ベイルはレアル・マドリー残留か退団か…新監督到着まで待つ意向2018.06.11 23:22 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
今夏でのレアル・マドリー退団が噂されるMFガレス・ベイルだが、去就を決断するのは新監督到着後となるようだ。イギリス『インデペンディント』が報じている。

今季、ジネディーヌ・ジダン監督率いるレアル・マドリーで出場機会が制限されたベイル。2得点を記録したチャンピオンズリーグ決勝リヴァプール戦後には「思うに、自分は毎週にわたってプレーしなければならない。マドリーでそうできないなら、考える必要がある」と、移籍の可能性も考慮していることを明かしていた。

その後にジダン監督がレアル・マドリーを退団。ベイルはこれを受けて、新監督決定後に去就を決める考えを固めたようだ。新監督が自身をどのように扱っていくかを知った後、残留か退団を決定する見込みという。

なおレアル・マドリーは、もしベイルが退団を希望する場合には、移籍先となるクラブに移籍金1億ユーロ以上を要求するとみられる。


提供:goal.com

コメント



ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース