“日本に恋した”アンデル・エレーラ、イニエスタ獲得成功の神戸会長と会食2018.06.11 10:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン代表MFアンデル・エレーラ(28)も将来的に日本でプレーしてくれるかもしれない。

▽今シーズンこそジョゼ・モウリーニョ監督の下で序列を落としたものの、2016-17シーズンにクラブMVP受賞の実績を誇るエレーラ。ロシア・ワールドカップのスペイン代表メンバーから落選したこともあり、この休暇を利用して日本を訪れた。

▽そのエレーラは、東京観光を満喫。その際、今夏にバルセロナからスペイン代表MFアンドレス・イニエスタをヴィッセル神戸に連れてきたことで話題を呼んだ代表取締役会長の三木谷浩史氏と会食したことが明らかになった。

▽エレーラは、10日に自身のツイッター(@AnderHerrera)を更新。会食時の写真を添え、「ありがとう。ミキタニ。素晴らしいおもてなしをしてくれた。わずか4日間の滞在だったけど、日本のカルチャーに恋したよ」とツイートしている。
コメント
関連ニュース
thumb

デ・ヘアとクルトワの大型トレードはなしか

レアル・マドリーに所属するベルギー代表GKティボー・クルトワ(26)とマンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(28)のトレードが行われる可能性はなくなったようだ。イギリス『メトロ』がイギリス『サン』の情報をもとに伝えている。 以前からマドリーが関心を寄せているデ・ヘア。同選手自身もマドリー移籍のためにユナイテッドからの契約延長の打診を断り続けているのではないかと推測されており、果てはデ・ヘアとクルトワのトレードが今夏に成立するという報道まで出ていた。 しかし、今回伝えられるところによると、クルトワはマドリー残留を希望しており、退団するとしてもパリ・サンジェルマン(PSG)への移籍しか考えていないようだ。 11日にジダン監督の復帰が発表されたマドリーでは、初陣となった16日のリーガエスパニョーラ第28節のセルタ戦は、クルトワではなくGKケイロル・ナバスがゴールマウスを守った。だが、ジダン監督によると、それがナバスが正GKであることを意味するものではないという。 だが、クルトワがナバスとの守護神争いに敗れることになれば、移籍の可能性は一気に高まることになるだろう。 2019.03.20 22:10 Wed
twitterfacebook
thumb

PSGがユベントスのMFドグラス・コスタに興味…ユナイテッドと争奪戦か

パリ・サンジェルマン(PSG)が、ユベントスのブラジル代表MFドグラス・コスタ(28)の獲得に興味を示しているようだ。フランス『Le10Sport』が報じた。 今シーズンのドグラス・コスタは、ケガに始まり、出場停止、さらには自動車事故に巻き込まれるなど様々なことに巻き込まれており、セリエAでは17試合に出場し1ゴールに終わっている。 昨夏は、マンチェスター・ユナイテッドやチェルシーから興味を持たれていたものの、ユベントスは売却を拒否。しかし、現在は放出候補となっている状況だ。 PSGも今夏の獲得候補にドグラス・コスタを含めているが、ユナイテッドも引き続き獲得に動いているとされ、獲得を争う形となりそうだ。 ドグラス・コスタは2017年7月に、バイエルンからの買取オプション付きのレンタル移籍で加入。レンタル料は600万ユーロ(当時約7億7000万円)で、買取額は4000万ユーロ(当時約51億7000万円)となっていた。しかし、現在はトップフォームからも遠く、3000万〜35000万ユーロ(約38億〜44億3200万円)で売却されるとみられている。 2019.03.20 15:00 Wed
twitterfacebook
thumb

A・サンチェス、子供の頃好きだったユナイテッドでトロフィー獲得を熱望

チリ代表FWアレクシス・サンチェスが、マンチェスター・ユナイテッドでの活躍を誓っている。クラブの公式サイトでインタビューに答えた。 昨年1月にアーセナルから加入して以降、本来の実力を発揮できず非難の的にされ続けているサンチェス。現在はヒザのケガで約1カ月の離脱を余儀なくされているが、オーレ・グンナー・スールシャール暫定監督の下で、クラブがより良い未来に向かっていることを楽しみにしているようだ。その中で同選手はトロフィーを獲得することを誓っている。 「僕のフットボールへの愛情を示し続けたい。僕ができることが何かわかっている。自分の能力に信念を持っているんだ」 「ユナイテッドはイングランドだけでなく世界中で重要なクラブだ。だから僕はサポーターたちにトロフィーを掲げる助けをしたい」 「ユナイテッドのファンには幸せであってほしいと願っているんだ。ゴールもしたいし、チームを楽しませたい。トロフィーを獲得したいんだ」 「子供の頃はユナイテッドが好きだった。誓うよ。だからここの人たちに喜んでもらいたい。勝たなくちゃね」 2019.03.20 14:48 Wed
twitterfacebook
thumb

イブラ、ユナイテッド時代を回顧「プレミアはクオリティ面で過大評価されている」

ロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、プレミアリーグについて語った。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 数々のビッグクラブでプレーしたイブラヒモビッチは、2016年夏にパリ・サンジェルマン(PSG)からマンチェスター・ユナイテッドに加入。当時、すでに34歳と高齢だった中、2018年途中にMLS入りを決断するまでの間で公式戦53試合29ゴール10アシストを記録し、ヨーロッパリーグ(EL)とEFLカップ優勝に貢献した。 そんなイブラヒモビッチは、プレミアリーグでプレーした当時を回顧。激しさやスピードは優れていると語ったが、クオリティ面では「過大評価されている」と見解を示した。 「想像した通りのものだった。誇大広告されている。とても激しいし、スピードは速い。素晴らしいものだったよ。ただ、クオリティに関しては過大評価されている」 「技術面に関して言えばね。ただ、ペースは速く、インテンシティは高い。その2つに対応できなければ、生き残ることはできないだろう」 「より長くプレミアリーグでプレーしなかったことに後悔はない。起きたことは、起こるべくして起こったものだ」 「ただ、唯一、プレミアリーグに来るのが10年間早かったらっていうことは考えるよ。違ったストーリーになっていただろうね。ファンにとってはより残念なものだろう。違った獣が見られただろう」 2019.03.20 10:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ラッシュフォードとの交渉継続へ! 契約延長OP行使と報道

マンチェスター・ユナイテッドは、イングランド代表FWマーカス・ラッシュフォード(21)の1年間の契約延長オプションを行使し、同選手との契約を2021年6月まで引き延ばしたようだ。イギリス『サン』が伝えている。 オーレ・グンナー・スールシャール暫定体制下でストライカーとして、さらなる進化を遂げたラッシュフォード。来シーズン限りで失効する契約の行方に多くの注目が集まっているが、すでにユナイテッドは契約延長に向けて動いているという。 『ザ・サン』によれば、ユナイテッドはラッシュフォードに対し週給18万ポンド(約2700万円)の5年契約の延長オファーを提示。しかし、未だ正式契約には至っておらず、今後も話し合いを続けるためにユナイテッドは1年間の延長オプションの行使を決断したようだ。 ラッシュフォードはユナイテッド下部組織出身で、2015-16シーズンにトップチームデビュー。背番号「10」を継承した今シーズンはここまで公式戦38試合12得点9アシストを記録している。 2019.03.20 05:45 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース