バルサのスペイン代表MFデウロフェウがワトフォードに完全移籍2018.06.11 20:59 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ワトフォードは11日、バルセロナのスペイン代表MFジェラール・デウロフェウ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約は2023年6月30日までの5年契約となる。

▽今年1月からレンタル移籍でワトフォードに加入していたデウロフェウ。ケガの影響もありプレミアリーグでの出場は7試合にとどまったものの、第26節のチェルシー戦では1ゴール1アシストを記録し、4-1の勝利に貢献していた。

▽デウロフェウは以前にも「バルセロナに戻る気はない。ハビ・グラシア(監督)はワトフォードで僕を必要としてくれている」と語っていた。イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、移籍金は1150万ポンド(約17億円)程のようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

逸材排出の宝庫、アヤックスが期待の若手FWシーアハウスと契約延長

▽アヤックスは21日、U-21チームに所属するU-20オランダ代表FWカイ・シーアハウス(20)と2021年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 ▽シーアハウスは、2009年7月にアヤックスのユースに入団。その後、U-17、U-19、U-20、U-21と順調にキャリアを積んでいる。 ▽2017-18シーズンはヨング・アヤックスの選手として、エールステ・ディビジ(オランダ2部)で20試合に出場し14ゴールを記録していた。 ▽その活躍が認められ、今シーズンはU-21チームに所属しながら、エールディビジの開幕戦であるヘラクレス戦に出場。さらに第3節のエメン戦にも出場。また、チャンピオンズリーグ予選3回戦のシュトゥルム・グラーツ戦にも途中出場しており、大きな期待が寄せられている。 2018.09.22 13:55 Sat
twitterfacebook
thumb

ベンフィカ、ベテランDFジャルデウと2021年まで契約延長!

▽ベンフィカは21日、ブラジル人DFジャルデウ(32)と2021年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽2011年にオルハネンセからベンフィカに加入した192cmの長身センターバックのジャルデウは、ここまで公式戦221試合に出場。屈強なフィジカルとリーダーシップを武器に、近年はフル稼働が難しいキャプテンのDFルイゾンに代わってゲームキャプテンを務めている。 ▽在籍期間にリーグ4連覇など国内の多くのタイトル獲得に貢献してきた。なお、今回の契約延長によって今季限りで引退するルイゾンに代わってキャプテンを引き継ぐ可能性が高いようだ。 2018.09.22 05:50 Sat
twitterfacebook
thumb

アタランタ、ガスペリーニ監督と2021年までの新契約締結!

▽アタランタは20日、ジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督(60)との契約を2021年まで更新したことを発表した。なお、クラブはさらなる1年間の契約延長オプションを有している。 ▽かつてインテルやパレルモ、ジェノアを指揮してきたガスペリーニ監督は2016年にアタランタの新指揮官に就任。代名詞の[3-4-3]、[3-5-2]のマンツーマン戦術を武器に、就任1年目でチームをヨーロッパリーグ圏内の4位に躍進させると昨季も安定した戦いで7位フィニッシュを果たしていた。 ▽また、以前から若手育成に定評がある同監督は、DFマッティア・カルダーラ、MFブライアン・クリスタンテ、MFレオナルド・スピナッツォーラ、MFロベルト・ガリアルディーニなど若手選手をイタリア代表に送り込む、見事な手腕を発揮していた。 2018.09.22 00:46 Sat
twitterfacebook
thumb

モンペリエ、セビージャ退団の逸材FWをフリーで獲得

▽モンペリエは21日、昨季限りでセビージャを退団したU-20フランス代表FWビラル・ブトバ(20)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。 ▽アルジェリア系移民のブトバは、2007年にマルセイユのアカデミーに加入。高精度の左足を生かした圧巻のドリブルとキックを特長とする新星は、2014年12月にクラブ史上最年少(16歳と3ヶ月15日)でトップチームデビューを飾った。 ▽また、U-17フランス代表ではジネディーヌ・ジダン氏の息子であるGKリュカ・ジダンと共にU-17欧州選手権優勝を果たすと、2015年に行われたFIFA・U-17ワールドカップでは4試合に出場し、2ゴールを挙げる活躍を見せていた。 ▽その後、出場機会を求めて2016年夏にセビージャに加入したもののトップチームでの出場機会はなくリザーブチームにあたるセビージャ・アトレティコで2シーズンプレーしていた。 2018.09.22 00:27 Sat
twitterfacebook
thumb

ウルグアイ代表、71歳のタバレス監督と2022年まで契約延長! 来月日本代表と対戦!

▽ウルグアイサッカー協会(AUF)は21日、オスカル・タバレス監督(71)と2022年まで契約を延長したことを発表した。この結果、同監督は2022年カタール・ワールドカップ(W杯)までチームを率いることになった。 ▽惜しくもベスト8で敗退したロシアW杯までウルグアイを率いていたタバレス監督は71歳という高齢と近年の健康問題を理由に、同大会限りで指揮官の座を下りることが濃厚とみられていた。また、今月の代表ウィークは同監督に代わってファビアン・コイト氏が暫定指揮官として指揮を執っていた。 ▽しかし、AUFは21日にタバレス監督と新たに2022年までの4年契約を結んだことを発表した。これにより、2006年に2度目の指揮官に就任した同監督は16年の長期政権を継続することになった。 ▽現役引退後の1980年に監督キャリアをスタートしたタバレス監督はダヌービオ、ペニャロールなど国内の強豪クラブの指揮官を歴任し、1988年から1990年までウルグアイ代表を率い、1990年のイタリアW杯出場に導いた。 ▽その後、一度代表から離れてボカ・ジュニアーズやミランなど国外のクラブの指揮官を務めた同監督は2006年3月に2度目のウルグアイ代表監督に就任。そして、2010年南アフリカ大会で3位に導くなど、2014年ブラジル大会、直近のロシア大会と3大会連続で同国を本大会の舞台へと導いてきた。また、同監督の代表通算185試合指揮、4度のW杯本大会での指揮はいずれもウルグアイ歴代最多の数字だ。 ▽なお、タバレス体制の継続が決まったウルグアイは、来月16日に埼玉スタジアム2002で行われる『キリンチャレンジカップ2018』で日本代表と対戦する予定だ。 2018.09.21 23:30 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース