J1リーグ16位、天皇杯2回戦敗退…泥船化のG大阪社長が声明 「あらゆる手段を講じる」2018.06.11 12:15 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽ガンバ大阪は11日、異例の声明を発表した。

▽昨シーズンまで5年間続いた長谷川健太体制に終止符を打ち、今シーズンからレヴィー・クルピ新体制を築いたG大阪だが、ロシア・ワールドカップ開催に伴う中断期間前の明治安田生命J1リーグ成績は、入れ替え戦圏の16位(4勝3分け8敗)。JリーグYBCルヴァンカップこそ5年連続のベスト8進出を果たしたものの、天皇杯で関西学院大学に敗れ、1993年以来2度の2回戦敗退と不本意な結果に終わっている。

▽今シーズンのスローガン『奪還』を掲げながら低空飛行が続くチーム状況を受け、G大阪で代表取締役社長を務める山内隆司氏がクラブ公式サイトを通じ、『ガンバ大阪を愛するすべての皆様へ』との見出しでファンに対して次のように巻き返しを誓った。

「日頃からガンバ大阪に熱いご声援いただき、誠にありがとうございます。2018シーズンは新監督としてレヴィー クルピ監督を招聘し、「奪還」というスローガンを掲げて、“アグレッシブにゴールを奪う"魅力的なサッカーを復活させ、タイトルを奪い返すことを目指し今シーズンに臨みました」

「しかし、明治安田生命J1リーグ戦は15節終了時点で4勝3分8敗(勝点15)の16位というふがいない結果になっており、皆様の期待を大きく裏切ることとなり、大変申し訳ございません。また、2018YBCルヴァンカップこそノックアウトステージ進出をすることが出来ましたが、天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会は2回戦敗退という屈辱的な結果に終わりました」

「この前半戦の結果を真摯に受け止め、今まで以上にクラブが一丸となってクルピ監督率いるチームを支え、この中断期間をチーム立て直しの大きなチャンスととらえ、チーム戦力が向上するためのあらゆる手段を講じることで、Jリーグの再開後は一戦一戦トーナメントのつもりで集中して戦い、一つずつ勝点を積み重ねて参ります。これからも引き続き熱いご声援いただきたく、宜しくお願い申し上げます」

コメント

関連ニュース

thumb

湘南DF岡本拓也に第一子となる長女が誕生「自慢できる父親になれるように」

▽湘南ベルマーレは24日、DF岡本拓也に第一子となる長女が23日に誕生したことを発表した。 ▽クラブの発表によると、出生日時は2018年9月23日(日)の6時9分。体重は2814グラムだったようだ。 ▽第一子が誕生した岡本は、クラブ公式サイトで以下のように喜びを語った。 「この度、新しい家族が増えました。純粋に嬉しく、元気に産んでくれた妻と共に大きな喜びを感じています。まだまだ小さな女の子ですが、いずれ娘にとって自慢のできる父親となれるよう、公私ともに頑張っていきたいと思います」 ▽岡本は2016年に浦和レッズから期限付き移籍で湘南に加入。期限付き移籍3年目を迎えた今シーズンは、ここまで公式戦27試合4ゴール5アシストを記録している。 2018.09.24 17:15 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第27節】堂々凱旋のガンバ主砲がキレキレ!

▽明治安田生命J1リーグ第27節の9試合が21〜23日にかけて開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆寸評(所属/今シーズンの選出回数) GK 権田修一(サガン鳥栖/4回目) ▽長崎のGK徳重健太と迷ったが、下位直接対決というよりシビアな試合で好セーブを連発した点を評価。この男の活躍なしに勝ち点1獲得はなかった。 DFエウシーニョ(川崎フロンターレ/初選出) ▽対面の和泉を早々にベンチに追いやるなど自サイドを制圧。売りの攻撃センスがチームの苦しい時間帯で反発力にも! DF犬飼智也(鹿島アントラーズ/初選出) ▽際の部分で強さを誇り、崩されかけても見事な対応で守備陣の破城を回避。この試合での存在感は絶大だった。 DF髙杉亮太(V・ファーレン長崎/初選出) ▽最終ラインを巧みにコントロールする統率力を遺憾なく発揮。守護神の徳重とともに守備陣をリードした。 DF槙野智章(浦和レッズ/4回目) ▽神戸キーマンのウェリントンに完勝。積極的な攻撃参加からゴールを目指す姿も多く見せ、5万人超の観客を沸かせた。 DF山中亮輔(横浜F・マリノス/5回目) ▽指揮官の戦術下で最も伸び伸びプレーする男が値千金の決勝弾。終始、攻守に受けに回ることなく、アクションを起こし続けた。 MF柏木陽介(浦和レッズ/4回目) ▽復帰戦で圧巻の2アシスト。興梠の得点に繋がった1アシストの場面は、自身が試合後に「今季一番」と絶賛するほど。 MF青木拓矢(浦和レッズ/2回目) ▽相手GKを出し抜く技ありのミドル弾でチームに先制ゴールをプレゼント。守備的MFとしても大崩れせず、勝利の立役者に。 MF阿部浩之(川崎フロンターレ/2回目) ▽いつものように献身的な守備から強烈なミドルシュートでチーム2点目。ガンバ大阪時代からJ1で得点すると続く“不敗神話”も継続。 FWファン・ウィジョ(ガンバ大阪/4回目) ▽約1カ月の代表合流から帰還後、2戦2発。代表で培った質の高い動き出しや、ゴールに向かう積極性が相手DFの脅威に。 FW鈴木優磨(鹿島アントラーズ/3回目) ▽自身初のリーグ二桁得点に到達となる一発を含む1得点1アシスト。前線からのチェイシングも抜かりなく、攻守両面の旗手に。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.24 14:00 Mon
twitterfacebook
thumb

佐藤隆治主審、J1通算主審担当200試合到達! 10人目の達成者

▽Jリーグは23日、Jリーグ担当審判員の佐藤隆治氏がJ1通算主審担当200試合を達成したことを発表した。なお、200試合達成は、10人目となる。 ▽2004年12月に1級審判員に登録された佐藤氏は、2007年8月29日のJ1リーグ第23節の大宮アルディージャvs柏レイソル戦で初めてJ1試合の主審を担当。今回、23日に埼玉スタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第27節の浦和レッズvsヴィッセル神戸戦で200試合に到達した。 ▽佐藤氏は、これまでJ1主審を200試合、J2主審を106試合、J3主審を2試合担当している。 2018.09.23 21:55 Sun
twitterfacebook
thumb

ACLの勢い継続! 鹿島、公式戦3連勝でついに4位浮上! 札幌は連敗で7位転落…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第27節の北海道コンサドーレ札幌vs鹿島アントラーズが23日に札幌ドームで行われ、2-0で鹿島が勝利した。 ▽ここまで11勝8分け6敗で5位につける札幌(勝ち点41)と、11勝6分け9敗で7位につける鹿島(勝ち点39)が激突した。前節の川崎フロンターレ戦を0-7で大敗して連勝が「3」でストップした札幌は、その一戦から先発メンバーを3人変更。キム・ミンテ、早坂に代えて石川、白井を起用した。 ▽一方、前節の湘南ベルマーレ戦を2-1で勝利し、18日にAFCチャンピオンズリーグ準々決勝第2戦でも天津権健(中国)に3-0で勝利して2戦合計スコア5-0でクラブ初の準決勝進出を決めるなど、チームの雰囲気が良好の鹿島。直近の天津権健の先発メンバーからは内田、三竿、安部、セルジーニョに代えて西、永木、安西、土居を起用した。 ▽6日に北海道胆振東部地震が発生して以降、初の札幌ドームでの試合。キックオフ前には両チームによる黙祷が行われた。 ▽勝ち点「2」差の両者による試合。序盤から互いに積極的に敵陣へと攻め込む中、鹿島がチャンスを作る。7分、右サイドに流れた鈴木からパスを受けた遠藤が、ボックス右外から右足でクロス。ニアサイドの土居が頭で叩きつけたが、ボールは右ポストに嫌われた。 ▽立ち上がりを経過しても札幌を押し込む鹿島は15分にもこぼれ球を拾ったレオ・シルバがシュートを放つも、GKク・ソンユンに対処される。それでも24分、鈴木がボックス中央から左に流れると、遠藤のフリーランを見逃さずに切り返しからボックス右へ浮き球のパスを供給。これに抜け出した遠藤が右足インサイドでピッタリと合わせ、ゴールネットに突き刺した。 ▽先制点を奪った鹿島は、攻勢を強める札幌の反撃を跳ね返しながら追加点を狙う。31分、相手のCKからカウンターを発動。セカンドボールを拾った土居がそのまま敵陣へと攻め上がり、ボックス左へスルーパス。走り込んだ鈴木がシュートを放つが、ここはGKク・ソンユンが立ちはだかる。しかし、そのこぼれ球を拾った西がボックス左外から中央の鈴木にパスを送り、鈴木が中央へクロスを送ると、待ち構えていた土居が合わせるも、今度は左ポストに嫌われてしまう。 ▽前半終盤こそ札幌が敵陣へ侵攻する場面を増やしたが、鹿島の堅いディフェンスを崩すことができず、鹿島リードで試合を折り返した。 ▽後半に入ると、リードを広げたい鹿島にチャンス到来。47分、ボックス左外から中央へ切り込んだ安西が相手DFに倒されてPKを獲得する。これをキッカーの鈴木が冷静にゴール左へ蹴り込んで、鹿島が2-0とリードを広げた。これで鈴木はリーグ戦10ゴール目。キャリア初のシーズン2ケタゴールに到達した。 ▽2点ビハインドと苦しくなった札幌。しかし51分、石川のボール奪取からボックス左手前の深井が絶妙なパスでボックス中央へ。走り込んだ都倉がシュートを放つも、懸命に戻った犬飼がスライディングでブロック。それでもボールはゴール方向へ飛んだが、体制を崩しながらもGKクォン・スンテが足で止められてしまう。 ▽このチャンスを決めることができなかった札幌は、62分に早坂、66分に三好を投入して攻撃の活性化を図る。しかし、試合を締めにかかる鹿島の前にうまくチャンスを作ることができない。 ▽札幌が攻めあぐねていると終盤、鹿島が畳みかける。81分、ボックス右外へのパスに走り込んだ鈴木が中央へ切れ込みながら、ボックス手前に落とす。走り込んだレオ・シルバが右足でゴール右を丁寧に狙うも、ここはGKク・ソンユンに弾かれる。 ▽その後は鹿島が交代枠も使いながら時間を消費し、試合をクローズ。2-0で勝利した鹿島は公式戦3連勝で4位浮上。一方の札幌は連敗で7位に転落した。 2018.09.23 20:58 Sun
twitterfacebook
thumb

攻撃陣躍動の浦和、イニエスタ不在の神戸に4発快勝! …リージョ監督招へい準備中神戸は4連敗《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第27節の浦和レッズvsヴィッセル神戸が、23日に埼玉スタジアム2002で行われ、4-0で浦和が勝利した。 ▽9位・浦和(勝ち点35)は、2-1で勝利した前節の横浜F・マリノス戦からスタメンを1名のみ変更。マルティノスに代えて柏木を起用し、直接対決に臨んだ。 ▽リーグ3連敗中の8位・神戸(勝ち点36)は、1-2で敗北した前節のガンバ大阪戦からスタメンを6名変更。ティーラトン、アフメド・ヤセル、藤谷、アンドレス・イニエスタ、大槻、古橋に代えて、渡部、高橋、橋本、ルーカス・ポドルスキ、郷家、長沢を起用した。注目のイニエスタは欠場となった。 ▽チケットが完売し大観衆が詰めかけた試合はホームの浦和が優勢な入りを見せるが、5枚の最終ラインで対応する神戸の守備に苦しみなかなかシュートまで持ち込めない。 ▽浦和は19分にこの試合最初のビッグチャンスを迎える。左サイド高い位置でFKを獲得すると、キッカーの柏木が左足で精度の高いボールを供給。すると、ファーの槙野がドンピシャでヘディングシュートを放ったが、枠を左に外れた。 ▽神戸はここから徐々にディフェンスラインを上げて反撃を試みるが、その矢先に浦和がスコアを動かす。左サイドでボールを持った柏木のクロスが跳ね返されると、ボックス手前中央にボールがこぼれる。反応した青木が右足を振り抜くと、地を這うシュートがGKキム・スンギュの手を弾きネットを揺らした。 ▽前半中に追いつきたい神戸は、ポドルスキが低い位置まで降りてボールを捌きつつチャンスメイクを試みるが、落ち着いて対応する浦和のゴールを脅かすことはできず。31分には右サイドから藤田がロングスローを入れ長沢がボックス右深い位置からクロスを入れたものの、味方が合わせることはできずシュートに至らない。 ▽逆に、38分に浦和のカウンターが発動しボックス内左から柏木がシュートを放つなど、神戸にとって危うい時間が続く。 ▽すると42分、浦和の中盤で好パフォーマンスを発揮している柏木がエースの得点をお膳立てする。ボックス手前中央でボールを受けた柏木は、前を向くと左足を一振り。綺麗なバックスピンのかかったボールはボックス内でワンバウンドし、DF渡部の背後から飛び出した興梠が滑り込みつつ絶妙なタイミングで合わせ、リードを広げた。 ▽直後に前半が終了し、神戸は0-2のビハインドで残りの45分を迎えることに。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div>▽後半に突入しても浦和が早々に神戸ゴールに迫る。53分、シュートのこぼれ球に対応したDF高橋がボックス右でボールコントロールをミスすると、チェックしていた武藤が奪取。そのまま角度がないところからループシュートを放ち、GKキム・スンギュの指先を掠めたボールがゴールに吸い込まれた。 ▽ボールを持たされるという様な展開が続く神戸は、54分に長沢に代えて古橋を投入。フォーメーションを[4-3-3]に変更し巻き返しを図っていく。 ▽直後には浦和の攻撃の時間が続いたものの、神戸は63分にチャンスを迎える。左CKの場面でキッカーの藤田がニアに上げると、ウェリントンが高い打点のヘディングシュートを放つ。しかし、枠を捉えることができず点差を縮めることはできない。 ▽76分、浦和の攻撃がまたしても火を吹く。ボックス右でルーズボールを拾った柏木が市度の高いクロスを供給すると、ゴール前にフリーで構えていたのは長澤。頭で合わせ、スコアを4-0とした。長澤にとってはこれが今シーズン初ゴールとなっている。 ▽結局、試合はこのままのスコアで終了。この結果、浦和はホームで連勝を飾った。吉田孝行前監督の後任にフアン・マヌエル・リージョ監督を招へいし、林健太郎アシスタントコーチが暫定指揮中の神戸は、手痛い4連敗を喫している。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.23 20:00 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース