メッシ、自身の脱税騒動が“あの場所”からの攻撃だったと主張2018.06.10 18:50 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、自身に向けられた脱税容疑の追求を他者からの攻撃だと捉えているようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。▽メッシには以前から410万ユーロ(現在のレートで約5億2800万円)の脱税容疑がかけられており、昨年夏にスペイン最高裁判所への上訴が棄却されたため21カ月の懲役刑と130万ユーロ(現在のレートで約1億6800万円)の罰金が科された。しかし、スペインの法律では2年以下の懲役刑は執行猶予がついているため、収監は免れている。

▽上記のことに関して、メッシは“特定の場所”からの企みがあったことを仄めかした。

「マドリッドから僕に対する攻撃があった。僕を打ち負かして、すぐさま弱みを有効利用するんだ」

「それをやり過ごして生きるのはとても辛かった」

▽メッシの指す“マドリッド”がバルセロナの宿敵レアル・マドリーを連想させるワードであることは間違いないが、単に都市名を挙げただけなのか否か、本人の意図は不明だ。
コメント
関連ニュース
thumb

バルサ、パウリ―ニョの広州恒大への完全移籍を発表!

バルセロナは15日、広州恒大がブラジル代表MFパウリーニョ(30)の買い取りオプションを行使したことを発表した。 パウリ―ニョは2015年にトッテナムから広州恒大に移籍。2年間過ごした後、2017年に4年契約でバルセロナに移籍しリーグ優勝に貢献した。ところが、昨夏に再び広州恒大にレンタル。昨季は途中加入ながらリーグ戦19試合に出場し13ゴール7アシストを記録。加入後は全試合でフル出場を果たし、2位フィニッシュの原動力となっていた。 そしてこの度、既報通り広州恒大は買い取りオプションを行使し、ブラジル代表MFは2度目の完全移籍を果たすことになった。 買い取り額は推定4200万ユーロ(約52億円)。バルセロナが2017年夏にパウリーニョを獲得する際に広州恒大に支払った移籍金4000万ユーロよりも若干高めに設定されていた。 2019.01.16 21:28 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ歴史上初! 選手にかけた費用が5億ユーロを上回る

バルセロナは、選手の獲得に支払った移籍金や年俸の総額が歴史上初めて5億ユーロを突破したクラブとなった。スペイン『マルカ』が大手コンサルティング会社『KPMG』の出したデータをもとに伝えている。 記事によると、バルセロナが2017-18シーズンに上記の用途で費やした金額が前年度から42%上昇し、総額5億6200万ユーロ(約697億円)を記録したようだ。同クラブは2017年夏にFWウスマーヌ・デンベレ、昨年1月にMFフィリペ・コウチーニョを獲得し、トータル2億4500万ユーロ(約300億円)の移籍金を支払った。 また、FWリオネル・メッシなど最高額給与を受け取っている選手らと契約を更新したことも理由として挙げられている。メッシに関しては週給56万5000ユーロ(約7000万円)となっているようだ。 多くのビッグクラブの支出が膨らむ一方で、マンチェスター・シティは5%の削減に成功している。それでも、同クラブに所属する選手の市場価値の総額は11億8000万ユーロ(約1460億円)で世界一のようだ。 2019.01.16 18:55 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ関心のストゥアーニ、移籍を否定せず!

バルセロナからの関心が伝えられているジローナのウルグアイ代表FWクリスティアン・ストゥアーニ(32)は新たな挑戦を臨んでいるのかもしれない。 ストゥアーニは2017年夏にミドルズブラからジローナに加入。すると、リーガエスパニョーラ33試合21ゴールとブレイクを果たし、今シーズンもここまでのリーガ17試合で12ゴールを奪い、バルセロナのFWリオネル・メッシ(17ゴール)、FWルイス・スアレス(14ゴール)に次ぎ得点ランキング3位に付けている。 その活躍から、FWルイス・スアレスのバックアッパーを探すバルセロナが興味。FWムニル・エル・ハダディがセビージャに移籍したこともあり、今冬での獲得を真剣に検討していると各メディアが伝えてきた。 そんな中、スペイン『マルカ』が渦中のウルグアイ代表FWに直撃。バルセロナ移籍について尋ねると、「僕からは何も言うことはできない」とだけコメントを残し去って行ったという。 肯定とも否定ともとれる意味深長な発言に『マルカ』は、「ストゥアーニの契約解除金は1500万ユーロ(約18億5000万円)だ」という一文で記事を締めくくっている。 2019.01.16 17:42 Wed
twitterfacebook
thumb

バランス悪すぎない!? ヤヤ・トゥーレ選出のベストイレブンにファンも困惑

元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレ(35)が選んだベストイレブンのバランスが悪すぎると話題になっている。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 バルセロナやマンチェスター・シティで世界最高峰のミッドフィルダーとして名を馳せたヤヤ・トゥーレ。昨シーズン限りでマンチェスター・シティを退団し、昨年9月からは古巣オリンピアコスに復帰していたが、同年12月11日にオリンピアコスが契約解除を発表。現在は新天地を模索している状況だ。 そのヤヤ・トゥーレは、14日に『Monday Night Football』に出演。番組内では、同選手が共にプレーしたことがある選手の中で選んだベストイレブンが紹介されたのだが、「ストライカーが多すぎる」「今まで見てきたこういうベストイレブンで最悪だ」「ヤヤは大好きだが、監督はやらないほうが良い…」「監督をやってくれ。俺はシーズンチケットを買うぞ」「5歳の子どもが選んだようなチームだ」と多くのファンが困惑する結果に。一体、どんなベストイレブンなんだろうか…。 ◆ヤヤ・トゥーレ選出ベストイレブン GK エデルソン DF ヴァンサン・コンパニ ラファエル・マルケス カルレス・プジョール MF アンドレス・イニエスタ レロイ・ザネ セルヒオ・アグエロ リオネル・メッシ ティエリ・アンリ FW サミュエル・エトー ディディエ・ドログバ 2019.01.16 17:10 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ、スアレスのバックアップにジルーを注視か

バルセロナが、チェルシーに所属するフランス代表FWオリヴィエ・ジルー(32)を注視しているようだ。スペインメディアのレポートを引用して『フットボール・エスパーニャ』が伝えた。 昨年1月に1年半契約でアーセナルからチェルシーに加入したジルー。しかし、今シーズンからブルーズを率いるマウリツィオ・サッリ監督からは絶対的な信頼は得られておらず、今シーズンもここまでプレミアリーグ17試合に出場しているが先発出場は6試合に留まっている。 バルセロナからは今冬にFWムニル・エル・ハダディがセビージャに移籍しており、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスのバックアッパーが不在となっている。そのため、センターフォワードの確保にプライオリティーを置いていることがスペイン各紙に報じられていた。 今回伝えられるところによれば、バルセロナはジローナに所属するウルグアイ代表FWクリスティアン・ストゥアーニ(32)をトップターゲットに挙げている。同選手には契約解除金1500万ユーロが設定されており、交渉が難航した場合は、今夏フリーになるジルーに切り替える可能性があるようだ。 2019.01.15 22:33 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース