パト、新恋人をおしゃれ(?)に公開「僕たちは火打ち石」2018.06.11 06:20 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元ブラジル代表FWアレシャンドレ・パトが、新恋人を公開した。

▽かつてミランで活躍したパトは、現在バカンス中でイタリアを訪れている。その彼は自身のインスタグラムで、美女との2ショット写真を公開した。

「僕たちのハートはまさにファイアストーン(火打ち石)。ぶつかり合えば、愛を奏でる。愛の火花が飛び散り、世界が明るくなる」

▽なんとも詩的な投稿だが、それも当然。ノルウェーの人気DJカイゴの『ファイアストーン』という曲の一節なのだ。

▽パトは投稿の最後に、恋人のインスタグラムアカウントを付けた。気になるお相手の名前はダニエル・ヌードソンさん。28歳のカナダ人モデルだ。

コメント

関連ニュース

thumb

チアゴ・シウバがネイマールに苦言「侮辱された」

▽パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表DFチアゴ・シウバが、クラブでも同僚の同国代表FWネイマールに苦言を呈した。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽ブラジル代表は22日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループE第2節でコスタリカ代表と対戦し、2-0で勝利。初戦のスイス代表戦を引き分けていたブラジルは必勝が求められていたが、後半のアディショナルタイムにMFコウチーニョが均衡を破るまではゴールレスが続いており、“サッカー大国”の焦りが色濃く見られた試合となった。 ▽辛くも勝利を手にした試合後、チアゴ・シウバはネイマールと試合中にいざこざがあったことを明かした。フェアプレー精神を重視するチアゴ・シウバがコスタリカの選手にボールを渡した際に、問題のやり取りがあったようだ。 「彼は僕にとって弟のようなものだし、彼を見ようと心掛けているよ。でも今日は悲しく感じている。僕がコスタリカにボールを戻した時に侮辱してきたんだ」 「僕は彼の態度に悲しくなって、その後に会話したよ」 ▽結果的には、チームの2得点目を決めて試合を決定づけたネイマール。一挙手一投足が注目され、批判を浴びることも多いスタープレーヤーだが、結果で黙らせたいところだ。 2018.06.24 17:50 Sun
twitterfacebook
thumb

全てを魅了した“稀代のファンタジスタ”ロナウジーニョ

▽かつてこんなにも観るものを魅了した選手はいただろうか。現代サッカーにおいては、圧倒的な得点力でチームの中心となり、世界最高峰の地位を争う偉大な2選手が居る。しかし、彼らをもってしても、この男には敵わないだろう。本名はロナウド・デ・アシス・モレイラ。通称ロナウジーニョだ。 ▽ブラジルのポルト・アレグレで生を受けたロナウジーニョは、貧しい家に育ったものの、幼少期からサッカーの才能を見出されていた。兄には、かつてコンサドーレ札幌(現北海道コンサドーレ札幌)でプレーしたアシス(本名:ロベルト・デ・アシス・モレイラ)がおり、現役引退後はロナウジーニョの代理人を務めていた。 ▽才能を見出されたロナウジーニョは、兄のロベルトがブラジルの名門であるグレミオとプロ契約したことで、後を追うように下部組織に入団。その後、21歳の時にパリ・サンジェルマンへと移籍した。移籍金は500万ユーロ(当時のレートで約5億3500万円)。後の功績を考えれば、安い買い物だった。 ▽パリ・サンジェルマンではわずか2シーズンしかプレーしなかったものの、2003年にバルセロナへと移籍。マンチェスター・ユナイテッドも獲得に乗り出していたが、3000万ユーロ(当時のレートで約40億2000万円)でバルセロナが獲得。持ち前のテクニックはスペインでも通用し、数々のタイトルをクラブにもたらせた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/sega20180620_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ロナウジーニョの最大の特長は、攻撃的なポジションで生かせるテクニック、そしてそこにエッセンスを加える超人的なイマジネーションだ。 ▽特にドリブルスキルに秀でており、“エラシコ”と呼ばれる同足のアウトサイドとインサイドを使ったフェイントの得意技は何度となく相手DFを苦しめた。さらに、俊敏性やボールコントロールの上手さも持ち合わせ、乗せてしまうと手がつけられない選手でもあった。 ▽“ファンタジスタ”と表現されることも多いが、単なるゲームメーカーというわけではなく、FWのポジションやウイングのポジションでもプレーし、フィニッシャーとしての役割も高いレベルで遂行。得点源であったFWサミュエル・エトー、そして若きFWリオネル・メッシと共に形成した3トップは、驚異的な記録を残した。 ▽2004-05シーズンのチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグでは、記憶に残る衝撃のゴールも記録している。アウェイでのチェルシー戦。1-3とリードを許した中でのゴールだった。ボックス手間中央でアンドレス・イニエスタのパスを受けたロナウジーニョは、ボールを足元に置いたまま腰を2回振り、そのままシュート。GKペトル・チェフが全く動けず、ゴール左隅にシュートは吸い込まれた。 ▽トリッキーなプレーだけでなく、数字も残したロナウジーニョ。観客を魅了するプレーの数々は、驚きの光景も生み出した。2005年11月。バルセロナの最大のライバルであるレアル・マドリーとの“エル・クラシコ”。アウェイゲームでありながら、ロナウジーニョはマドリーのファンからも拍手を受けていた。これは、メッシですら経験していないこと。それだけ、愛され、魅了するプレーヤーだった。 ▽そんなロナウジーニョは、現在好評配信中のサッカークラブ経営シミュレーションゲーム『プロサッカークラブをつくろう! ロード・トゥ・ワールド(サカつくRTW)』に登場している。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="http://bit.ly/2K86FY5" target="_blank"><span style="color:#cc3300;font-weight:700;">>>ロナウジーニョが登場!<< >>『サカつくRTW』はコチラ<<</span></a><hr></div> ▽ゲーム内に登場するロナウジーニョは、前述の“エラシコ”のスキルを持っており、“光プレイ”と呼ばれるシュートでは、チェルシー戦で見せたスーパーゴールが再現されている。 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/duvmAEerIxs?ecver=1" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen></iframe></div> ▽そんなロナウジーニョが獲得できるスカウトは、7月13日(金)の10時59分まで開催。“稀代のファンタジスタ”であるロナウジーニョをぜひ『サカつくRTW』で獲得しよう。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="http://bit.ly/2K86FY5" target="_blank"><span style="color:#cc3300;font-weight:700;">>>ロナウジーニョが登場!<< >>『サカつくRTW』はコチラ<<</span></a><hr></div> 2018.06.24 10:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ブラジル代表MFドグラス・コスタが右太ももを負傷…大会終了の恐れも

▽ブラジルサッカー連盟(CBF)は23日、MFドグラス・コスタが27日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)グループE第3節のセルビア代表戦を欠場することを明らかにした。 ▽CBFによれば、ドグラス・コスタは右太ももを負傷。22日のコスタリカ代表戦では後半頭から途中出場し、97分にFWネイマールのゴールをアシストしていた。 ▽CBFはグループステージ突破が懸かるセルビア戦のドグラス・コスタの欠場を明らかにするとともに、突破した場合の残りの試合も欠場する可能性も示唆している。また、コスタリカ戦を欠場したDFダニーロに関しては、セルビア戦の不参加が報告されている。 2018.06.24 04:28 Sun
twitterfacebook
thumb

トホホ…劇的勝利のチッチ、歓喜の大コケで負傷

▽ブラジル代表を率いるチッチ監督が負傷した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽ブラジル代表は22日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループF第2節のコスタリカ代表戦に臨み、2-0で勝利。後半アディショナルタイムに2得点が生まれる劇的な形で今大会初白星を手にした。 ▽しかし、後半アディショナルタイム1分にMFフィリペ・コウチーニョが先制となる得点を挙げた際、ピッチに駆け出したチッチ監督はサブGKエデルソンに後ろから押される形で派手に転倒した。 ▽チッチ監督は試合後、勝利の喜びを語る中で、世界中に晒してしまった晒してしまった“歓喜の大コケ”による負傷を明かした。 「筋肉を痛めてしまった! セレブレーションに加わって以降、足を引きずってじゃないと歩けない。我々は少々、興奮し過ぎてしまったね」 2018.06.23 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ネイマール、コスタリカ戦後に涙した理由を明かす

▽ブラジル代表FWネイマールが、コスタリカ戦後に涙した理由を明かした。 ▽ブラジルは22日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループE第2節でコスタリカ代表と対戦。初戦のスイス戦を引き分けたブラジルは、相手のタイトな守備やGKナバスの好守に悩まされ、苦戦を強いられる。それでも後半アディショナルタイムにコウチーニョが先制点を奪うと、試合終了間際にはネイマールがダメ押しゴールを決めて2-0で勝利した。 ▽今大会初白星を手にしたブラジル。そしてネイマールは試合後、ピッチに座り込んで涙を流し、喜びを爆発させていた。そんな同選手は自身のインスタグラム(neymarjr)で涙を流した理由について明かしている。 「誰もがここで何が起こるか予測することはできない。涙を流したのは、苦しい時を乗り越え、勝利することができたからだ。ここまでの道のりは決して簡単なものではなかった。それでも僕の夢は続く。夢が夢でなくなるように。みんな勝利をおめでとう」 2018.06.23 04:20 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース