ポストに嫌われてネットを揺らすことはできない。 ▽浦和はカウンターを警戒しつつもリスクを冒してアウェイゴールを奪いに行くが、最後まで甲府の守備陣がシャットダウン。結局2-0のスコアで試合が終了することとなった。 ▽ノックアウトステージ進出が決まる第2戦は、9日に行われる。 2018.06.02 16:55 Sat
twitterfacebook
thumb

浦和、元鹿島&現中島翔哉同僚FWファブリシオの加入内定を発表…今季ポルティモネンセで16ゴール

▽浦和レッズは30日、ポルティモネンセのブラジル人FWファブリシオ(28)の加入内定を発表した。 ▽ファブリシオは、2011年にボタフォゴからポルティモネンセに加入。2012年には杭州緑城への期限付きを経験し、2016年7月には鹿島アントラーズに期限付き移籍を果たした。多くの出場機会を得ることはできなかったものの、天皇杯での川崎フロンターレとの決勝戦では延長戦に決勝ゴールを記録して、チームの優勝に貢献した。その後、ポルティモネンセに復帰したファブリシオは今シーズン、日本代表FW中島翔哉と共にプレー。公式戦33試合16ゴールを記録して、飛躍の年にした。 ▽浦和への加入が内定したファブリシオは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「このたび、日本のビッグクラブであり、大きな力を持つ浦和の一員になれたことをとても嬉しく思っています。みなさんの協力のもとで、この素晴らしいクラブ、ファン・サポーターの方々の期待に応えられるよう全力を尽くして貢献をしていきます。よろしくお願いいたします」 2018.05.30 09:30 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース